So-net無料ブログ作成

Steins;Gate シュタインズ・ゲート #11「時空境界のドグマ -Dogma in Event Horizon-」  [アニメ]

Steins0617_top.jpg

AD 2010.08.10 15:00.....

実験をする為に鈴羽に頼んでMR.ブラウンをどうにか
してもらおうとする岡部。鈴羽は色仕掛けを使うと言うけど
それが色仕掛け?? って全然色仕掛けじゃなかったw
しかも、ぜんぜんMR.ブラウンを制御できず… 実験が始まり
振動が起きMR.ブラウン怒っちゃってるし。

その時…振動でドライバーが落ち、そのドライバーがテレビの
リモコンにヒットして、テレビを消した。すると振動が止み…
その様子を見ていた岡部はテレビが消えた事が実験が止まった事に
関係している事にすぐ気付く。テレビをつければ実験が再開され
テレビを消せば実験が停止する… 

つまり…偶然にもブラウン管工房の42型ブラウン管がリフターの
代わりとして作用していた。故に工房が営業中でテレビがついている
時にしかDメールが送れなかった! という事が判明する。

後は続きからどうぞ



これで電話レンジの仕組みはほぼ解明…
次ぎは物理的タイムトラベルの可能性について考えるべきと
岡部が言うと、人間を36バイトなんてデータにする事が無理だから
ゲル状になるのがオチ…と紅莉栖は言いかけて、何かに気付く。

脳科学専攻の紅莉栖は人の記憶だけだったら過去に送る事が可能
かもしれないと言い出す。なんでも人の記憶はパルス信号によって
蓄積されている為それは一種の電気的なデータなので、それをデータ化
して過去の自分に移植する事が可能だという。

タイムトラベルというよりはタイムリープね…

つ、ついに、なんか凄い感じになってきたな?人間の記憶をデータ化
すると36バイト以下に収まるのも凄いけど…。しかも、脳に蓄積
されている記憶のデータを読み込む為の道具はすべて秋葉原で揃うとな!?
しかし、問題もあるという
一つは電話レンジでは人間の記憶のデータを圧縮するには力不足の可能性
がある事。あ、やっぱ、圧縮するんだ?36バイトに圧縮するという
事なんですかね? それと… と何か言いかける紅莉栖だったが、
それは言わずに、とりあえず必要なパーツを書き出す。

まゆりと一緒に買い出しに行く岡部。
なんか大事になってきた為に不安を訴えるまゆり。Dメールじゃ
ダメなのかな?と言うまゆりだが、岡部的にはDメールの方が不確定
要素が多すぎて危険だという感じ。そりゃそうだ、何が起こるか
わからないもんなあ・・・。

しかし、人間の記憶だけを過去に送るというのも、ちょっと寂しい
感じがするというまゆり。そんなまゆりが街中で萌郁を見かけて
走っていく姿に、なんか不思議な感覚を覚える??岡部。不思議な
感覚というか、なせ、まゆりが萌郁の所へ走っていく姿が
スローモーションな感じで描かれるのかね? 伏線ですか?

っていうか…萌郁怖いんだけど…

萌郁は「タイムマシンは破棄した?」と聞いてくる。
すると、まゆりが、タイムリープの事を萌郁に言ってしまう。
あああっっなんか萌郁に言うのは危険な感じがするよぉぉぉ
萌郁はもうラボメンから外した方がいいよ…。
タイムリープという言葉に萌郁は激しく反応、タイムリープって
何?と迫ってくる。ああっっ岡部も喋っちゃったよ・・

記憶の時間跳躍を可能にする…

そんな事、萌郁に言っちゃだめぇぇ。目が、目が、怖いーっ
その後、萌郁は何も言わずに携帯をいじりながら、スーっっその場から
去ってしまう。いやーん、まさか、どっかに報告してるのか?とか
疑っちゃうんだけど…。 
まゆりは萌郁の変な様子を見て「大丈夫かなあ?」と、萌郁を
心配するが、心配する必要ないね、どちらかというと心配すべきは
岡部達の方だよ…。

途中で鈴羽と綯に会う。別れぎわに、鈴羽は気になる事を言ってくる。

牧瀬紅莉栖はSERNに通じている…

Steins0617_m1.jpg

ラボに戻った岡部は紅莉栖が@ちゃんねるに書き込んでいる姿を
見て、彼女がSERNのスパイではないと確信。
紅莉栖はタイムリープマシンを完成させるのにちょっと二の足を
踏んでいる様子。それは彼女の家庭事情に理由があり、紅莉栖は
それを岡部に明かす…

父親と折り合いが悪い紅莉栖。科学者として、父親に憎まれていると
いう。幼い頃から科学者である父親から色々と教わってきた為に
若くして自身も科学者となった紅莉栖、父親と議論を交わすように
なったが、いつの間にか、父親を論破していた為に父はプライドを
傷つけられ、紅莉栖の事を憎んでしまったそうな…。
この上、紅莉栖がタイムリープマシンを作ったりしたら、余計に父を
怒らせるのではというのが紅莉栖の懸念、でも、紅莉栖は根っからの
実験好きだから、マシンを作る事を止める事もできないという。

そんな話を聞いた岡部は、それじゃ、すぐにタイムリープマシンの
制作に取りかかろうと言い出すが…

それと同時に和解にも行く!

と、紅莉栖と一緒に紅莉栖の父親に会いに行くと言い出す。

岡部…ほんと優しい男だなあ… 紅莉栖も嬉しそうだ。
どうでもいいが、ここのシーン、薄暗すぎw

翌日…? 
まゆりと紅莉栖は、ラボに泊まる事になる。
紅莉栖のプリンを勝手に食べた岡部は買い出しに行かされ、その間
紅莉栖とまゆりはお風呂に入る。紅莉栖はなんだかんだで、岡部が
一緒に青森の父親に会いに行ってくれるのが嬉しいらしく、深夜
バスで行くからそのつもりでいて なんてメールをよこしてくる。
ほのぼのするなあ。 買い出し中の岡部に再びメールが。
見ると、なんと、前に変なメールを送ってきた者から再び
変なメールが来ていた。


おまえは知りすぎた


という一文。そして添付されていた画像は…

Steins0617_1.jpg
ギャーっなんか怖い!

これを見た岡部はすぐにまゆりに電話を入れるが、まゆりが
電話に出ず…って、お風呂入っているからだけどw 焦った
岡部はラボに急遽戻る。真っ暗なラボ、お風呂場からシャワーの
音がするのでお風呂場に入ると、紅莉栖とまゆりがお風呂中だった…
(ノ∀`)アチャー

Steins0617_m2.jpg

まゆりと紅莉栖に激しく怒られる岡部。しかし、そんなことより
あのメールのショックや、まゆりと紅莉栖が無事だった事に
ホッとしているんぼが入り交じった感じで岡部は項垂れている。
すると、ダルがやってきて、SERNとラボの回線がダイレクトに
繋がっていると言い出す。しかも、ダルがやったとかじゃないらしい。

ダル「いつの間にかSERNが勝手に全裸待機してた的な」

いつの間にか繋がっていた? そんな事があるわけがない、SERNの方
から、ラボにアクセスしてきたのでは?という話になる。
ダルはバレるようなヘマはしてないという。じゃあなんで…?
岡部は、あの変なメールがSERN絡みではないのかと震撼。
しかし、今、回線がダイレクトに繋がっている状態なら、ラボから
SERNのLHCも使い放題だという。

岡部の中で、不安だけが増大していく…


今回はこんな感じでした。
ついに、タイムリープ段階に! といっても、なんか怖いですねえ。
あのメールとか・・。誰が送ってきてるんだ!? って、私的には
萌郁以外考えられんw 萌郁に会った時、萌郁に色々喋っちゃったのが
ほんと、ダメだったなあ…と思うんだけど、どうなのかしら?
萌郁って、いったい何者なんだ…不気味すぎる。明らかになんかの
手先っぽいんだけど。 鈴羽が言っていた、紅莉栖がSERNの手先だと
いうのはいったいなんなんでしょうね? どういう根拠なのか、
鈴羽が未来から来た人物だと考えると、何か理由があってそういう
事を言っているんだろうけど。でも、紅莉栖は悪い人には見えないんだよね。
そして… SERNとダイレクトに繋がってるとか、どういう事なの?
しかも、ラボ側からやったというわけではないのなら、SERNに
色々気付かれちゃってる状態ってことじゃん! 危険だよ~~
もう、なんか色々ありすぎて、早く次ぎが見たいけど、何が起こるのか
考えると、ちょっと怖いよ~~! ヤヴァイ事が起きなきゃいいけど

前回までのレビューは以下からどうぞ
#01「始まりと終わりのプロローグ-Turning Point-」
#02「時間跳躍のパラノイア-Time Travel Paranoia-」
#03「並列過程のパラノイア -Parallel World Paranoia-」
#04「空理彷徨のランデヴー -Interpreter Rendezvous-」
#05「電荷衝突のランデヴー -Starmine Rendezvous-」
#06「蝶翼のダイバージェンス -Butterfly Effect's Divergence-」
#07「断層のダイバージェンス -Divergence Singularity-」
#08「夢幻のホメオスタシス -Chaos Theory Homeostasis-」
#09「幻相のホメオスタシス -Chaos Theory Homeostasis-」
#10「相生のホメオスタシス -Chaos Theory Homeostasis-」


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(36) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 36

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ