SSブログ

テガミバチ 第1話 テガミとテガミバチ レビュー キャプ 新作アニメ [アニメ]

tegami103_top.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示 1152×652

夜が明けることのない星のアンバーグラウンドという名の地。
首都を照らす人工太陽、その光の届かない暗く危険な地域を旅する国家公務員があった。
人々は彼らに、それぞれの「こころ」をたくしていた。彼らの仕事は「届ける」こと・・
「テガミ」を届けることだった。

ヨカダ地方・南部714、コーザ・ベル3211に現れたのは、テガミを回収しにきた
ゴーシュ・スエードとその相棒ロダ、ポストサインを見つけ、テガミを探すと
そこには左肩に配達用紙を添付された幼い子供が横たわっていた。

後は続きからどうぞ

子供の名前は、ラグ・シーイング、何らかの事情によって突然さらわれた母親が
最後に、彼をテガミとして知り合いの叔母の所へ配達する手はずを整えていたのだ。
コーザ・ベルから叔母の住むキャンベルまでの10日間ほどの道のり、ラグ・シーイングと
テガミバチのゴーシュ・スエードの旅が始まる。

tegami103_1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

ラグ・シーイングは母親をいきなり失い、テガミとして配達される自分との
折り合いがまだつけられず、なにかとゴーシュにかみつく。泣いたり、文句を言いながら
の旅、その途中、町を町の間の暗闇に生息する凶暴で危険な生物の鎧虫(ガイチュウ)と
遭遇する。鎧虫は人間のもつ心に反応し、襲う習性を持ち、鎧で覆われた身体は剣よりも
硬く、普通の拳銃の弾すら弾き返すほどのものだった。ゴーシュが鎧虫を退治する方法は
ロダが囮となり鎧虫を引きつけている間にゴーシュが鎧虫の弱点である関節の隙間を
対鎧虫用銃器・心弾銃で狙うというコンビネーションによる退治方法だった。
心弾銃に装填する心弾はゴーシュの心の欠片を使う為に、銃には精霊琥珀という
石が埋め込まれており、その石の力によって、唯一、鎧虫を倒すことができる「こころ」を
武器として使うことができるという。心弾を撃った後は、「こころ」が疲れているので
安息が必要になる・・こころの全てを心弾にして撃ち尽くしてしまうと心は死んで
しまうのである。鎧虫を倒し、そんな事をゴーシュから教わるラグ・シーイングが
ゴーシュの銃を手にした時、突然彼の思いがあふれ出す・・

こんな武器が僕にもあったら、お母さんを守れたのに・・

すると銃の琥珀の力が突然上がり、ラグのこころを使い、心弾が装填されてしまう。
突然の心弾銃の暴走に銃を放すことができないラグから、ロダが銃を奪うと、心弾が
発射されてしまい、その弾はゴーシュの顔をかすめる。次ぎの瞬間、心弾から
あふれ出したラグ・シーイングの母親との別れの記憶、ラグの母親との思い出、
母親を奪われた時の彼の気持ちがゴーシュへ流れ込み、ゴーシュの目からは涙が・・。

tegami103_2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

ラグが目を覚ますと、そこは小さな岩場のくぼみの中、こころを使いすぎたラグに
ゴーシュはこころの回復を補助する心弾を撃ち込んでいた。そして、再び眠りに
落ちるラグ。ラグのこころに影響され、妹のシルベットの事を思い出すゴーシュ。
彼には残業が残っていた、それはラグが花火のようにこころを放出してしまった為に
何体も集まってきてしまった鎧虫の退治だった。

ゴーシュが鎧虫を倒す為に、何発も心弾を撃った事で、今度はゴーシュのこころが
ラグの意識の中に流れ込む。ゴーシュが昇進した時にアリア・リンクから昇進祝いを
もらっている記憶、昇進を妹、シルベットに伝えるが、暫く会えなくなる為か
仕事しすぎの兄を心配してか、涙するシルベットの姿・・。
ゴーシュのこころを垣間見たラグが目を覚ますと横には疲れ切って眠りに落ちて
いるゴーシュとロダの姿があり、外を見渡すと、そこには一面に鎧虫の死骸があった。

------------------------------

テガミバチ始まりました。原作は6巻くらいまで読んでます。今は8巻くらいまででてる?
原作を読んでて、ずっと、これはアニメ化すると映えそうな作品だなと
思ってたんですが、やっぱり、アニメ化すると、いい感じですね。色合いが綺麗、
幸い、アニメの絵もなかなか綺麗でした。浅田弘幸の絵そのままとまではいかない
ものの、なかなかうまく出来ていたと思います。話も原作にかなり忠実に描かれて
いて、おお~って感じでした。 後は、この後、このレベルを果たしてぴえろが
維持できるかって事ですかね・・・ 

なんといっても、声優がいい! サキよみジャンBANGのVOMICでも同じキャスティング
だったんで、想像はついていたんですが、福山潤のゴーシュ、沢城みゆきのラグ・シーイング
どっちも最高だと思います。特に、沢城みゆきの声が、ラグにぴったりすぎる。
あと、シルベット役がなんと、奈々サマでございますよ。これもナイスポイントですね。
シルベットは、今後、ラグがテガミバチになった後に、けっこう台詞多いですからね~。
今後がかなり楽しみです。

ゴーシュ、すぐに出なくなっちゃうけど、かっこいいですよね、なんか
動いているゴーシュはまた特にかっこよく見えた。アニメ化万歳ですね。

DグレもジャンプSQになっちゃったし、これから、ジャンプSQ買おうかな?

スタッフ
原作 浅田弘幸(集英社「ジャンプSQ.」連載中)
監督 岩永彰
シリーズ構成 大石哲也
脚本 大石哲也、吉岡たかを、赤星政尚、伊藤美智子、村川康敏
キャラクターデザイン 芝美奈子
アニメーション監修 神戸守
アニメーション制作 studioぴえろ
音楽 梁邦彦

オープニング曲
「はじまりの日」スガシカオ
エンディング曲
「果てなき道」HIMEKA

キャスト
ラグ・シーイング(CV:沢城みゆき)
ニッチ(CV:藤村歩)
ゴーシュ・スエード(CV:福山潤)
ラルゴ・ロイド(CV:小西克幸)
アリア・リンク(CV:小清水亜美)
ステーキ(CV:永澤菜教)
ジギー・ペッパー(CV:中井和哉)
ザジ(CV:岸尾だいすけ)
コナー(CV:菅沼久義)
シルベット(CV:水樹奈々)



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(34) 
共通テーマ:アニメ

nice! 10

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 34

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。