SSブログ

薄桜鬼 第10話 絆のゆくえ レビュー [アニメ]

hakuouki0609_top.jpg

風間千景達の襲撃を受け暫くした後、新選組は不動堂村に屯所を
移し、千鶴も新しい屯所にだいぶ慣れてきていた。
そんな折り、伊東甲子太郎は密かに何かを企てており、スパイとして
伊東の元にいる斉藤はこの情報を掴み、山崎に渡した。

ある日、山崎は千鶴を呼び出し、自分が松本良順の診断から作った各隊士の
治療メモや、結核の沖田への対処法などを書き記した資料を渡す。
山崎の口調は、まるでもうすぐ自分が死ぬ運命にあるような口調だった。

近江屋事件が起き、坂本龍馬が暗殺される。現場に残された鞘から
原田の犯行が疑われたが、これはまったくの濡れ衣だった。

そんな折り、斉藤が新選組に復隊し、ある計画が実行される事になる。

後は続きからどうぞ


隊に復帰した斉藤から、伊東甲子太郎が新選組に対して明かな敵対行動を
とっている事が報告される。伊東は幕府を失墜させる為に、羅刹隊の事を
公表しようとしていたり、坂本龍馬暗殺に原田が関与しているという噂を
流し、新選組を陥れようとしているというのだ。その上、一番差し迫った
問題が一つ、それは伊東達が近藤の暗殺計画を立てているという事だった。
話し合いの結果、伊東を暗殺する事になるが、その際、御陵衛士とも
事を構えるということで、平助の身を案じる千鶴。斉藤は、平助を
助けるなら今しかない・・と千鶴に言う。

hakuouki0609_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

後日、伊東暗殺の計画が実行される日、近藤と土方は伊東を接待し、酒に
酔わせる。気持ちよく酔った伊東は1人帰る途中、原田や永倉達によって
油小路で暗殺される。

千鶴は斉藤の手引きで、平助を御陵衛士の屯所?から連れだし、新選組に
戻ってくるように説得する。斉藤から、伊東が薩摩と手を組み、近藤の
暗殺を企てている事を聞き驚く平助。するとそこへ伊東が襲撃を受けたとの
知らせが入り、千鶴の制止も聞かずに平助は行ってしまう。千鶴は斉藤が
伊東派を引き受けてくれる隙に、平助の後を追う。

伊東の死体を油小路に放置したままにし、かけつけた伊東の同志を次々と
粛清していく原田達。すると、そこに天霧九寿と不知火匡が大人数の
薩摩藩士を従えて現れ、原田達は激しい戦闘状態になる。

病気の為、1人、屯所で寝ていた沖田の元には、南雲薫が現れる。
南雲薫は雪村綱道からもらったといい変若水を沖田に差し出す。
ここで、南雲薫の口から、ある事実が語られる。千鶴と薫は双子の姉妹で
幼い頃にそれぞれ、別々になってしまったのだという。薫は千鶴から
沖田の病の事を聞いたと言い、変若水を差し出したのだが、千鶴が
他人に沖田の病気をバラす事は絶対ない事を沖田はわかっていた。
沖田は南雲の事を斬ろうとするが、南雲は剣からあっさりと身をかわし
変若水を沖田の前の残したまま消えてしまう。

油小路に平助が到着すると、目の前では原田達が大人数の薩摩藩士を相手に
闘っていた。千鶴もすぐにかけつけ、平助の後ろに。あまりの大人数の
薩摩藩士に原田達の限界も近い時、天霧九寿はある提案を持ちかける。
それは、千鶴を天霧達に渡せば、原田達を見逃すというものだった。
それを聞いた千鶴は、自分が行けば、原田達の命が助かると思い、自ら
天霧達の所に行こうとする。

原田と永倉はそんな千鶴を止め、平助にも、千鶴の為に闘うように声をかける。
原田、永倉、平助・・この3人は、千鶴の為に天霧達と闘いを始め、
次々と薩摩藩士を倒していくが、天霧九寿と一騎打ちになった平助が
ついに倒れ、後には千鶴の悲痛な叫びが響いた。

hakuouki0609_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

--------------------

いや、ほんとに、史実通り進んで行くんですね~もう、ここらへんから
嫌な事ばっかりですよね、新選組・・・誰が死ぬとかわかっていると
どうにか史実通りに進まないで欲しいとか思ってしまいます。そういえば
山南さんとかまだ生きてるわけだし、史実通り進まない可能性もあるのか?

斉藤・・・かっこいいですね~ 史実では彼が本当にスパイだったか
どうかはけっこうあやふやな部分があると思うんですけど、絶対、スパイで
伊東の所に潜り込んでいたに決まってる!と思ってしまいますw
そして、山崎が自分の死を予期したかのような行動・・・実際、山崎は
もうすぐ死ぬんですよね・・っていうか、次ぎの年ってもう、色々やなこと
ばっかりの年じゃないですか・・・イヤーン

沖田の所に南雲薫が!!しかも変若水を残していってしまった・・
まさか沖田君、変若水飲んじゃうって事あるの?? そういえば、南雲薫、
綱道から変若水をもらったと言ってたけど、じゃあ、今、綱道は南雲薫と??
あれ、なんかそういえば、南雲薫が坊主頭の男と一緒にいるシーンみたいのが
あったような・・・っていうか、南雲薫、千鶴と双子っていうのホントなの?
姉妹なら、なんで千鶴が嫌がる事をするのだ? 

平助・・・死亡!?
史実通りだと、油小路で藤堂平助は死亡するんですよね。ってことは
やっぱり、平助はあれで死亡なんでしょうか・・でも、平助が最期、
永倉や原田と再び一緒に闘えたのがすごくよかったと思いました。
なんか、「おお~!!」とちょっと感動でしたよ!

あれ、あと2話で終了?? どうなっちゃうんだろ・・ なんか
あっという間でしたね・・ 淋しい!! 新選組のみんな、変若水飲んで
鬼化して、現代までずっと生きているとかいう設定でもいいとか
思っちゃうんですけどw やっぱり、シリアスな新選組の話は
見てて色々辛いわ・・

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 雪華の都
第2話 動乱の火蓋
第3話 宵闇に咲く華
第4話 闇より来る者
第5話 相克せし刃
第6話 鬼の命脈
第7話 桎梏の運命
第8話 あさきゆめみし
第9話 修羅の轍


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(24) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 24

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ