SSブログ

デュラララ!! #09 「依依恋恋」 レビュー キャプ [アニメ]

durara0306_top.jpg

矢霧製薬の重役である矢霧波江は溺愛する弟の矢霧誠二の居場所が掴めず
苛立っていた。部下の無能を嘆き、波江は自ら誠二の居場所を探す為に
動く。向かった場所は情報屋でもある臨也の所だった。臨也は独自の情報網で
誠二の居場所をすぐに掴むが、誠二は警察に保護されていた。
なぜ誠二は警察に保護される事になったのか、誠二と一緒にいた首に傷が
ある女(張間美香)は何処に行ったのか?

後は続きからどうぞ

首と波江と誠二の関係
矢霧波江・誠二の伯父は、20年前、ある物を海外から手に入れていた。
それは美しい女性の首、伯父は暇さえあれば書斎に籠もりその首を眺め
時には話しかけたりする事もあった。波江はこの首の事をなんとも
思ってはいなかったが、彼女はある後々ある重大な後悔をする事になる事を
しでかしてしまう。それは、誠二が10歳の時、伯父の目を盗んで
波江がこっそりと誠二に首を見せてしまったことだった。
それから誠二は首に取り憑かれ、ついに、3年前、誠二は波江に言い出した。
「姉さん、俺、好きな子がいるんだ」
誠二がそう言った好きな子というのは、その首の事だった。
波江はその首に赤くさび付いた嫉妬の炎を燃やした。

張間美香は矢霧誠二のストーカーだった
波江はその後、首を誠二から遠ざける為に伯父を説得し、首を矢霧製薬の
研究所に移した。しかし、ある日、波江はカードキーを盗まれ、その
カードキーを使った者が研究所に侵入し、首を持ち去ってしまった。
その犯人はすぐに判明する。それは弟の誠二だった。波江がその事に
気付いたのとほぼ同時に、誠二から電話が入る。
「姉さん、俺、人を殺しちゃったかもしれないんだ。どうしよう」
波江が部下を連れて部屋に駆けつけると、そこには、誠二をストーキング
していた張間美香が血だらけで倒れていた。そして部屋には首もあった。
波江は首と張間美香を回収し、誠二の事は自分がどんな手を使ってでも
守ると決意した。

durara0306_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

波江が行方を捜しているというのも知らずに、誠二は首に傷のある女(張間美香)と
池袋の街に居たが、美香はnakura(臨也)からのメールで自分達が追われている身
だという事を知り、誠二にどこか遠くに行こうと彼の手を引く。誠二はそんな
美香の行動が理解できず、彼女に優しく微笑むが、その様子を遠くから見ていた
セルティと静雄は、2人が何か痴話喧嘩?をしているように見えた。美香は
1人、誠二から離れて走り出し、セルティの前を横切る。

セルティは美香の顔が自分の首の顔にそっくりな事に気付き、すぐに美香の後を
追って、美香を捕まえるが、美香は過剰に悲鳴をあげ、静雄が美香をなだめようと
する。追いついた誠二は、静雄にボールペンを突き刺し、その間に、美香は
再び逃げてしまい、セルティはその後を追う。静雄は誠二を投げて最後は
頭突きでKO、そこに警察がやってきて誠二は保護される。
一方、セルティに追われていた美香は途中、帝人とぶつかり、セルティに
追われ怯える美香を助ける為に、美香の手を取って、2人で逃げて、自宅に
美香を連れてきてしまっていた。Σ(゚Д゚;エーッ!

美香を見失った後、セルティは急いで新羅の元に帰り、起きた出来事を
報告する。その報告から、セルティがあの場所に居たのは、臨也が仕組んだもの
である事がうかがい知れる。

帝人の家に居る美香は、nakura(臨也)と連絡を取り、自分が今、帝人の
家の居る事を伝える。臨也は、事が色々と面白い方向へ進んでいる事に
歓喜w 「人LOVE!」

そして、美香と波江はそれぞれ、誠二への愛情を募らす。
「貴方を愛している」

durara0306_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

-------------------

もうちょっと、あらすじはけっこう適当ですw まあ、要するに、波江は、首から
誠二を遠ざける為に、誠二を病的に愛しているストーカーの張間美香を利用して
彼女が重傷を負った時に、彼女の顔を首そっくりに作り替え、誠二にあてがった
ということですね。張間美香的にも、愛する誠二が唯一愛せるという首に
顔をそっくりにする事によって誠二に愛してもらえるから、同意の上だと
いう感じでしょうか。

なんといっても、臨也が張り巡らした策略?みたいのが凄いですよね、影で
常に暗躍しまくっているって感じで、美香がメールで連絡をとっているのも
臨也だし、セルティと美香を鉢合わせにさせたのも臨也、波江の為に誠二の
居場所を探したのも臨也、チャットルームの管理人も臨也・・・w とにかく
すべてが臨也絡み。

静雄がすごかったですね・・手にボールペン刺されて、接着剤でふさいでから、ペンを
抜こうとかなんとか言ってましたがw っていうか、両足にボールペン刺されて
痛くないとか・・w凄すぎる。

帝人は、張間美香を家に連れて帰ってきちゃって、どうするつもりなんでしょうかねえ

そういえば、セルティが新羅に美香の事を話している時に、新羅が死体に首を
つけちゃったんじゃ?とか言う時の、セルティのリアクションが、可愛かった
ブルブルって感じの動きw 

今回で、とりあえず、矢霧誠二と首と張間美香とかの関係は明かになりましたね。


前回までのレビューは以下からどうぞ
#01 「開口一番」
#02 「一虚一実」
#03 「跳梁跋扈」
#04 「形影相弔」
#05 「羊頭狗肉」
#06 「東奔西走」
#07 「国士無双」
#08 「南柯之夢」

durara0306_next.jpg


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(36) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 36

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ