SSブログ

GOSICK -ゴシック- 第5話 廃倉庫には謎の幽霊がいる  レビュー キャプ [アニメ]

gosick0205_top.jpg

その少女はだね…木の葉を森に隠す為にここに来たのだよ…

そうヴィクトリカは言うと、アブリルが図書館に来ていたのは
納骨堂で彼女がゲットした本を隠す為だといい、知恵の泉から
得たインフォメーションで見事にアブリルが隠した本を発見する。
って、知恵の泉、便利だな~… いくら天国エリアの13階段と
いう知恵があったとしても、もし、アブリルがその法則にのっとらず
適当に本を隠していたら…ね? とか思ってしまうんだけどw
まあ、それはおいといて…本の中身を見ると、高い塔に住む
この世のすべての謎を知る金色の妖精の話だった。まるで
ヴィクトリカの話みたいじゃないか。そして、そこにはさまれていた
一枚のポストカード。ポストカードはアブリルの祖父からアブリルに
当てられた、消印のないものだった。

ここでヴィクトリカは飽きたといって、ポストカードを
ヒラヒラさせながら、塔の上に戻っていってしまう…
なんだかよくわからない様子の久城…

何考えてるんだろう?ヴィクトリカって…

後は続きからどうぞ
 

その帰り道、頭を抱えて思い悩む様子のブロワ警部に出くわす久城。
ミイラ事件が解決したばかりなのに、その後今度は、怪盗が村に
潜入したという情報が入って捜査をしているのだという。

その名も怪盗「クィアラン」 
有名な怪盗らしいのだが、ここ最近なりをひそめていて、なんと
今度出てきたのは2代目らしい。ブロワ警部と別れた後、
廃屋みたいな所を通りかかると、なんかそこから物音がした為に
中をのぞき込むと、背後から何者かに角材で殴られ気絶して
しまった。そして、次ぎに気付くと、ベッドの中。
目の前にはアブリルが居て、彼女が久城を見つけ、庭師に頼んで
運んでくれたというのだ。本はなくなっており、なんか
アブリル怪しさ全開。久城もアブリルが自分を襲ったのでは
ないかとちょっと思ったり。

gosick0205_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

アブリルが図書館の塔には、金色の妖精が住んでいるみたいな
事を言うと、久城はそれは違う、図書館の上に居るのは
ヴィクトリカだと言い、それを聞いたアブリルはなんかちょっと
怪しい態度…。

久城が自分が襲われた倉庫の近くで本を探していると、なんと
通りかかったセシル先生が持っていた。なんでも花壇の裏に
捨ててあったとかで… じゃあ犯人はアブリルじゃないのかな?と
不思議に思う久城。すると倉庫の中からまたもの音が。
中を先生と恐る恐るのぞき込むと、中から「助けて…」という
少女の声… 倉庫に出ると言われる幽霊かと思ってびびる
久城と先生w 

アブリルは塔の上の植物園を訪れていた。もちろんポストカードを
捜す為だが、ヴィクトリカの姿はない。歩き回っていると目の前に
ポストカードが落ちていて、それをゲットしようとすると、久城が
現れ、次ぎに振り返ると、そこにもうポストカードはなかった。
アブリルはすぐにその場から去り、久城だけになると、
ヴィクトリカが現れる。

久城は自分に起きた出来事をヴィクトリカに話し、ヴィクトリカは
久城の土産のかりんとうを食べながら言う…

あのアブリルという奴…
あいつが2代目クィアランだ。

な、なんだってー!? いや、そうだと思ってましたw

驚く久城に説明するヴィクトリカ…

なんと初代クィアランの正体はマクシム、それは初代クィアランの
出没が止まった時期とマクシムの死んだ時期が重なる事。
おそらく、春になる度に学園に盗んだものを隠しにやってきていて
あの本もその盗品の一部。そして、アブリルもあの本を捜していた…
倉庫から聞こえた「助けて…」という声は、本物のアブリルが
発している声だというので、急いで倉庫にブロワ警部と行くと
そこには本物のアブリル・ブラッドリーが隠されていた。アブリルは
列車の中でクィアランと一緒になった後、こうなってしまい、
クィアランはアブリルの祖父の遺産を狙っているという。

gosick0205_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

久城は急いでヴィクトリカの所に走り、そこで再びクィアランと
対峙する。久城が自分の正体を知っていると知ると、クィアランは
低めぐぅ声になり、自分の本当の目的を明かす。彼女があの
ポストカードを狙っている理由はそこに貼られた切手、
Penny Blackだった。普通のペニーブラックでさえ価値が
あるのに、そこに貼られていた切手は誤植の更に価値がある切手だと
いうのだ。

クィアランは、ヴィクトリカなんて最初から居ない、久城が
見たのは金色の妖精、久城がペニーブラックを持っていると思い
久城に襲いかかる。ヒエーっ と、ここで、ついにヴィクトリカが
クィアランの前に姿を現す。ヴィクトリカは階段で久城をもみ合う
クィアランに向かって本を投げつけ、クィアランは階段を転げ落ちる。
これにて一件落着… ペニーブラックは無事、アブリルに返却され
アブリルの祖父の思い、いつか、アブリルが冒険家になるときの
資金としてペニーブラックを譲った彼の思いが届いた。

知らない人が来ると、隠れるというヴィクトリカ、ではなぜ
久城が最初に来たときに、隠れてなかったか?と久城が聞くと
赤くなって照れる… か、かわいい・・・ウホ


今回はこんな所でした。
あれ、クィアランって、階段から落ちた後、どうなったの??
死んだの?? 音沙汰なし?? 逮捕? まあいいか…
結局、クィアランが手をケガしていた理由はアブリルと
もみ合った時に、アブリルに手を噛まれたからだったのかあ・・・
ってことは、あの、殺人事件はミスリードだったという事なのね。
マクシムがクィアラン1代目だったとはね~ 
クィアランの行動はすべて学校に伝わる怪談を利用したもの
だったというのでだいたいの説明がつくということで…。

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 黒い死神は金色の妖精を見つける
第2話 死者の魂が難破船をおしあげる
第3話 野兎達は朝陽の下で約束をかわす
第4話 金色の糸はつかのまを切り裂く


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(36) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 36

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ