SSブログ

戦姫絶唱シンフォギア EPISODE5 なお昏き深淵の底から レビュー [アニメ]

sy0203_top.jpg

風鳴道場の門を叩き、弦十郎に弟子入りした響は厳しい修業に
あけくれる日々。事情がよくわからない未来は早朝から修業に
出かけていく響に??状態。

弦十郎「稲妻を喰らい雷を握りつぶすように打つべし!」
響「言ってる事、全然わかりません! でもやってみます!」

ワロタw 響の言い方が可愛いんだよね。

気合いを思いっきり入れた響はサンドバッグをパンチで
吹っ飛ばす。なんか心臓がドクドクしてたけど、響、なんか
コツ掴んだのかな? 

後は続きからどうぞ

 

真っ裸の女が、どっかの施設で英語でどっかの組織と連絡をとっている。
アメリカ人と話しているっぽいがその真っ裸の女、声が沢城さん。
沢城さんといえば了子の声をやっているわけだが… まさか一人二役…?? 
いや、この金髪の女…もしかして了子さんなのかね??

組織側は失われた先史文明の技術を解明して自分達の
占有物としたいとかなんとか。で、組織からソロモンの杖という
完全聖遺物をこの女は譲り受けて起動実験を行っているらしい。
ど、どういう事なのか、その組織から譲り受けた完全聖遺物って
いうのが2年前に奪われたネフシュタンの鎧の事??

あっ ネフシュタンの鎧の少女・クリスが拘束されている。
どうやらソロモンの杖=ネフシュタンの鎧という事なのかな?
真っ裸女は、響を拉致ってくるというミッションを失敗した
クリスにお仕置きのビリビリを喰らわす
どうやらクリスは何か願い事がって、それを叶えるには女の言うことを
聞けば叶うとか言われて従っているっぽい??

sy0203_1.jpg
女、なぜ真っ裸なのか…w


響は修業の為に学校に不在がち… 
訓練を終えた響はお疲れモードで特異災害対策機動部に戻ってくる。

響「朝からハードすぎますよ~」
弦十郎「頼んだぞ!明日のチャンピオン!」

明日のチャンピオン? いったい何の為に訓練しているんだよww


特異災害対策機動部の立場はけっこう微妙らしい。
扱っているものが、シンフォギアという最重要機密事項なもので
その上、ノイズとの戦いで派手にやらかした後の後片づけとか
そういうものも引き受け情報封鎖などもやっており、無理を通す
事も多く、日本政府内ではやっかまれているとか…。

あれ、そういえば了子さんがいない…
弦十郎は了子さんは永田町に説明義務を果たしに行っていると
言うが、永田町の方には了子さんの姿はなく、永田町の約束を
すっぽかしている模様!? ってことは…やっぱり、さっきの
真っ裸の女は了子さんか!! って、当の了子さん発見。
了子さんはどっかの山道を車で爆走中… さっきの屋敷からの
帰り道ってことか… 

病院で昏睡状態の翼は奏の夢を見る。奏は夢の中で翼と話し、
奏が側にいないと嫌だよ…と言う翼に

私が側にいるか遠くにいるかは翼が決めることさ

と告げる。次ぎの瞬間、翼の意識が戻る。
よかった、よかった… もう、前回は翼が退場してしまうのでは
と心配したよ…。

sy0203_m1.jpg

了子が会う予定だった大臣は何か大事なものをもって移動中。
大臣、特異災害対策機動部は大切だから、できるだけ守ってあげたいとか
言っている… いい人じゃ…! っていうか、なんか大臣達の車が
狙われそうなにおいがプンプンしているんだけど…と思ったら
案の定、大臣達の車が襲撃を受け、秘書や運転手が速攻で銃殺され
大臣も殺されてしまった。大臣達を襲撃したのはさっき真っ裸女と
喋っていた組織の部隊!?大臣が大切に持っていたものは…??

了子が特異災害対策機動部に戻ると大臣が殺された事が弦十郎から
了子に告げられ、了子はどこに行っていたのだ?という事になるが
了子は携帯が壊れていたとかなんとかテキトーに誤魔化して
大臣から受け取ったと言ってケースから何かを取り出す。って、あれ、
そのケースは…大臣が死ぬ間際まで持っていたものじゃ…??

sy0203_2.jpg
うわぁぁがついてる!! 

特異災害対策機動部では作戦会議が始まる。
政府はアビスに保管されている完全聖遺物・デュランダルを永田町の最深部に
ある特別電算室・通称・記憶の遺跡に移送する事を決定。
ええっアビスって東京スカイツリー3本分もある地下深くにあるのかw
なんか凄いんだけど。っていうか、なんかこの移送作戦自体が了子の策略じゃん。
だって了子は政府の人に会ってないわけだから、永田町の意向を伝えている
わけじゃないもんねえ… 内通者=了子って事だしねえ…。

予定時間までは響は休憩。
一旦、寮の部屋に戻って荷物を取りに行くが、相変わらず未来には何の
事情も話せないので、テキトーに誤魔化して慌てて部屋を出て行く響。

心配もさせてもらえないの…?

と寂しそうに呟く未来。

特異災害対策機動部に戻った響は待機中に置いてあったスポーツ新聞を
読んで、戦いで負傷した翼の事が「過労で入院」となっている事を知る。
すると、そこに緒川が現れて「情報操作も僕の役目でして…」と言ってくる。
緒川は「何事も沢山の人間が少しずつ色んな所でバックアップしている」
響に伝え、だから響ももう少し肩の力を抜いたらどうか?とアドバイス。
響はそれを素直に受け止める。

早朝…作戦開始!
響はデュランダルが積んである了子の運転する車に乗り、記憶の遺跡を目指すが
出発して早々に敵の襲撃が始まり、ノイズもガンガン攻めてくる。
あえて危険な薬品工場に入り、敵の動きを封じよう?とするが、ノイズの
攻撃は止まらない。って… 了子さん、なんかノイズの攻撃を特殊能力
みたいなので防ぎまくっているんだけどw もちろん、それを響も目撃して
驚きまくり。了子さんが攻撃をガードしてくれている間に響はシンフォギアに
チェンジしてノイズとの交戦を開始。響の歌キタ――(゚∀゚)――!!
うむ、相変わらず、悠木碧ちゃんの歌が始まるとちょっと可愛い雰囲気になるw

sy0203_m2.jpg

修業の成果が出まくりの響は次々とノイズを倒していく。その様子を
ちょっと離れた場所からクリスが見ており、戦えるようになった響を見て
驚く。そして、デュランダルが響に反応!? 

と、ここでクリスも参戦してくるが…
sy0203_3.jpg
何、その登場の仕方ww

デュランダルは反応し、ケースから飛び出し、それをクリスがゲットしようと
手を伸ばすが、響が阻止。デュランダルを手にしたのは響の方だった。
デュランダルを手にした響はなんか、また例の肩から上が真っ黒モード
なり、デュランダルを使いこなし巨大な力を振るう。クリスは歯が立たず
また吹き飛ばされる。あれぇ…後でまた怒られてビリビリにされちゃうぅうw
それにしてもクリスはいったい何なの、なんか可哀相になってきたよ。
薬品工場は大爆発を起こし、響は意識を失うが、了子が特殊能力を使って
響を爆発から守る。うーん、了子の目的がイマイチわからん、デュランダルを
奪う事が目的というより、純粋にデュランダルの効果が見たかったみたいに
見えた。なんというか、研究の成果が見たいというか…そんな感じ??

移送計画は一時中断、なんか響は( ゚д゚)ポカーンとしているけど…


今回はこんな感じでした。
了子…いったい何者なんでしょうか。あの真っ裸女=了子で決まりなのか。
了子はいったい何が目的なのかねえ… で、こうなると、了子は内通者で
敵という事なのかね?? しかし、他の組織の事すらも了子は利用している
っぽいんで、彼女自身、何か独自の目的があるわけだね?
なんか、色々考えるのも意味ないような気もするんだが、とにかく
クリスが可哀相っ 何、あのビリビリ、なんとなくだが、了子が
プリシア・テスタロッサっぽいなと一瞬思った。
響がデュランダルを使いこなし?ていましたが、これから響がデュランダルを
使っていくのかな? うーん、ほんとよくわからん。
次回が楽しみだな!

関連レビューは以下からどうぞ
「戦姫絶唱シンフォギア」第1話プレミア上映会へ行ってきました!
EPISODE1 覚醒の鼓動
EPISODE2 雑音と不協和音と
EPISODE3 夜にすれ違う
EPISODE4 落涙


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(28) 

nice! 0

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 28

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ