So-net無料ブログ作成

裏切りは僕の名前を知っている Story2 永劫の調べ レビュー キャプ [アニメ]

uraboku0422_top.jpg

神に祈ったところで刻は止まりはしない

始めなければならない

戦いを!!

祗王天白は夕月を迎えに院を訪れる。天白は夕月の腹違いの兄だと名乗り
夕月に一緒に東京で住もうともちかける。突然の出来事で、驚く夕月は
しばらく考えさせて欲しいと言う。自分が天涯孤独の身だと思っていた
夕月は、素直に嬉しく感じるが、院に居れば自分が必要とされると思うと
どうしても一歩踏み出す事ができない・・・夕月の心の中で木霊する
ユキの声・・

それは逃げよ・・
あなたは自分が成すべきことから逃げているだけ
あなたは逃げているだけ・・・逃げているだけよ

その声を聞いた夕月の感情が高ぶった瞬間、周囲にガラス等が一斉に壊れる

後は続きからどうぞ


影から夕月の様子をみていた九十九と十瑚は夕月を心配し、夕月の力が
完全に目覚める前に、自分達の所へ来たほうがいい・・と呟く。
夕月はルカと出会った場所に行ってみるが、彼の姿はない。代わりに、奏多が
現れ、夕月を励ます。

uraboku0422_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

翌日、ガラスを割ってしまった事を気にする夕月は元気がなかったが、そんな
夕月を気遣の院の子供達や、学校の友人達。その様子を見た、宇筑は、同じような
境遇の夕月だけがなんで周りから愛され、自分は違うのかとか?そんな事で
妬み、そねみ、嫉妬玉を増大させ、悪魔を自らの体に取り込み力を得る。
悪魔の出現により、周囲には悪魔の使い魔?みたいのが溢れ、九十九と十瑚は
その処理におわれる。

学校に着いた夕月は先日の事で宇筑に話しかけるが、宇筑は今まで以上に
ドイヒーな態度を夕月にとってくる。宇筑に触れた時、今まで送られてきた
脅迫状のような手紙が宇筑の仕業だったという事を知った夕月は、ショックで
再び周囲の蛍光灯を割ってしまう。夕月は、いたたまれなくなり、その場から
走り去り、雨の街を彷徨い、1人誰もいない場所でうずくまり、ルカに会いたいと
心の中で呟く。すると、そこにルカが現れ、夕月の心を落ち着ける。
夕月はルカに、自分の悩みを話し、ルカは夕月の話を聞く・・いい知れない
安心感を覚え落ち着いていく夕月・・。

夕月がルカと2人で歩いていると、2人は悪魔に突然襲われる。ルカは
夕月を抱えている為に、闘う事が出来ず、ピンチになるが、九十九と十瑚が
悪魔を片付け事なきを得る。

驚く夕月の前に、天白も現れ、九十九と十瑚も祗王家の人間だと説明し、
特殊能力をもつのが祗王家の特徴だと言う。力が目覚めつつある、夕月は
今後、その力をもてあましていくだろうと天白は言い、その力をコントロール
する方法や、能力に関する知識、奇怪な現象への対処方法などは、自分達の
元に来ればフォローしてあげられると夕月に告げる。

uraboku0422_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

--------------------

ルカ・・カッコイイ・・・(;´Д`) あと九十九も。なんかこの後も、続々と
美形キャラが登場すると思うと、ゾクゾクしちゃいますが、だいぶ、アニメの絵にも
なれてきましたw 特に、ルカがかっこよく描かれている・・っていうか
すごく力が入った画に見えるじぇ!(ひいき目?)
低級悪魔の絵はCGバリバリなんですね、まあ、しょうがないか?別に違和感とかは
ありませんけど、もうちょっと柔らかい線の獣っていう感じだったんで
あのCGのトゲトゲしたような無機質っぷりが若干、アレっていう・・
別に文句ではありません、率直な感想ですw

はやくルカが闘うシーンとか見たいですね~。それと、ちょっとお茶目な
感じのルカとかも・・・CM中のASUKAの宣伝の中の櫻井孝宏がいいですよね
有利の声も、ルカの声も櫻井孝宏だから便利ww そういや、本編中に、ルカが
チッって舌打ちしてましたよね~たまらん!(すみません、櫻井孝宏の神田ユウが
好きなんでw)

今期の嘆美好き向けアニメはこれと薄桜鬼で間違いないですな。アバンの
バラの茨につつまれたユキとルカの姿とか、どこのベルバラ?みたいな感じ
ですよね。いいわ~! 

前回までのレビューは以下からどうぞ
Story1 刻、動き出す


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(15) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ