So-net無料ブログ作成

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第6話「俺の幼馴染みがこんなに可愛いわけがない」 レビュー キャプ [アニメ]

oreimo1107_top.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

家が田村屋という和菓子屋の麻奈実、なんでも和菓子屋だけど
ハロウィンフェアをやるらしく、それ用のお菓子を作ったので
京介に試食してもらいたいと言ってくる。
麻奈実が立ち去った後、赤城が話しかけてきて、麻奈実と
付き合っているのか?と聞いてくる。当然のように、付き合って
ないし、麻奈実はそういう対象じゃないと答える京介だが
麻奈実が他の男と付き合うというのはダメだと言う。

要するに、麻奈実とは単なる幼なじみで恋愛感情もなく、
付き合っているわけでもない。でも麻奈実が他の男と付き合うのは
絶対嫌… ちょっ!それはいったいどういう感情なのw
独占欲!? ま、麻奈実という自分にとってのオアシス
失いたくないんだろうけどw

OPも田村家仕様ですたw
oreimo1107_2.jpg
爺ちゃんww

oreimo1107_1.jpg
唯一の地味子回ww

後は続きからどうぞ
 

田村屋に到着すると、すっかり店がハロウィンフェア仕様になっていた。
家の中に入って、居間に行くと…

oreimo1107_3.jpg
爺ちゃんが死んだふりw

しかし、爺ちゃんの体が冷たく、脈もないので焦りまくる京介。
麻奈実に救急車を呼べと言って、爺ちゃんを抱き上げると、婆ちゃんが
やってきて、死んだふりしているだけだと言う。なんでもこの為に
店の冷蔵庫に入って準備をしていたそうな… お爺ちゃんお茶目!!w

oreimo1107_4.jpg
ワロタww

その後、婆ちゃんに「起きないと、髪を一本ずつ抜いていきますよ?」
言われ飛び起きた爺ちゃん。もうここらへん、さっそく田村家が
ラブリー過ぎて、悶絶しちゃうよ!!w

そのうち、麻奈実の弟も帰宅…
oreimo1107_5.jpg
本人はスキンヘッドのつもりだったらしいが、ここでただの
五厘刈という事が判明し、本人はショックを受けるww しかも
スキンヘッドにしたと思っていた為に、それ以来、「ロック」
名乗っていた…いわおのいわからロック??w 可愛い奴め!

麻奈実が運んできたハロウィンフェア用のお菓子…
oreimo1107_6.jpg
かわええ!

このお菓子は3つとも、麻奈実が作ったもので、京介が誉めると
嬉しそうな麻奈実。なんかほんわか、ラブリーなやり取りに、
照れてモジモジ?状態な二人…いや、やっぱり、くっつくのは
この二人っていうのが筋じゃないの?と思わせる場面。幼なじみ派の
私はそう思うよ!

oreimo1107_7.jpg
爺ちゃんunder the table…ww

爺ちゃんのヒューヒュー!という言葉に見送られ二人は麻奈実の
部屋へ。部屋に入る前に、ちょっと待ってテネと言って先に
部屋に入る麻奈実。京介は「何か隠すのか?」と自分で言った後に
桐乃を思いだしてゾクゾクっと震え上がるw 
その頃…桐乃はというと、注文していためるるの抱き枕が
家に届き、大喜びで抱き枕を抱きまくっていた。


麻奈実の部屋に入った京介。
「え、えっと、どうしよっか?」
「寝る」
「ええっ!?」

寝ると言う京介の言葉に一瞬驚く麻奈実だったが、本当に純粋に
寝たいという事がわかり、「あ、そういうこと…」と呟くw
何、麻奈実、少しガッカリな部分があるのか…?

ここのシーンで、京介が「勉強はせんぞー参考書は学校に置いてきたぁ」と
言うんだが、ここの言い回しがなんともよかった。特に「学校に
置いてきたぁ」の部分とかの中村悠一の演技がサイコーでした。
つい、何度も聞きたくなるそれくらいいい演技!

麻奈実と京介のやり取りはほんと、自然体で、京介も心を許しまくって
いるっていうか、見ているこっちも癒される!そんな感じです。
京介が麻奈実の事を大切に思っている事はわかるんだけど、恋愛
感情がないっていうのがなあ… 一回、完全に麻奈実を失ってみたら
麻奈実の本当の大切さに気付くんだろうか?とか、考えてしまうなあ…。

oreimo1107_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

その後、京介は田村屋の力仕事のお手伝いをして、その日は田村家に
泊まっていく事にする。 えっ京介が麻奈実の家に泊まる…そんな事
桐乃が聞いたら怒っちゃうんじゃないの??と思っていたら
案の定、桐乃はご機嫌斜めな感じで、夕食時、京介の椅子を
蹴っていたw 

夕食後…お風呂を勧めてくる麻奈実。京介が最後でいいと言うと
麻奈実は京介の後でいいと言い、なんか決まらない。すると、麻奈実は
何かを思いついて、京介に顔を近づけ、耳打ちしてくる。

じゃあ、一緒に入る?

不覚にも動揺し、顔を赤くする京介を見て笑う麻奈実。
麻奈実にからかわれた事で、変に火がついた京介はくるっと振り返り
仕返しといわんばかりに言う。

よォ――し、じゃあ一緒に入るか!

まさかの京介の返答に激しく動揺する麻奈実w 「ほ、ほんき?」

超本気だぜ! 自分で誘ったくせに、いまさらイヤとは言うまいな!

oreimo1107_8.jpg
ハイパー兵器ww


そして…その頃…桐乃もお風呂に入っていたが…
絶好調に不機嫌…
oreimo1107_9.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示
可愛いな!

お風呂後…そろそろ就寝という事になり、京介はいつもの部屋に
布団を敷いておいたという婆ちゃんに礼を言い、いつもの部屋へ。
麻奈実も寝ようと自室へ向かうが、麻奈実の部屋の布団がなくなっていて
いつもの部屋に京介と麻奈実の布団が敷いてあったw

京介達が驚いていると、そこに爺ちゃんがやってきて京介達を
部屋に押し込み、戦時中のトラウマで麻奈実と京介が一緒に寝てくれないと
激しい胸の痛みに襲われるとわけのわからない事言ってくる。
結局、一緒に寝る事になった京介と麻奈実。

その頃…桐乃は京介の部屋のドアを蹴りまくっていた…
あーあ、桐乃ご機嫌かなり斜めだよw

oreimo1107_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

おやすみなさい…と言ってちょっと経った後、
麻奈実は京介に話しかける。

「一緒の大学、行けるといいね?」

しばらく話した後、京介は麻奈実に、もし誰かに好きだと言い寄られたら
どうする?と聞いてくる。もちろん、驚く麻奈実。そして今後は
逆に、麻奈実が京介に誰かに好きだって言われたらどうするの?と
聞いてくる。 暫くの沈黙の後、京介は「断る」と答える。
京介は、今の平穏な毎日がいいから、今のまんまでいいし、
田村家みたいにゆっくりできれば充分だと告げる。いやーもう
この二人が付き合ってないっていうのが不思議と思えるような会話w
今度はうちに泊まりに来れば?と麻奈実を誘う京介…ってそれ
無理じゃね??w 桐乃が超機嫌悪くする悪寒っていうか、絶対
そうなるし…w 

その頃…桐乃はめるるの抱き枕を抱きかかえながら不機嫌そうに
寝返りをうち…

もう帰ってくんな! バカ!

と独り言を呟いていた… 

エンディングテーマ「マエガミ☆」歌:麻奈実(佐藤聡美)


地味子回!! 京介と麻奈実、ほんとお似合いだと思うんだけど
なんなんでしょうねえ・・ 京介が麻奈実に恋愛感情がないって
いうけど、麻奈実に絶大な安らぎを覚えているという部分だけで
充分じゃなイカ!と思ってしまうんだよねえ。しかも、田村家が
ほんと、いい家庭で、京介とも仲がいいし、なんでも言い合えそう
だし、もう完璧じゃあないですか。爺ちゃんじゃないけど
もう、結婚しちゃえば?と見てて思えてくるよ。京介、麻奈実の家の
婿になればいいのさ!w
あと、時々差し込まれる桐乃が何を思っているのか的なのが
面白かったと思う。こんな事してたらさぞかし桐乃機嫌悪いハズだなあ・・・
と思っていたら、ほんと、その通りだしw ほんと京介LOVE過ぎるよ桐乃。

俺妹始まる前のお楽しみ、今回のAB!再放送後の桐乃と黒猫の
コメント。今回は、花澤香菜パートは黒猫じゃなくて天使。
桐乃「いやー後半の展開、マジ最高!さすがだーまえさん、
   音無さん、マジかっけぇー!」
天使「この後は俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
   幼なじみ…素敵な言葉ね」
   
エンディングイラストは蒼樹うめ
oreimo1107_ed60.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示 画質60%
Twitpicの方に100%画質をアップしておきました
http://twitpic.com/34sht4

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「俺が妹と恋をするわけがない」
第2話「俺が妹とオフ会に行くわけがない」
第3話「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
第4話「俺の妹が夏コミとか行くわけがない」
第5話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(74) 
共通テーマ:アニメ

nice! 9

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 74

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ