So-net無料ブログ作成

新作アニメ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第1話「俺が妹と恋をするわけがない」 レビュー [アニメ]

oreimo1003_top.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

朝、甲斐甲斐しく、兄の京介を起こしに来る妹・桐乃。しかし
京介は知っていた、桐乃がこんな事を絶対するような妹では
ないことを。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない!!

そうシャウトした所で夢から覚める。

朝食時には桐乃はすでに朝練で出ている為に彼女の姿はない。
親の会話から、桐乃はなんかすごいスポーツ万能らしく、大きな
大会とかに出たりするレベルらしい。朝食を済ませ、登校していると
眼鏡の少女が京介に手を振っている。ん?いきなり女子と待ち合わせか?
女子の名前は田村麻奈実、京介の幼なじみ。一緒に登校して、
クラスでもしゃべったりしてる。京介は麻奈実に、できすぎた妹が
いると風当たりが強いと愚痴る。

授業中、何かと妹ネタが多かったある日…
oreimo1003_1.jpg
この嫌そ~な言い方がたまらんのですw

後は続きからどうぞ
 
 
oreimo1003_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

にしても、桐乃は、本当に兄の事を冷遇している。冷遇というか
見下しているというか、気持ち悪がっているというか…w そして
「ただいま」と言ってももちろん無視。なんで、こんなに冷え切った
関係なんだ? 

家に帰ってキッチンで飲んだ麦茶を出しっぱなしにした事に
気づいた京介がキッチンに戻ろうとするとちょうど出かけようと
していた桐乃とぶつかってしまい、桐乃のバッグの中身が散乱
してしまう。一緒に拾ってあげようとすると…

oreimo1003_2.jpg
そ、そんなぁw

桐乃が出て行った後、ふと見ると、玄関の靴箱の下に変な
DVDが落ちている。星くず☆うぃっちメルルというアニメの
DVDケースだったのだが、ヲタでもなんでもない京介は
いったい誰のものかと驚き、ちょうど帰ってきた母親から
そのDVDを隠す(自分の社会的地位を失わない為にw)
自室に戻り、DVDを開けると、中にはそのメルルのDVDではなく
「妹と恋しよっ♪」という18禁のエロゲーが入っており、
ますます混乱する京介。このエロゲーとアニメDVDのケースの
持ち主は家族の中に居るハズだということで、夕食時に
探りを入れると、桐乃の様子があきらかにおかしい。

まさか…

夕食後、あからさまにコンビニに行く事をアピールしながら
自室を後にする京介。桐乃が犯人ならば、自分が出かけた後に
部屋に捜しに来るハズ…そう思いながら出かけ、外に出たときに
自室の窓を見ると、灯りがつく。急いで戻って自室のドアを
開けると…

思いっきり捜していたw
oreimo1003_3.jpg
ガサゴソw

追求しても、正直に言わない桐乃、そんな様子を見て、京介の
方から折れ、DVD(エロゲー)を桐乃に返す。それでも
これは私のじゃない…とか苦しい言い訳みたいな事を言う桐乃に
「俺の代わりに捨てといてくれ」となんか優しい助け船。
京介、いい奴じゃないか~。思わぬ兄の優しさに若干
絆された?桐乃は、自分がこういうのを持っていたらおかしい?と
聞いてくる。京介は「どんな趣味でも俺はバカにしたりしない」
疲れ気味に正直に答える。桐乃はその後はたいした返事もせずに
部屋を後にする。疲れて眠る京介…

次ぎに気付いた時は、真っ暗な部屋で、桐乃が京介に馬乗りになり
京介をひっぱたいていたw 桐乃は自室に来て欲しいと京介を
呼びに来たのだ・・で、桐乃の部屋に行くと、今度はいきなり
人生相談をしてくる桐乃、(゚Д゚)ハァ?という感じだが、ここで
桐乃は自分の趣味をカミングアウト。桐乃は萌えアニメ
妹萌え系のゲームが大好きで、隠し押入の中の一大コレクションを
興奮気味に披露してくる。そんな桐乃の趣味を、京介は
決してバカにしないわけだが、桐乃の人生相談はコレクションを
開帳したいだけじゃなかった。あ、ちなみに、桐乃はそのコレクションを
モデルのバイト代で買っていた。 っていうか、もうここらへんで
桐乃の人生相談というのがよくわからなくなったっていうかw
桐乃はただ、自分の趣味を話せる相手が欲しかったみたいに
見えてきた。そんなわけで、桐乃は京介に、自分は妹が好きだとか
なんとか色々言ってくる。

oreimo1003_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

で、いったい桐乃は何を兄に求めているのか~?といよいよ
疑問に思っていたら、なんか親にこの趣味がばれたら大変なので
この趣味がバレないように京介が協力してやるという事に
話が進む。京介優しいな~あんなに冷遇されていたのにw

やっと桐乃から解放され、部屋に戻って、再び眠って暫く経つと
また桐乃が馬乗りになってひっぱたいてくる。人生相談の続きだと
言い出す桐乃の部屋に再び戻ると今度はエロゲーを代わりに
やってくれと言い出す。なんか客観的な感想が聞きたいとか
なんとか言う桐乃…ってよくわからん子だなw もうここらへんの
シーンはエンディングなので、どうでもいいといえばどうでもいいカモ。
自分が好きな物を他の人にもやってもらいたいっていう気持ちも
あるのかな?今まで、誰にも言えずに1人だったわけだし、
カミングアウトして、認められ、嬉しいんだろうね、きっと。だから
我慢できずに、また起こしに来ちゃったと・・・ しかしビンタは止めてw

久々に、中村悠一が主役で学生モノ?ということでものすごく
楽しみにしてました。そして、予想を裏切らない素晴らしさ!!
私を含め、中村悠一ファンにはたまらないですね~ 
しゃべりまくってましたからね。最近、あんまり喋らない役が
多かったんで、久々にゆーきゃん声を堪能できましたわー
次週からも超楽しみ。中村悠一以外も、竹達彩奈がえむえむっ!に
続いてメインだということで・・なんかえむえむみたいな
キツめなキャラですが、可愛いですねえ・・・可愛いが、ちょっと
ムカツク・・・そこがまたいいのか? 絵も可愛いかったし問題なしですね。

あと、コラボCMが死ぬほど見られるのも
楽しい。アクセラレーターのコラボCMとか笑えるし。
oreimo1003_cm.jpg
あー楽しかった~ 
この後、妹の為になんだかんだいって奮闘したりするんですよね?
がんばれ京介。

次回「俺が妹とオフ会に行くわけがない」

エンディングイラストBUNBUN
oreimo1003_bunbun.jpg

スタッフ
原作:伏見つかさ(電撃文庫/アスキー・メディアワークス刊)
原作イラスト:かんざきひろ
監督:神戸洋行
シリーズ構成:倉田英之
スーパーバイザー:川口敬一郎
キャラクターデザイン:織田広之
総作画監督:石田可奈、川上哲也
プロップデザイン:石本剛哲
美術設定:泉寛
美術監督:衛藤功二
色彩設計:末永康子
撮影監督:今泉秀樹、北村直樹
編集:宇都宮正記
キャスティングマネージャー:松岡超
音響監督:本山哲
音楽:神前暁
アニメーションプロデューサー:黄樹弐悠
制作プロデューサー:吉田昇央
アニメーション制作:AIC Build
製作:アニプレックス、アスキー・メディアワークス、ムービック、
バンダイナムコゲームス

オープニングテーマ
「irony」歌:ClariS

エンディングテーマ
「妹プリ〜ズ!」歌:高坂桐乃(竹達彩奈)

キャスト
高坂京介(CV:中村悠一)
高坂桐乃(CV:竹達彩奈)

黒猫(CV:花澤香菜)
沙織・バジーナ(CV:生天目仁美)
田村麻奈実(CV:佐藤聡美)
新垣あやせ(CV:早見沙織)
来栖加奈子(CV:田村ゆかり)
メルル(星野くらら)(CV:田村ゆかり)
高坂大介(CV:立木文彦)
高坂佳乃(CV:渡辺明乃)


nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(76) 
共通テーマ:アニメ

nice! 12

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 1

takao

桐乃は,本当は京介が大好きなんですが,兄が自分より幼なじみの麻奈実と仲がいいので,その反動で冷たく当たっているのです。
だから,実は兄貴が凄く好きだったり,実は兄貴を凄く頼りにしていたり,と可愛いところがあるので赦してやってくださいw

って,シリーズ構成,倉田英之さんじゃないですか!
今の今まで全然知りませんでしたよ!
楽しみがさらに一段とアップしました!!
しかし,見られるのは14日からorz
by takao (2010-10-04 18:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 76

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ