So-net無料ブログ作成

これはゾンビですか? 第4話 ちょ、俺輝いてる?  レビュー キャプ [アニメ]

korezon0202_top.jpg

肉、肉、蟹、肉、海老、卵~♪
ところが今日は野菜料理だ!!

ハルナは料理が天才的に上手い。天才だからw
そこにセラがやってきて、ハルナはセラに料理を手伝わせる。
ああああ・・・セラに料理をさせてはダメだよぉぉ…

ハルナ「動く!この大根動くぞ!」
korezon0202_1.jpg
シルエットww

いったい何を作っているんだ??と不思議がる歩
テレビを見ているユーに「この番組おもしろいか?」と
聞くと、「星一つ」と答えるユー。

後は続きからどうぞ
 
妄想ユー
korezon0202_2.jpg
「今年いっぱいで消えちゃうよ、お兄ちゃん」(CV:皆口裕子)
↑テレビ番組がw
歩「シビア~」

こんな話をユーとしていても、この前、京子が言っていた事が
気になる歩。京子が語る連続殺人犯の特徴は確かにユーだったけど
ユーが犯人であるわけがないじゃないか。疑うのやめて~。
その頃…自宅外では怪しい人影が歩の家の前に…

セラが作った料理は…
korezon0202_3.jpg
鍋が溶けるタイプw

セラの料理を食べさせられた歩はそのママ気絶。目を覚ますと
空腹の3人が待っていた…

妄想ユー
korezon0202_4.jpg
「私、お腹空いちゃったぁ お兄ちゃん」

仕方がないのでピザを頼む歩。

ハルナは学校の大先生に、まだアーティファクトは発見できてないと
報告。アーティファクトとは四角くて、柔らかくて…キョーフ?
とかいうものらしいいが、何??w
と、ここで、誰かが訪ねてやってくる、歩がピザ屋かと思って
ドアを開けると、そこに立っていたのは、ケルベロス・ワンサード
と名乗る冥界の番人だった。ケルベロスは冥界に来るはずの歩を
再び迎えにやってきたと言って歩に攻撃をくわえてくる。
歩は腕を負傷し、ユーがそれを速攻で治す。その様子と、ユーが
ここに居る事に驚くケルベロス。ケルベロスはユーが歩の傷を
治す事の意味がわかっているのか?と聞いてくるが「??」な歩。
そして、ケルベロスがユーの事を心配するとユーは
「大丈夫、耐えられる」
と答える。ケルベロスは近くで連続殺人が起きているから
帰りの駄賃にその魂を回収していくと言い、歩は連続殺人犯を
捕まえる為にユー達を残してケルベロスと一緒に現場へ向かう。

korezon0202_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

道すがら、ケルベロスはユーの治癒の力の事を説明する。
ユーは他者の傷を癒す代わりに、その痛みを引き受けてしまうという
要するに、歩が負った傷と同じ痛みをユーは感じていたのだ。
特別な存在、すべての中心、それがユー…
その彼女が自らの意志で歩の傷を癒した、つまり歩はユーに
特別な存在と認められているというのだ。

犯行現場に到着すると、すでに魂はそこにはなかった。
最近、死んでも魂が冥界に来ないケースが多いのだとケルベロスは言う。
じゃあ、どこに魂は何処に行ったのか?ということだが、ケルベロスは
「サクされた」(サクリファイス(生け贄)された)のだという。
死者の魂を生け贄に差し出すと、とんでもない魔力を得る事が
できるらしく、それを狙っているのが「夜の王」と呼ばれる存在
というらしい。と、ここで、ちょっと前から、歩とケルベロスに
音もなく近付いてきていた連続殺人犯が、歩とケルベロスを
襲ってくる。ケルベロスは歩を庇って刺され、歩もケルベロスと
一緒に串刺しになる。

ケルベロスは死に際に、歩にユーを託し
「あの人を悲しませてはいけない…」
と言い残し、消えていった。

家に帰った歩。ハルナはお腹一杯で寝ており、セラも居ない。
歩はユーを縁側に誘い、二人で話をする。ケルベロスの事を話し
傷を治してくれた事を謝る歩。そして、歩はついに、ユーが
なぜ感情を押し殺しているのか、その核心に迫る。
ユーはなるべくなら答えたくなさそうだったが、歩が「どうしても」と
言うので、自分の事を語り始める(もちろん筆談で)

korezon0202_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

運命の糸というものはゆらゆらと横に揺れながら
前へと進んでいる。そこに強い魔力の影響があると
揺れは大きく激しくなる。私は動揺、不安、心の動きで
魔力がすぐに乱れてしまう。それは運命の糸に干渉し
現実を変えてしまう。だから私は感情を出す事が許されない。

言葉を出せないのは、言葉に魔力がこめられてしまうから。
だから私は声を出す事が許されない。

私は言葉は重すぎる。いつ、どの言葉が力に変わるか私にも
わからない。だから一言も発することも許されない。
言葉が力に変わる時、私の頭に激痛が走る…あれはもうイヤ…

私の血液には不老の力があり、心臓は膨大な魔力を放出している。
ガントレットとプレートアーマーは私の魔力を封じる為。
私の力に私の意志は関係ない。
私が死んでも魔力は発動する。

ここまで語り終えたユーは
「嫌いになったでしょう?」と書き、その上にはが落ちる。
どうして、俺がユーの事をキライになったりするんだ?と歩が聞くと
「私の感情が動くと、近くにいる歩の運命が一番変わってしまうから」
と答えるユー。涙は止まらない… ユーが泣くなんて…アウウ

「私一緒にいてもいいの?」
というユーの問いに
「一緒にいろ どこにも行くな 俺のところにいろ」
と筆談で答える歩… 歩はこの夜、これからどんな事がおきても
それがユーと一緒に居られる代償ならばドーンと来やがれ!と
心に誓う。 なんか、歩が…かっこいいぞ!! 男だな!!
しかし、ほんと、ユーの抱えているものは重いよなあ… 

korezon0202_m3.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

そんなわけで…ユーの感情が激しく動いてしまったからか
トリプルAクラスの巨大メガロ、シロナガが襲来。その対応に
追われる歩達。歩は魔装少女に変身して、セラと一緒にシロナガと
戦う。途中、シロナガが吹き出した水が街を押しつぶしそうに
なるが、それはハルナがなんとか支え、歩はセラと連携して
メガロを倒す事に。セラがメガロに切れ込みを入れている時
歩が1000%まで力を出すと歩のコスチュームがなんか盛られてるw
その後、歩の音速キックでメガロを撃退する事に成功した。

で…その夜…?か知らないが、京子が入院している病院。
なんと、京子は病室で…自殺!? なんだなんだ???
何が起きた??


今回はこんな感じでした。ユーの真実が語られたので、けっこう
シリアスな部分でしたが、ユーが可愛くて悶えましたよ~ あと
ケルベロスがダンディでかっこよく、これっきりの出番しかないのが
ほんともったいない。声、安元さんだったしぃ~。
シリアスな感じの部分が多かったので妄想関係も少なめでしたね。
ラストのシーンはいったいなんなんでしょうか?京子が自殺した
ように見えましたけど、どういう展開なのかしらん??
セラのポイズンクッキングが凄まじく、よそったお玉や皿、最後には
鍋まで溶けてテーブルには穴が開いていたのが凄かったなw
あんなの食べたら、体に穴が開くよぉぉ ま、歩だから
いいんだろうけど…w 

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 はい、魔装少女です
第2話 いえ、吸血忍者です
第3話 そう、髪型はツインテールに

korezon0202_next.jpg



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(39) 
共通テーマ:アニメ

nice! 6

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 39

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ