SSブログ

Steins;Gate シュタインズ・ゲート #19「無限連鎖のアポトーシス -Endless Apoptosis-」 [アニメ]

Steins0812_top.jpg

ラボにはいつもの面々…まゆり、紅莉栖、ダル、そして岡部。
岡部は沈痛な面持ちで、明日もコミケに行くのかとまゆりに聞く。
まゆりは2日目も行くそうで、紅莉栖に一緒に行こうと誘ってくる。
岡部の様子がおかしい事に気付いた紅莉栖は岡部と別の場所へ。
そこでいつものように岡部は紅莉栖に事情を説明。もう何度目w
それでも変化はあるようで、Dメールを一つ取り消すたびにまゆりが
死ぬ日が一日ずつ後ろにずれているらしい

次ぎの取り消すのは桐生萌郁のDメール…

紅莉栖は、いつものように全面的に岡部に協力。コミケには
紅莉栖が一緒に行くことになった。

忘れないで
あなたはどの世界線にいても一人じゃない!

温かい紅莉栖の言葉~。・゚・(ノД`) いい娘だよぉぉぉ
翌日、萌郁に連絡を入れても返信がないので、岡部はすぐに
萌郁のバイト先を調べ、問い合わせる。
アークリライトというバイト先に問い合わせると、バイトは
辞めてしまったらしいが、萌郁の住所をゲットする事ができた。
岡部はすぐに萌郁のアパートへ向かってみるが…

後は続きからどうぞ

 
 

萌郁のアパートに行くと、アパート周辺には警察等の姿が。
なんと、萌郁は自殺しており、Dメールの内容を聞き出す事は
不可能だった。すぐに萌郁が生きていた時間へタイムリープ
しようとする岡部だが、すぐにはタイムリープをする事ができない。

なぜなら彼は見届けなければならなかった。

まゆりの死を…。

ラボで、紅莉栖からの連絡を待つ岡部。暫くすると紅莉栖が
泣きながら電話を入れてくる。デッドラインを確認する岡部。
19時52分

Steins0812_m1.jpg

タイムリープ

戻ると、ちょうど、紅莉栖が、紅莉栖のプリンを食べてしまった
岡部に怒っている所だった。おおっなんか懐かしいシーンw

忘れないで、あなたは一人じゃない…

紅莉栖の言葉がよぎる。すぐに、紅莉栖に事情を説明して、萌郁の
アパートへ。すると、部屋の鍵は開いており、真っ暗な部屋の
片隅で「FB,FB…返事をちょうだい…」と携帯をいじくり
たおしてる萌郁の姿があった。っっ 岡部が携帯を取り上げようと
すると、全然携帯を離そうとしない萌郁。うわわっ なんか
すごい事になってきたぞ。 携帯を離そうとしない、狂ったような
萌郁の顔を見ていたら、まゆりを殺害した時の萌郁の様子が
頭に浮かんできた岡部。

Steins0812_1.jpg
殴ったw
いやー、女の子殴るのはダメでしょ!という所だが…
スッキリしてしまったよ。しょうがないよね、
あんな事をしでかすんだから。そして、岡部は何度もその現場を
見てしまったんだから。これこそ、積年の恨みだ。
she deserve it.

それでも携帯を離さない萌郁を、蹴り飛ばし、岡部は携帯を奪った。
すぐに部屋を飛び出し、紅莉栖に連絡、Dメールの設定、萌郁の
携帯からDメールを送信。これを送ればまゆりは…!!

シーン

あれ?

リーディングシュタイナーが発動しない。Dメールは送られたハズ
なのに。アパートの中からは萌郁が狂ったように携帯返せ!!と
うるせえええw ふと見ると、萌郁の携帯は以前のまま…つまり
萌郁は機種変更を行ってない、その意味が示すのは、萌郁が
送ったDメールの内容が違っていたという事だった。
岡部は部屋に戻り、萌郁を押さえつけ、メールの内容を聞こうとする。
ここで、近所のおばさんが、あまりの騒音にやってきてしまい、
ドアは開けっ放し、岡部は萌郁を黙らせる為に、萌郁にキスをして
萌郁の口を塞ぐ。なんとかおばさんはやり過ごす事に成功、
それにしても、もっとも憎むべき相手とキスとか、岡部も
大変だ・・しかも、萌郁、唇噛んできたよ…ひええ。

岡部は萌郁を押さえつけながら、尋問、その上で、萌郁はこのまま
FBに捨てられて自殺する事を告げる。

お前は利用されたんだ!

なんか、ちょっと前かなんかに居場所がない萌郁にFBが
居場所をくれた的な回想シーン出たけど、それがどうしただな。
どこにも同情の余地はない。岡部にFBに捨てられたという事を
こんこんと言われた萌郁は更に茫然自失。
泣き叫ぶ萌郁の声がうるさいお…。岡部は萌郁の携帯の履歴を
チェックし、2週間前のメールを発見。そして萌郁がFBに
会ったことも話した事もない事を知って、驚く岡部。
そりゃ、驚くよ、そんなメールでしか繋がってない、顔も知らない
人物を信じまくってるんだからw 

Steins0812_m2.jpg

萌郁が送ったDメールの内容は柳林神社にIBN5100を取りに行け
という内容だったので、それを取り消す為に、萌郁の携帯から
「柳林神社に行くなこれは罠だブツはない!」というDメールを
送る。これでまゆりが救われる、今度こそ… そう思いながら
送信ボタンを押す岡部。しかし、リーディングシュタイナーが
発動しない。えええええっっっっ

岡部は、萌郁を動かせるのはFBだけだという事に気付き、FBの
携帯から萌郁に指令のDメールを送らないといけない事になった。
萌郁に携帯を返し、FBの居場所に心当たりがないか萌郁に聞くが
そんなの萌郁が答えるわけがないっていうか、知らないよなあ…。
萌郁は岡部の「俺は世界に抗う、まゆりを必ず救ってみせる!」
という並々ならぬ決意を目の当たりにし、とあるコインロッカー
の中にIBN5100を隠している事を岡部に告げる。

つまり、そこのコインロッカーで張ってれば、FBか、もしくは
その手下がIBN5100を取りにやってくると!?


今回はこんな感じでした。
いやー、すごかった、萌郁がうるさくて、もう、ほんと大変だった。
何、萌郁ってFBの顔も声も知らないのに従ってたの??
メールの短い文面でFBの事を信じ切ってるとか、怖すぎる、
携帯にも異常に依存しているが、そういう依存体質なんだろうねえ。
なんかきっかけがあると、それに異常に固執するタイプなんだろう。
で、そんな顔も声も知らないFBの事、萌郁からは何も
聞き出せないかと思ったら、最後に情報くれたよ。さすがの
サイコギャルも、オカリンの熱い決意を聞いて、心が動いたと
いう事なのか。
いずれにせよ、ゴールは近い! このメールを取り消せば・・・!?

アニメの方を楽しみにしているので、来週まで再び
あらゆるネタバレをスルーしつつ、次回を待ちたいと思います!

前回までのレビューは以下からどうぞ
#01「始まりと終わりのプロローグ-Turning Point-」
#02「時間跳躍のパラノイア-Time Travel Paranoia-」
#03「並列過程のパラノイア -Parallel World Paranoia-」
#04「空理彷徨のランデヴー -Interpreter Rendezvous-」
#05「電荷衝突のランデヴー -Starmine Rendezvous-」
#06「蝶翼のダイバージェンス -Butterfly Effect's Divergence-」
#07「断層のダイバージェンス -Divergence Singularity-」
#08「夢幻のホメオスタシス -Chaos Theory Homeostasis-」
#09「幻相のホメオスタシス -Chaos Theory Homeostasis-」
#10「相生のホメオスタシス -Chaos Theory Homeostasis-」
#11「時空境界のドグマ -Dogma in Event Horizon-」
#12「静止限界のドグマ -Dogma in Ergosphere-」
#13「形而上のネクローシス -Metaphysics Necrosis-」
#14「形而下のネクローシス -Physically Necrosis-」
#15「亡環上のネクローシス -Missing Link Necrosis-」 
#16「不可逆のネクローシス -Sacrificial Necrosis-」
#17「虚像歪曲のコンプレックス -Made in Complex-」
#18「自己相似のアンドロギュノス -Fractal Androgynous-」



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ