SSブログ

海月姫 第10話 愛とぬるま湯の日々 レビュー キャプ  [アニメ]

kurage1224_top.jpg

クラゲのドレスを作るため朝から材料を買い込み天水館に
やってきた蔵之介。和裁とはいえ、ミシン技術にたけている
千絵子の協力を仰ぎ、ジャマをするばんばさんとまややを
「コレで何か美味しいモノでも攻撃」で追い払い、部屋を
締め切り、月海と二人きりになると、裸になり、自分の身体の
線に沿って布を適当に切らせる。

一方、修は再開発の説明会に来ていた。稲荷の説明を聞きながら
天水館や月海の事を想う修。もし天水館がなくなったら
月海に一緒に住もうといって、海の近くの小さな一軒家に
二人で住む妄想をする修だが、そこにチラつくクソビッチ稲荷の顔…w 

後は続きからどうぞ

花森さんは、すぎもっちゃんに新たな依頼。慶一郎は花森に
稲荷以外に、月海についても調べるように指令を出していた。
ん?なにこの展開、原作の方と明らかに違うぞ! そういえば
修を海外に行かせる部分とかも原作と違うんだよね。ここらへんの
アニメオリジナル部分が話をどうまとめていくかの伏線になるのかしらん?

kurage1224_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

説明会が終わり、帰ろうとする修の車に一緒に乗り込んでくる稲荷。
もう、ため息が出るくらいうざビッチだなw 車に乗り込んだ
稲荷は「海が見たい…」と言い出すが、修は車から稲荷を追い出す。
車から追い出された稲荷は稲荷流エリート男からめ取り術初級編
押してダメなら柔らかく脅しつつ引いてみな!という作戦に出て
修を動揺させる。 なんか随分端折った展開になりましたな。
実際は、海に行くのに…w 花森さん、じんま疹出るのなしか~。
修は、なんでこんな低脳な稲荷の作戦に引っかかるかねえ…w

蔵之介からもらったお小遣いで中華街を訪れているまややとばんばさん。
そこで見知らぬオシャレ女子がばんばさんのアフロをかっこいいと
写メを撮ったりして、ばんばさんとまややは固まる。オシャレ女子は
ばんばさん達の写真を撮って、それをブログに載せると言う。
この女子、アフロにしたいけど、事務所が許してくれないとか
言ってたので、もしかしたら有名タレントなのかも??
何、この下り…これってなんか、今後の展開に関係あるのか??

蔵之介と月海のクラゲのドレス制作は千絵子にミシンをかけてもらうが
すでに裁断した時点で失敗気味だったのであまり上手く行かない。
しかし、その目的のドレスとはほど遠いスカートを見た月海は,それは
クラゲとは違うと突如クラゲオタの血が騒ぎ、スカートの手直しを始める。
それによってスカートはだいぶよくなったが、フワっとさせるには
パニエが必要だからと、蔵之介の家で残りの作業をやろうという
話になったときに修の名前を聞いた月海は、突然力を落としてしまう…

低脳稲荷の作戦に引っかかっている修は、稲荷の態度が気になり
何度も電話を入れていた。も~~~~なんなの、シュウシュウ…なぜ
稲荷の事を気にする必要があるのだ。何本も修からの着信に、
稲荷は気をよくし、家で1人で酔っぱらっていた。酔っぱらった末に
最終的に修の電話に出ると、酔っていたのでろれつが廻らず、
修はそれを自殺しようとしていると勘違いし、花森と共に稲荷の
マンションへ向かう。

kurage1224_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

千絵子とジジ様の協力を仰ぎ、彼女達と一緒になんとか、月海を
蔵之介の家にまで連れてきた。蔵之介は月海に、「綺麗だから
月海が描いたクラゲを形にしたい」と月海を説得。月海は蔵之介の
部屋にあったパールのネックレスを見て、再び覚醒モードに入り
ドレスを仕上げていく。

稲荷のマンションに着いた修は、稲荷が面白がって自殺のフリを
した事に激怒。稲荷をひっぱたき、ポカポカと叩く…その時の修の
表情を見てはっとする稲荷。って、修よ…なぜそんな表情を浮かべるのよ。
どういう気持ちなわけ?? 単純に心が優しいだけだと思いたい。
笑えるのが、稲荷のマンションから出てきた修に、花森が
「やっぱ死んでましたか、さ、逃げましょう」と言う所ですねww
そのまま修は成田へ向かい海外へ… ってマジで海外行っちゃうの?
短期出張?長期出張?いつ帰ってくるの?w

朝までかかったが、ついにクラゲドレスの第一号がなんとか
出来上がる…それを見た蔵之介は興奮。さっそく試着する。
kurage1224_1.jpg
美しい!ドレスは可愛いぞ!

ちょうどその頃、中華街で一晩遊んで朝帰りのまややとばんばさんが
天水館に帰ってくると、天水館の建物が解体工事用のブルーシートで
覆われていた!!


今回はこんな感じです。次回最終回ということで、なんかけっこう
端折って来てる上に、オリジナルな展開が来そうな予感が…
ある意味、先が読めなくて面白いですw
あのブルーシートは、すぎもっちゃんが、業者に間違えて教えた
からだと思ったんですが、どうでしょうか…。
それでも、いくら超展開が来ようとも、あと1話ですべてが
解決するとはとても思えません。なんか色々中途半端で終わる感じが
するんですよねえ・・2期の予定でもあるのか?もし2期があるなら
今、色々端折る必要はないしなあ… どうなるんだろう。
そういえば、ばんばさんとまややの写真を撮りまくったモデル?
サラとかいう名前らしいが、声はキタエリ。やっぱり、彼女は
何か関係してくるのかな?

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 セックス・アンド・ザ・アマーズ
第2話 スキヤキ・ウエスタン・マツサカ
第3話 魔法をかけられて
第4話 水族館で逢いましょう
第5話 私はクラゲになりたい
第6話 ナイト・オブ・ザ・リビング・アマーズ
第7話 金融無職列島
第8話 ミリオンダラー・ベイビーズ
第9話 真夜中のチェリーボーイ



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(20) 

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 20

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。