So-net無料ブログ作成

バクマン。 第5話「夏とネーム」 レビュー キャプ  [アニメ]

bakuman1030_top.jpg

夏休み中の1本の漫画を仕上げてジャンプ編集部へ
もっていく事にしたシュージンとサイコー。

サイコーの亜豆とのメルヘン話を聞いている間に
さっそくネームを5pほど描くシュージン。

タイトル「ふたつの地球」

ネームを読んだサイコーはその設定に惹きこまれる。
もう一つスポ根ものの「グラサンピッチャー」と
いう話も考えていたシュージン。いやーシュージンは
やっぱ才能あるよ!と興奮のサイコー。
そのサイコーの言葉を聞いて、嬉しそうに涙をぬぐう
シュージンが好きだーw 

漫画の方じゃ、もっとそこらへんがコミカルに描かれてて
笑えるシーンでもあるんだよね~アニメじゃ再現されてないな

後は続きからどうぞ


学校の屋上でシュージンとサイコーが話していると、
そこに見吉がやってくる。なんか、今ここら辺見るとなんか
初々しいっていうか…なつかしいっていうか…w
ここのやりとりで、苦し紛れにシュージンがついたテキトーな
理由…

見吉と話したかったから

これで、見吉が、告白されたと思ってしまう所が凄いw

bakuman1030_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

で、気になったのが…
漫画の方で、亜豆が岩瀬さんの事を
「男の子にはあんまり人気ないと思うよ」
「男の子から見たらお高く見えるんじゃないかなー
と言うシーン、アノ部分読んだ時の感想が、えっ亜豆、けっこう
言うなあ・・という感想で、亜豆はこういう事言わない子じゃ
ないの?と思っていたんですけど、アニメではそこらへんが
修正されてて、
「でも、岩瀬さんて男の子はとっつきにくいかも…」
というマイルド表現になってた。絶対、亜豆だったら、アニメの
方の台詞の方がいいよね。

夏休みに入り、シュージンとサイコーは仕事場に泊まり込んで
漫画に没頭する。ペン入れもけっこう進んだ?時に、ジャンプに
掲載された新妻エイジの漫画を見て、自分絵はこんなんじゃ駄目だと
また最初からやり直すサイコー。Σ(゚Д゚;エーッ!
ネームは仕上がっているので、特にこれといってやることが
ないシュージンだったが、サイコーが頑張っているのを見て
自分も何かできないかと、スクリーントーンを貼る練習を
重ね、指が絆創膏だらけ。漫画の方ではこういう細かい部分が
出てなかったっていうか、トーン貼りをけっこういきなり
手伝うんだよね。なので、シュージンが影でトーン貼りの
練習をしていたっていうのは、なかなかよいフォローだったと思う、
そんなわけで、最後はシュージンも原稿を手伝い、二人で
仕上げ、ついに原稿が完成。

bakuman1030_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

ジャンプ編集部へ原稿の持ち込みをしたいんですけどと連絡を入れる!

まあ、安定して面白かったですね。原作のコミカルな部分がもっと
表現できればいいんですけどね~。


前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「夢と現実」
第2話「馬鹿と利口」
第3話「親と子」
第4話「時と鍵」



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(27) 
共通テーマ:アニメ

nice! 9

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 27

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ