SSブログ

戦国BASARA弐 第十話 復活の若き虎! 改造大要塞・日輪の脅威、東へ!! レビュー キャプ [アニメ]

basara0912_top.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示
画像の他ブログ等での流用はご遠慮ください 

筆頭と元親が大阪入りをどうするか算段していると、そこに
届いた松永久秀からの書簡。いかにも、小十郎はあずかってるぜ~
みたいな感じの書簡に、筆頭は1人で小十郎を助けに行こうとするが
ここはみんなでやったほうがすぐ済むし、後々いいんじゃね?と
元親からアドバイスされ、みんなで一緒に松永の待つ場所へ行く。

いかにも罠っぽい感じが素人目から見ていてもわかるんだがww
ついでに、筆頭の部下達が松永に対して
「てか、なんで生きてんだよ!?」
って突っ込んでるのか笑えた。ごもっともすぎる。

一方、薩摩の南国リゾートでは、豊臣軍の襲撃を受け、戦う
武蔵や幸村の姿があった。幸村はすぐに背後から毛利軍がやってきて
いるのに気付くが、気付いた所で何も変わらず、戦うしかないという
感じで・・・海からもどんどん攻めてくるし・・・あれ、島津さん
船から大砲の弾が飛んでくる中、まだハンモックで寝ているし。
攻めまくってくる毛利軍を相手に、現在、苦悩中の幸村は
どう戦えばいいのか迷ってしまうが・・

後は続きからどうぞ
 
basara0912_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

相手もまた人であるという事を忘れずに槍をふるうのじゃ・・

お館様の言葉が身にしみる幸村。相手も家族の元に帰る為、
守る為に戦っている、そして、幸村達もしかり、今は戦国の世、
戦わずには道は切り開けない。苦悩しながらも、槍をふるう幸村。
一振りで、周囲の敵みんな死亡。そこに、水軍が海からやってきている
との報告が入る。

島津のじっちゃん~~!!ピンチ!!・・・・な、わけがない。
島津義弘、華麗なる復活 
チェストー!! 
一太刀ふるっただけで無数の敵が宙に舞う。ここらへんの武将は
みんな一騎当千だからなw 駆けつけた幸村も島津義弘の強さを
目の当たりにし、島津と共に、薩摩の地を守る為に槍をふるう。
足軽が宙を舞いまくる・・・

その様子を丘から見ていた毛利元就。毛利は豊臣が、毛利を薩摩ごと
葬りさろうとしている事は知っており、今、薩摩で戦っている
毛利軍は捨て駒として放置し、自分は完成した富嶽に戻り、豊臣に
攻め入る予定・・なので、薩摩から離脱。 おお? 元就は豊臣に
バレている事を知っているのか。 でも、半兵衛はそれさえも
想定内っぽいよね。


筆頭と元親は、松永に呼び出された場所へ向かっていたが、途中
突然爆発の出迎えがあって、先の道が崩れてしまい、進めなくなる。

basara0912_1.jpg
あらら・・・

元親「飛ぶぜ!野郎共!!!」

まじですかっww
野郎共「む、無理です!」

無理ですなんて、言ってられる事態ではなかったw さっさと
先頭をきって飛んでいく元親と筆頭。もう飛ぶしかないと、後に続く
野郎共。

basara0912_2.jpg
マジですかっww

谷を飛び越え、爆発しまくる荒れ地を走り抜け、ついに松永の
所に辿り着く筆頭と元親。

筆頭「小十郎はどこだ?」
松永「申し訳ないが、竜の右目はここに居ない」

いるわけないよね・・でも、筆頭達にとっては寝耳に水。
松永はなんか変な技を繰り出し、筆頭と元親を崖下に退ける。
なんなんだ・・松永、強いぜ・・・。


豊臣の作戦は・・
最北端に潜ませた軍に、武田は上杉もろとも背後をつかれる・・

最北端に潜ませた軍
basara0912_3.jpg
三成さんじゃないですかw
わかりやすいように明るさ+コントラストいじってあります

毛利元就の作戦は豊臣の上をいってるかと思いきや、元就が
薩摩放置で完成した富嶽に戻っている事もやっぱり折り込み済み
だった半兵衛。元就ピンチだな・・・。

で、九州をこの後、攻め入るのが・・・
basara0912_4.jpg
家康さんじゃないですかw
家康って、死んだんじゃなかったんだ?ってことは
ホンダムも出ちゃうわけ??


一方・・・慶次は・・首から下げていたお守りみたいのが
なくなったらしいく、探しまくっている。あれっ夢吉、戻ってきている。
どこいってたんだよ? ん?? ってことは、あのお守りみたいのは
夢吉がどっかにもっていったのか? どこに??
とかやっていると、カスガちゃんが現れ、慶次に豊臣の本隊が
小田原に向かった事を知らされる。いよいよ決戦が近いということで
慶次は夢吉をかすがに預け、自分は・・ってどこに行くんだ?
慶次も小田原に行くのか? 秀吉を止めに?
夢吉と指切りげんまんをする姿がかわいい。

basara0912_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

薩摩の南国リゾートでは、島津義弘の参戦で思わぬ反撃を喰らった上に
毛利元就が戦線を離脱してしまったので指揮官を失った毛利軍が
一旦ひきあげ、にらみ合いが続いていた。
幸村は島津から、皆、それぞれがそれぞれの信念をもって戦っている
という事を諭され、自分の信念さえ定まれば、もう迷うことは
なくなると言われる。

島津は、幸村に、豊臣に攻め入ろうとしている毛利を止めるように
言い、自分の部下も連れて行くといいと言う。じっちゃんの心配は
いらないからね、一騎当千だからw 本人も言っていますし。
二人は別れの盃を酌み交わし、お互いの健闘を祈る。
いやーほんと、島津義弘との出会いは幸村を成長させたよね・・。

小田原に出撃直前の秀吉は、日ノ本を制定したら、少し休めと
半兵衛に声をかける。秀吉も少なからず、半兵衛の体調が
悪いことに気付いており、「我にはお前が必要だ」と言い残し
小田原へ向かう。 秀吉が出撃し、門が閉まった直後、半兵衛
ゴホゴホ・・アチャー いままでのちょっと喀血とかじゃない、今回は
大量に吐血。半兵衛の命はもうつきようとしている・・・
こういうの見ちゃうと、半兵衛も若干可哀相に見えてくるなあ・・。

豊臣の動向を探っていた佐助、そして、かすが、その視線の先には
風魔小太郎の姿が・・。

で、筆頭と元親は大阪に到着。豊臣の本隊が小田原に出撃していく
のを目撃。自分達も豊臣の本隊を追って戦う気らしい。
で、決戦の地ってどこになるわけ?? みんな関東に大集合するの?


今回はこんな感じです。元親と筆頭達が谷を馬で飛ぶシーンが
笑えた。あんな谷、馬でジャンプとか無理だからww 軽く数十
メートルくらい飛んでいたからなあ・・・ ありえねえw
いよいよ大詰め、あと2回ですか、なんか家康とか、三成とかも
出てくるっぽいですねえ、3期への布石がそろそろ出てきた感じ?

画像の他ブログ等での流用はご遠慮ください 

前回までのレビューは以下からどうぞ
第一話 乱世再び!裂界武帝・豊臣秀吉降臨!
第二話 失われた右目 斬り裂かれた竜の背中!
第三話 慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!
第四話 安土城の亡霊!? 幸村を襲う嘆きと魔の咆哮!
第五話 誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!
第六話 脅威の豊臣・毛利同盟!海原を裂く覇の豪拳!!
第七話 最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!
第八話 友垣との哀しき再会 猛執刻まれし日の記憶!
第九話 竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(42) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 42

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ