So-net無料ブログ作成

ぬらりひょんの孫 〜千年魔京〜 #23 暗黒の宴 レビュー [アニメ]

nurari1211_top.jpg

安倍晴明 VS 土蜘蛛

清明「滅」

あの土蜘蛛が一瞬でやられたw 清明恐るべし!
土蜘蛛も羽衣狐の本体と同じくあの地獄池みたいなのに
落ちていってしまったけど、あの池の先ってどうなってるのかね。
単純に地獄に続いているって感じじゃないよね、あの池に
落ちると終わりみたいな感じに見えるお… 
それにしても、リクオ達があんなに手こずった土蜘蛛を「滅」って
一瞬でやっちゃう清明の強さ、こんなのに今のリクオ達が勝てる
わけがないよぉ…

鏖地蔵は魔王の小槌を清明に渡す
魔王の小槌を持った清明は京都がキタナイ街になってしまったと言い
魔王の小槌をふると、京都の街の一部が破壊されてしまう。
ひぇええ…大惨事じゃないかっ なんてことするの清明!

魔王の小槌をいい刀だと言った後、清明は
「ごくろうだった 山ン本五郎左衛門
と言う。鏖地蔵=山ン本五郎左衛門 だと聞いて驚く古株の
奴良組の者達。黒田坊は特に驚きを隠せない…
遠野勢や奴良組ヤング勢はもちろん知らないわけだが…

後は続きからどうぞ

 

黒田坊が説明を…
山ン本五郎左衛門とは…
江戸にいた妖怪でかつて奴良組と争った男
二代目の鯉伴によって滅亡したと思われていた"江戸百物語組"の組長


今回の件、山ン本五郎左衛門が影で手を引いていたのだ。
しかも、羽衣狐についていた京妖怪の洗脳も行っていたとっ!
京都の街を見て燃えろ燃えろ~と大喜びの山ン本五郎左衛門を
ゆらちゃんが怒って攻撃しようとすると、逆にゆらちゃんが
追い詰められ、踏みつけられる… まだ調子こいて燃えろ~とか
言ってると、リクオによって祢々切丸で刺され、消える山ン本w

リクオは、母親を手にかけ妖怪達をひっかきまわした清明にガン
怒り。一人で清明に斬りかかっていくが、清明、リクオの祢々切丸を
指先一本で止める。だから、清明は鬼強だから、今のリクオが戦うのは
無理ゲーすぎるよ…。清明は祢々切丸を指先一本で粉々に砕く… 
あうう、さらば祢々切丸… なんか、長い間使っていた祢々切丸が
なくなっちゃって悲しいシーンだよなあ…。 ぬらりひょん→鯉伴→リクオと
受け継がれていたものなのに…。

nurari1211_m1.jpg

清明はリクオを魔王の小槌で斬り捨てようとする。イタクがリクオを
助けようと走るが間に合わないっ リクオがあああ… と思ったら
リクオを庇って代わりに斬られたのは羽衣狐だった。清明は再びリクオに
襲いかかるが、ぬらりひょんがリクオと羽衣狐を抱えて、その場から
逃げる。アレっなんか原作と違う展開が来たっ 

てめえら、ちょっとばかし時間稼いでくれ
ワシは確かめにゃならん事がある

ぬらりひょんがそう言うと、牛鬼や一ツ目入道が、ぬらりひょんの為に
清明を止めて時間稼ぎ… 何、この展開っっ たとえ奴良組幹部でも
清明を止めるとか無理でしょw なんかわからんが、清明が地獄に
戻るのを後まわしにして、羽衣狐の依代の話に突入。

妖とは子をつくる事ができない体だった鯉伴だったので羽衣狐が
リクオの姉妹という事はないが、羽衣狐の依代はかつて鯉伴の
妻であった山吹乙女という妖にうり二つ。

nurari1211_1.jpg

山吹乙女が奴良組に嫁ぎ共に暮らしたのは、まだ珱姫も生きているような
何百年も前の話… ある日、山吹乙女を連れてきて結婚しようと
思うと言った鯉伴。山吹乙女はただただおしとやかで美しい妖だった。
そこから鯉伴の栄華の日々が始まり、奴良組は日に日に成長し、鯉伴と共に
大きくなっていた。その日々は何も変わらずに長く続いたが、それが逆に
乙女にとって酷になった。それは鯉伴が狐の呪いで妖とは子を成せないと
いう事に誰も気付いていなかった為に、乙女は子ができないのは自分の
せいだと思いこみ、ある日、八重咲きの山吹の一枝を残し姿を消した。
傍らには古歌がそえてあり…

七重八重 花は咲けども山吹の
実のひとつだに なきぞ悲しき


乙女ちゃん、可哀相だお… 
と、ここで羽衣狐がその後、乙女がどうなったかを語り出す。

わたしはやがて枯れるように、この世から消えました
わたしはまっくらな世界で声をききました…

それを聞いたぬらりひょんは、羽衣狐の依代が、反魂の術によって
蘇らされた山吹乙女そのものだという事に気付く。

nurari1211_m2.jpg

数年前の地獄では山ン本五郎左衛門と清明が、鯉伴をどうやって
仕留めるかの算段をしていた。この何百年の間、羽衣狐が出る
チャンスは何度もあったのに、その度に鯉伴に潰されており
鯉伴をどうにかしないと清明は復活できない…という事だった。

って、この場面、漫画だと、鯉伴の超カッコイイ軍服姿と
そのアップが出てて、アニメでも楽しみにしてたのに、遠目の軍服姿
だけで、アップがなかったあああああ…  残念すぎるぅううう。
絶対、あのアップを入れないと駄目だろお…。

山ン本五郎左衛門は鯉伴を油断させる為に山吹乙女の事を利用し
清明の反魂の術と自分の幻術で山吹乙女を鯉伴の元へ送り込んだのだった…


牛鬼、一ツ目入道、木魚達磨、あ、あと、大天狗は非道な事をした清明に
襲いかかるがここらへんの幹部達が襲いかかっても、全く歯が立たない。
うーん、ここらへんもオリジナルだ。彼らが活躍する姿を見るのは楽しいと
いえば、楽しいような気がするけど、彼らが清明を足止めしている間に
悠長に昔話をするリクオ達ってなんか無理がない?? っていうか
清明も昔話に若干参加して語ってるしw

反魂の術で復活した乙女は偽りの記憶を入れられ少女の姿で子供のリクオの
前に現れる。リクオと遊んでいる間に鯉伴にも出合い、鯉伴は少女が乙女に
似ている為、最初は戸惑っていたが、やがて乙女の手をとって、その日
一日、遊んでくれた。リクオがちょっといなくなった時、庭に咲く
山吹を見て、昔、山吹乙女が残していった古歌を読む鯉伴。
しかし、それが"鍵"だった為、乙女は魔王の小槌で鯉伴を刺し殺してしまった。
乙女の記憶は戻り、自分が鯉伴を殺してしまった事を激しく動揺するが
その直後、羽衣狐の依代にされた。

nurari1211_m3.jpg

こうなったら、許せないのは安倍晴明。リクオは清明を討つべく
立ち上がるが、リクオの前、そして後ろに奴良組、遠野の妖立ちが総動員して
リクオと共に清明に襲いかかる。なんか、オリジナル展開キタ――(゚∀゚)――!!
まさか、ここで、清明と戦う展開!? いやいや、勝てないだろう。
一斉攻撃だが、まったく歯が立たない。それでも、奴良組、遠野と助け合い
清明に渾身の攻撃。おおっ邪魅の顔も出たw
そして、黒田坊のゲート・オブ・バビロンも炸裂… だが、清明は
遊びにもならないと全ての攻撃を一蹴。 それでもリクオは立っていた。
後ろにはリクオの百鬼夜行… 

いくぞ てめえら…
てめえらの畏、みんな俺に…
俺に預けろ…!


キャーっここらへんもかなりオリジナルだが、まさか、百鬼全員を鬼纏う
つもりなのか!? それでも、清明には勝てなさそうだが…いや、予想するに
一太刀くらいは浴びせられるのかな? それで清明の腕がボロっとなって
清明は「ここは一旦退こう」と言って地獄に戻っていく…という展開で
原作と同じようになると予想。


今回はこんな感じでした。
なんか、ここに来て、ちょっとオリジナル展開というか、ちょっと盛ってきて
ますなあ。清明があそこでさっさと地獄に戻ってしまうのは、見せ場的に
イマイチ感という事なのか、戦闘シーンを盛ってきたと… でも、戦闘最中に
山吹乙女の話をしてるってなんかシュールじゃね? 例え、奴良組幹部でも
清明相手じゃ1秒も持たないという感じなのに、チンタラ話している場合か?
しかも、最後の雰囲気、なんかリクオが百鬼を鬼纏って攻撃をしそうだが
どうなるのか、楽しみですな~ 次回で最終話で、その後は総集編ですよね?
鯉伴の軍服姿のアップが出なくてとにかく残念だった…
でも、まあ、遊佐ぬらと鯉伴の共演はちゃんと描かれていたから良しとしよう…

前回までのレビューは以下からどうぞ
#1 覚醒、奴良組三代目
#2 二人の正義
#3 花開院ゆらの納得
#4 ぬらりひょんと珱姫
#5 今へと繋ぐ
#6 遠野・物語
#7 鏡花水月
#8 羽衣狐京都全滅侵攻
#9 灰色の陰陽師
#10 破軍
#11 京上空の戦い
#12 宿願
#13 迷宮・鳥居の森
#14 絶対に遭遇してはならない妖
#15 闇に沈む…
#16 二人の過去
#17 百鬼纏う御業
#18 全部あずけろ
#19 背中越しの絆
#20 輪廻の環
#21 誕生
#22 追憶の欠片


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(8) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 1

楓華

原作と違って面白かったです
by 楓華 (2011-12-17 08:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ