SSブログ

黒執事II 第3話 女郎執事 レビュー キャプ  [アニメ]

kuro0717_top.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

ロンドン市内で多発している謎の人体発火事件。
突然何も火がない所から、人が発火し、瞬く間に灰になってしまう
というその事件を見ている死神が・・・・w

グレルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

しょっぱなからグレル登場で笑ってしまうw

いつものファントムハイヴ家・・・シエルの所に女王様から、この
事件に関するご依頼が。しかもこの類の事件は過去にあったらしい?
さっそくロンドンに発つ事にするシエル。

「それから、マダムレッドには僕たちの動きを悟られないようにしろ」
とセバスチャンに言うシエル。え? マダムレッドはもう亡くなって
いるはずなのに、まるでそんな事覚えていないかのようなシエルの
口調・・いったいどうなってるんだ?

「そちらは問題ないかと・・」と答えるセバスチャン、要するに
マダムレッドはもうこの世にいないから心配ないって言っている
という事でいいですかね? 

後は続きからどうぞ
kuro0717_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示
 
発火事件の調査をしているランドル卿の所にシエル到着。女王様
からの依頼書を通行証代わりに、捜査状況を聞き出す。あれ?横にいるのって
アバーライン??前、死ななかったけ?? と思ったら、エドワード・アバーラインって
名前、死んだのはフレッド・アバーラインだから、双子とかかね?

で、聞くと、やはり過去にも似た事件があったようだが、捜査資料は残って
ないらしい。

kuro0717_1.jpg
猫を見つけてウホウホなセバスチャンw

ヤードがダメならあそこに行くしかない・・
あそことは、もちろん・・・葬儀屋(アンダーテイカー)!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 
セバスチャンから対価の笑いを提供された彼は
小さな小瓶に入った犠牲者の灰を渡す。灰はキラキラ光り
何かが混ざっているようだった。
次ぎにシエル達は犠牲者の葬儀に参列する。するとそこで
犠牲者が直前に撮った写真を届けに写真館のターナー夫妻が
訪れる。写真を渡した後、帰る夫妻が通った後に、キラキラ
光る物質が舞うのを見るシエル。

屋敷に帰り遺灰から検出されたキラキラと、ターナー夫妻から
検出されたキラキラの成分が一致した事が判明。
成分の正体は酸化マグネシウム。写真撮影のフラッシュなどで
マグネシウムを焚いた後に残るものだった。
劉からの輸入品の情報では先日、船一隻分の大量のマグネシウムが
ロンドンの写真館へ輸入されたという。
そして、決定的な証拠として、犠牲になった人たちは発火する前に
必ずターナーの写真館で結婚写真を撮った者達だったという事も
判明、さっそく、ターナー夫妻からの事情聴取に出向くシエル。

その頃、ターナー写真館では、ターナー夫人が店に火を付け火災が
起き、MR.ターナーが無惨に殺されていた。ターナー夫人は
店から飛び出すと、街中を走り回りながら、マグネシウムを
まきまくり、次々と発火させる。現場にかけつけたシエル達も
危うく被害にあいそうに。

奴を捕らえろ! セバスチャン!

イエス マイロード 

ターナー夫人が入った路地に入ると、上空からグレルがww
グレルの姿を見たシエルは「いつか見た赤・・・」と
マダムレッドの事を思い浮かべる。やっぱり、記憶を失って
いるのか?

kuro0717_2.jpg
ハイハイ・・w 

この変な奴は知り合いか?
ってシエル、やっぱりグレルの事全然覚えていない。どういうことだ?

グレルはターナー夫人の魂を狩りにきたらしく、その狩りの
予定時刻は目前に迫っていた。グレルに狩られる前に、ターナー
夫人を捕まえる為に走るセバスチャンとシエル。
グレルの話によると、ターナー夫人の炎で焼き尽くされると
魂ごと焼き尽くされてしまうのだという。なんかマグネシウム
以上に特殊な感じが・・。

kuro0717_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

ビッグベンの上に逃げたターナー夫人は、塔の上から周囲に
マグネシウムをまき散らす。シエルはそれに気付き1人塔の上へ。
ターナー夫人が言っている事からすると、なんか彼女は
誰かにそそのかされた感じが・・。ビッグベンでの爆発を聞きつけ?
セバスチャンとグレルも到着、グレルをうまい具合にそそのかし?
一緒にビッグベンを駆け上るw ターナー夫人の発火攻撃を
グレルに受けさせ(受けても別に何のダメージは受けないグレルw)
おとりにするという悪魔の作戦w

自分に酔いしれる死神界のマンゴスチン
kuro0717_3.jpg
ハイハイ・・・www

セバスチャンやグレルを前にしてビビリまくるターナー夫人
何者なのよ!あなた達!!

セバスチャン「悪魔で執事ですから…」 
グレル 「死神でマンゴスチンDEATH☆」  

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
っていうか、死神でマンゴスチンDEATH☆がww

ターナー夫人から事情を聞こうとすると、突然ターナー夫人が
発火、発火する直前にターナー夫人は「こうすばいいと
あの人に言われた。金色の目のあの人に!」と言い残す。
ターナー夫人は炎に包まれる。もとよりグレルの台帳には
ターナー夫人は焼身自殺で死亡すると書いてあったが、なんと
ターナー夫人までもが魂ごと燃えてしまい、グレルは魂を
回収できなかった。

グレルはウィルへの報告用にセバスチャンとの2ショット写真を
撮り、その場から消える。
「今度は夜の2ショットを撮らせてね、セバスチャン
 バイバイキーン!」
笑える奴だw

事件は終わったわけではないとシエル

蜘蛛を調べろ

ん?蜘蛛ってなんですか?ああ、トランシー?

夜、眠るシエルを起こすセバスチャン。
大英博物館で見つけた文献によると、以前の人体発火事件の際に
女王陛下直属の実行機関としてファントムハイヴ家とは別に
後始末を専門に行う貴族、トランシー伯爵家が動いていた事が
判明する。

kuro0717_m3.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

いやー大爆笑でしたね。何ってグレルがww
なんですか、マンゴスチンw 死神でマンゴスチンDEATH☆ってww
ほんと面白かった。そういえば、葬儀屋も登場しましたね~
興奮したわw これでウィルも出てきたらよかったのにぃとか
思ったけど、ウィルはまあ、後のお楽しみですかね。

驚いたのはシエルがマダムレッドの事を生きていると思っていた事と
グレルの事を忘れている事・・・ってことは、あそこらへんの記憶が
丸ごとないってことなのか・・。なんかけっこう記憶なくして
そうですね。多分、アニメ1期にあった出来事を全部忘れているとかw
ヤードのランドル卿達が「つくづくよく燃える街だ」って言っていた
ことからも、別に過去に戻っちゃっているわけでもなく、ちゃんと
あの後の時間なんだろう(あと、ランドル卿、シエル達がの事を
"戻ってきた"って言ってたからな) ここらへん、後々色々
ありそうですね。

でトランシー伯爵家がやっと出てきましたね~ ターナー夫人が
言っていた金色の目の人って、クロードの事ですかね?

予告のセバスチャンの語りのエロさにテロ執事がエロ執事に
見えたw

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 クロ執事
第2話 単執事


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(33) 
共通テーマ:アニメ

nice! 9

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 33

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ