So-net無料ブログ作成

バクマン。 第6話「アメとムチ」 レビュー キャプ [アニメ]

bakuman1106_top.jpg

出版社にアポを取り、ドキドキで、向かうシュージンとサイコー。
待ち合わせ場所に二人して早く来すぎたので、途中で雑談なんか
したりしながらゆっくりと編集部へ向かう。そこで、シュージンが
小学生時代に、母親とぶつかって、自分の将来は自分で決めると
宣言し、それ以来シュージンが何をしてても親が何も言わなくなったと
いうのを聞いてちょっと驚くサイコー。

思うんだけど、何をしてても親が何も言わなくなったっていうのは
シュージンが自身でやることはちゃんとやっていたからじゃないかと。
そういうベースがあるからこそ、漫画家になるという事に関しても
親はスルーしてくれているんじゃないかねえ。まあ、どっちにしろ
生暖かく見守っていてくれているんだろう。いいことよね。
シュージンといい、サイコーといい、環境はそれなりにいいよね。

さて…編集部に到着した二人だが、シュージンは来客カードに
書き込むのも緊張で大騒ぎw っていうか、ここらへんとか、漫画
以上のディテールで尺稼ぎかよ?と思えるくらいのレベルだったんだが
まあ、でも、少々お待ち下さいと言われてるのに、
「何時間でも」待つっていうシュージンが可愛いかったw

後は続きからどうぞ



漫画を持ち込んでも、いきなり編集部に通されるのではなく、受付の
横に用意されたパーテーションで区切られたブースのような所に
案内される。そこを通る時に他の人の会話が聞こえ、思わず現実の
重みが…w

とりあえず…おじさんから聞いていた

お茶が出たら合格

というのを目安に。

現れたのは服部さんという人。服部さん~~!!
服部さんは、原稿を一旦ささっと読んだ後にもう一回読み直す…
超ドキドキのシュージンとサイコー…

で、ここから、驚いたのがBパートたっぷり使っての
「ふたつの地球」の内容紹介w
作画 小畑健 って大変だなあ・・・wけっこうがっつり描いているw
画像はほぼ1MBなのでtwitpicの方にアップしておきました。
若干ダイジェストですけど http://twitpic.com/34fsaq
この内容をVOMIC形式でがっつりですw しかも、けっこう面白いんで
見入ってしまいましたよ。 
ハヤト(CV:野島健児)
エイミー(CV:加藤英美里)
リーダー(CV:置鮎龍太郎)
ナレーション(CV:屋良有作)
声優陣もなかなか…

で、お茶がデタ――(゚∀゚)――!!

bakuman1106_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

この後、服部さんからはストーリーに関しての悪い点をいくつか
あげられる。漫画というよりラノベ風な原作だったりする所とか
絵の方もデッサンは出来てるが漫画の絵じゃないとか…
それでも、シュージンが受けそうな話を計算して作っている事が
かえって良い?というか、まあ、微妙なんだが、その方が
息が長い原作者になりうる…みたいな?そういう事を言われ、
最後は名刺にメアドを書いたものをもらえて、作品はいちよう
月例賞へ回す事になった。 話した感じ、サイコーは服部氏を
信用したようだった! おじさんが言っていた言葉と同じような言葉を
服部さんが言ったのがポイントだったという感じですかね。

漫画をヒットさせるのは博打

こうして、初めての漫画の持ち込みは終わり…
新学期…突然、サイコーに幸せが訪れる…
それは席替えで亜豆と隣になったからだ。後ろの席でシュージンが
笑いを必死に堪えている姿がなんとも…w


今回はこんな所です。いやーしかし、まさかのふたつの地球の
VOMIC…!驚きましたよ~。っていうか、ほんと、ゆっくりペースで
やってますなあ。 次週はいよいよ、エイジが本格的に出てくる!?
ああ、楽しみ・・・。

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「夢と現実」
第2話「馬鹿と利口」
第3話「親と子」
第4話「時と鍵」
第5話「夏とネーム」



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(25) 
共通テーマ:アニメ

nice! 9

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 25

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ