SSブログ

新作アニメ 薄桜鬼 碧血録 第十三話「焔の如く」  レビュー [アニメ]

hakuouki1004_top.jpg

最新兵器を装備した新政府軍に圧倒され新選組は甚大な被害を出した
鳥羽・伏見の戦いは隊士達に新しい時代の到来を思い知らしめた。

慶応四年一月
新選組は江戸に戻り、品川の釜屋に身を寄せることになった。
土方は連日、寝食を惜しみ働いており、疲労の色は日増しに
濃くなっていた… イヤーン 土方さん、目の下にクマがあああ。
千鶴はそんな土方に少しは休んだらどうか?と声をかけるが
土方はそんな千鶴の言葉にも耳を貸さず、獅子奮迅の働きっぷり
だった。

土方は薩長との再戦の機会を得る為に連日幕府のお偉方に直談判に
行ったりしているようだがなかなかうまく行ってなかったのだ…

後は続きからどうぞ
薩長との再戦を望むものの、最新武器を有する相手と戦うには
今の新選組ではダメだ~と閉塞感一杯な原田や永倉。
山南さんは夜な夜な羅刹の渇きを満たす為に辻斬りに行ってるっぽく
平助が探りに山南さんの後をつけるが見失ってしまう。
土方は夜遅くに、疲れ果てて帰宅。ふと机を見ると、千鶴が
作ったおむすびが置いてある。それを見て、一瞬表情を緩める
土方だったが、次ぎの瞬間、羅刹の例の発作に見舞われる。
そっかーそういえば、土方さん、変若水飲んじゃったんだよねえ。
白髪赤目になって苦しむ土方さんだったけど、千鶴が障子の向こうから
呼んだ為に、根性で速攻発作から離脱。さすがw

千鶴は別に用事があったわけではなく「あの~私に何かできる事は
ありますか?」と聞いてくる。土方は、ぶっきらぼうに「ねーよ。
もう寝ろ!」と千鶴に応えるが、千鶴はそれでも引き下がらず
何か役に立ちたいと土方に懇願する。すると、土方は障子を開け…

hakuouki1004_1.jpg
キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

なんか二期に入って、土方さん・・大胆になった?wと思って
しまうドキドキシーンいきなりキタ――(゚∀゚)――!!

千鶴は、今まで自分を守ってくれた隊士達の為に少しでも
役に立ちたいんですと土方に訴える。土方は役に立ちたいと
言いながら、土下座で懇願してきた千鶴に、その役に立ちたいと
いう気持ちは間違ってないのだから、簡単に頭を下げるなと言う。
ここで土方さん、千鶴にお茶を入れてきてくれと頼むんだが
土方さんの「うまいやつを頼む」という言い方が超かわいかった。
なんか優しい感じっていうか・・。で、千鶴がお茶入れに行くと
実は二人の様子を平助が見ていて、「土方さんは千鶴に甘い」
指摘されてしまうw 

平助も羅刹の体で昼間も働く土方の事を心配しており、山南さんが
作った薬を気休め程度にしかならないけど…と土方さんに渡す。
ここで、平助は、山南さんの事を土方に相談。 

ほどなくして、新選組は秋月邸に新たな屯所を構えた。

ある日…千鶴の所に山南さんが妙案を思いついたとやって来る。
山南さんの妙案とは千鶴の鬼の血を使って、羅刹の狂気を完全に
抑える薬を作ろうということだった。少し血をわけてくれ~と
小刀を取り出す山南さん。ん?千鶴の血を少しわけてあげる事に
よって、羅刹の狂気を抑える事ができるかもしれないなら
試す価値あるんじゃ?とか思ったが、そこに、土方さんがやってきて
山南さんを制止。とりあえず、今日の所は・・と山南さん退出。
千鶴は土方から、最近ちまたで起きている辻斬りと山南さんが
関係があるかもしれないと聞いて、以前、君菊が言っていた
事を思い出す。山南さんの事も気になるけど、千鶴にとっては
羅刹になってしまった土方の事も気になってしまう・・。
土方さん、根性で羅刹の狂気抑えているからねえ・・。

hakuouki1004_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

千鶴は上野で警護にあたる斉藤に案内されて、沖田の見舞いに
やってくる。銀の銃弾を受けた沖田は傷の治りが遅く未だに
療養中なのだ・・。そういえば、沖田君も変若水飲んでたよねえ。
で、変若水は労咳には効かないんだっけ…うむむ。
沖田は早くよくなって、近藤さんの役に立ちたいみたいな事を
言う。ほんと、沖田って近藤大好きだよねえ…

で、屯所では、近藤さんがやっと戻ってくる。全快は
してないっぽいが、まあ元気そう。隊士達にも、笑顔が戻るが
ここでさっそく近藤さんから、次ぎの新選組の仕事が告げられる。
幕府の命で甲府城で薩長を迎え撃つということで、既に大砲とか
軍資金とかももらっているとかなんとか… うまくいった暁には
甲府城をもらえるんだぞ~となんか嬉しそうな近藤さん。
それを聞いて、顔を曇らせる原田と永倉。 

今回の案件は勝安房守(勝海舟)からの依頼らしいのだが、戦嫌いの
勝海舟がそんな事を依頼してくるとかなんか怪しくね?と難色を
示す永倉。それでも近藤さんはノリノリで、実は今回、自分は
若年寄格という身分をいただける、つまり大名という事になったので
今度の戦いで武勲をあげた隊士は自分の家来にしてやる!とか
なんか感じ悪いことを言う・・。

俺は新選組の組長だ…が、あんたの家来になるつもりはねえけどな…

永倉がはっきりと近藤さんに告げる。そりゃそうだよ。永倉の
言うとおりだよねえ。近藤さん、感じ悪いよぉ。斉藤に意見を
求めると、斉藤は局長と副長に従うと言う。ここで、土方さんが
口を開き、なんとか場を治め、とりあえず、戦の準備を
することに。もう、土方さんの方がみんなの信頼ゲットしてる?w
土方さんは、今回は羅刹隊は秋月邸で待機するようにと山南さんに
言い渡す。超悔しそう?な山南さん。

hakuouki1004_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

夜、屋台で酒を飲みながら、原田と斉藤に愚痴る永倉。そりゃ
愚痴りたくなるよね、近藤さんがあんなんじゃねえ・・。
どんな時でも偉ぶった事を言わなかった近藤さんだから、永倉は
ついてきたのに、今の近藤さんは、なんか違う… なんか、
永倉、原田、斉藤が可哀相だよ…。 ほんと、どうしちゃったの
近藤さん。

後日…甲府に行くにあたって、土方の指示で今度はみんな洋装で行く事になり
みんな洋装にチェンジ。髪の毛もカットよ!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ヤバイっす。今回の見所はまさにここです。

hakuouki1004_2.jpg
平助超かわいいいいいい! 

そして一番凄かったのは…

斉藤一です
ボタンをかけ間違っているのを千鶴に指摘されて顔を
赤らめるシーンがああああああああ 激悶えすぎますよぉぉぉ
ちなみに、今回のトップ画像が、その斉藤の顔です
キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 

ちなみに、千鶴は、土方の洋装に見とれてましたよw
確かに、土方もかっこよかったが、今回は斉藤の圧勝ですねえ・・w
みんな髪の毛切って、ちょ~かっこよくなったわ…
ああ、近藤さんは和装のままです、っていうか、近藤さんは
別に洋装にならなくてもいいッス。今回は来られない沖田の
為にも洋装は用意してある。 羅刹隊が秋月邸に残るということで
千鶴を置いていくわけにもいかず、千鶴も一緒に甲府へ
行く事に。

こうして、新選組は甲陽鎮撫隊として甲府へ向かった。

エンディングはもちろん絵コンテ/演出/原画すべて中嶋敦子
オープニングの作画監督も中嶋敦子。ていうか、マジ、
エンディングの絵、1期の時も素晴らしかったけど、今期も
ちょ~いい。美しすぎる。 
hakuouki1004_ed.jpg
美しい!!

次回「蹉跌の回廊」

薄桜鬼はAT-Xではアニメ乙女部という枠で森久保祥太郎が
ナビゲーターでやってるわけですが、今回の話が終わった後の
森久保さんの一言が笑えたww

「はじめ君、あれはズルイよ!」
hakuouki1004_morikubo.jpg
ワロタww 確かに、あれはズルいですw

薄桜鬼、普通に前期からの続きって感じで始まりましたね。
とりあえず、総集編みたいのをやっていたみたいですけど
まあ、前期見てれば、総集編はいりませんよね。 いやーほんと
今回はもういきなり出ちゃうの?という感じで洋装でちゃって
斉藤一の激悶えシーンとか…もう、最初からそんなにとばしちゃうの?
というのが感想。 次回も楽しみです。

スタッフ
原作:オトメイト(アイディアファクトリー/デザインファクトリー)
原案・構成監修:藤澤経清
監督:ヤマサキオサム
キャラクター原案:カズキヨネ
キャラクターデザイン:中嶋敦子
美術監督:平柳悟
色彩設計:松本真司
撮影監督:下崎昭
編集:松村正宏
音楽:大谷幸
音楽プロデューサー:北原拓
音響監督:岩浪美和
プロデューサー:小倉充俊、長谷川和彦、山崎明日香
アニメーションプロデューサー:浦崎宣光
アニメーション制作:スタジオディーン
製作:「薄桜鬼 碧血録」製作委員会
(ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
フロンティアワークス、AT-X)

キャスト
雪村千鶴(CV:桑島法子)
土方歳三(CV:三木眞一郎)
沖田総司(CV:森久保祥太郎)
斉藤一(CV:鳥海浩輔)
藤堂平助(CV:吉野裕行)
原田佐之助(CV:遊佐浩二)
近藤勇(CV:大川透)
山南敬助(CV:飛田展男)
永倉新八(CV:坪井智浩)
井上源三郎(CV:小林範雄)
山崎烝(CV:鈴木貴征)
島田魁(CV:大羽武士)
伊藤甲子太郎(CV:千々和竜策)
松本良順(CV:佐藤広太)
千姫(CV:石川綾乃)
君菊(CV:勝田昌子)
風間千景(CV:津田健次郎)
天霧九寿(CV:山口りゅう)
不知火匡(CV:吉田裕秋)
南雲薫(CV:伊藤葉純)
雪村綱道(CV:斉藤龍吾)

オープニングテーマ
「舞風」歌 吉岡亜衣加

エンディングテーマ
「茜空に願ふ」歌 mao

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 雪華の都
第2話 動乱の火蓋
第3話 宵闇に咲く華
第4話 闇より来る者
第5話 相克せし刃
第6話 鬼の命脈
第7話 桎梏の運命
第8話 あさきゆめみし
第9話 修羅の轍
第10話 絆のゆくえ
第11話 零れ落ちるもの
第12話 剣戟の彼方


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(27) 
共通テーマ:アニメ

nice! 7

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 27

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ