SSブログ

BLOOD-C 第5話 めぐりあひて レビュー  [アニメ]

bloodc_0806_top.jpg

昨晩、小夜が激しい戦いを繰り広げた場所を翌日の通ると、そんな
痕跡は一切なくなっていた。古きものや人間の死体、血…何一つ
残っていない。その現場を見ながら、小夜は不思議な感覚を覚える。
ここで、またあのフラッシュバック…そして頭痛に襲われる小夜。
しかし、あの凄惨な現場が綺麗になってるって、どういう事
なんだろうか、別に小夜が綺麗に片づけたわけじゃないんだから
誰かが片付けたと?? どうなってるんだろうね?
そういえば、今までの戦いの後とかも、誰かが片付けているんだろうか…
特に、あの電車の戦いとか…

頭痛に見舞われている小夜に声をかけてくる文人。
小夜はギモーヴへ行き、文人は「大丈夫?」と聞いてくる。
小夜が大丈夫…と答えようとすると、文人は小夜の頬に手を添えて
「何かあったらなら隠さないで教えて」とニッコリ。なんかこの
文人が小夜の様子を知りたがるというのも、彼が小夜の事を
監視しているのではないかと思ってしまうんだよねー…
なにもかもが怪しい。

後は続きからどうぞ

 
 


小夜は文人に、「なんだかちょっと混乱していて…あと頭が…」と
自分の不調を話す。文人が頭が痛いならカフェインはダメかな?と
言うと、小夜は文人のコーヒーを飲むといつも落ち着くから、と言って
文人の煎れたコーヒーを飲む。コーヒーを飲んだ小夜は言う…

本当に、安心して幸せな気分になるんです

なんか、文人のコーヒーに何かあるんじゃないかと思えてくるよね。
小夜を安定させる何かがあるのかもしれない。ホッとしたように
コーヒーの飲む小夜の顔を見つめる文人の微笑んだ顔の裏に何が
隠されているんだろうねえ…。

夕方になり、唯芳が小夜を迎えにギモーヴにやってくる。
カウンターで眠ってしまっている小夜の頭を撫でていた文人の
姿を見て驚いたような顔をする唯芳。文人は小夜の頭痛の事を
唯芳に報告する。この前も思ったけど、文人の口調って唯芳に
ため口だよね?? 絶対唯芳の方が年上っぽいのだが…。
なんか文人が年を取らない人に思えてきたw 深読みかしら?
とにかく、文人も唯芳も、何かを隠しているのは間違いない。

夜…
小夜は今夜も古きものとの戦いへ向かう
古きものが出る予定の公園に到着すると、さっそく古きもの
登場。あれ、今回の古きもの、シルエットが思いっきり人間じゃないか。

bloodc_0806_1.jpg
しかも、よく喋る。声は川澄綾子

なんか、今回の古きもの、異様に強い? 霧のせいでよく
見えないというのもあるが、かなりの勢いでボコられちゃう小夜。
そうこうしているうちに、古きものが被っていた笠みたいのが
取れる…その素顔は…

(゚Д゚)アレ…全然人間じゃなかった
bloodc_0806_2.jpg
今回の古きものは目玉オヤジ系だったw


すべては約定を守らぬ咎め

また出た約定。小夜は古きものに誰と誰の約定なのかを聞く。
すると、古きものは「人の我らの」と答える。人と古きものの
間に約定があったと?? 小夜が「何を約束した?」と聞くと
一般人が妖精みたいな古きものに襲われて走って逃げてくる。
妖精みたいのは全部で4匹いたが、小夜に瞬殺され、小夜は一般人に
「大丈夫ですか?」と声をかけるが、一般人は血だらけの小夜に
ビビッて悲鳴をあげて逃げていく。お礼もなしかよっ!
っていうか、この目撃しちゃった人とかどうなるのかね?
あれ、しかも、一般人女子、完全に逃げたわけじゃなくて公園に
まだいて小夜の戦う姿をビビリながら見てるし…

苦戦を強いられた小夜は、覚醒モードになり、気で周囲に
立ちこめていた霧を打ち消す、すると、小夜の御神刀に
目玉オヤジの両腕から伸びた糸のようなものが繋がっている事に
気付く。ん? この糸で、小夜の行動を読んでいたと?
小夜は糸がついている刀を置いて、目玉に突進、ええ!?
素手なんだけど… と思ったら、目玉の黒目に向かって、
思いっきりパンチw

bloodc_0806_3.jpg
刀なしでも勝てるのか…w

小夜は「何を約束した?」と古きものに再び尋ねるが
古きものは何も答えず、すごい断末魔をあげて滅んでいった。
まだいた一般人女子に「大丈夫?」と手を伸ばす小夜だが、
一般人女子は再び悲鳴をあげて走り去る。お礼もなしかよっ!
あの女子に思いっきり顔とか見られちゃってるけど
大丈夫なのかな? 

女子が逃げちゃった後、ふと見ると、あの犬が小夜を見ていた。
小夜が犬に気付くと…

bloodc_0806_4.jpg
えええっ なんか喋りそう!?

と、思ったら、小夜は頭が痛くなり、意識がもうろうとし
その場に倒れてしまう。 

bloodc_0806_m1.jpg

ここで文人のナレーション…

人は、理解できないことに遭遇したとき、どうするのか?
そう、考えるんだ
それはいったい何なのか?
なぜそうなったか?
どう受け止めればいいか?
これからどうすればいいか?
でもね、考えれば考えるほど、それは不思議と
本質というものからずれていってしまう
そう、思考が邪魔をしてしまうんだ
本能が欲していることを
本当の答えを。


学校…
あれからどうなったのかはわからないが、今、小夜は学校に居る。
雨の降る外を窓から眺めていると網埜優花がどうしたの?と
話しかけてくる。なんか元気がない小夜を心配する優花は…
「言ってよ、なんでも、隠さないで。そのためにいるんだから」
と、声をかける。あれ… 優花ちゃんノーマークだったが
なんか文人みたいな事を言ってるような… 
「そのためにいるんだから」という言葉がなんか引っかかる。
小夜の状態をキープする為の要員みたいな…?? 


体育の授業が雨の為に自習になったので、怪談をしようと言い出す
ねねとのの。筒鳥先生のOKも出たので、みんなで怪談話を
する事になった。慎一郎はどっかに行こうとするが、筒鳥先生に
止められ、全員参加。 さっそく逸樹が超テンプレの怪談を
して、ねねとののは怖がるフリをして小夜に抱き付き、小夜に
いたっては、それが怪談であるかどうかもわかってない様子。
ねねとののはテンプレ話じゃなくて、もっとリアリティがある
身近な怪談が聞きたいと言い出す。すると、筒鳥先生が
「あるわよ~」と、この町の話を切り出してくる。
そんなわけで、先生の怪談が始まるが、先生の怪談は、聞けば
聞くほど、古きものの事を語ってるとしか思えない内容…

人は人ではないものと話し合おうとしたが、
それは、人ではないものが人を糧としか見ていない為に無理な話だった。

そして人達はある決意をした…

小夜「何を?」
小夜にまた、あのフラッシュバックが起きる。
やっぱり、BLOOD THE LAST VAMPIREのシーンみたいに見えるよね。
翼手みたいなのとか、三つ編みセーラー服、金網(横田基地?)
地下鉄… とかも…。 フラッシュバックに襲われた小夜は
倒れてしまい、それを受け止める慎一郎。慎一郎は小夜の名前を
呼び、声をかける…

暗転

bloodc_0806_m2.jpg

家に帰った小夜は、自分に何が起きたのか分からずに
「また倒れてしまった…」と呟く。書物庫の中の書物を読み
ながら、慎一郎に名前だけで呼ばれた事を思いだし、顔を
赤らめる。あらら? なんかいい感じ?

書物を見て、古きもの?と人間が戦う古い絵みたいのを見て
「何か違うような…」と呟く。何が違うんだろうね??

と、ここで、境内にねねが小夜を尋ねてやってくる。
ねねは自分が筒鳥先生にこの町の怪談をねだったせいで小夜が
倒れたのかと思って、小夜を心配してやってきたのだった。
ねねが、もし、なにか災いが降りかかるなら、私だよね!と
笑って言うと、背後に巨大な古きものが現れ小夜達に襲いかかってくる

ギャーっ 昼間っから古きものが襲いかかってきたよ……!!

今回はこんな感じでした。
ちょっと、また、色々、静かに動き出した感じですねえ。
ほんと、みんながみんな、裏がありそうで怪しすぎる。
ノーマークだった優花でさえも、怪しくなってきたw
小夜が古きものと戦った跡綺麗になっている事とか、
事情をかなり知っていそうな筒鳥先生の口調、先生が言っていた
人々がした決意とは…? あと、あのフラッシュバックの意味は…?
とりあえず、小夜は何かを完全に忘れてますね。小さい頃の
記憶とかあるのかねえ? しかも、最後にはねねと一緒の所を
古きものが襲ってくるとか…そうするんだろうか、小夜は。
別に、人に戦っている姿を見られるのは抵抗なさそうだが…。

あの犬がしゃべり出す日も近い!?

次回はもっと、話が動きそうですね、早く次回が見たい!

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 あまつかせ
第2話 きみがため
第3話 ひとはいさ
第4話 なげけとて

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(14) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 14

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ