So-net無料ブログ作成

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第14話「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」 レビュー [アニメ]

oreimo0426_top.jpg

第14話配信キタ――(゚∀゚)――!!
というわけで、前回の
第13話「俺の後輩がこんなに腐ってるわけがない」
からの続きでございます。

ゲーム研究部に入部した京介、黒猫、瀬菜。三浦部長は喧嘩
ばかりしている黒猫と瀬菜にチームワークをはぐくむませる為に
共同でゲームを作る事を提案する。しかも、そのゲームを
かおすくりえいとという割と有名なネットのコンテストに出品
するという。そんなわけで、部長に言われ、週明けに作りたいゲームの
企画書を持ってくる事になった黒猫と瀬菜。いままで部活中に一人で
途中まで制作してたものでもいいが、二人のゲーム、両方を作るわけ
にはいかないので二人の企画を週明けにそれぞれプレゼンし黒猫か
瀬菜、どちらの企画を採用するのか、多数決で決める事になった。

京介は二人の監督役的な感じに
oreimo0426_1.jpg

後は続きからどうぞ

 

OP…
桐乃のパンチラが気になるぜ…
oreimo0426_2.jpg


部活の後、京介が1人、本屋に行くと、瀬菜に出くわす。
瀬菜が立ち読みしていたのはもちろんBL本w 京介はゲーム作りの
入門書をゲットしようと思っていた為に、瀬菜に頼んでそれらしき
本を探してもらう。付け焼き刃じゃ迷惑になるだけだと瀬菜に言われた
京介は、それなら他に自分ができる事を探すしかないかーと言う。
そんな京介の事を「意外に責任感がある人」と言う瀬菜。

oreimo0426_3.jpg
瀬菜は京介と自分の兄との絡みを妄想してニヤニヤw

京介が、瀬菜に兄の事好きなの?と聞くと、激しく動揺し否定する
瀬菜。うーん、瀬菜、ホントは兄の事愛しているな、ま、赤城自体が
かなりのシスコンだからなw 相思相愛ってことですね。


夜…
携帯の画面で、桐乃の番号を見て、電話をかけようとしているような
動作を見せる京介。電話すればいいのに… 桐乃の声聞きたいよね。
もちろん、結局電話なんてしない京介、今はそれより、ゲーム制作を
どうしたらいいかという事…ふと、机の上を見るとシス×シス
置いてある。それを見てある事を思いつく京介。
フェイトの出番はもちろん・・・・・ない!w


翌日、部活にて、京介はさっそく思いついたアイデアを発表

エロゲー作ろうぜ!

(゚Д゚)ハァ?
高校生が部活でエロゲー制作? という感じで、みんな驚くが
京介は、彼なりの理由があった。それは、ジャンルごとに賞を
決めるコンテストで、出品数が少ないジャンルに応募した方が
賞を取れる可能性が多くなるという論理だった。

どうせやるなら勝ちにいこう!という部長の賛成もあって
パニクる瀬菜を尻目に、エロゲーを作る事でまとまる。
黒猫も京介達がそう言うなら異論はないという感じだが、そういう
シーンを描いた事がないので…とちょっとモジモジ。すると
京介が「そういうことなら、俺も手伝うよ」と言ってくる。
て、手伝うって何を?w ほんと、何を手伝うんだ?という感じだが…

oreimo0426_4.jpg
自分の事、エロゲーマーって言ったww


後日、プレゼンの日、昼休みに京介が麻奈実と二人で廊下を歩いていると
中庭で1人黒猫がお弁当を食べていた。誰もいない中庭でポツンと
1人座ってお弁当を食べている。その光景は、黒猫が一緒にお弁当を
食べる相手がいなくて、教室にも居辛くて、一人ぼっちで寂しいのを
悟られるのも嫌で…という状況で、仕方なしに1人寂しく誰も
いないような場所でお弁当を食べているという事を物語っていた。

oreimo0426_5.jpg
(ノД`)涙を誘う光景…
これは京介が、どうにかしてやらんといかんよ…。


部活が始まり、プレゼン開始。
瀬菜は自分がやりたい「ダンジョン探索RPG」をプロジェクターを
使って雄弁に解説。非常によく計算されて、計画されたゲームで
資料やゲームサンプルを見た皆の評判の上々。

oreimo0426_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

これはもう私の企画で決まりですかねぇ?

とドヤ顔を見せる瀬菜。

続いて、黒猫のプレゼン。
黒猫は各々に、超分厚い設定資料を配付する。

私がやりたいのは、ノベルゲームよ

黒猫のプレゼンは、瀬菜のプレゼンと違って、なかなか流暢には
進まなかった。否定的な意見を瀬菜のように論破する事もできず
自分の言いたい事が言えない様子。京介はそんな黒猫を見かねて
助け船を出す。黒猫の横に立ち、色々と弁護する京介。そんな
京介の働きもあって、黒猫のゲーム案もなかなか高評価になってきた。
どう見ても、京介は黒猫サイドだよなww 瀬菜は面白くなさそうに
ジト目状態。そして、文句を言い出す瀬菜。瀬菜の言い分も
けっこう一理あるという感じだが、反論されて、黒猫の闘志?に
火がついた感じになり、黒猫も負け時と反論を開始する。

oreimo0426_6.jpg
(゚Д゚)!

同じ人に、「一番大切なのは、作者自身がやりたいものを楽しんで
作ることなの。じゃなきゃ、面白いものなんて作れるわけないでしょ?
それがクリエイターのあるべき姿なんじゃないのー?」とも言われたわ

その友達とはもちろん桐乃の事だ!
黒猫は、そうやって楽しんでモノを作っている連中が心底嫌いで
そういう人達に目に物を見せてやりたいと思う自分の気持ちを語る。

京介「で、結論は?」

黒猫は語る…
「あるべき姿」なんて知ったことかと開き直ってしまうのよ。
独りよがりの自己満足? オナニー作品? 知ったことじゃないわね。
私は私がやりたいものをやりたいようにやらせてもらうわ。
私にとって同人は、自己満足趣味百パーセントを叩きつける場なの。
オナニー作品がつまらないというのなら…
 
oreimo0426_7.jpg

何度、黒猫にオナニーと言わせるのだww
まあ、とにかく、インパクト十分に、黒猫の言いたい事は
みんなに伝わった! 桐乃と友達だったからこそ出た言葉でも
あるよね…桐乃~!

後は多数決だが…結果は瀬菜0票、黒猫5票で黒猫の企画が通った。
黒猫のプレゼンがうまくいったというのもあるが、瀬菜の敗因は
他にあった。瀬菜が配ったゲームサンプルを見た部長達は
その内容があまりにガチホモゲーだったので却下となったのだ。

oreimo0426_8.jpg
あとこっちのサムライ×死霊術師も
あたし的に超萌えシチュでっ!
あと、見てくださいコレ!マサムネブレードの柄
アナルファックですよ!
ここ絶対五更さんにイラスト化してもらおうっと!

(゚Д゚)な、なんて事を言うw 腕を挿入?柄でアナルファック?
原作本でも黒く伏せ字になっている部分なのに、ガッツリ言ったよ?w
まさか言うとは思わなかった。瀬菜も別な意味でインパクト十分だぜ…

瀬菜が作ろうとしていたのはガチホモRPGだという事が本人の
口からも判明したので、ますます却下という事にw 
しかも、キャラのモデルは京介達だった…
oreimo0426_9.jpg
真ん中の肉便器が京介でございます…(ノД`)

自分の案が完全却下され、黒猫と一緒にゲームを作れと
言われた瀬菜は泣き始め、部長が、「嫌ならもう来なくていい」と
言うと…

お兄ちゃんに言いつけてやるんだから!

と泣き叫びながら、部室から出て行った…
そして、翌日から本当に瀬菜は部活に来なくなってしまう…
後味悪いねぇ…。


後日…
京介と二人で作業を進める黒猫の姿@京介の部屋。
京介のベッドに寝転がりながら作業を黙々と進める黒猫に、
作られたゲームをプレイしてバグを探す京介。
黒猫は、意見が聞きたいと、言って、京介を自分の横に呼ぶ…って
ベッドの上に!!キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 何そのシチュ。
流れで、京介が「お前、俺の事好きなの?」と聞くと黒猫は
「好きよ。あなたの妹が、あなたのことを好きなくらいには」
と答える。それって、超好きって事だよねw まあ、京介には
そんな事わからないし、黒猫もそこらへんを意識して言っているのかは
不明だが…。このシーンはけっこうドッキリシーンだと思う。
 
oreimo0426_10.jpg
どうなの、このシチュ。私が京介だったら、「黒猫ー!」って
シャウトして抱き付いちゃうねw (。_゜☆バキッ

黒猫は、二人きりの時は京介を「兄さん」と呼ぶと言い出す。
その方が面白いからと小悪魔チックに笑う黒猫…カワエエ!
疲れてしまったという黒猫は足を投げ出し、足揉んでくれる兄さん?と
言ってくるw なんかほのぼのとした雰囲気が流れた後、ゲームの
異変に気付く京介。「アレ?」

翌日、部室で、問題の部分を真壁君に見せると、どうも芳しく
ないらしい。デバッグする事は可能だが、コンテストの期限の1週間後には
とても間に合わない状態。コンテストは諦めるしかないという
状況になり、皆が一様に落ち込んでいると、黒猫は急に部室から
飛び出していく。行き先は瀬菜の所。黒猫は教室に入っていくと、
瀬菜にはっきりと伝える。
「赤城さん。お願い、力を貸して頂戴。私がのゲームに、バグが出たの。
このままじゃ、コンテストに合わない。あなたなら、直せるでしょう?」

瀬菜のつくったゲームサンプルは高速処理の為に複雑なプログラムが
使われているのにバグがなかった。その事を知っていた黒猫は瀬菜に
頭を下げて、一緒にゲームを作ってくれと懇願する。
教室内でそんな事を言われた瀬菜は困惑して、黒猫の手を取り、外に
出て行く。人気のない場所で、黒猫は自分がこのゲームを完成させないと
桐乃に会わせる顔がないというような事を瀬菜に語る。瀬菜は
黒猫が、ゲーム制作を放り出して逃げ出した瀬菜を責めないで、頭を
下げてきた事に驚き、黒猫が瀬菜と一緒にゲームを作りたいと思っている
事がわかり、黒猫と一緒にゲームを作る決心をする。

oreimo0426_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

桐乃に負けない為にも諦めないでゲームを完成させたい。
そんな一心で黒猫から出てきた言葉だが、そこには打算は
一切なく、本当に、心の底から瀬菜と一緒にゲームを完成させたいと
思う素直な気持ちがあり、それが瀬菜に伝わったのだ。
 
仲間というのは、なかなかどうして凄いものよ。
一人じゃ足を踏み出せないときでも、二人なら勇気を出せるときもある。
頑張っても結果が付いてこなくて辛くて泣いてしまいそうなときでも
支えてくれる人がいれば耐えられる。なんでもない一言だけで
報われる。うん、そう…そうね。
仲間がいれば、私はまだまだ頑張れるのよ。最近分かったことだけど

この黒猫の言葉いいねえ… なんか桐乃の事を思い出しながら、
あと、今いる、京介や、沙織なんかの事を思いながら、言っているよね。
「仲間がいれば、私はまだまだ頑張れる」いい言葉だ
あと、瀬菜の「手伝いませんよ、一緒に作るんでしょ?」という
言葉も好きだ。瀬菜もいい子なんだよぉ!

そんな二人の様子を影から見ていた京介は
「俺ってやつは、なんて思い違いをしていたんだろう。」と
黒猫に友達を作るために協力しようとしていた自分の助けは最初から
不要だったと思いながらも、二人の事をとても嬉しく思っていた。
いや、京介の協力は影ながら、ちゃんと役に立っていたよ…!

瀬菜との作業はガンガン進み、どんどんデバッグが終わっていく
瀬菜はゲームを見るとそのゲームのダメな部分が見えてくるという
ある意味、特殊な能力をもっており、その事を知った黒猫は
瀬菜の事を敬意を込めて〝魔眼遣い〟と呼ぶことにするww
原作だと、「デジタル版〝直死の魔眼〟ですって…?」と黒猫が
最初に驚いて言うんだよねw

エンディング
な、なんだって…この曲は…黒猫と京介のデュエットソングですかっ!
いやーん、Blu-ray楽しみだわー 早くちゃんと聞きたい~!

で、ゲームコンテストの結果はどうなったかというと、Cパート。
oreimo0426_12.jpg
ベストオブクソゲーww

次回はいよいよ最終回
「俺の妹がこれで最終回なわけがない」


またまた1ヶ月ぶりの俺妹…! 面白かったよぉぉぉぉ
そして、黒猫かわぇぇぇ! 瀬菜もかわぇぇ! 桐乃がOPで
パンチラしていたのも印象深い。 ほんと、色々と堪能しました。
極めつけはエンディングで、黒猫&京介のデュエットですよ…!
早く、フルコーラスで聞きたいわん。 
今回は色々面白い部分が多かったですが、黒猫、瀬菜、この
カワイイ二人のそれぞれから、際どい単語が何個も飛び出した部分とかも
よかったですね。オナニーはいいとして、瀬菜が言っていた言葉は
原作でも出てなかったのに、あえて、アニメで出してくるって
けっこう、冒険なような気がしたw アナルファックって言葉を
まさか、俺妹で聞くとは…w でも、あそこはあの言葉を出した
事によって、強烈なインパクトがあって、ほんとよかったわ。
次回が最終回で、非常にお名残惜しいですね…。

エンディングイラストはhuke
oreimo0426_11.jpg

前回までのレビュー等は以下からどうぞ
第1話「俺が妹と恋をするわけがない」
第2話「俺が妹とオフ会に行くわけがない」
第3話「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
第4話「俺の妹が夏コミとか行くわけがない」
第5話「俺の妹の親友がこんなに××なわけがない」
第6話「俺の幼馴染みがこんなに可愛いわけがない」
第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」
第8話「俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない」
第9話「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」
第10話「俺の妹がこんなにコスプレなわけがない」
第11話「俺の妹がこんなにメイドなわけがない」
第12話「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない GOODEND」
第12話「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない TRUEROUTE」
第13話「俺の後輩がこんなに腐ってるわけがない」

俺妹イベントレポート
「俺の妹がこんなに可愛いわけがないフェスティバル」へ行ってきました!


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(43) 
共通テーマ:アニメ

nice! 7

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 43

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ