SSブログ

花咲くいろは 第4話 青鷺ラプソディー レビュー [アニメ]

iroha0424_top.jpg

おおっ次郎丸さん、ちゃんと、旅館で働いているね~
縁さんの事を「若旦那」なんて呼んじゃったり… とにかく、よかった。
さて…緒花達は今日から新学期。新しい制服の緒花が民子や菜子の事を
待っていると、制服姿の緒花を見かけた徹が、緒花に事をからかってくる。
徹にからかわれて、制服のスカートの腰の部分を折ってスカートの丈を
ジャストサイズにする緒花。徹って、よく緒花の事をからかってくるけど
そのうち、徹が緒花の事を好きになるという展開は期待して
いいのだろうか? 2クールたっぷりの作品だからあり得るよね?

民子と菜子と一緒に学校へ向かう緒花。相変わらず、民子はことある事に
ホビロン(ほんとにびっくりするほどに論外)を連発。まあ、でも
一緒に登校するまで仲良くなりましたか! よかったよかった。
こうやって、徐々に仲良くなっていくんだね。菜子とはもうほんと仲いい
感じ、民子とはまだまだだけどね。

登校途中、猛スピードで緒花達を通り過ぎる高級車。菜子が
「あそこのだよ」と指さしたのは、ガイドブックにも載っている
喜翆荘より歴史がある大きな老舗旅館・ふくやだった。

後は続きからどうぞ
 

登校途中、駅で綺麗に満開になっている桜を見て、大喜びの緒花は
東京で桜満開の下、人混みの中、孝一と一緒に仲良く歩いた事を
思い出す。最初は孝一が緒花の手を取って歩こうとしたが、
緒花が恥ずかしいと言うと、孝一は、もっていたビニールバッグの
片方を緒花に持たせて、緒花がはぐれないようにしてくれた事…

ほんと、いつも孝ちゃんには守ってもらってばかりだった…

緒花と孝一は、ほんと仲良かったんだね…当時、緒花はあまり
実感していなかっただろうけど、離れてみてわかる…という感じ
なんだろうか。今までも、喜翆荘に来てから、孝一の事を
思い出す時の緒花はちょっと切ないよね。 同じように孝一も
きっと緒花の事を東京で想っているかな?

どうしよっかな…返信

えっまだ、孝一にメールを返信してないのかっw

iroha0424_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

菜子や民子と同じクラスになりますようにと祈りまくった緒花。
民子と同じクラスになった。東京から来ましたとクラスに
自己紹介すると、大騒ぎになるクラス。休み時間、民子に話しかけ
ようとすると、クラスメイト達が、一斉に緒花に話しかけ、民子に
話しかける機会を逃してしまう。いちよう、緒花は、旅館の
孫娘的なポジションである風にクラスメイト達には浸透している
ようで、旅館で働いている民子の事を知りたがる男子達。
どうやら、民子は男子に人気がるようだ…。男子達は、お金を
出すから、普段の民子を隠し撮りしてきてくれと頼んでくる始末。
男子達が抱く民子の幻想と、実際の民子はだいぶ違うのがわかる…w
緒花が困っていると、突然、クラスメイトの1人、和倉結名
緒花をクラスから連れ出してくれる。
戸松っちゃんキャラキタ――(゚∀゚)――!!

和倉結名、ふくや旅館の跡取り娘でーす!

結名の奔放な感じをかっこいいと感じる緒花。素直に、結名の
事をかっこいいと言うと、結名は、喜翆荘にもかっこいい人いるよねと
言い出す。喜翆荘でかっこいい人…っていったら、徹くらいしか
思い浮かばないはずだが、緒花は…

iroha0424_1.jpg
よりにもよって次郎丸しか思い浮かんでなかったww

その為、「でもかなりエッチですよぉ」と結名に言った緒花w
絶対、次郎丸の事じゃないね、徹の事なんだろう。きっと。
いや、板長…かも? (。_゜☆バキッ


お昼休み、菜子と一緒にご飯を食べる緒花。菜子から、民子が
ものすごくモテる事を聞く。なんでも下駄箱に沢山手紙が
入っているほど、モテモテらしい。
そんな話をしている矢先…緒花達は、民子が男子に告白されている
場面に遭遇、影からその様子をうかがう。民子は男子の告白を
断る時に、かなり具体的に、自分の理想の男像を語る…

けっこう物言いがきつくて、でも本当は温かくて
誰よりも率先して動いて、仕事に一生懸命で、髪の長さは
これくらいで、目はちょっとつり上がっていて、まつげが…

かなり具体的ww これを聞いた菜子は、民子が好きな人が
徹だという事に気付くが、緒花は気付かない


学校から帰って、旅館の仕事の途中、緒花はまだ、孝一にどう
返信したらいいのか悩んでいた…。そんな緒花の様子を目撃して
しまった菜子は、緒花でも人にどう伝えたらいいのか悩むんですね
と驚く。菜子に頼まれて、一緒にふくや旅館に自治会のお知らせを
渡しに行く。途中、青鷺の姿を見て驚く緒花。そういえば、この
青鷺、今までもけっこうチョコチョコでてたよね。何なの、あの
巨大な鳥は…!と思ってたんだよね。
ふくや旅館の女将…なんか怖そう。ま、喜翆荘の女将も怖いんだけど。
ふくや旅館の女将はまた別の意味で怖いというか…。

iroha0424_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

ふくや旅館の帰り、菜子に連れられて、小さな稲荷神社を訪れる
緒花。神無月のぼんぼり祭の話を聞いた緒花は「神様が進むべき
道を迷子にならないように…」という菜子の言葉に感銘を受ける。
感動ついでに、菜子の事をあだ名で呼んでみる緒花。菜子は、自分が
あだ名で呼ばれた事を嬉しく思い、初めて、民子を「みんち」
呼んだ経緯を話す。本当は「みんちゃん」と呼ぼうとしたのだが
みんちゃんを完全に言い終わる前に、みんちまで言った時に
民子が「何?」と振り返ったので、みんちになってしまった…という
事だったらしい。

配膳の準備をしていると、菜子がちょっと用事でその場から
居なくなる。緒花は、その間に焼き魚でも並べようかと思ったが
そこに徹がやってきて、色々憎まれ口?をたたいてくる。徹の
口から、なぜかふくや旅館の孫娘、結名の名前が出る
徹は結名と緒花を比べて「同じ年でも随分違うな、発育している
場所が」とか言ってくる。って、さっきから、二人の様子を
ホラー目線で…だれかが… と思ってたら、やっぱり民子だった。
民子は、緒花と徹が二人で作業している事にちょっとヤキモチ?
を焼いているような感じか、緒花をその場から追い払い、自分が
徹と一緒に作業をする。緒花は、そんな民子の気持ちはまったく
わからず、徹にからかわれていた自分を民子が庇ってくれたと
勘違いww

夜…緒花が1人でお風呂(大浴場)に入っていると、民子も入ってくる。
沈黙がつらい緒花は、「女子というのは共通の敵の話をすれば
盛り上がる」と思い、さっき、徹から庇ってくれてありがとう、みたいな
事を言って、徹の事を色々言おうとするが、民子は、徹は
物言いはきついがホントは温かい人だ!と怒り出す…
民子の言葉を聞いて、あれ、どっかで聞いたことがある…と思った
緒花は、やっと、民子が好きな人が徹である事に気付き
「あー、みんちの好きな人ってもしかして…」
と大きなリアクションをとってしまう。民子は赤面してお風呂場から
出て行き、その後、何度、緒花が話しかけても無視されてしまう。
緒花がどさくさに紛れて?何度も「みんち」と呼んでいるのが
なんかカワイイんだけどw

iroha0424_m3.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

翌朝になっても、無視される緒花は、早朝、散歩?しに出かける
民子を追いかけ謝る。民子は「ホビロン!!」と言いながら
緒花の首を締め上げるが、そこにバイクの音が… バイクの音が
した方向を見ると、ふくや旅館に徹がバイクで乗り付ける姿が。
そして、ふくや旅館から、結名が、楽しそうに現れ、かわいい
ヘルメットを被り、徹のバイクの後ろに跨り、二人はそのまま
バイクで走り去る… 工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工
民子はショックを受けて、その場から走り去り、緒花が
追いかけようとすると、あの青鷺が現れる。


今回はこんな感じでした。
いやーびっくりしましたね。いったい徹と結名の関係は…?
なんか、徹の口調が、結名を知っているような口調だなあとは
思ったし、結名本人が、徹の事を好き?そうな感じの事を
言っているなとも思いましたけど、一緒にバイクに乗って
出かけていくような仲だったとは…。二人の関係、非常に気になりますね。
私的には、徹が緒花を好きになって、民子や結名と、そこらへんで
もめて、緒花が自分の気持ちがよくわからない状態になり
そこに、突然孝一が現れる!的な展開を期待しているんですけどw
もし、徹が既に結名と付き合っている状態だったら、鼻血出ちゃう。
絶対、徹は、緒花のことを好きになると思ってるんだけどなあ…。
なんか、恋愛関係でも、盛り上がってきましたね。
次回が楽しみでございますよ


前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 十六歳、春、まだつぼみ
第2話 復讐するは、まかないにあり
第3話 ホビロン


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(17) 
共通テーマ:アニメ

nice! 6

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 17

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ