SSブログ

新作アニメ おとめ妖怪 ざくろ 第1話「いざ、妖々と」 レビュー キャプ [アニメ]

otome1005_top.jpg

改暦したての世…って公式に書いてあったけど、要するに明治とか
大正時代という感じの時代ですね。見た瞬間に「はいからさんが通る」
思い出しました。え?古い?w 

ちまたで妖怪(妖人)が関わったと思われる事件が多発している事で
その解決を目的に陸軍と妖人の代表者が組んで「妖人省」が設立される
ことになり陸軍少尉の 総角景、芳野葛利劔、花桐丸竜の3人は
陸軍上層部の命を受け妖人省へ赴任することになった。
一方、妖人側では自宅が妖人省になるといわれて、嫌がるざくろ
面白がる雪洞鬼灯、そして薄蛍が居た。さくろが嫌がるならば、
人間側も…というわけで、人間側の総角景は表向きは容易いと
強がっているものの、内心では妖人にかなりビビっていた。

後は続きからどうぞ
さっそく、妖人省へ赴き、一緒にこれから妖人省の任務につく
仲間としてざくろ達が紹介され、ざくろ達が頭にが付いている事
以外は普通の女のコ達な事に、ちょっと驚く景。 それでも妖人に
対してはビビッているままなのだが、毒を喰らわば皿までという事で
ヘタレた自分を押し殺し、キザな感じたっぷりで自己紹介をする景、
そしてそのキザっぷりに心がときめいたざくろw
次ぎに部屋に思いっきり妖怪な桜と桐が入ってきて、びっくりした
景は思わず気絶しそうになってしまうが、そこは軽い目眩がして…と
なんとか誤魔化す。自分の目の前の人と組を作る事になり
ざくろ-景 雪洞+鬼灯-丸竜 薄蛍-利劔 の組になる。

自分のパートナーが大きな男の利劔の薄蛍は、ざくろに、景と組めて
いいなあ…とちょっと愚痴をもらす。利劔は一見、なんか恐そうな
背の高い男だからなのだろうけど、ちょうそその事を言っている時に
利劔が通りかかり、話を聞かれてしまった為になんか微妙な空気が
流れるw 

otome1005_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

これから、この妖人省で妖人であるざくろ達と寝食を共にする事に
なるのだが、景は青ざめた顔でため息。景の所に薬を持っていった
ざくろの目の前では、キザな行動を振る舞う為に、何も知らない
ざくろは景にときめきまくってしまう…w 

しかし、こんな事は長くは続かない

その夜…極力、家の中を歩きたくない景はトイレをずっと我慢
していたのだが、その我慢も限界を迎え、恐る恐るトイレへ
向かう事になる。屋敷の中をトイレへ向かって歩いていると
様々な妖怪に出くわした為に恐怖で屋敷の中を逃げ回り、トイレに
なかなか行けず、フラフラになりながら、お風呂から出てきた
ざくろに出会う。思わず、ざくろを抱きしめる景。ちょうど
景の事を考えていたざくろもドキドキだったが、次ぎの瞬間
景の口から出た言葉に唖然とする。

厠についてきてくれないか?

ここで、景が普段はただのヘタレな事が判明しざくろはガッカリだった。
それでも、二人の距離みたいのはなんか縮まったようで、翌朝
すっかりうち解けた様子…っていうかなんかじゃれあっている
二人を見て、利劔は景が妖人に触れる事ができるようになっていると
指摘し、景も「そういえば…」と驚く。 確かに、一見
仲悪そうに見えるが、将来的にいいコンビになりそうなフラグは
立ちまくりよね。

妖人省の親睦を深める為に、午後からは花見に行くのでその
準備に追われるざくろ達。薄蛍が高場所から重箱を取ろうと
苦戦していると、利劔が重箱を取ってくれる。脅えた様子の
薄蛍の前で、利劔は跪き、「これなら恐くないか?」と言う。
なんかこのシーン、すごくよかったんですけど。
キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ですよねえ。こんな事されたら
惚れちゃいますよw 利劔が優しい人だという事を知り、頬を
赤らめる薄蛍。

otome1005_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

丸竜が鬼灯と雪洞の髪型がチョロギに似ていると言って、
鬼灯と雪洞は泣いてしまう。チョロギって何??と思ったんだけど
実際、そういう食べ物があるのね…知らなかった。

みんなで満開の桜が沢山立ち並ぶ場所へ花見に来たが、
ざくろ達が人間達の嫌な視線を集めている事に気付く景。
ざくろは「こんなのは慣れっこ。それに…あんただって
私たちが恐いんでしょ? あの人達と同じじゃない」と言い
それを聞いて、はっとする景。

雲行きが怪しくなったと思ったら、目の前に雷が落ち、雷獣が
現れる。雷獣は大人しい妖怪の為に、大丈夫だと桜や桐は
雷獣に近づていくが、雷獣の様子がおかしい。雷獣が桜達に
攻撃をしてきた為に景は桜達を助けるが、今度は自分が腰を
ぬかして動けなくなってしまうw ここでざくろ達の出番。

いざ、妖々と

聖剣みたいのを使い魔から取り出すシーンはちょっと笑えるが
なかなか可憐な感じの戦いっぷり。その可憐さに、思わず
見とれる景達。 なんか戦っている時に、歌を歌っているのが
可愛いよねえ。
で、無事、雷獣を鎮め、お花見開始。みんなの関係にも
進展が色々ある感じで、いい感じなのだが、普段は大人しいはずの
雷獣がなぜ暴れたのかが、今後の展開に関係して来そう?


そんなわけで、おとめ妖怪ざくろですが、なかなかおもしろかったです。
可憐という言葉がホントにふさわしい感じのざくろ達が可愛いですね。
絵も綺麗だし、デフォルメ絵もいい感じです。話も単純明快で
分かり易く、肩がこらずに楽しめそうな作品ですね。
景達、男三人もなかなかの美形でいい感じ! 女ばっかの
作品もいいけど、かっこいい男が出ていた方が面白いもんね。
景もかっこいいけど、利劔が漢って感じで、またまたカッコイイ。
日野聡の低めの声がたまらんね~。櫻井孝宏の景は
はまり役ですなあ・・。あと、豆蔵の岡本信彦もいい演技している。
中原麻衣の声が大好きな私としては、うれしい作品ですね。
他の声優陣もなかなか豪華で見応えありますね。
スフィアの主題歌も作品にぴったりあっていてよかったなあ。

スタッフ
原作:星野リリィ(幻冬舎コミックス刊)
監督:今千秋
シリーズ構成:岡田麿里
キャラクターデザイン:長谷川眞也
サブデザイン:樋口聡美
美術監督:加藤浩、保木いずみ
色彩設計:伊藤由紀子
撮影監督:大河内喜夫
編集:西山茂
音楽:杉本優
音響監督 - 明田川仁
プロデューサー:小川容子、東不可止、三宅将典、松倉友二
アニメーションプロデューサー:大橋正夫
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:ざくろ製作委員会

オープニングテーマ
「MOON SIGNAL」歌:スフィア

エンディングテーマ
「初戀は柘榴色」(第一話)
歌:西王母桃(中原麻衣) 語り:総角景(櫻井孝宏)
「二人静」
歌:薄蛍(花澤香菜)語り:芳野葛利劔(日野聡)
「純情マスカレイド」
歌:雪洞(豊崎愛生)鬼灯(堀江由衣)語り:花桐丸竜(梶裕貴)


キャスト
西王母桃(ざくろ)(CV:中原麻衣)
総角 景(あげまき けい)(CV:櫻井孝宏)
芳野葛 利劔(よしのかずら りけん)(CV:日野聡)
花桐 丸竜(はなきり がんりゅう)(CV:梶裕貴)
薄蛍(すすきほたる)(CV:花澤香菜)
雪洞(ぼんぼり)(CV:豊崎愛生)
鬼灯(ほおずき)(CV:堀江由衣)
豆蔵(まめぞう)(CV:岡本信彦)
花楯 鷹敏(はなだて たかとし)(CV:近藤孝行)
櫛松(くしまつ)(CV:小宮和枝)
雨竜寿(あまりょうじゅ)(CV:石住昭彦)
桜(CV:井口裕香)
桐(CV:田村睦心)


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(38) 

nice! 7

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 38

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ