SSブログ

おおかみかくし 第4話「予感」 レビュー キャプ [アニメ]

ookami0129_top.jpg

夜の街の路地で男が女を求めていたが、女・・加奈子は、男を拒もうとしていた。
しかし、男が加奈子を好きだといい、すべてが欲しいと言うと、女も拒むのを
止め、男が受け入れる。しかし、その時、加奈子の目は怪しく赤く光っていた。

あくる日、五十鈴がいつものように博士にじゃれついていると、眠がいきなり
窓を開け、五十鈴の行動を制するような態度を取る。五十鈴は、恋に障害は
つきものだと言い、眠を牽制する。放課後、図書室で調べものをするかなめに
付き合った五十鈴と博士は、かなめから嫦娥町の都市伝説について聞く。

後は続きからどうぞ
 
行列をなす赤い蛍
深夜、旧市街の路地裏で赤く光る蛍が目撃される事がある。見た者は不幸が
訪れると言われているが、不思議な事にその蛍が実際に発見されたことはない。

八朔
嫦娥では八朔の栽培が盛んだが、八朔には八つに裂く、つまり八つ裂きにする
との意味が込められている。八朔は猟奇殺人の合図でもあるのだ。

2つしかない、オチがないような都市伝説に、五十鈴と博士は拍子抜けしてしまう。

ookami0129_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

五十鈴と2人で家に帰ってきて、五十鈴と別れた後、一誠が博士を呼び止める。
先日の事もあるので、博士が怯えると、一誠は、じわりじわりと博士に
近づき、また博士に超接近し、博士の肩を掴み、博士の匂いを後ろから嗅ぎまくるw

「大きな声は出さないでくれよ・・俺、ほんと、そういうのじゃないんだからさ」
ookami0129_1.jpg
そういうのじゃなければなんなんでしょうか?w

嫌がる博士に、「1時間だけ・・30分だけでもいいから・・・」と迫ってくる一誠。
すると、そこへ五十鈴が戻ってきて、様子がおかしくなった一誠を博士から引きはがす。
五十鈴は、一誠がおかしくなっている理由を知っているようだが・・。

翌日、妹のマナの散歩に付き合う博士。マナは1人でも散歩に行けたとご機嫌
斜めだったが、渋々、博士と一緒に散歩をする。住宅街を歩いていると、ある住宅の
玄関の表札のある柱の上に、木彫りの狼と、一個の八朔が置いてある。嫦娥町の
伝説に何か関係があるかもしれないと、後で父親に教えてあげようと
マナと話し、前を通り過ぎようとすると、その家から、何か視線を感じる博士。
視線を感じた所を見ると、少し開いたカーテンの隙間から誰かが博士を見ていた。

少し先に行くと、どこからかバイオリオンの音色が聞こえてくる。博士達は音色が
する方向に進むと、住人達が、バイオリオンの音のする家に向かって、手を
合わせて拝んでいる。住人は口々に、心が安まる・・ありがたい・・と
言いながら音に聞き入り、やがて演奏が終わると、その場から去っていった。
残された博士とマナは、その家の住人、バイオリンの演奏者である真那香織
出会い、彼女から家に招き入れられる。独り暮らしである香織は、博士達に
とても親切に接し、香織のバイオリンに感動したマナは、香織からバイオリンの
レッスンを受けることになる。

五十鈴が家に帰ると、一誠の姿がない。母親は、「あの子ならセンターに
カプセルをもらいにいってるわよ」と五十鈴に告げ、心配そうな表情を浮かべる
五十鈴に「心配いらないわよ、お兄ちゃんもあなたも、うちの子なんだから」
言う。

センターでカプセルをもらった一誠は、もらえたカプセルの数が少ない事に驚く。
センターの受付の人は、 「ごめんなさいね、センターにも、もう備蓄が
少なくて・・・一度に渡せるの、これが限界なのよ」と一誠に詫びる。
センターの帰り、一誠は、電話で呼び出された後輩の女の子を車に乗せる。
後輩女子は、走る車の中で一誠に告白をする。すると、一誠はみるみるうちに
様子がおかしくなり、目が赤く光る。一誠は車を止め、後輩女子を車から降ろし
その場から走り去る。いったい一誠に、何が起きているのか・・。

ookami0129_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

夕暮れ時、香織の所でレッスンを終え、帰る途中に、マナの帽子を香織の所に
忘れた事に気付き、1人取りに帰る博士。博士達とすれ違うように、香織の場所を
訪れたのは、たまたま香織に出会った賢木であった。賢木は死んだ?恋人に
似ている香織の事が気になり、香織に招き入れられ博士達と同じように
香織の入れたお茶を飲む。すると、そこへ、博士が帽子をとりにやってきて
初めて賢木と出会う博士。

香織の家から帰る時、辺りはすっかり暗くなり、夜になっていた。家路を急ぐ
博士の耳に、何か言い争うような声が聞こえてくる。声の主は加奈子、加奈子は
自分は彼を愛し、彼も自分を愛してくれたと、叫びながら、大勢の何者かに
追われていた。その姿を目撃した博士は、かなめから聞いた、赤い蛍の話を
思い出す、なぜなら、加奈子を追う人々の目が赤く光り、それが赤い蛍
ようだったからだ。

追われる加奈子の後を、博士も追う。追い詰められ、囲まれる加奈子を博士は
影から見ていた。すると、加奈子の前に、白髪の仮面を付けた、大きな鎌を
持った者が現れ、加奈子はその者によって殺されてしまう。殺人らしきものを
みてしまった博士は、慌てて、その場から走り去り、交番へ駆け込むが
誰もいないし、電話も通じない。交番から出て、博士が助けを求めながら
走っていると、賢木に出会う。

賢木に事情を話して、さきほどの殺人現場に2人で行ってみると、何も
起きた形跡はない。しかし、賢木は博士の言った言葉を信じると言い・・・

「この街には得体の知れない殺人集団が居るんだ・・」

と博士に明かす。

---------------------------

またまだ一誠が・・博士に迫ってきて笑っちゃいましたw 彼、けっこうギリギリ
っぽいですよね、センターからもらえるカプセルも少なく・・・ってなんで
彼だけあんなにギリギリなんでしょうか・・。個人差ってやつ?
センターからカプセルっていうのは、街の人達、みんなもらっているのでしょうか。
母親の台詞もちょっと気になりました。あと、後輩女子から告白された時も
なんかすごい様子がおかしかったけど、好きだと言われると、ダメなのか??
冒頭の加奈子も、男から好きだと言われて、目が赤く光っていた。男女の間・・
っていうか、人と人とのそういう恋愛感情が、嫦娥町の人々には毒なのか・・
ってそこらへんはまだ不明ですね。

しかし、このままじゃ、一誠も眠ちゃんに狩られちゃうんじゃないかと、
心配ですなあ・・。

今回出てきた、香織はなんか無害っぽいけど、人々が香織のバイオリンを
ありがたく思っている姿が不思議だった。八朔以外に、香織のバイオリンも
人々を鎮める作用を持っているのか?

賢木はいったい何をしているんでしょうね、多分、恋人を殺された恨みで
嫦娥町を調べているのかな?? 

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「嫦娥町」
第2話「兄妹」
第3話「衝動」


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(29) 
共通テーマ:アニメ

nice! 7

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 1

まこたま

>そういうのじゃなければなんなんでしょうか?w
どう見てもそういうのです、本当に(ry
博士が女の子に見えなくも無いので、これはこれでww
by まこたま (2010-01-31 23:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 29

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ