SSブログ

黒執事II 第7話 殺執事 レビュー キャプ [アニメ]

kuroshitsuji0814_top.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

ある日…シエルの元に再びトランシー家から舞踏会の招待状
がやってきた。舞踏会じゃなくて、武闘会だよね?と
突っ込みたくなるが、またまたお誘い。
もちろん、その誘いにのり、トランシー家に赴くシエル。
ああ、もうすでにセバスの術中にはまっているのか… なんか
シエル可哀相じゃね?? それに、アロイスだって体よく
利用されてるわけだから、アロイスも可哀相だな。
しっくりこないぜ…。

セバス達が仕組んだ事だと思うと、トランシー家の説明とか
いくらされても、どこまでが本当で、どこからがセバス達の
捏造なのかという境界線がわからず、謎を楽しむ感じにもなれない
んだけど、どうなのよ。まあ、1クールだし、そこまで
掘り下げる必要性がないのか。そう思うと納得。

後は続きからどうぞ
kuroshitsuji0814_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

舞踏会と言われていても、決闘をするつもりで来たシエル達。
それはアロイス達にとっても同じことで、アロイスは決闘場を
用意して待っていた。アロイスは、自分達の代わりに
執事に決闘(ダンス)をさせ、最後まで踊っていた方が勝者に
なるという提案をもちかけ、シエルもそれを飲む。

決闘開始~

kuroshitsuji0814_1.jpg
ん?向こうはクロード+4じゃないかw

決闘が開始すると同時に、今日が先日の仮面舞踏会と日にちを
間違えてやってきたドルイット子爵到着…w

どういう仮装なのよ…
kuroshitsuji0814_2.jpg
逮捕歴がある人には皆冷たいと嘆くw

ドルイット子爵がハンナを見て「美しき悪魔と呼ぶべきか」
言った時に、三つ子が悪魔っていう言葉に反応してる…。
まあ、そんなわけで(どんなわけw)ドルイット子爵も決闘を
見学していく事になる。

あらためて、決闘開始…


攻撃、連携、血まみれの洗濯桶(洗濯桶って言ってた??)

デタ――(゚∀゚)――!! クロードの変な号令w

攻撃、連携、血まみれの洗濯桶から呪いの三面鏡

またデタ――(゚∀゚)――!! 変な号令 呪いの三面鏡ってw

セバスチャンに突っ込まれて、三つ子の目も光った、やっぱ
悪魔なんだ。血まみれの洗濯桶も呪いの三面鏡もセバスには効かず
逆に返り討ちにあう三つ子

kuroshitsuji0814_3.jpg
頭、3連串刺しww

kuroshitsuji0814_4.jpg
プラ~ンww

で、次ぎに襲いかかってくるのがハンナ。
ハンナの投げたナイフかなんかで服が破れたセバスは、ハンナの
攻撃を避けながらテイルコートを繕う余裕っぷりw ハンナ、スカート
の中からガトリングガンみたいの取り出して撃ちまくり。
まあ、そんなのももちろん、セバスに効くわけなく、一瞬で
無数のナイフで動きを封じられるハンナ。ここらへんのハンナが
やけに美しく描かれていたような、特に倒れているハンナの
横からのショットはキレイだったな。

kuroshitsuji0814_5.jpg 

今回、絵が全体的にとっても綺麗。 
バトルアクションコメディ黒執事って感じでバトルシーンが
いつにも増して華麗だよ~。

ここで鐘の音が、おやつの時間を告げる
一時決闘は中断され、それぞれの執事は主人達のおやつ作りに…
ただのおやつ作りかと思われたが、おやつ作りバトルみたいになり
ちょっとした余興になった。まあ、シエルに言わせてみれば
くだらん余興だが、ドルイット子爵は大喜びw

kuroshitsuji0814_7.jpg
串刺しになったまま働く三つ子w

おやつを作っている最中に、シエルの魂がなぜそんなに凄いのか
考えるクロードの視線はもちろんシエルに、それに気付いた
セバスはDon't even think about it みたいな感じでクロードに
釘を刺す。クロード、割烹着着て料理するのヤメレw

おやつタイム…
またもやドルイット子爵が大げさな解説w もうなんかのグルメ
アニメ見てるみたいな表現。以下ドルイット子爵解説w

クロード作 PUITS D'AMOUR ピュイ・ダムール
濃厚なクリームとラズベリーの酸味が奏でる
絹のようなアンサンブルは味のシルクロード!!
もっと食べたい、食べたいと乾くぞ
まさに味覚がタクラマカン砂漠
君はまさか味のマルコ・ポーロなのかああ~?

セバス作 FORET NOIRE フォレ・ノワール
濃厚なチョコレートの香りがチェリーの香りを引き立てる
一周回ってやってくる怒涛のような甘みとまろやかさ
これぞまさに味の大航海時代
あまりのおいしさに目がまわる、まわるぞ
まさに味覚が天動説
君はまさか味のヴァスコ・ダ・ガマなのか~?

おやつタイム終了

決闘再開

今度は正真正銘、セバスとクロードの一騎打ち…だが
クロード、ハンナの口に手を突っ込んで、ハンナの体から
魔剣・レーヴァテインを取り出した。 工エエェェ(´д`)ェェエエ工
っていうか、ハンナって何者よw まあ、悪魔一族の女って
ことなんでしょうかね?? 

っていうか、クロードはそんなすごい逸品の剣取り出したけど
セバスは相変わらずの素手とシルバーウェア(主にディナーナイフ)
よ?? クロード、ずるくね??w
執事二人が戦っている間に、シエルはアロイスに家の中を見せて
くれないかと誘い出す。屋敷の広間にアロイスを誘ったシエルは
アロイスに正式に剣と剣の決闘を申し込む…

なーんだ、連れションじゃなかったんだぁ。

アロイス、相変わらず言葉が下品だな…w

シエルとアロイスは決闘を開始し、その剣が交わる音は外で
闘うセバスとクロードの耳にも入る。アロイスはシエルを追い詰め
アロイス勝利か・・という感じになったが、シエルがアロイスの
剣を掴み、アロイスがひるんだ隙に、シエルがアロイスの腹に剣を
突き刺す。ササッチャッタ――(゚∀゚)――!! 超致命傷っぽく
見えるんだがw のたうち回るアロイスはかけつけたクロードに助けを
求め、セバスもシエルにかけつけようとするが、シエルは
アロイスにトドメを射すから近付くなとセバスを制止、
えっもう復讐成し遂げちゃうの?w クロードも、シエルの
復讐が今成し遂げられようとしているので、動けずw

kuroshitsuji0814_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

アロイスちょ~みっともない、なんか可哀相だよ…
涙と鼻水とヨダレを垂れ流し、血だらけでシエルに命乞い。
あれ、アロイス、自分の正体バラしてね?
「俺だって大切な両親を殺されたんだ、村ごと、大切な家族を
焼き殺されたんだ…」って言ってたw やっぱ、ほんとの
トランシーの人じゃないんだ? アロイスは必死に、シエルが
悪魔にダマされていると説得するものの、シエルは聞く耳を
持たず、ついにアロイスに剣を振り下ろす・・とその時、
その剣をやっと止めたクロード。その時に、シエルの血がクロードの
頬につき、そのシエルの血を舐めたクロードはシエルの魂に触れ…

シエルの魂、マジすげー!!! と思っていたに違いないw
kuroshitsuji0814_6.jpg
恍惚!!ww

セバスはシエルをかかえて踊りながら退場…

残されたクロードとアロイス… アロイスは血だらけ、鼻水
ヨダレに涙まみれになりながら、クロードに助けを求めるが
クロードは未だにシエルの魂の素晴らしさの余韻に浸っていた
が、目を落とすと、そこには自分のみっともない有様の主人、
魂の価値もシエルほどあるわけでもない… 
超コイツ(゚⊿゚)イラネ みたいな顔に見えるぜ・・クロード。

アロイスを見下ろすクロードを見て、アロイスはクロードを

ビチ糞にたかる蛆虫を見る目

と表現…なんて表現だww ビチグソって言ってたよ??w

なんか、ラストの部分、クロード、自分の主人を見限ったように
見えたんだが、そんな事ってあるの? ないこともないよね。
1クールアニメだから、ここでアロイスが退場してもおかしくは
ない。次回はアロイスの過去や正体が語られそう。グレルが
出てて、ハンナと闘っていたようだけど…うーん、楽しみ。
でもここでアロイス死んだらシエルの復讐が成し遂げられないって
いう感じでもあるからなあ・・

今回、ほんと、バトルシーンとか見応えあったなー
黒執事ならではのなんでもアリ系で、面白かった。絵も綺麗だったし
大満足です。ドルイット子爵笑えたし・・鈴木達央ノリノリw

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 クロ執事
第2話 単執事
第3話 女郎執事
第4話 テロ執事
第5話 狼煙執事
第6話 夜露執事

kuroshitsuji0814_next.jpg
予告の小野Dの息づかい、半端ナイっス 


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(30) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 30

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ