So-net無料ブログ作成

おとめ妖怪 ざくろ 第11話「ふれて、殻々と」 レビュー キャプ  [アニメ]

zakuro1214_top.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

神がかりの里に拉致されたざくろ。とにかく、囚われていた場所から
逃げ出したものの、屋敷の中を彷徨っているうちに、大量に幽閉され
動物のように飼われている半妖の子供達や百緑が言った言葉
すさまじい妖力を持つ半妖を再現する為に私達は生まれた…
が、ざくろを動揺させていた。

逃げている途中、突然、母親の形見である翡翠のペンダントが光りだし
それに導かれるように進むざくろが辿り着いた先の部屋で…
ざくろは母・突羽根に再会する。微動だにしない母にざくろが
触れると、次ぎの瞬間、突羽根の記憶がざくろに流れ込んでくる。

一方、妖人省でも櫛松が神がかりの里、半妖の生まれる理由を
景達に語り始める…

後は続きからどうぞ
 

いづなを使役し、呪術を行う神に近い存在の者達…それが神がかり。
櫛松は、神がかりの里で突羽根に仕えていたいづなだった。
突羽根は類い希なる能力を持った巫女で、その能力を利用しようと
した神がかり里長は突羽根を妻に迎え、自分の子供を作らせた。
世継ぎである沢鷹が生まれた後は、里から離れた山奥に幽閉される
ように暮らしていたが、時々、里長はは次ぎの子供を突羽根に
身ごもらせる為に、通ってきていた。しかも、突羽根は自分の子供の
沢鷹に会う事さえ許されていない状況。本当に、子供を
産ませる為の道具として扱われているのだ…何それぇ…

って…酷いわねえ…原作の方では同じ屋敷に暮らしていて、その
中で幽閉状態だったわけだが、アニメじゃ山奥に幽閉か…同じ
ようなもんだが、子供を作らせる為だけに通ってくる里長…酷いよね。
それでも、沢鷹1人を産んだ後、突羽根が次ぎの子供を身ごもる
気配はなく、文句を言う里長…ちなみに、声は大川透だよw

突羽根はそんな自分の人生に何か諦めのようなものをもっていたが
沢鷹にだけは会いたいと思っていた。時々、庵を抜け出し、
神がかりの里がよく見える丘の上の木の上に登り、里を見ては
ため息をつくような日々…ある日、いつものように木の
上から里を見ていると、木がいきなり切り倒され、そこで
人間の青年、恵永に出会う。

恵永キタ――(゚∀゚)――!!
声はもちろん森川智之! キャ━━━(*´∀`*)━━━━!!

zakuro1214_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

運命的な出会いを果たした二人… 突羽根は恵永に会う為に庵を
抜け出すようになり、櫛松もそれを黙認していた。
恵永によって、突羽根は今まで知る事ができなかった世界に触れ
楽しく過ごしていたが、人間の里で臨月の女性が神隠しに
あっているのを知り、神がかりの里にその女性を助けるように
直訴しに向かう。その時、神がかりの里が時々、臨月の女性を
拉致って半妖の子供を産ませるように術を施していたのは
自分達の力を人間に誇示する為だけだった。
ほんと、神がかりって酷いよねえ…
もちろん、直訴は通るはずもなく、沢鷹にも会えなかった突羽根…
可哀相…

恵永はそんな突羽根の全てを受け入れ、突羽根も恵永に全てを
委ねた。結ばれた二人… しかし、間もなくして、自分が恵永の
子供を身ごもっている事がわかった突羽根は、恵永に迷惑を
かけない為、子供を無事に産む為にも、姿を消す事にする。
櫛松と共に、その場から去ろうとすると、そこに恵永が現れる。

どこかここから離れて暮らそう…
沢鷹という息子と一緒に…

恵永から出た言葉に突羽根が喜んだ次ぎの瞬間、恵永が目の前で
串刺しに。虫の息の恵永に、恵永の子供を身ごもっている事を
伝える突羽根…そして恵永は息絶えた。愛する恵永が目の前で
殺されたというだけでもショックなのに、なんと、恵永と突羽根の
事を里長に密告したのは沢鷹である事が判明… 
絶叫する突羽根…
もう、ほんと、沢鷹、なんでチクったのかね… 自分の母親が
他の男と密会しているのが許せなかったのか、あと、ああいう特殊な
環境で育っているから性格的にも何か冷徹な部分が多いんだろう。
でも、今、現在の沢鷹って、この子供の頃の沢鷹よりマイルドだよねw

突羽根は、いづなおろしの術を施され、お腹の中の子供を
半妖にされた。子供を無事出産した後、里長は、その子供を他の
半妖同様に、扱おうとしたが、生まれた子供に凄まじい妖力が
あるのを知り、子供を確保しようとするが、突羽根は櫛松と共に
子供を連れて、里から逃げ出した後だった。

ここまでの突羽根の記憶を見たざくろが呆然としていると
そこに沢鷹が現れる。そして、目の前の母親がすでに死んでいる事、
突羽根を殺したのは自分だといい、ざくろの意識を術?で
失わせる。沢鷹はざくろとの婚姻の儀を行う事を百緑に告げ、
巫女役を百緑にやらせる事にする。

婚姻の儀!?

zakuro1214_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

その頃、妖人省でも、櫛松の話が佳境に・・・ざくろという
巨大な力を持った半妖の子供が生まれた事によって、同じように
大きな妖力を持った子供を作る為にいづなおろしが行われる
ようになり、その犠牲で多くの半妖の子供が生まれた。
しかし、ざくろのような半妖は生まれず、あまり力を持たない
半妖の子供達は失敗作とされモノ同然に扱われたという。
ざくろが身につけている翡翠のペンダントは、ざくろの巨大な
妖力を封じる為のものだったが、ざくろの妖力が抑えきれない
状況になりつつあり、これ以上隠れるのも無理という事になり
突羽根は自ら神がかりの里に戻り、その代わりにざくろに
手出しをさせないという約束を沢鷹にとりつけたという。
だが、その約束もいつ破棄されるかわからないので、櫛松は
ざくろ連れて転々とし、その途中、薄蛍や鬼灯、雪洞達を
拾っていった。そして、そんな時、雨竜寿と出会い、妖人の
為に働くという事で隠れて暮らすのをやめたのだった。
雨竜寿がその選択は間違っていたのかもしれない…と言うと
景は、そのお陰で自分達はざくろ達に出会え、一緒に戦えたと言う。

ざくろを助けに行く為には神がかりの結界を越えなければ
ならないが、その手掛かりはあった。女郎蜘蛛が残していった
護符の欠片を利劔が持っていたのだ。
神がかりの里に行くわけにはいかない櫛松は、景達に
ざくろ救出を託す

神がかりの里では婚姻の儀が行われようとしていた。1人
蚊帳の外の橙橙は苛立っていたが、そこに女郎蜘蛛が現れ
橙橙を利用しようとする…


今回はこんな感じです。
ついに明かされる、ざくろ出生の秘密…
待ちに待った恵永の登場ですが、恵永…マジイケメンで参ったw
しかも、声が森川智之ということで、その相乗効果か知らないが
ざくろに出ているどのイケメンよりもイケメンだった。
男としての器も大きいよねえ、普通の人間とは思えないレベルよ!
今回作画も美しくて大満足。突羽根も可愛かったねえ・・・
しかし、許すまじなのは、里長だよね。あの男、ほんと、
神がかりとか言ってても、人間のクズ以下だわ…。

いよいよ佳境、残す所あと2話ですが、どうなるんでしょうね~

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話「いざ、妖々と」
第2話「あか、煌々と」
第3話「かこ、哀々と」
第4話「きょり、怖々と」
第5話「わな、粘々と」
第6話「ゆきて、事々と」
第7話「うち、猫々と」
第8話「あめ、徒々と」
第9話「さち、恋々と」
第10話「かげ、追々と」



nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(25) 
共通テーマ:アニメ

nice! 12

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 1

カルディア

中盤までは、母親にはこういう過去があったんだな~と
それなりに惹き付けられて見ていましたが、
だんだんと重い話になってきたなと。

あんなに美しい母親が、単に子を産むだけの扱いってのも
見ていてちょっとモヤモヤ感がありましたね。

終盤なのでシリアス調にはなってしまうとはいえ、
用意された過去話はちょっとやり過ぎ感もあったなぁ。
果たしてどういう展開で締めくくってくるのか・・・

by カルディア (2010-12-16 02:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 25

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ