So-net無料ブログ作成

ちはやふる 第四首 しつこころなくはなのちるらむ レビュー [アニメ]

chihaya1025_top.jpg

新の引っ越しの当日も千早と太一は来てくれた。

次ぎ会う時はかるたの全国大会だからね!
あたし絶対A級選手になってるんだから!

約束だよ!A級になって会おうね!

そう言って新と別れた千早… 月日は過ぎ、高校生になった今、
太一とも再会し、新に会いたいという思いはつのる。太一に新と
連絡とってた?と聞いても彼も連絡をとってなかった。
おっ太一の彼女が降りた駅で待ってた。そういえば、太一の彼女って
漫画じゃこれ以来一回も見かけてないような気がするんだけどw
懐かしいというか、すっかり忘れてたよ。

千早は自分が今度の日曜日の大会で優勝してA級になったら
一緒にかるた部を作ってよ!と太一に言って別れる。
太一が彼女からたーくんと呼ばれているのを目の当たりにした
ちはやは誰かに言いたい~~と思って家に帰った時に携帯を見る。
そこには新の番号があるが…グッと電話をこらえて携帯を閉じる。
遠慮せずに新に連絡をすればいいじゃんと思うがねえ…
やっぱり、長年連絡をとってない友達に連絡をする時っていうのは
果たして相手はどう思っているのか、ちょっと不安になるよね…。
それに新に対しても、A級になってから・・・という思いもあると思われ・・・

後は続きからどうぞ
 

日曜日…
太一は気になって懐かしのかるた記念大塚会館に来てしまっていた。
原田先生は太一の姿を見るなり、すぐに太一だとわかり嬉しくて
話しかけてくる。大会はすでに始まっており、暗記中なので、係の人に
お静かに…とちょっと怒られてしまう、お茶目な原田先生w

会場は緊張感で溢れていた。
優勝しないと昇級できないとかで、特にB級の人達は強くても
勝ちきれなくて何年もB級でもがいている人達が沢山いるらしい。
えええっ 大会で優勝しないとA級になれないのかっってことは
B級の人達の中でA級になれるのはたった一人! そりゃ難関だよなあ
そんなわけで、太一も千早が優勝してA級になれるなんて
少しも思ってない…そんな状態。

別の場所で原田先生とつもる話をする太一。原田先生は高校にかるた部
ないんだし、白波会の練習に顔を出したら?と言ってくる。太一が
高校でかるたではなくサッカー部に入ろうと思っている事を言うと
原田先生は二股はよくない、名人になれないと言う。

かるたを半ば諦めている太一…
太一は中学でも細々と同好会でかるたをやっていた。そこで練習して
少しずつ強くなった太一は、青春ぜんぶ賭けても新より強く
なれないと思ってしまい、諦めてしまっていたのだ。

二人は試合が見える場所に移動、千早の試合を観戦する。
今回の大会はA級になる為に勝たなければならない、原田先生は
千早に勝つための策を色々と授けていた。
原田先生は中学時代の千早の話をする。一人でもずっとかるたを
続けていた千早… しかし、学校ではかるた部なんてなくて
陸上部に入っていた。原田先生がなんで陸上部に入ったの?と
千早に聞くと、千早は、陸上はピストルを聞いて飛び出す瞬間が
かるたみたいだと思ったりする、体力もつく、全部かるたに
つながるから陸上をやっていると言っていたのだ。

"青春ぜんぶ懸けたって強くなれない"?
まつげくん 懸けてから言いなさい

くーっ原田先生、いい事言うねえ。太一の心にも思いっきり
響いているよ、その言葉。 千早の方は三回戦を突破、ちゃんと
相手の人に「大きな声を出してすみませんでした」と謝る姿がいいね~。
すると、千早は原田先生に向かってチョコレートサインを出してくる。
太一は原田先生に言われてコンビニにチョコレートを買いに行くが
近所のコンビニはコンビニのくせになんと臨時休業… エエ…
他に店は…と辺りを見回すと、GODIVAが…w 仕方がないと大枚
はたいてチョコレートの詰め合わせを買って会場へ戻る。

chihaya1025_m1.jpg

会場に戻ると、一粒いくらかなんて知らないちはやはバクバクと
チョコレートを食べる、三粒一緒にとかw 

かるたの大会は実は過酷で多いときは朝から夜まで7試合やって
やっと優勝者が決まる。50枚の配置を覚えて忘れて覚えて忘れて…
脳が糖分を消費し尽くして体重が3キロ減るとか… 

(゚Д゚)なんですとっ!
体力も脳も使う、完全にスポーツだなあ…だからこその糖分補給かあ…
千早はチョコを食べた後、太一が話しかけているのに、即寝。
体力回復の為とはいえ、白目むいて即寝とかw そんな千早に
ジャケットをかけてあげる太一が優しいのう…。
目を覚ました千早は言う…

太一、ごめんね
かるた部の事無理言って…
でも、見てて
勝つから見てて


ついに決勝!
もちろん千早は勝ち残っている。千早の相手は実力はあるのに
勝ちきれずに3年もB級に留まっている猛者で今度こそはと
かなり本気で、札の配置にもスキがない…。周囲の予想も
千早が負けるという方向だった。太一と原田先生は千早の顔が
見られるように窓の外から観戦する事にする。

札を並べながらちはやふるの札に思いを込める千早。
試合は、相手がかなりのベテランということで、序盤の弱い
千早にプレッシャーがかかってくる。相手の安田さんは千早が
「ちは」が一番得意な事をしっており、自信のあるその一枚を
抜けば千早を崩す事なんか容易いと思っていた。安田さん、こんな
感じだけど、千早と目が合うと照れてダメというシャイな部分も…w

千早は「ちはや」を相手陣に送って攻めにいく。
その後の二人の戦いは意地の張り合い、安田さんは千早を調子に
乗らせたくない為に、二人して「ちはや」を送りあい、
「ちはや」の応酬に。そんな応酬を繰り広げていると、千早は
安田さんが強いだけじゃなくかるたが大好きな人だと実感し
嬉しくなる。本当にかるたが好きな好敵手に恵まれ、楽しそうに
試合をする千早を見ていた太一にも、その気持ちが伝わる。

楽しそう…楽しそうだな千早
おまえがやってるからそう思うのかな
おまえもおれたちとやってたからそう思ったのかな


そしてついに… 最後はちはやふるの札で勝利をつかみ取る千早
勝ったー!! 挨拶を終えると千早はすぐに、窓の外に飛び出してくる
chihaya1025_1.jpg
やろう!
かるたやろう太一!やろう!

一緒に強くなろう太一!
仲間がいたらきっと強くなれるから

いいシーンじゃ… 千早は外に出てきて、携帯を取り出し
新に電話をすることにする。A級になった事を新に言いたいよねえ…
言いたいことは沢山ある、息を整えて新が電話に出るのを待つ千早。
新が出ると、自分がA級に上がった事をすぐに報告して、止めどなく
話し出す千早。太一と同じ高校になったこと、原田先生も元気…
話したい事が沢山ある…。

新はどのくらい強くなった?

そう千早が聞くと、新がしゃべり出す。しかし、新の口から
出た言葉は想像していたものとはまったく違うものだった。

やめてくれん?
悪いけど電話とかせんといて
かるたとか… もうやってへんから

(゚Д゚)
そう言って新は電話を切ってしまう。ちょっっどうした新!
また三人で会える、みんなあの頃のままだと思っていた千早は
ショックを受ける… そりゃショックじゃ…。

chihaya1025_m2.jpg

今回はこんな感じでした。
も~~ついにA級になって、太一も一緒にかるたをやってくれそうだし
嬉しい事だらけの高揚した気分で電話をしたら、新があんなんで
一気に突き落とされた感じになってしまいましたねえ。
まさに、天国から地獄…みたいな? あんな風に電話切られたら
心配しちゃうよね。私だったら、すぐにまたかけるけど、あの新だったら
もう電話に出てくれなさそうだなw 別に喧嘩別れをしたとかじゃなく
大切な仲間のままで別れたわけなんだから、例え、この三年間で
色々とあったとしても、友達に対してあの態度はないよなあ、と私は思う。
事情があるのはわかるんだけどね… それでもねえ… やりきれないよ。
かるたの試合の所、ほんと競技かるたって凄いなあと思えた。
三キロ減るとか、どんなハードな競技なんだろうって感じだよね。
しかも、ずっと、あの姿勢で一日中とか…体力ないとなかなかできない
競技なんだなあとつくづく、あと、一日の試合の中で違う配置を
何回も覚えるとか…凄すぎる。実際の競技かるたの映像とか見ると
ちはやふるは決して大げさじゃないってわかるよねえ。

本編後のミニコーナーで競技かるた人口が百万人を超えているというのを
聞いてびっくり!そんなにやってる人がいるんだ…凄いなあ!

とにかく、今回も、爽やかで面白かった!次回も楽しみね。
次回は新の出番多いハズだから細谷佳正の出番も多いぞ!

前回までのレビューは以下からどうぞ
第一首 さくやこのはな
第二首 からくれなゐに
第三首 ふれるしらゆき


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(40) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 40

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ