So-net無料ブログ作成

これはゾンビですか? 第9話 はい、脱ぐと凄いんです  レビュー キャプ [アニメ]

korezon0309_top.jpg

ユーと夜の王は場所を移して話していた。
セラはユーの失踪を、もしかしたら、自分仲間がユーをさらって
いったのかもしれないという。セラに届いていた矢文はユーの
殺害指令だったのだ。(゚Д゚)ェェェェェ メガロの襲撃はユーの魔力に
よるものだから…という理由らしい、多分それは当たっている
のかもしれんが、だからって、ユーを殺すなんて駄目でしょう…。
夜の王の目的は…よくわからんが、とにかく、自分を消そうとした
ユーに恨みのような感情をもっているっぽい? ユーが夜の王を
消そうとしたのは、セブンスアビスを殺したからだとか。
セブンスアビスって何?という感じですなw

後は続きからどうぞ
 
葛藤…
組織からの命令とはいえ、セラがユーを殺せるわけがなく…
しかし忍者世界では、掟には逆らうことができずに、それゆえに
任務というものの責任は重い。それでも、歩にはそんな事は
理解できない。

ユーの命は任務より軽いのか?

歩は、吸血忍者であるセラにではなく、セラという1人の人間に
対して、ユーを殺したいのか、殺したくないのかを問う。
殺したいわけがないでしょう!!
セラの苦悶した哀しげな顔…。
しかし、これでセラは吹っ切れる事ができ、任務を放棄する事に。
あとはユーを探し出すだけだ!!と4人は走り出す。

korezon0309_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

そんな4人の様子を双眼鏡で見ていた夜の王は、ユーに、
自分の願いを叶えられるのはユーだけだと言う。夜の王の望みは
彼の願いを叶える事だという事はわかったが、夜の王の願いって
何ですかね? 夜の王は、双眼鏡をユーに譲って、歩達を
見せさせる。夜の王が指をはじくと、巨大な観覧車の軸が外れ
歩達に向かって転がり始め、大破…まあ、歩はゾンビだから
観覧車がぶつかったところで死なないんだけど…w

その様子をユーに見せた上で、夜の王は、更にユーの動揺を
誘うような事を言いまくる。ユーの感情は高まり…あれ、なんか
空から、降ってきたw ギャーっユーがいつも持っていた
あの黄色い人形みたいなのが巨大化して降ってきた・・!
ハルナが下敷きになってしまい、抜け出せなくなる。ユーは
夜の王に「ハルナにひどいことしないで!」と涙ながらに
訴えるが、夜の王は、アレを呼んだのはユーだと言う…
どちらにせよ、夜の王は、ユーの感情を揺さぶって、彼女の動揺を
誘いたいのか… 酷い奴だ… しかし、声が遊佐さんなので
憎めないw っていうか、カッコイイ(。_゜☆バキッ

korezon0309_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

夜の王は、ユーに
「君は死を呼ぶものなんだから」
と改めて言ってくる。んな事、ユーに言うなよぉぉぉ
ユーを悲しませないでよぉぉぉ。
ユーはショックを受け、崩れ落ち項垂れる。
すると、そこに大先生登場。大先生は「うちの生徒」のハルナを
助ける為に、一撃で巨大な黄色いのを魔法で吹っ飛ばす。
いや、大先生、強いわ…。
すると、今度はトモノリが下敷きに…!?
みんながトモノリに駆け寄ると、謎の声が響く

母体に異常を確認した 
術式限定を解除する

巨大な黄色いのは、ポンと空中に吹っ飛び、一瞬で破壊される。

其は命の分岐点…
第一詠唱を確認、術式解放

我は生の道を汝は死の道を行くだろう
第二詠唱を確認

噛み砕けマスティコア
最終詠唱を確認

トモノリの背後にはなんかまた巨大な変なものが現れ、歩達に
攻撃?をしてくる。その様子を見た大先生は、ミストルティンを
歩達の前に登場させ、歩はすぐに魔装少女に変身。

凍てつく心を解き放て
第一詠唱を確認、術式解放

其は神々の息吹さえも吹雪へと変えるだろう
第二詠唱を確認

駆け抜けろ、アブソリュート・フェンリル
最終詠唱を確認


どうやら、トモノリは大先生の古い友人の妹で、トモノリ自身が
大先生が歩に預かってもらいたかった魔装兵器??みたいな感じ??
しかも、今、その魔装兵器は暴走してしまっている。
止まるの?というユーの問いに、大先生は、この場合は歩になんとか
してもらうしかないと言う。何、その人任せw そんなんでいいのか
大先生。 歩は、トモノリを正気に戻す為、自分に任せてくれと
セラ達に言い、ミストルティンを置き、トモノリに語りかけながら
近付いていく。

トモノリの攻撃が、歩の足を貫く…。い、いたそ~…。
でも、大丈夫、ゾンビだからw しかし、痛そうだ…。

korezon0309_m3.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

トモノリの意志とは別に動いているような魔装兵器。
歩が近付くと、虚ろなトモノリの瞳からは涙が溢れ、歩に
助けを求めてくる。それでも、暴走魔装兵器は止まらず、トモノリの
体に異常を感知し、自爆しようとする。
このままではトモノリは魔装兵器と共に吹っ飛んでしまう!
トモノリは歩に逃げろというが、歩は更にトモノリに近付き、
トモノリを抱きしめる。

自爆寸前で魔装兵器は止まり、トモノリの中に戻っていく。
なんだったの、今のw 

おかえり、トモノリ…

トモノリと呼ばれたんで、トモノリから一発殴られる歩。
その様子を見ていた夜の王に、電撃?みたいのを喰らわせられる
歩。もちろん、夜の王からの電撃なんて、彼は知るわけがないのだが
踏んだり蹴ったりだなw

夜の王は、「ボクは諦めないからね」と言ってその場から消え
大先生もその後を追うように消える。って、大先生、なんか
色々無責任じゃね?? あの魔装兵器なんなのよw


ユーは歩達の所へ戻り、皆、家路につく…
途中、ユーは1人、コンビニに用事があるといって、歩達の
別れる。(;゚д゚)ァ....

家に帰った歩がポケットの中を見ると、ユーからのメッセージが
入っていた。

korezon0309_m4.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

さようなら すべて私のせい ごめんなさい
私さえいなければ今日こんな事にならなかった
歩もセラもハルナも、みんな私に優しい言葉をかけてくれる
それはとても嬉しくて私はそれに甘えていた
でも 私は一緒にいてはいけない存在
すべて私が悪いのだから…
いつも大変な思いをさせてしまって、本当にゴメンナサイ
このまま私がそばにいると、いつかきっとまた誰かが悲しむ事になる。

私は死を呼ぶものだから…
だから、さようなら


ユーと別れたコンビニ前に行ってももうユーの姿はなかった。
みんなで楽しんだ七夕の短冊の握りしめ、泣き崩れる歩に
ハルナがキック。

何、くよくよしてるんだよ! バユム!

みんな、ユーを連れ戻す気満々。悲しんでいる暇はない、歩、セラ、
ハルナでユーを連れ戻せばいいのさ!


今回はこんな感じでした。
まあ、シリアスですよ、色々と。シリアス過ぎて、今回は
妄想ユーさえも出てこないという…w えっそんなのアリ?
夜の王の望みとかイマイチはっきりしませんが、とにかく、ユーに
しかその願いは叶えられないと? 大先生、超お強いのはいいけど
トモノリのあれは大先生の魔装兵器なんでしょ?? どうにか
できないの?? あそこらへん、若干、説明不足な感じが
したんだけど、原作読んでないと、意味不明に感じるんじゃ?
トモノリ、どうしちゃったのさ?みたいなw
とにかく、妄想ユーが出なかったのがちょっと寂しい感じだが
面白かったね~ 歩に抱きしめられている時のトモノリの顔が
超可愛かったさ! で、サブタイの脱ぐと凄いんですって、何??
 

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 はい、魔装少女です
第2話 いえ、吸血忍者です
第3話 そう、髪型はツインテールに
第4話 ちょ、俺輝いてる?
第5話 ええ、京豆腐どすえ
第6話 そう、私は死を呼ぶもの
第7話 おい、お前どこ中だよ?
第8話 えへ、学園妻です

korezon0309_1.jpg


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(31) 
共通テーマ:アニメ

nice! 6

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 31

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ