So-net無料ブログ作成

おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 第11話「エースだから」 レビュー キャプ [アニメ]

oofuri0611_top.jpg

阿部が負傷退場し、捕手が田島に代わり、7回の美丞大狭山高校の
攻撃は続く。慣れないバッテリーは3番矢野を四球にしてしまう。
そして、1死満塁で4番バッターを迎える。
四球を出した事でベンチで治療を受ける阿部は頭に血が上る。
頭に浮かぶのは、何度も自分が三橋に約束した事だった。

病気もしねェ!
お前の投げる試合は全部キャッチャーやる!

oofuri0611_1.jpg
悔しさで歯を噛みしめる阿部…

美丞4番の和田は満塁ホームランを狙うが、当たりはヒットだったが
セカンドがなんとか体で止め、バックホームは間に合わなかったが
ファーストに投げ1点は入ったもののツーアウトになる。

なんとか力を合わせ、阿部が抜けた分は補おうと必死の西浦ナインだったが
美丞は、モモカンがリードを出している事に気付き、モモカンの出している
サインを観察し始める。

後は続きからどうぞ


7回の美丞大狭山高校の攻撃をなんとか1点で凌いた西浦。しかし、
美丞ベンチでは着々とモモカンのサインの検証が進んでいた。

応急処置を受けた阿部の周りに集まるみんなに、阿部は
「お前ら打てよ! オレのために!」
とちょっと恥ずかしい言葉をかける・・で案の定みんなに爆笑されてしまうw

oofuri0611_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

7回の裏西浦の攻撃は1番泉から。
攻撃中、田島と三橋は、阿部から美丞バッターのレクチャーを受ける。
そうこうしているうちに、泉は凡退に終わり、2番の栄口。
栄口は、巧な顔芸?wで心理戦を制し、四球を誘い出塁する。
1死一塁。3番巣山はバントに失敗し、2死一塁。そして4番の
田島を迎えるが、田島は守備の事であまりバッティングに集中できずに
凡退に終わってしまう。3死交代

oofuri0611_2.jpg
天才田島でも、大変だよね…

マウンドに向かう三橋に、「この回も田島を信じて投げればいいからな!」と
声をかける阿部。三橋が言いなりになるようにしむけて、簡単に言いなりに
なった三橋の盲信が自分は心地よくて、三橋が自分で考える機会を
全部つぶしてきてしまった…と後悔する阿部。今の自分は、田島の捕手は
不安だと思っているのに、田島を頼れとしか声をかけることができない。
心の中で、「がんばってくれ」と何度も思う阿部。

マウンドの三橋は、自分は今まで、すべてを阿部に任せっきりで自分で
考えてこなかったから、今、阿部は自分に「田島を信じて投げろ」と
しか言えない事を理解していた。阿部がケガしない約束も、自分が
阿部にそう言わせてしまったと思っていた。始めからムリな
約束を破った事を気にしている阿部に、「もう気にしないで」と
勝っていうぞ!と決意を新たにする三橋。

8回の表、美丞大狭山高校の攻撃は6番鹿島から。
その間、美丞ベンチではモモカンのサインの検証が大詰めを迎えていた。
2アウトになり、8番倉田がバッターボックスに向かう時に、モモカンの
サインは攻略されていた。モモカンのサインが読まれ、シュートを
打たれてしまうが、倉田が走塁の際にファースト手前で止まってしまったので
なんとかアウトに打ち取る。倉田は今までの自分のラフプレーからか
走塁の際にかけぬければいいのか、すべり込めばいいのか、そんな事が
わからなくなっていたのだ。

8回裏、西浦の攻撃が始まる。
5番の花井から。花井はセンター前ヒットで出塁。
6番沖もピッチャー横を抜けるヒットで、ノーアウトランナー、一・二塁。
7番西広は、いままで補欠だった事でこの大会、初めての打席の為、凡退で
終わる。っていうか、西広がこんなに喋ったのはほんと珍しい。
8番水谷、当たりは悪かったが、なんとか進塁打になり2死二・三塁
9番三橋は粘って四球をもぎとり、2死満塁。
ここで打順は1番に戻り、泉を迎える。
自分に打順を回してくれた三橋に答える為にもと奮起した泉はセンター前に
ヒットを打ち、5点目が西浦に入る!
2番栄口は3球三振で、3者残塁1点止まりで西浦の攻撃は終わる。

oofuri0611_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

9回の表、美丞大狭山高校の攻撃になり、西浦ナインは9回裏であと
2点を取り、美丞に追いつく為に、気合いを入れて守ろうとするが
モモカンのサインが読まれているので、いきなりヒットを打たれる・・

美丞大狭山高校の監督・滝井は「この回何点入っちまうかな」と心の中で思う。

もう1点もやれないと思う西浦だが・・。

--------------------------

みんな頑張れ~ 
勝つチームがあれば負けるチームもあるのはわかるんですけどね・・・。
阿部の為に勝とうと一生懸命の三橋とか、ほんと泣ける。
天才田島でも色々大変なのが、苦しい。
補欠に甘んじていざという時にまったく打てない西広がもどかしい。
モモカンのサインが攻略されてしまったのとか、もうどうなるの~って
感じですよね。漫画の方読んでるんで、全部わかってますけど、それでも
手に汗握ってしまいます。

今回、西広君、けっこうしゃべりましたよね。西広君の声が木村良平なんで
ほんと、もっとしゃべってもらいたいんですよ~木村声が聞きたいからw

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「次は?」
第2話「崎玉」
第3話「3回戦」
第4話「野球シンドイ」
第5話「野球やりたい」
第6話「大事」
第7話「ゆるやかな変化」
第8話「5回戦」
第9話「研究されてる」
第10話「5回裏、2対5」

oofuri0611_next.jpg


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(42) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 42

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ