SSブログ

青の祓魔師 第11話 深海の悪魔 レビュー [アニメ]

aoex0626_top.jpg

なんか漁師さんみたいな人が、海から出てきたバケモノと
嵐の海の中戦っている!? ってそのバケモノ…イカちゃんじゃん!
イカちゃんといっても、娘じゃなくて、リアルイカっぽいが・・・。

いったい何のシーンだったのか?という余韻を残しつつ…アバン終了

場面は変わって昼間の海!

到着したのは燐withクロ、出雲、志摩君

海だ~水着だ~と大はしゃぎの志摩君。海が大好きやーとシャウト
するが、椿先生の命令かなんかで、任務と称して海の家でのイカ焼き
の販売の仕事をやらされている…
勝呂君達は多摩川とかで囀石(バリヨン)拾いらしい。
なんだ、その雑務w
出雲は相変わらずな感じで、自分の役割が終わって海に泳ぎに行く。

志摩君「ツンばっかりでデレのデの字もないわっ」

後は続きからどうぞ

 
 

出雲が浮き輪に乗っかって海の上でまったりしていると、足が
つってしまう。ま、浮き輪に乗っかってるから足がつっても
どうってことないだろうという感じなのに、出雲が足つったーと
大きな声を出したので、近くを泳いでいた少年が出雲を助けに
やってくる。大丈夫かっとか言いながら出雲の胸を触る子供…
(゚Д゚)! まあ、わざとじゃないが、浮き輪の上に乗ってるんだし
そんな大騒ぎしなくても…って思うんだけど。出雲が騒いだんで
少年はなんと、出雲に頭突きして出雲を気絶させる。
えっ何それ、本末転倒!? 出雲を気絶させてどうする…
砂浜に連れてこられ少年が人工呼吸をしようとした所で目を覚ます出雲。
ちなみに、少年の声は小林由美子

燐と志摩君もやってきて、志摩君が少年が小さくてびっくりしてると
少年は「うるせえ、小さくたって男はアソコがでかければいい!って
父ちゃんが言ってたぞ!」と反論。えっ アソコって…っと出雲が
赤面するとアソコというのはハートの事だった。 クソガキ、
紛らわしい表現するな!と言いたくなったね…。

ふと気付くと、海の方が騒がしい
燐達た見にいくと、ちょっと海岸から離れた位置に巨大な影のようなものが
広がっていて、海が黒い!? 何が起こったんや?と志摩君が呟くと
横に来ていたどっかの僧侶が「悪魔じゃ…」と語り出す。

海が漆黒に染まるとき小山のごとき大きな悪魔が現れ
村を滅ぼす… この地に古くから伝わる言い伝えじゃ…。

僧侶に案内されて、寺に残るその大きな悪魔の絵を目にする燐達。
って、ほんと、巨大なイカの絵だww イカちゃーん
海の巨大な黒い影のようなものはイカの吐く墨らしい。
怖くねぇぇぇぇぇぇえ!
半年前にも、今回と同じように海が黒くなって、その時一人の
漁師が海に出て、未だに帰ってこないのだという。ああ、それが
アバンのあの漁師か。で… 視聴者の誰もがわかったように
あの少年の父親ってことね?

aoex0626_m1.jpg

偶然にも、帰り道に、再びあの少年に出会う燐達。
なんか少年、激しい方向音痴らしく、地元民だというのに、
ペットショップにたどり着けないでいた為、燐達がペットショップまで
少年を連れて行く。少年曰く、少年の父親はもっと方向音痴らしい。
少年は半年前、自分の父親が巨大イカを追いかけて行方不明に
なった事を明かし、父親の仇を取る為に、自分が巨大イカを倒すんだと
意気込む…。 

その夜、食事を見ると、イカづくし… なんでイカばっかり?と
いう感じだったが、最近この近辺の海ではなんでかイカしか
獲れず、ゲソッとなるほど量はあるという椿先生…ダジャレがきついぜ。

椿先生は海に現れたバケモノはクラーケンではないかという。
クラーケンっていうとかっこいいな・・・・実際の所は巨大イカ
バケモノなんだがね。一般的な対・海の悪魔の致死節を教えてもらう
志摩君。椿先生は少年・洋平が一人で倒すとかは無理なんで、洋平の
事をちゃんと見張っているようにと燐達に指示を出す。

お風呂に入りながら、出雲は洋平に「おまえ可愛いな」と言われたのを
思いだしていた。まあ、嬉しかったんだろう。お風呂上がりに
玄関に出ると、洋平が来ていた。洋平は、頭突きした時に腫れた
出雲のおでこの為に軟膏を持ってきてくれていた。
少年は帰ったがすぐ戻ってくる。なんだと思ったら帰り道が分からなく
なっていた… (゚Д゚)どーでもいい!

翌朝、クロが「大変だ、また海が!」と燐を起こしにくる。
いやー猫、かわいいねー 猫が朝、顔を足でフミフミして起こしに
来る時ってかわいいんだよな~ *・゜(*´∀`)。*・*
海を見にいくと、昨日と同じように海が黒くなっている!
出雲は洋平が気になり、洋平の様子を一日中見張っていた。
洋平は海岸から黒い海を一日中ずっと見ていた。夕方になり
出雲が声をかけると洋平は頑なに自分が父親の仇を取ると言い、
そんな洋平に出雲は「自分の力も考えないで一人でやろうと
したって無理な事だってあるのよ!あんたを見てると恥ずかしいの。
身の程知らずに痛い目を見にいくバカが」とまるで、自分に
対して言っているような事を言う。出雲は一人で戦おうと
している洋平に自分の姿を見ているんだろうねえ。

なんだかわからんが、その後洋平に、諭されちゃう出雲。
「私はとっくにもう吹っ切れてる!」と出雲が言うと、洋平は
「じゃあ、いいじゃん、道にはいくら迷ってもいいけど、一度
心に決めた事には迷うな」と父親が言っていたと言う。
洋平は自分も父親のように迷わずイカ大王を倒しに行くと言いかけるが
ここで夕日をバックについに巨大イカがその姿を現す。

燐と志摩君も駆けつける

志摩君「悪魔や!悪魔が来たりて墨を吹く!」

(゚Д゚)
志摩君、笑えるんだけどww 

さっそく、詠唱をしてみる志摩君だが、まったく効かない。
イカには耳ついてないんじゃ??と志摩君が言うと、燐はイカの
エンペラを指さして、あんなにでっかい耳がついていると言うw

aoex0626_1.jpg
あれは耳じゃないゲソ!ピコピコでゲソ!

燐達に襲いかかる巨大イカに、クロは巨大化して対抗。
おおっクロ頼もしいぞ!! しかし、イカに噛みつき、その時
猫特有の「猫がイカを食べると腰を抜かす」が発動?してクロは
ほんとに腰を抜かして動けなくなってしまう。アララ…
駆けつけた出雲が使い魔を召喚しようとするが、イカが砂を巻き上げ
紙に砂がかかって召喚できず、ピンチに… すると、海から
洋平が銛を撃って、イカを仕留めようとする。
洋平を助けようと海に飛び込む燐。で、走るモーターボートの
上に燐が乗ってくる。ええっっなんか凄いなw
洋平はイカの返り討ちに遭い、気を失い海に沈みそうになるが、燐が
助ける。このままでは…と思った時、ちょうど巨大イカで燐達の
姿が出雲達から見えない配置になり、ここは降魔剣で一気に倒す…と
燐が降魔剣を抜き、炎を出すが、燐達の背後から、洋平の名前を
呼ぶ声が! 振り返ると、夕日をバックに、洋平の父親がイカダで
帰ってきていた。ええええっ なんじゃこりゃw
お父様が無事だったのは何よりですが・・・

aoex0626_m2.jpg

しかも、イカちゃんが静かになってる!! どういうことだ…?
なんでも、半年前、巨大イカと一戦交えた後、帰り方がわからなくなって
イカちゃんと一緒に無人島行ったり、漂流したりして、日本を
探していたとかなんとか…って、パパ、イカちゃんと一緒に
仲良く漂流していたのかっ パパも方向音痴だが、イカちゃんも
かなりの方向音痴だったらしい… 

って、イカちゃんは敵じゃなかったの?と洋平が言うと、パパは
イカちゃんは、イカなだけに気持ちも体も柔らかく、今や心を
すっかり入れ替えたいい巨大イカらしい・・・ 

ちょっと、バカらしくて見てられないんだけどw

悪魔だって改心する事もある…

「最低!」と出雲の叫び声が響く

エンディング・・・Cパート有り

Cパートでは洋平が出雲の事を可愛いと言っていた理由が
発覚、なんと洋平の飼っている犬が眉毛犬で、そのまゆげが
出雲のそっくりだったのだ…。 
しかし、帰りの電車で「ほんとバカみたい」と言いながらも何か
清々しい表情を出雲は浮かべるのであった!


今回はこんな感じでした。
完全にアニメオリジナルですかね?
それにしても、微妙は話でしたなあ・・・・ ふざけた内容だった
ような気がしないでもないけど、その反面、あの親子を通して
出雲が何かを学んだような?学んでないような…、まあ、ちょっと
した夏の海のハプニング的な光景という感じなんでしょうかね。
なんにせよ、パパが生きててよかったなという。いや、途中から
生きてるんじゃないかな?とちょっと思いましたけど、まさか
イカと意気投合して漂流していたとはねえ。じゃあ、なんで、イカちゃんは
燐達に襲いかかってきたんだ? 燐達が襲ってきそうだったから
という理由なんだろうけど、にしてもなあ…。
と、話の内容はこんな感じでしたけど、燐、志摩君、出雲、この3人の
組み合わせは凄く好きですね~ そこは凄くよかったと思う。
あと、クロが可愛すぎる! 

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 悪魔は人の心に棲む
第2話 虚無界の門(ゲヘナゲート)
第3話 兄と弟
第4話 天空(アマハラ)の庭
第5話 祟り寺の子
第6話 まぼろしの料理人
第7話 友千鳥
第8話 此処に病める者あり
第9話 おもひで
第10話 黒猫(ケットシー)



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ