So-net無料ブログ作成

おおかみかくし 第8話「錯綜」 レビュー キャプ [アニメ]

ookami0226_top.jpg

拉致され、牢屋に閉じこめられていたかなめの元に、自警団の男達がやってきて
なぜ数え唄等に関して調べているのか?と厳しい口調で聞いてくる。かなめが
答えに困っていると、そこへ眠がやってきて男達を制止し、かなめを助ける。
男達が居なくなった後、嫦娥オオカミの正体が、人あって人でない人狼のような
別の種族であるのではないか?と詰め寄るかなめに、眠は正直に自分達が
その嫦娥オオカミである事を告げる。

眠はかなめを牢屋から出し、これ以上この事に関して首をつっこまないように
釘を刺し、これ以上かなめがこの事に関われば「次ぎは助けられない」と言う。

後は続きからどうぞ


かなめを牢屋から逃がしたことで、眠は周りから非難を浴びていた。先日の
五十鈴を助けた件もあわせて、眠が公私混同をしているのでは?と迫ってくる
強行派の男。眠は、ただ無用な血を流したくないだけだと言い、神堕としの儀に
ついては狩人である自分に任せてくれないかと男達に頼む。

強行派の男達は、蜜を捕まえて、始末を便利屋に頼む事は掟には反しないと
言い出し、始末する蜜のリストは既に便利屋に渡してあり、その中には博士の
名前も入っていると眠に告げる。

翌日、博士が言いしれぬ不安を抱えながらも登校すると、五十鈴とかなめが休みで
眠は自分の事を監視するようにじっとみている・・こんな状態で博士は精神的に
ますます追い詰められる。

強行派の男達が蜜を狩りに出ている中、賢木は重次に呼び出され、神人の重要な
秘密がかかれた極秘資料をもらいうける。重次は神人の衝動を抑えるワクチンの
開発の協力を賢木に仰ぐ・・。

学校から1人帰る博士に身には危険が迫っていた。強行派が強すぎる蜜である
博士の事を始末しようと動いているため、薄暗い路地にさしかかった博士は
何か異様な気配を感じ、振り返るとそこには眠が立っていた。眠は博士に
「ここから早く急いで逃げて」と博士に警告する。すると、眠の背後から仮面を
かぶった強行派の者達が現れ、博士を拉致しようとするが、眠の制止によって
博士は事なきを得る。強行派は眠の行動は処罰されると眠に言い、その場から
消える。

ookami0226_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示


重次は櫛名田家の者として香織の家を訪れ、香織を「ハクロー様」として
迎入れ、香織は重次達が持参した仮面を被り、家を出る。白装束の者達、重次
と共に、家を離れ、どこかに行く香織・・ その様子をたまたま見かけてしまった
賢木は、急いで香織の家に行くが、香織の家はすでに誰もいなく、家は怪しい
しめ縄のようなもので覆われていた。賢木は、以前、婚約者を殺された時の事と
今回の事をダブらせ、復讐に燃える・・。

眠は自宅で、強行派の者達の報告により、謹慎処分と狩人の解任を申しつけ
られてしまった。それを受け入れる眠の姿を見て、強行派の男はほくそ笑む・・。

家でも博士はまったく元気がなく、食欲もない。何が起きているのか知りたい
博士は、意を決して、賢木に連絡を取る。次の日、マナとの約束通り、
香織の家をマナと一緒に訪れる博士。しかし、香織の家はものけの空、マナは
一誠のようにまた、香織も姿を消してしまったのでは?と嘆く。博士は
賢木との約束があるために、マナを1人で返し、自分は賢木の元へ向かう。

博士は賢木と会い、自分のまわりで起きている事の真相を知りたいと話す。
そして、その時に、眠が自分を助けてくれた事を賢木に言ってしまう・・賢木は
その事を自分の目的の為に利用しようと( ̄ー ̄)ニヤリ

賢木は博士を拉致し、始末する予定だと、嘘の報告を櫛名田家に送る。その事を
聞いた眠は、博士を助ける為に1人賢木の元へ向かう。賢木はやってきた
眠を捉えようとするが、神人である眠は、逆に、賢木を追い詰める。しかし、
最後に、賢木の巧妙な罠にかかり、気絶してしまう。
賢木は眠に絶望を与えてやると言い、彼女をどこかに監禁する。

夜、賢木からの電話で呼び出される博士。賢木は、博士を廃屋の中に招き入れると
博士を中に閉じこめる。そして、その廃屋にはもう1人・・眠が監禁されていた。

------------------------

なんか大変な事になってきますたね~ もう、眠ちゃん、かなめに色々
言っちゃってよかったの?って感じでもありましたが、強行派VS眠 みたいな
感じになってきて、眠ちゃん、いい人じゃないの!という感じです・・。
でも、あの強行派の男のせいで、眠ちゃんの立場がかなり危うくなってきて
ついには、狩人を解任させられちゃって、どうなるんでしょうね・・?

賢木は眠と博士を同じ場所に閉じこめて何をしようと? 眠に博士を襲わせようと
しているのかな?? っていうか、賢木君、ちょっと色々策略めぐらしすぎ
じゃない?w ある時は、製薬会社の人、ある時は便利屋、ある時は地質学者・・・
ってw

あと、ハクロー様って何ですかね?? ここに来て、突然出てきた事ですけど
香織がハクロー様?? っていうかハクロー様ってなに?w 

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「嫦娥町」
第2話「兄妹」
第3話「衝動」
第4話「予感」
第5話「暴走」
第6話「恋」
第7話「喪失」

女子フィギュア見てたら時間が遅くなってしまったw
浅田、超残念だったけど、がんばったよ・・・安藤も頑張ったよ・・・(ノД`)カンドーした!!


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(30) 

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 30

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ