So-net無料ブログ作成

閃光のナイトレイド 第4話「カメラと包子(パオズ)と野良猫と」 レビュー キャプ [アニメ]

night0427_top.jpg

ライバルの日本食店が精巧な食品サンプルを店頭に展示して大繁盛したため
風蘭は自分の店のメニューも見てすぐ分かるように写真に撮り、展示したら
もっと商売が繁盛するだろうと、葵と葛に写真撮影を頼んでくる。
普段から風蘭の店の包子を好物にしている葵は写真を撮る事を承諾するが
慎重な葛は渋々手伝う事に。

撮影が始まり、次々と料理が運ばれるが、ここでも葵と葛は色々と対立する。
それでも最終的には2人で撮影を完了・・撮影終了後、撮ったフィルムと
風蘭からもらった包子をバックに詰め、外でお茶をしようとする2人だが
気付くと、フィルムを入れたバッグがなくなっている。バッグには他の顧客の
フィルムも入っており、焦る2人。かっぱらいの仕業かと思った2人は
手分けをしてバッグの行方を捜し始めるが・・

後は続きからどうぞ

night0427_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

葵と葛はそれぞれ、かっぱらいに関して調べ始める。別々の情報源から調べた
割りには、同じ場所に到達する2人。しかし、かっぱらいのアジトの前でも
どうするかで2人は再びもめてしまう。2人がもめていると、通りかかった
野良猫が物音を立ててしまい、たまらず、その場から2人は逃げ出す。
なんとか、逃げた場所で、2人は、もう一回落ち着いてよく考えるように
自分に言い聞かせ、フィルムは諦め、風蘭の方は撮り直し、顧客の方の
写真は誠心誠意謝って許してもらおう・・という事にしようとしたその時、
2人の横をバッグを体に巻き付けた野良猫が通りすぎる。

びっくりした2人はそれぞれ、猫の後を追う。葵は猫が通った道をそのまま
追跡、葛は猫がたどり着く場所を予想して追跡するが2人がたどり着いた場所は
まったく同じ場所で、2人はその事実に愕然?、すると、そこに雪菜と棗が
通りかかり、焦る葵と葛。葵はとりあえず、雪菜達に、猫をみかけなかったか?と
猫の特徴を言い聞いてみるが、なんと棗が、その猫に見覚えがあるらしく
猫がよくいる場所を教えてくれる。(棗は猫好きらしいw)

その場所は奇しくも風蘭の招財飯店だったw ようやく、2人は招財飯店で
猫を捕まえ、バッグを取り戻す。猫は包子が好物だったらしく、バッグに
ついていた包子の匂いにつられてバッグを獲ったらしい。

後日、定期連絡で桜井に会う雪菜。葵と葛という手の掛かる男にはさまれて
よくやってくれていると桜井が雪菜を労うと、雪菜は、葵と葛の事を

「対照的だけど良い組み合わせ。違う視点があるから
 同じ目標に向かった時に強みになる。
 どちらかが正しいのではなくて、どちらにでも良さがあり
 悪さもある。だからこそ・・・」

と言う。

葵と葛が撮った写真を店に張りメニューが分かり易くなった招財飯店は前にも
まして繁盛し、葛はあの野良猫の写真を写真館の壁に飾るのであった。

night0427_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

----------------------------

最後の雪菜の台詞が全てを物語る・・という感じですね~
違う視点で行動しながらも、たどり着く場所が一緒の2人はなんだかんだ
いって良いコンビなんですね。猫を違うルートでそれぞれ追って来た時に
同じ場所にたどり着いてしまった時、思わず葵と葛が固まってしまったのが
なんかラブリーでしたね。彼等自身も、「あ!」と思ってしまったんでしょうw
その前も、まったく違い情報源をあたりながら、たどりついたアジトは
一緒だったしw バッグを持った猫を発見して驚く姿とかも、可愛かった
ですね。

招財飯店の写真もあんなにもめて撮っていたのに、結果は大成功という所も
2人がいいコンビだという証明ですね~。葛があの猫の写真を壁に飾る姿も
よかったと思います。

棗が猫好きで、頬を赤らめる姿が笑えたw 頬を赤らめるなんて、絶対
しなそうなキャラですからね・・w そういえば、2人が猫追跡してる時、
桜井機関の人間MEのあのヒョロっとした男が居ましたよね?? 彼は
何をしていたんでしょうか?? 監視ですかね??

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「救出行」
第2話「回想のロンド」
第3話「ビッグフォーに影は落ちる」


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(29) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 29

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ