SSブログ

神のみぞ知るセカイII FLAG 11.0 いつも心に太陽を レビュー [アニメ]

kamijiru0621_top.jpg

落ち込んだ長瀬純は大好きなプロレス観戦で元気になろうと
ホールにやってくるが、せっかくの特別リングサイド席は
ダブルブッキング?なんと桂馬がそこに座っていた。桂馬に
席を譲って去ろうとするが、桂馬は半分ずつ座ろうと純を
留まらせる。プロレスが始まってしまい、戸惑いながらも
桂馬に超密着して席に座る純。しかし、試合が盛り上がるにつれ、
純も大盛り上がり、桂馬が「プロレスって盛り上がるんだな」と
純に言うと、純はプロレスは関係しているみんなが一緒になって
試合を作っているから盛り上がる…的な事を言う。

みんなが一つになって…

学校の今のクラスの状況を思いした純は、突然
そうよ!なぜ、それがわからないの?
と言い出す。自分は一生懸命考えているのにどうして
応えてくれないんだ、私一人では無理だ、みんなでがんばらなきゃ
いけないんだ…と呟く純。それに対して桂馬は…

後は続きからどうぞ


…だからバスケ部が潰れたのか


休部したバスケ部のキャプテンはお前のままだった
お前の代で潰れたんだ
いや、違うか…

お前が、潰したんだ


桂馬は、今、純はまた同じ事をしており、また純の理想に
潰される連中がいるかもしれないと指摘。
純が、自分はバスケ部の為に、みんなの為に一生懸命やって
いたのに…と言うと、桂馬は言う。

お前、本当にみんなのためを思ってたのか?

それを聞いた純は、どういう意味かと激怒し帰ってしまうが
桂馬には、これによってエンディングが見えていた!

kamijiru0621_m1.jpg

桂馬に色々指摘されたが、純はめげずに、なんとクラス全員分を
生徒達に断りもなく、勝手に、舞島マラソンにエントリーしてしまう。
その事をクラスで大々的に発表する純。

これでみんな一つになろうよ!!

( ゚д゚)それは駆け魂の影響ですか? 一つになろうよ!って
言っている純ちゃんの目とかなんか怖かったよね。
ただでさえ、生徒達の心は純から離れている状況だというのに
その上、マラソンに強制的に参加させられそうになるとか
もちろん、そんなのは生徒達は受け入れられず、みんなが口を揃えて
フツーでいこうよ、そろそろ重い…
と言われてしまう。純は、じゃあなんで、相談してきたのよ?と
ぶち切れ、「みんな勝手すぎるよ!」と怒鳴ってクラスから
走り去ってしまう。


純が去った後、教室では、純は危ない先生だったんだと生徒達が
話し、本当の教師になる前に現実にぶつかってよかったんじゃないの?と
純の事を笑っていた。すると桂馬は…

まったく長瀬もよくやるよ…
こんなバグだらけの連中、何してもムダなのにさ。

と、言ってクラスの怒りを買う。そして、いつの間にかダミー人形に
入れ替わり、クラスを後に…。クラスに残ったエルシィはカウントを
している…。

バスケ部の部室にむかった純は、自分のロッカーを開けてみる。
すると、中から出てきたのは桂馬だった。って、なぜ、ロッカーの
中に入っていたんだよ、桂馬! ホラーすぎるw
 
kamijiru0621_1.jpg
気味悪い子っていう表現はどうなのかね? 確かに、ロッカーに
入っているとか、かなり気味悪いかもしれないけど・・・でも
細かい事だが生徒の事を気味悪い子とか言う事が気になってしまったよ。
あと「あんた」って言葉使いもなんだかなあ?とちょっと思った。
物語には関係なくて細かい事かもしれないけど、気になった。
気味悪い子とか思ってんなら、なんで桂馬に関わったの?とか
思っちゃうんだよね。 と、この部分が実はけっこう駆け魂の
影響が大きく出てる部分の一つなのかな?と思ったり。

自分はいっぱい勉強して大人になり理想の先生になれたと言う純に
「お前は昔と何も変わってない」
と言う桂馬。

お前は、昔も今も、自分の理想を人に押しつけてるだけだ!


体育館に逃げた純が、どうしたらいいのかと、泣いていると
桂馬は純に、他人を気にせず、自分のいいと思うことをやり
理想をもっと押しつけろと言ってくる。 ええ? それを否定
してるかと思ったら、もっと押しつけろと言ってきた桂馬。

理想を前にすると、みんな不安になる
無理だ、できるわけない…と逃げ出してしまう
それが現実(リアル)の壁なんだ。でも…
それでもお前はやらなきゃいけない!
どれだけ傷ついても、孤独でも、お前は
理想を見せなきゃいけない!
ジャンボ鶴馬のように…
なぜなら、お前は教師だから!

kamijiru0621_m2.jpg

桂馬の言葉が純に届いた時、生徒達が純を迎えにやってくる。
これは桂馬があらかじめエルシィに指示していたことで、桂馬が
教室から出て行ってから500数えてクラスのみんなを体育館へ
誘導しろとメモを渡されていたのだ。桂馬がクラスで悪態を
ついたのも、クラスの純への不満をリセットする為のものだった。
なんという計画性! さすが桂馬だね。
歩美が協力してくれるような事を言ってくれたのも大きいね~
あれも、桂馬の計画のうちなんだよね。

現実には理想が足りない
だからこそ理想の結末が必要なんだ…

その後、無事、長瀬純の実習も終わり… 桂馬はあの日以来
なぜか学校には来なかった。あれ? そういえば、駆け魂は?
という感じだが、純が学校を去る時に、桂馬は純の前に姿を現す。
「また、帰ってきてよ」と声をかける桂馬。

すると、桂馬に駆け寄り、キスをする純。
次ぎの瞬間、駆け魂は飛び出した!


今回はこんな感じでした。
最後の駆け魂が出る瞬間まで、すべて桂馬の計画通りという事なんですよねえ
あれ以来、あえて、学校に行かず、最後に、純の前に現れる…
そこが本当のエンディングだったという事なんでしょうか。
最初、この話を見た時に、結局、純のダメな所は何一つ改善されてない
おらず、その上、理想を押しつけるというのをもっと押しつけろと
いうなんて、どうなのよ?と思ってたんですけど、まあ、今になると
これはこれで良いのかなと思えてきました。純が理想を突き通して
いく事によって、これからも、彼女には色々と試練があるかも
しれませんが、それも、彼女にとっての理想の教師の役目だから
そこらへんも乗り越えていけという感じなんですね。
今回の事で、もしまた同じような事が起きても、きっと純は乗り越えて
いけるし、彼女の理想を信じてまっすぐ進んでいく…そんな予感を
させるいいエンディングだったと思います。
この話、漫画の方だけだと、どうも長瀬純という人物を好きになれなかった
んですけど、アニメでは愛生さん補正がかなり効いたのか、純ちゃん
可愛い!という印象が強かった。

さて、次回は最終回、あらかじめ、よっきゅんのゲームをワゴンセールで
ゲットさせるという伏線をしいての、サマーウォーズですが
原作とは違った部分も多そうなので楽しみですね。

予告イラストはうるし原智志
Twitpicの方に100%画質の1152×648をアップしてあります。
http://twitpic.com/5edh3h

前回までのレビューは以下からどうぞ
FLAG 1.0 一花繚乱
FLAG 2.0 一拳落着
FLAG 3.0 地区長、来たる。
FLAG 4.0 地区長、誇りを取り戻す。
FLAG 5.0 たどりついたらいつも雨ふり
FLAG 6.0 10%の雨予報
FLAG 7.0 Singing in the Rain
FLAG 8.0 はじめての☆おつかい FLAG 8.5 3人でお茶を。
FLAG 9.0 2年B組長瀬先生
FLAG 10.0 スクール☆ウォーズ



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(45) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 45

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ