SSブログ

ぬらりひょんの孫 〜千年魔京〜 #8 羽衣狐京都全滅侵攻 レビュー  [アニメ]

nuramago0821_top.jpg

第5の封印 清永寺 (見かけ的には清水寺w)
13代目の封印の通りの順番なら、羽衣狐の次のターゲットはここ。
花開院灰吾がビビリまくっていると、ついに羽衣狐がやってきてしまう。
灰吾は研究して作りだした井戸呂流陰陽術"陽力"投与即神剤を飲んで
自らの体に直接"陽の力"を取り込み、それを最強の陰陽術と自負して
羽衣狐に向かっていくが… 瞬殺…  えええええっw
そして、清永寺の第5の封印が羽衣狐によって抜かれてしまう。

京妖怪、鬼童丸達に出会い、京都に今すぐにでも行きたいと思う
リクオだが、今、行ってもダメな事がわかっている為に歯がゆい思いを
する。イタクにより厳しい修業を頼み、早く京都へ向かえるように
訓練を開始する。土彦は経立の仲間を京都に潜入させ情報を集める。
冷麗が「京都の事、もう少し知っておかなくちゃね」なんて言っている
のが、なんか頼もしいな~。

そして、羽衣狐は次の封印である、第四の封印 西方願寺の陰陽師を既に
殺し、封印の柱を抜いていた… 

後は続きからどうぞ

 
 
羽衣狐が第四の封印の柱を抜くと、一緒の封印されていた
"がしゃどくろ"という巨大な骨の妖怪も姿を現し、羽衣狐の軍団に
加わっていく。残る封印はあと3つ…


京都が見渡せる場所で、花開院竜二は第四の封印・西方願寺の封印が
破られたのを確認、近くで魔魅流相手?に新しい術の習得の修業を
しているゆらちゃんに習得を急がせる。
竜二「ゆら、魔魅流、お前らの出番も…もうすぐだ」

ゆらちゃん、頑張れ~~~


花開院本家では恐ろしい勢いで封印を破壊していく羽衣狐に恐怖していた。
残る封印はあと3つ、分家の当主候補達が次々と殺され、残る封印の
強化をする為に兵を出すのも躊躇する状態。
ところが、第三の封印・福寿流 花開院雅次は落ち着いている。
そして、第二の封印・愛華流 花開院破戸第一の封印・八十流
花開院秋房も同じように、自信満々? 秋房は「守ろうとするから
破壊される」と言って、次の封印、第三の封印・鹿金寺で羽衣狐を
討つと二十七代目秀元に提案してくる。

nuramago0821_m1.jpg

その夜…
鹿金寺に到達した羽衣狐達、すると、金色の結界が発動し、羽衣狐は
結界内に孤立、目の前には秋房、雅次、破戸の3人の陰陽師が
羽衣狐を討つ為に待ちかまえていた。秋房は羽衣狐を討つ気満々
なのだが、羽衣狐の方もこの状況を全然ものともしてない様子。
結界は福寿流結界術洛中洛外全方位金屏風という雅次が作りだした
天まで届く強い結界、その中で、破戸は式神を使って羽衣狐を
次々と攻撃するが、あまり効いていない様子。

秋房はこの中に400年前に羽衣狐を封じる時に秀元が使った
式神破軍を使える者はいないが、自分達は400年の研鑽を経て
それを遥に上回っていると言ってくる。

福寿流 花開院雅次の"最強の結界"でお前を隔離し
愛華流 花開院破戸の"最強の式神"でお前の動きを止め…
そして私の"最強の妖刀"八十流妖槍・騎億 
これでお前を滅する!

秋房は妖刀作りに関しては十三代目を超えたと自負しているという。

それを聞いた羽衣狐は余裕で、じゃあ、それらを見せてみろ…とか
言ってくる。って、最強の結界と最強の式神は、今もう、見ている
やつじゃないのか…w なのに、羽衣狐のこの態度、つまり、
最強なはずなものが全然効いていない状態という…。
と、ここで、最強の結界を破って、がしゃどくろが入ってきてしまい
羽衣狐は、ちょっとお楽しみの時間を邪魔された感じで、チッと
舌打ちをして、破戸の式神を破壊する。

早く見せろ、その最強とやらを…

狼狽える雅次と破戸に、狼狽えるなと言う秋房。秋房は自分が
攻撃をするから、雅次と破戸にサポートにまわれと言う。

秋房は妖槍・騎億を発動させる。

妖槍・騎億は不敗の槍…
式神破軍が無くとも敗れる道理はない…!

秋房が騎億を発動させる様子を見て、羽衣狐は
「お前、人ではないのか・・・?」
と秋房に聞いてくる。なぜって…発動された騎億は
花開院八十流陰陽術・憑鬼槍というものになり、秋房は…
nuramago0821_1.jpg
こんな風に! ひぇぇ 確かに人間には見えないw


遠野で訓練中のリクオ。
リクオの畏はなかなかいい感じに仕上がっているようで、イタクも
それを心の中で認めていた。「応用が利く」というリクオの畏、
それ、けっこうポイントだねえ。と、ここで淡島達が、京都方面に
行っている遠野者から連絡があり、陰陽師が壊滅で、京都が
羽衣狐の手に落ちるという事をリクオに報告してくる。
淡島は、今すぐ京都の友達を助けにいくべきだ、今のリクオになら
この里の畏は断ち切れるはずだ!と言ってくる。

夜…遠野の者達が食事をとっている中にリクオの姿はない。
イタクは奴良組の中に京妖怪に対抗できる奴が何人いるのかを
ちょっと心配している様子…。すると、そこにリクオが入ってくる。
さっさと出て行ったと思われたリクオが来た事に驚く一同。
リクオは律儀にしっかりと挨拶をして遠野から去るつもりだった。
感謝の意を告げ、自分が8年前、父親を目の前で殺された時に
羽衣狐に会っていて、その時を境に、奴良組は弱体化、関西妖怪が
勢力を伸ばし始めたと言う。リクオは深い因縁を断ち切る為に
羽衣狐に会いに京都へ向かうのだ。

リクオはちゃっかり遠野の人々を奴良組にスカウト…w

この中にオレが魑魅魍魎の主となる瞬間を
一番近くで見てぇ奴は誰もいないのか?
こんな山奥でえらそーにしてても、それこそお山の大将だ
京都についてくる度胸のある奴はいねぇのかって聞いてんだ

スカウトしながら、タンカを切るような事を言うリクオに
遠野の者達は皆、いきり立って、リクオに襲いかかろうとするが
リクオは姿を消し、いつの間にか、赤河童の膝の上に座って
赤河童に酒をつぎながら別れの挨拶をしていた。キャーカッコイイ!
そして、再び姿を消し去っていったリクオ。

nuramago0821_m2.jpg

赤河童はリクオがぬらりひょんに似ていると言う。
ぶらっと来て、あっという間に強くなって、仲間を引き連れて
出て行ったあやつに… 赤河童もあの時大将じゃなければ
ぬらりひょんに連れて行ってもらいたかったとか…w 

里を去ろうとするリクオに、なまはげ達が祢々切丸を渡す。
なまはげの後ろから、淡島達が現れ、盃は交わさないが、もし
リクオがお願いします、助けてください!って言うなら、一緒に
京都に行くのを考えてやってもいい…と言いかける、すると
リクオは嬉しそうに、素直に「ああ、頼む!!」と言ってくる。
京都の妖怪は相当強い、戦力が欲しい、淡島達が百鬼に
加わってくれれば最高だ!と言うリクオに、雨造、淡島、冷麗、
紫、土彦はついてきてくれる事になった。イタクは…?
と思ったら、イタクももちろんついてきてくれるよぉぉぉ!!

危なっかしいんだよ、おめーはよ。
てめーの教育係はまだ終わってねえ!!
ただし、てめーと盃は交わさねーからな!!

イタク、頼もしすぎる!!

リクオは祢々切丸を使わず、木の棒で里の畏を断ち切り…
nuramago0821_2.jpg
さよならだ 遠野!!

Cパート
ぬらりひょんの孫?
~女子手押し相撲大会の巻~
奴良孫ギャルズが、手押し相撲大会を!
ゆらちゃんVS巻さん
氷麗VSカナちゃん
鳥居さんは1回戦で負けている?
巻さんの巨乳が強くてゆらちゃんが負けw
つららとカナちゃんはカナちゃんの勝ち
決勝は巻さんVSカナちゃん
巻さんが巨乳で圧勝、「巨乳に生まれてよかった!!」
言う巻さんであった…って阿澄佳奈にその台詞を言わせるとはw

今回はこんな感じでした。
羽衣狐、強いっすなあ… 秋房達、自信満々だったけど
破戸と雅次なんて、最強と言ったわりには、たいした事ないという…
それにしても、第3の封印に第1の封印と第2の封印の二人を
いっぺんに投入して、3人まとめて第3の封印でやられちゃったら
もう第1の封印と第2の封印はどうすんのよ??という感じですよね。
秋房にはやられないという自信があるんだろうけど、羽衣狐を
甘く見過ぎてるよなあ…。 森久保祥太郎、野島裕史、真田アサミ
の3人が登場して楽しかった!特に森久保祥太郎の秋房はぴったり
だったな~。
今回、リクオの作画がイマイチだった… リクオはもっとイケメンで
描いてくれないと、アニメぬら孫の良さが半減すると思う。
ぬら孫2期、原作の中でもちょうど、一番面白い部分をやってるだけ
あって、面白いですなあ… 次回も見逃せないわ

前回までのレビューは以下からどうぞ
#1 覚醒、奴良組三代目
#2 二人の正義
#3 花開院ゆらの納得
#4 ぬらりひょんと珱姫
#5 今へと繋ぐ
#6 遠野・物語
#7 鏡花水月



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 1

黒猫

私ぬらりひょんの孫好きです( ^^) _U~~
どこのサイトに行ってもあんまり
ぬら孫のことかいてなくて・・・・
けどなんかうれしっかったです!!
by 黒猫 (2011-08-23 20:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。