So-net無料ブログ作成

新作アニメ 戦姫絶唱シンフォギア EPISODE1 覚醒の鼓動 レビュー [アニメ]

synphogear0107_top.jpg

八千八声 啼いてを吐く ホトトギス

うわわ…なんか街が荒廃してるというか、戦争の後みたいに
なっちゃってるじゃん。バスに乗っている人々もケガ人が多い。
小日向未来はバスに乗って墓地へ向かい、ある墓の前で泣き崩れる
「会いたいよ…もう会えないなんて私は嫌だよ… 響」
お墓の前には立花響の写真が飾られている…

私の大切な親友は…戦場で歌い続けた

というアバン、あれ?お墓の前に飾ってあった写真の響って
主役…の人じゃないの? どういう事なのか。
それにしても、あの戦争後の世界、重苦しい。しかも、いきなり
主人公が将来的に死ぬという事を確定させるような…?
なんか想像していたものと違うぞ、シンフォギア!

場面は変わって2年前…

後は続きからどうぞ
 


ツヴァイウィングというポップボーカルユニットのライブに
未来と一緒に行くはずだった響だが、未来が急に行けなくなり一人で
行くことになった。未来が話している後ろで親?かなんかが新聞を
読んでいるんだが、そこに「救出された邦人少女 失踪」って
でかでかと書いてあった。なんかの伏線かな?

ツヴァイウイングのボーカルである風鳴翼は大切なライブを前に緊張気味。
そんな翼に声をかけ緊張をほぐす天羽奏もツヴァイウイングのボーカル。
奈々ちゃんと高山みなみキタ――(゚∀゚)――!!
風鳴弦十郎という特異災害対策機動部二課の司令官は今回のライブが
結果が人類の未来をかけていると、ツヴァイウイングに声をかける。
櫻井了子というシンフォギアシステムの開発者も準備万端。
ああ…なんか奏が優しい…

奏と一緒ならなんとかなりそうな気がする!

仲がいいのう しかしそういう描写があればあるほど死亡フラグ…

synphogear0107_m1.jpg

ライブシーン!!
ライブシーン、大迫力でした。一斉に会場がUOに染まるシーンとか
鳥肌ッス。しかも、歌ってるのが奈々ちゃんに高山みなみですよ。
キャラソン熱いわー! ファンの声援が本物のライブみたいで臨場感凄いっ
そんなライブシーンで観客の声は奈々ちゃん、碧ちゃん、井口さん、あと
石川英郎さんなどが担当していて、今回原作を担当している上松範康さんが
みんなの指揮をとっていたそうですよ(ゴマパパがプレミア試写で聞いた)
だから、こんなに臨場感凄いのかー、本物のライブっぽいもんね。
ドームが開く瞬間とか、凄かったわ~ いやー、素晴らしい


認定特異災害「ノイズ」
そんなライブシーンの途中にノイズが襲来。ノイズは人間を襲い、ノイズが
人間に接触すると、人間は炭化して分解してしまう。えええ… っていうか
ノイズ、見かけ的には大したことなさそうなのに、何その鬼破壊力…
synphogear0107_1.jpg
なんかカワイイんだが…w

ノイズに唯一対向できるのがシンフォギアシステムということで
唯一シンフォギアシステムを纏う事ができる奏と響はさっそく変身して
ノイズと戦う。いやー、戦闘シーンもある意味斬新…? 歌いながら
ノイズを次々と倒していく。

synphogear0107_2.jpg
技名が出るんだけど…w

と、ここで逃げ遅れた響がノイズに襲われ瀕死の重傷をおってしまう。
奏は死にそうな響に「生きるのを諦めるな!!」と言い、響の意識を
つなぎ止めると、一人、ノイズの大軍に向かっていく… 

synphogear0107_3.jpg

出し惜しみなしでいくと言った奏、「絶唱」と言うと、歌い出す。

いけない奏!歌ってはダメー!!

という翼の悲痛な叫び。


命を燃やす最期の歌…
歌った後、奏の口からは血が…
synphogear0107_4.jpg
うわわ…

奏の放った一撃はノイズの大軍を一掃。薄れゆく意識の中で響は
翼に抱きかかえられ、消えていく奏の姿を見た。 
いきなり、奏が死亡したああああああ 
絶唱したら死んでしまうのか…なんという滅びの歌なの。


舞台は再び現代へ…
と出てたけど、要するに、響が負傷して奏が死んでから2年経ったって事なのね。
アバンに出てきたのも現代って出てたから、近々、響が…? えええ…
とはいっても、今は、そこそこ平和っぽく、すっかり元気になった響は
未来と一緒に私立リディアン音楽院高等科に通っている。

synphogear0107_5.jpg
響と未来は寮の同じ部屋なんだけど、部屋のネームプレートは
それぞれ中の人が書いていて、悠木碧が未来(CV:井口裕香)、井口裕香が
響(CV:悠木碧)の方を書いているそうな。

響がリディアンに来たのは翼に憧れている為で、2年前、ツヴァイウイングが
戦って自分を助けてくれた事も響は覚えているのだが、世間ではツヴァイウイングが
戦った事等は一切報じられず、ただコンサート会場がノイズの襲撃をうけて
奏や大勢の人が死んだという事だけが報道されたらしい。公式を見ると
シンフォギアは強力すぎる武器な為、米国をの安全保障条約や諸外国に対する
影響も鑑みられて、日本政府が秘匿してるとか…だから、報道されないわけだね。

夜、どこかでノイズと戦う翼の姿が。一人で闘っているんだ…
ノイズには普通の兵器や攻撃は一切効かないので、ほんと戦えるのは
シンフォギアだけだという。ここらへん、若干フリージングっぽい?
それにしてみも、翼、一人で闘ってるけど、強いな。2年前に奏は
死んだが、それ以来ずっと一人で闘っていたのか。
一人で闘う翼が技を決めると、前と違って、随分和風な技名が出てたが・・・

synphogear0107_m2.jpg

学校のカフェテリアで初めて翼と対面する響。翼って響の事覚えてないのかな?と
一瞬思ったが、覚えてなさそう?? 放課後、一人でツヴァイウイングのCDを
買いに行く響。普通の街並みだったが、あれ… 風が吹いたら、宙に黒いものが
舞っている。これってもしや…と思ったら、響が横のコンビニを覗き込むと
中には炭化した塊が何個も… ひえええええ ノイズ出たっぽい。
怖いんだけど…っ あの炭化したものを見て何かに似てるなーって思ってたんだけど
映画の回路に似てるんだ、あの炭化して消えていく様とか、宙に黒いの舞う様子とか。
響は一人、生き残っていた幼女を連れてノイズ達から逃げるが、追ってくるノイズ達。
途中でへこたれそうになっても、2年前、奏に助けられた事を思い出しながら
懸命に生きようと逃げる。やっと逃げ切った…と思ったら、思いっきりノイズに
囲まれてしまった二人。 ちょっとぉおお、ノイズ何なの。

それでも諦めない響は奏が言った言葉を叫ぶ

生きるのを諦めないで!


響は奏が歌ってたように歌い出す。奏が歌っていた歌を継承した感じなのかね?
すると響の胸が光りだし、なんかビカーってすごい光の柱が! いったい
何が起きているのか。シンフォギアの司令室でもこの状況を察知。
弦十郎が「GUNGNIRだと!?」とか言ってたけど… 
synphogear0107_6.jpg
って響からなんか最終兵器彼女みたいに色々生えてきちゃってるけどっ
いきなり変身!? いきなりシンフォギアに覚醒みたいな??
 
synphogear0107_7.jpg
覚醒した響… 凄いんだけど


今回はオープニングの奈々ちゃんの「Synchrogazer」がエンディングに
流れたんだが、この曲が鳥肌ものの凄い曲!!

エンディング流れた直後のCMが「Synchrogazer」でまたまた鳥肌
synphogear0107_9.jpg
いやー激しいテンポの曲でいい曲だよ

あと、キャラソンのCMもさっそく流れてたけどキャラソンもいいね~
synphogear0107_10.jpg
キャラソンいっぱい出そうなアニメだよ…


初回はこんな感じでした…
ゴマパパがプレミア試写で見たんですけど、何を話してもネタバレに
なるからと言っていた意味がわかったわ。そういう展開?いきなり奏が死ぬとはねえ。
映画のエグゼクティブ・デシジョンで最初の方でスティーブン・セガールが
いきなり死んだ時と同じ衝撃っっ ってわかりにくいかw 
それにしても、面白かった。なんというか迫力満点? ライブシーンも良かったし…
あと、使われてる歌がやっぱりいいね~ 
絵が…特に響の顔なんですけど、ケロロに出てくるギャル系の顔してるっと
ケロロを感じていたんだが、その理由はキャラクターデザインと総作画監督が
小池智史でなるほど… そりゃケロロに似るわと納得。
内容は、色々な要素を沢山詰め込んだ感じで、楽しめそうですなー。
初回はけっこう衝撃的に描かれてたけど、今後もこんな感じだったらいいな!
謎の敵、ノイズのデザイン、あれokamaさんがやってるのね、なんかカワイイんだけどw
でも、あれに触れると炭化しちゃうとかハードコアだわぁ…。
フューチャービジュアルをロマン・トマがやってたり、けっこう面白いスタッフ
集めてる。なんてたって、原作が上松さんだからね~ 

次回も楽しみでございますよ!

スタッフ
原作:上松範康 金子彰史
監督:伊藤達文
シリーズ構成・脚本:金子彰史
キャラクター原案:吉井ダン
キャラクターデザイン・総作画監督:小池智史
総作画監督:藤本さとる
アクションディレクター:光田史亮
色彩設計:斎藤麻由
クリーチャーデザイン:okama
フューチャービジュアル:ロマン・トマ ブリュネ・スタニスラス ルガル・ヤン
美術監督:西村隆
背景:アトリエローク07
撮影監督:尾崎隆晴
撮影:マッドボックス
編集:定松剛
音響監督:本山哲
音楽プロデューサー:上松範康
音楽:Elements Garden(上松範康・藤田淳平・藤間 仁)
アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ
アニメーション制作協力:サテライト
製作:Project シンフォギア

オープニングテーマ
「Synchrogazer」歌:水樹奈々
エンディングテーマ
「Meteor Light」歌:高垣彩陽

キャスト
風鳴翼(CV:水樹奈々)
天羽奏(CV:高山みなみ)
立花響(CV:悠木碧)
小日向未来(CV:井口裕香)
雪音クリス(CV:高垣彩陽)
風鳴弦十郎(CV:石川英郎)
櫻井了子(CV:沢城みゆき)
緒川慎次(CV:保志総一朗)
藤尭朔也(CV:赤羽根健治)
友里あおい(CV:瀬戸麻沙美)
安藤創世(CV:小松未可子)
寺島詩織(CV:東山奈央)
板場弓美(CV:赤﨑千夏)

関連レビューは以下からどうぞ
「戦姫絶唱シンフォギア」第1話プレミア上映会へ行ってきました!


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(44) 
共通テーマ:アニメ

nice! 8

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 1

naka-G

>映画のエグゼクティブ・デシジョンで最初の方でスティーブン・セガールが
> いきなり死んだ時と同じ衝撃っっ

超ワロタwww
確かにかなりの衝撃っっ

これあれなんですかね、高山みなみの出番はもう・・・

by naka-G (2012-01-09 10:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 44

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ