So-net無料ブログ作成

おおかみかくし 第12話「嫦娥町奇譚」 最終話 レビュー キャプ [アニメ]

ookami0326_top.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

八朔祭の日に起きたあの事件からひと月あまり、本来なら博士達が嫦娥町から
出て行くのが一番なのだが、涼しくなってきたお陰で、博士の強い蜜の
影響力は弱まり、そして、なによりも博士達が嫦娥町の事をもっと理解して
世間に神人の事をもっと正しく伝えたいと思う気持ちがあり、この町に
留まる事にしているのだという。

今度は僕が五十鈴ちゃんや眠さんの事を守りたい・・

そう博士は思うのであった・・・なんつって、少しかっこつけすぎたかな?と
ずっこけモードで始まったおおかみかくし最終話。今までで一番カオスだったかも・・w

後は続きからどうぞ
 

眠ちゃんの私服が・・
ookami0326_1.jpg
眠ちゃんの私服が、想像以上にロリータで驚きです。
一瞬コスプレでもしてるのかと思いましたが、誰もこの眠ちゃんの服装に
つっこまないんで、あれが私服なのか・・と理解した次第ですw


オカルト探究会発足!?
かなめ、五十鈴、眠、博士の4人でオカルト探求会というものを作るらしく
博士は自分がいつの間にメンバーになっていた事に驚くw
かなめは五十鈴に言付けを頼んだようだが、五十鈴は博士の性格を考慮して
言わずにいたというw

五十鈴の想像の博士の言い訳
ookami0326_2.jpg
「中学の時も帰宅部とかだったしぃ~」

なんてこったいww

オカルト探求会に入るのを渋る博士に眠のプレッシャー
ookami0326_3.jpg
「いやなんですか?」

眠が大好きなマスコットキャラクター、ウサエルの話が出て、眠が目を
輝かせウサエルの説明をしようとした時、博士は飲み物をゲットしてくると
言い、五十鈴を連れてその場から逃げる・・博士が逃げた理由とは・・

ookami0326_4.jpg
ウサエルさんの事となると並々ならぬ気合いが入る眠・・・w

ookami0326_5.jpg
先日、博士の家を突然訪れた眠。大きな荷物をかかえ、家に上がり込むと
マナの部屋の前で、いきなりウサエルのキグルミを取り出し、それに着替え出す。
それを影から覗く博士・・
ookami0326_6.jpg
「チラッ」って言ってたw

キグルミに着替えた眠はマナの部屋に入っていく。

眠「ウサエルだぴょん!」

マナ「やっぱり眠さんのウサエル挨拶は神がかってますね~」
眠「プロのウサエルファンならこれくらいの挨拶は当然です。」
ookami0326_7.jpg
なんかシュールな絵面になってるww

今日のマナと眠のウサエル談義のお題は、ウサエルさんのおうちについて。
ウサエルさんのおうちと聞いて、頬を赤らめる眠。2人で案を出し合って
素敵なウサエルの家をつくるのだ・・w

ookami0326_8.jpg
左がマナの想像、右が眠の想像

マナの言葉を聞いて眠が想像したものは眠の想像とは違っていたが、眠は
違っているとは気付かず、マナの事を「都会の子は刺激を求めているのね」と
勘違いw 挙げ句に、「九澄マナ・・恐ろしい子!」と心の中で思う眠w
眠はマナの為にウサエル城の夢を叶えてくれるといい、家に帰り、神人の
禁断の呪術を使うw そして、その夜遅く、眠はマナに大きな箱を持ってくる。
マナ以外の人が開けてはならないと言われたが、そう言われると開けたく
なるということで、開けてしまう博士。箱を開けると、眠の想像した
ダークなウサエル城を体験してしまう博士。そして、呪い?かなんか知らないが
ダークウサエルに噛まれるのであった・・。

ookami0326_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

八朔ジュースを買って席に戻ってきた博士と五十鈴。
次ぎに出た話題で再び博士は血相を変える・・・

ookami0326_9.jpg
喫茶エトランゼでバイトをしている五十鈴とかなめに呼び出された博士。
エトランゼに入ると、ウエイトレスの女がいきなり、博士の蜜にやられて、
襲いかかってくるw 博士は眠にもたされていた携帯八朔スプレーを女にかけ
事なきを得るw 

なんで博士が喫茶店に呼び出されたかというと、視聴率70%のおはよう嫦娥と
いうテレビ番組が喫茶店にたまに現れる伝説のウエイター、嫦娥のジューを
取材に来るとか・・え?博士別に要らなくね?と思ったら、五十鈴達の思惑は
別の所にあった・・w

ookami0326_10.jpg
なぜか博士が女装させられウエイトレスにw 理由は不明だ。

すると、眠もやってくる。どうやら眠はテレビに映りたくてやってきた
ようなのだが、喫茶店が初めての眠は、博士がオーダーを取りに行くと・・

ookami0326_11.jpg
ww吹いたww

博士にそんなものないと言われるとショックを受ける眠。次ぎに眠が注文
したものは「舌平目のムニエル」、それもないと言われると、やっとコーヒーを
注文するが、なぜかそれに小さいサイズのカツ丼をつけてくれと注文してくる。
カツ丼はないと言われると再び大ショックを受ける眠・・

こんなやり取りを見ていたかなめと五十鈴は、やっぱり眠は喫茶店初めてなんだ・・と
ほくそ笑むw

喫茶店にはテレビの取材が来ると聞いた、チンピラっぽい人が入ってきて
博士の蜜にやられて、博士に強引にキスを迫ってくる。眠が狩人として
そのチンピラを払い堕とそうとしたりして、カオスな状況になってくるが
突然、喫茶店の2階からウエイターの格好をした老紳士が現れる・・それは
なんと眠の父、重三だったw 嫦娥の重!!!w  

ookami0326_12.jpg
昔取った杵柄?w

重三はその場をおさめ、チンピラは退散するが、取材を断ってくれと眠に頼んでくる。
なぜなら・・重三はぎっくり腰に・・w テレビに映りたくてわざわざ
来たのに、それがなしになりショックを隠せない眠だった・・。



こんな話を笑いながらする五十鈴、眠、かなめの顔を見て、ちょっと前まで
起きていたシリアスな事件の数々を思い出す博士・・あの事件を乗り越えて
掴んだ幸せを博士は噛みしめるのであった。

---------------------------

最終回、超面白かったですね。この最終回は、今までのおおかみかくしを
全部見た者だけが楽しめる感じになっていて、まさに、ゲームをクリアした後の
ご褒美動画のような感じで、ものすごく楽しめました。台詞や、音楽の
使い方が絶妙な具合に、今までのシリアスおおかみかくしのパロディっぽく
なっていて笑えた~。 最高でした。 

今までのシリアスな11話があったからこそ、ここまで面白かったんでしょうね。
こうなると、今までのシリアス11話がこの最終回の為にあったような気さえしてきたw
このパターンだったら、あと何話かパロディ路線で作れそうだよね。
いや、ほんと、死人とかが何人も出ていたアニメだとは思えない、
素晴らしく明るい終わり方で満足でございますよ!

ああ、八朔祭の歌が頭の中で木霊する・・w 

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「嫦娥町」
第2話「兄妹」
第3話「衝動」
第4話「予感」
第5話「暴走」
第6話「恋」
第7話「喪失」
第8話「錯綜」
第9話「密室」
第10話「八朔祭」
第11話「終焉」

ookami0326_top2.jpg


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(29) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 29

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ