SSブログ

ギルティクラウン 11 共鳴:resonance レビュー [アニメ]

guilty1223_top.jpg

遺伝子共鳴によって、人々が次々と結晶化を起こし
ロストクリスマス以来の大パニックに陥る東京。すべては
茎道修一郎がアンチボディズを率いて起こした事だが…
あれっ 一般の人々とか涯とか以外に、GHQの人達の一部も
キャンサー化しちゃってるじゃん…!! なんとあのダンまで!!
どういう事なんだろうか。こうなってくると、アポカリプス
ウイルスに感染してなくても、結晶化を起こしてるって事なのかな?

GHQの司令室にはダリルの操るエンドレイヴがやってきて、父である
ヤン少将の首に武器を突き立てる。

機体番号823
僕の誕生日と同じナンバーだ

エンドレイヴに大きく書いてある機体番号の823を見ても
それを操っているのがダリルだとは気付かず、愛人の秘書と一緒に
脅える父の姿を見て、ダリルはついにブチ切れ、二人に向かって
機銃を乱射… うわわ、ダリル君、父親と愛人殺しちゃった… 
愛人秘書が食わせ者っぽくて、そのうちなんかやらかすと思って
たんだが、ここで二人とも死んでしまうとは…!

後は続きからどうぞ



何、結局、茎道修一郎はクーデターを起こしたって事なのかね?
しかも、今回の件の全てを、葬儀社のせいにしているううううう。
遺伝子共鳴起こさせて人々をパニックに陥らせたのも、葬儀社がバイオテロ
やったから、ヤン少将殺害も葬儀社の仕業とか、そういうアナウンスをGHQの全軍に
して、非常事態宣言をし、すべてをアンチボディズの指揮下に置いてしまう。
えええ… 何それ… 葬儀社にすべてなすりつけるとか… 許すまじ。
何考えてるんだ、この茎道修一郎という男は。

春夏も嘘界に銃をつきつけられ、言うとおりにするしかない。
すると、そこらへんに倒れていたダンが嘘界に殴りかかり、その隙に
春夏はその場から逃走、茎道修一郎は逃げる春夏に銃を構えたが、撃たなかった。
茎道修一郎は春夏には情がありそうだな。

嘘界を殴り倒したダンは…
guilty1223_1.jpg
ワロタw 

嘘界は「私は最初からあなたを見損なってましたよ」と言ってダンに銃を
つきつけ… ダンを射殺!? あわわ… ダン死んじゃったっぽい…。
面白い人を亡くした…。 
嘘界、ダンの死体を携帯で撮影してるううう(゚Д゚)なんという不謹慎

ニュースでは葬儀社がバイオテロを行ったと報道され、それを聞いた集は
葬儀社はそんな事をしない!とシャウト、すると、そこにふゅーねるが
やってきて、ツグミの声がしてくる。ツグミからの通信で葬儀社がかなり
ダメージをくらって、涯といのりとも連絡が取れない事を知る集。
ツグミは集がヴォイドを使わないから、こんな事になったと怒鳴る。

学校ではみんなが避難されられていたが、ここで、集のアナウンスが流れる。
集は友人達を映研部室に集め、みんなのヴォイドを使っていのりと涯を助けようと
決意を固める。葬儀社はかなり追い詰められており、アンチボディズ司令室では
葬儀社の残存兵力が把握されていた。 茎道は嘘界を伴って、六本木入り
って、あれ…?? この建物って葬儀社のアジトじゃん。
いつも、みんなが集まってる円形の場所の中心にはじまりの石を置く茎道。
「嘆きの川を渡る時が来たのだ… マナ」
guilty1223_3.jpg
置かれたはじまりの石は光り出す どういう事なんだこれは…??
マナって…??

映研部室にみんなが集まると…って、あの秘密の場所っぽい所が映研部室だったのかw
集まったのは、花音、颯太、亞里沙、そして谷尋も! 谷尋は集にどういう事なのか
説明を求めてくる。

guilty1223_m1.jpg

涯といのりはアンチボディズから逃げていたが、涯のキャンサー化が進み
逃げるのもままならない。動けずうずくまった涯は
「マナ… 俺はまたお前に…」
と苦しそうに呟く。 また出たマナ、マナって、いのりに似た
あのピンクギャルの事かな?? 
苦しむ涯に、「私なら止められる」と言ういのり。涯がここまで結晶化したら
いのりの血でももう…と言うと、いのりは「違う…あの歌を!」と告げる。
いのりはやっぱりなんか特殊な人なんだな、彼女の血はアポカリプス
ウイルスを発症した人の病状の進行を抑える事ができるという事か。
すると、春夏が現れ、いのりに集の居場所を聞いてくる。集は学校に
いるから大丈夫だと涯が言うと、いのりは「集はきっと来る」と呟く…


集は映研部室で、みんなから説明してくれと迫られていた。
涯ならこんな時どうするだろう?と色々と考える集だが、自分は自分の
やり方でやるしかないっ!と祭からヴォイドを取り出して、みんなに見せて
ヴォイドの事を説明、祭のヴォイドは包帯のヴォイド、壊れて動けなく
なっていたふゅーねるをヴォイドで包むと、ふゅーねるが直ったっ!
驚きヴォイドだな。なんでも直せるのかな? そして、集、涯の真似じゃ
なくて、自分のやり方でみんなを説得しようとする姿、成長したな!

谷尋に、なんでテロリストを助けたいのか?と聞かれ、集は
「僕にも何かできるって信じてくれたから… 葬儀社のみんなが居なかったら
 今でも僕は居なくていい人間だった。そのみんなが困っていて
 僕にはやれる事がある… だから、お願いします!!」
とみんなに頭を下げる。しばしの沈黙の後、颯太が一番に、協力を了承
してくれる。しかも、颯太、なんか明るくていいなあ… 真っ直ぐな子だから
こういう時もわかってくれるのが早い。亞里沙も涯を助けるって聞いたら
そりゃ協力するし、谷尋もかつて、自分の事を潤が信じてくれた事が
自分の存在意義だった事を集に重ねあわせてわかってくれたようで
みんなは協力してくれる事になった。

茎道と嘘界は、葬儀社のアジトの中のどこかにあると思われる
巨大な施設のような所に到達していた。 はじまりの石をあの場所に
セッティングする事によって、行ける場所なのかね?

嘘界「これがコキュートスに続く地獄の門ですか?」
茎道「いいや、これは私にとっては天国の門だよ」

コキュートス?? 前にユウが「コキュートスが震えました。」とか
言ってたな。 さっき茎道が「嘆きの川を渡る時が来たのだ」
言っていたが、これもコキュートス絡みだわねえ… コキュートスに
一体何があるのかね?? マナがそこに居るのか?

guilty1223_m2.jpg

春夏はいのりと共にいのりの歌を東京都全体に発信しようとしていた。
いきなりの実戦に戸惑いながらも準備を進める春夏。いのりは屋上に立ち
準備が整うのを待つ。涯は追っ手と交戦中だが長くは持たない様子。
葬儀社のみんなは戦い続けていたが、かなり追い詰められていた。
集達は、ツグミの協力でふゅーねるによって軍の車を盗み、その車に
みんなで乗って、いのりと涯の救出の為に羽田へ向かう。

春夏の準備が整い、歌い出すいのり
何の歌を歌うのかと思ったら、エンディングの曲だった
guilty1223_2.jpg
いのりの歌が東京を包んでいく!
いのりの歌から発生した遺伝子共鳴はキャンサー化した人々を救い
結晶化が解けていく人々。涯の結晶化もけっこうよくなったよぉおお
でも、完全に解けた感じじゃない?? 顔にちょっと残っちゃってるけど…
春夏はいのりの歌から発生するゲノムレゾナンスの数値に驚きを示す。
いのりの歌はみんなにも届き、集達はいのりの歌を聞きながら、いのり達の
救出へ向かう。

攻撃は亞里沙のヴォイドで防ぎ、壊れた橋は祭のヴォイドで修復して進み
閉じたゲートは颯太のヴォイドで開き、追ってきたエンドレイヴを一掃。
いのりの位置を確認する為に使ったのは花音のヴォイド。花音のヴォイドは
見るヴォイド??という事なのかな?遠くのものも見る事ができるっぽい。
guilty1223_4.jpg
亞里沙、祭、颯太、花音とヴォイドを使われてみんな気絶してるわけだが
花音が谷尋にくっついて嬉しそうww

guilty1223_m3.jpg

あともう一歩でいのりへ到達するという所で、ダリルのエンドレイヴが
襲いかかってきて、集達の乗るバギーが投げ飛ばされるが、みんなは無事。
あと一人、まだヴォイドを使われていない谷尋は集の手を取り、「これが
お前のやれる事なんだろ?」と自分のヴォイドを集に取り出させ、集は
谷尋ヴォイドでエンドレイヴを切り裂き、エンドレイヴから発射された
ミサイルも撃墜し、一気にいのりの居る屋上まで上っていく。
ついにいのりに辿り着いた集、嬉しそうにいのりが「集!」と言った瞬間
いのりの背後から空間を切り裂いてユウが現れ、いのりからヴォイドを
引き出す。うわーっ ユウも完全版のヴォイドゲノムの持ち主だったか。

いのりの歌が止み、何かの装置にセットされたはじまりの石は再び光り出す。
そして、なんかケージのようなものの中にいる少女が光る
guilty1223_5.jpg
guilty1223_6.jpg
この子って… いつもフラッシュバックに出てくるいのり似の少女!?
この子がマナという子なのか? これがコキュートス?

すると、東京の街が崩れだした!? 崩れていく街の破片は一斉に宙に舞い
一箇所へ集まっていく。

いのりのヴォイドを取り出したユウはその剣で集を殺そうとしたが
涯が集を庇い、涯が斬られてしまった。ちょっっとぉぉおおおお
もの凄く瀕死っぽいんだけど…
guilty1223_7.jpg
涯ーーーー!!!
早く、祭の包帯ヴォイドで… って思ったんだけど、祭のヴォイドは
人も治せるのだろうか?


いったい…何が起ころうとしているの?
guilty1223_8.jpg
こう見ると、下のビルとかボロボロじゃん、どうなっちゃうんだ…??


今回はこんな感じでした。
なんという展開! まず、ダリルが父親であるヤン少将を愛人もろとも殺害して
驚いたんだが、続いて、ダンが嘘界に殺されて、またまた驚き… ヤン少将は
いいけど、ダンが死んだのはなんか寂しい…w 
春夏が協力して、いのりの歌で東京を救えた~ 涯のキャンサー化もどうにか
なりそう??と思ったが、涯のキャンサー化が完全にまだ解けてなかったのが
気になった… いのりの血はやっぱり涯の病状の進行を遅らせる効果が
あったっぽいが、いのりはいったい何者なんだろうかね? あの いのりに似た
少女の名前がマナなのかな? 普通に考えればそうだが…
涯も茎道もマナって言ってたけど… うむむ。
集がみんなに協力してもらって、ヴォイドを使っていのりの所へ向かうシーンは
良かったね~いのりの曲がバックに流れてて、それもまたよかった。
それにしても祭のヴォイドがけっこう凄いと思うんだけど、まあ、他の人のも
凄いが、祭のヴォイドが橋を修復した時はおおっって思いましたよ。
あの祭のヴォイドで涯を治せないのか? とか思ったが…そんな単純な話じゃないのか。

コキュートス?の中の少女、あれがマナなのか? マナが目覚めるとこんな
災厄が起きると?? 東京の物質全てを吸い込みそうな勢いで塔みたいなのが
できあがっていったけど、アレは何…?? もう、ほんと、色々と謎な部分残しまくって
次回放送は来月の12日とか… 待ちきれん。 
だいいち、茎道修一郎の目的がわからんわ。何がしたいんだ。
そういえば、ユウも王の能力の持ち主っぽいですなあ… 成功したヴォイドゲノムは
3つあるっていってたから、そのうちの一つは集、あとの2つは?と思ってたんで
その2つのうちの一つをユウが持っているという事なのかな。ユウ、空間を引き裂いて
あの場に現れたように見えたけど、どういう能力なんだ…? もしや、あれもなんかの
ヴォイドを使って現れたのか? あと、ユウの眉毛がイヤっ(。_゜☆バキッ

涯が心配です。もう1人の主人公である涯がここで死ぬはずはないと思いますが
あの状態からどうやって助かるのかわからない… 祭のヴォイドで? それとも
なんかもっと他の何かが起こるのか? 公式で次回の予告編見ましたけど
涯があの重傷を負ったままどこかに消えるみたいな事言ってません?? あと
凄惨な儀式に参加させられるとかなんとか、いったいどういうことなんだーーーー??
次回は、けっこう今までフラッシュバックの謎とかが解明されそう!?

今回のゆーぽんの4コマ、よかったわー
やっぱり、集は「すいませーん」って言ってヴォイド
取り出すのがいいよね。

エンディングにはマナ?が出てて、可愛かった
guilty1223_9.jpg
可愛い。
guilty1223_10.jpg
しかも、瞬きしてたよね

前回までのレビューは以下からどうぞ
01 発生:genesis
02 適者:survival of the fittest
03 顕出:void-sampling
04 浮動:flux
05 訓練:a preparation
06 檻:leukocytes
07 輪舞:temptation
08 夏日:courtship behavior
09 捕食:prey
10 縮退:retraction

guilty1223_11.jpg
エンドカード

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(37) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 37

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ