So-net無料ブログ作成

おとめ妖怪 ざくろ 第8話「あめ、徒々と」 レビュー キャプ [アニメ]

zakuro1123_top.jpg

薄蛍が折屋にあの例の妖刀(もう無害)を返しに行く途中、
ちょうど個人的な用事で買い物を終えた景と出くわす。
景は薄蛍に付き合い、折屋まで一緒に行く事にするが、その背後から
何者かが付けてきていた。

妖人省では丸竜はざくろと、利劔は鬼灯たちと家の中の仕事中。

丸竜「もう…無理ですってば…」
zakuro1123_1.jpg
こういう紛らわしいシーンを見ると絶対思い出すのは
学園ヘヴンで雨漏りかなんか直しているシーンww


鬼灯達と棚を直している利劔は、丸竜が二人を見分けられる事
をずっと感心していた事を告げ、鬼灯達は嬉しそうに言う
だから丸竜様は私たちの特別な方なんですわ

後は続きからどうぞ

 

折屋の前に薄蛍と景が到着すると、後ろかたつけていた百緑と
橙橙によって拉致されてしまう。その場に落ちていた荷物を
折屋の女主人、折形綾が届けてくれた事によって、二人の
失踪が発覚、ざくろは薄蛍と景の救出に向いたいと櫛松に
懇願するが櫛松はそれを認めず、ざくろを納戸に閉じ込める。

櫛松的には、この薄蛍と景の拉致がざくろを狙ったものである
事がわかっているからの事なんだけど、そんな事を知らない
ざくろはもちろん納得いかないし、雪洞達や利劔、丸竜も
状況が飲み込めない…雨竜寿は櫛松に、ざくろを行かせてやったら
どうかと言うが結局ざくろは解放されず時間は過ぎていく。

暫くして、ざくろが閉じ込められている納戸の鍵を折形綾に
開けてもらい、利劔はざくろと共に捜索へ向かう。そして
その事をもちろん知っている櫛松は影から二人を黙って見送る…

zakuro1123_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

一方、拉致された薄蛍と景は真っ暗な部屋の中で目を覚ます。
すると、部屋の戸が開き、橙橙と百緑が、二人を拉致したのは
ざくろをおびき寄せる為の餌だと告げ、すぐに再び戸が
閉められてしまう。以前、夜会で襲撃された時に、百緑と
会った事がある薄蛍は百緑から流れてきた深い哀しみのような
感情を思い出す。

景達が囚われている廃屋に到着したざくろ達、しかし、そこで
待ちかまえていたのは橙橙と百緑。二人はすぐにざくろ達に
襲いかかってくる。利劔は負傷…ざくろは景達が水が溢れそうな
土室に閉じ込められているのを知って焦り、激しく戦う…
すると、そこに女郎蜘蛛が現れ、百緑と橙橙を連れてその場
から消える。 ざくろは利劔と一緒に、急いで土室に
景と薄蛍を救いに行く。間一髪…二人を助け出すざくろ達。

zakuro1123_2.jpg
こういう時もかがんで薄蛍の目線まで下がって彼女を常に
安心させようとする利劔の自然な優しさがたまらんぜー!

zakuro1123_3.jpg
そして薄蛍を抱きしめる利劔!!
もうここのシーン、キュンキュンなんてもんじゃないぜ…

それに比べてこの二人は…w
zakuro1123_4.jpg
ざくろ的には、直前に変な半妖二人組と一戦交えた上に
あの女郎蜘蛛と再会したってことで感情的に色々ある感じだけど
それより、なんか堪えている感じだよね。ホントは景に
抱きついて泣きたいくらいなのに…

無事妖人省に帰還したざくろ達。

zakuro1123_5.jpg
留守番ご苦労w

利劔は今度のすべての責任は自分にあると櫛松に申し出る。
ま、今日のところはとりあえずお風呂に入って終わりって事に
なり、みんなそれぞれおふろへ…おふろから出たざくろを
待っていた景。「ちょっと話せない?」そう言う景の手には
ざくろの為に買っていた笹巻きの箱の風呂敷包みが…

zakuro1123_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

景はざくろに笹巻きを渡そうとするが、ざくろは景が自分の
為に笹巻きを買いにいったことで、こんな目にあった…という事と
もしかして景が死んでしまっていたかもしれない…等
今回の事の色々が一気に押し寄せ、思わず泣き出してしまう。
表には出さなかったが、本当に景の事を心配していたざくろ…

景はそんなざくろを後ろから抱きしめ、

心配させてごめんね…

と囁く。

さっきの利劔と薄蛍のシーンもキュンキュン来たが、ここの
シーンのキュンっぷりも、半端ナイッス。ぶっちゃけ
こっちのシーンの方が胸が熱くなります。

アジトに戻ってきた女郎蜘蛛と橙橙&百緑。なんか橙橙の方は
けっこう大事にされている節があるんだけど、百緑の方って
邪険に扱われているような… 橙橙を部屋にやったあと、女郎蜘蛛は
百緑の体の治療をする…なんか、ほんと、百緑と橙橙が
可哀相に見える。特に百緑。百緑は妹の橙橙を盾に取られて
女郎蜘蛛に脅されている…みたいな…


今回は、ほんと、けっこう色々あった回でしたよね。
ざくろと景の間の距離がものすごく縮まった回でもあったような
気がします。あと、なんといっても、百緑と橙橙の哀しい感じが
半端ナイっていうか… 百緑が見ていて痛々しい。体も
大分無理が来ているようだし… あうう…

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「いざ、妖々と」
第2話「あか、煌々と」
第3話「かこ、哀々と」
第4話「きょり、怖々と」
第5話「わな、粘々と」
第6話「ゆきて、事々と」
第7話「うち、猫々と」


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(29) 
共通テーマ:アニメ

nice! 7

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 29

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ