So-net無料ブログ作成

つり球 #6 戦慄のスプラッシュ レビュー [アニメ]

tsuritama0518_top.jpg

バイトを始めて3週間が過ぎ、仕事が楽しくなってきたユキ。
でも、それよりもっと楽しいのが…
仕事の後の船釣り!

三人で並んで釣りを楽しんでいると、小魚の群れが居る場所に
鳥が群がっている場所がある。それはナブラという、大きな
魚に追われた小魚がいる場所で、つまり…そこの近辺には
大きな魚がいるという事だった。 今回、目にしたナブラは
多分、マグロがいるんじゃないかと言う夏樹。

マグロって釣れるの!?

驚くユキ。そして、マグロへ想いを馳せる!
今回は… マグロ釣り!?

後は続きからどうぞ
 


ケイトが退院できる事になった!!
お祝いに、自分で魚を釣ってケイトにふるまいたいというユキ。
そして、お祝いの魚はケイトが好きなマグロにしたいと!
おおー! ついにマグロ釣りですかー! 
でも、そんな簡単にマグロって釣れるのか…?

その様子をいつものようにモニタリングしていたアキラ。
「マグロ釣りかあ…」となんか自分も参加したげな様子で
タピオカに突っ込まれる。アキラは最近、江の島の海で起きている
奇妙な事件を調べていた。バミューダシンドロームのように
完全な神隠し的なものではないが、気付いたら記憶が飛んでいて
場所が移動しているという奇妙な事件だという。その事を
DUCK本部に報告すると、DUCK本部はその件に関してはすでに
把握しており、それはアキラ達の業務とは別問題なので、引き続き
自分の業務を続けろと言われる。本部との連絡の後、不満そうに
溜息をつくアキラ… 「江の島…神隠しか…」

アキラは神隠しについて調べる為に神社へ。
えり香に訊くと、神社の宮司である祖父・平八(CV:古川登志夫)
に訊けばいいという。なるほど、古川登志夫は第一話のアバンで
ナレーションをやっていたけど、あれは平八が語っていたという
事なんだね。

平八はアキラに江の島に古くから伝わる伝説があると教える。
神隠しを起こす竜とそれを鎮める天女…
竜は架空の生き物では?とアキラが言うと、平八は、それを否定
今は、たまたま平穏なだけで、竜は実在する的な事を言う。
そして、最近何か妙な胸騒ぎがするという平八。 
平八は去り際にアキラに…

ところで貴方、ヒゲの生えた魚がお好きじゃろ?
ナマズデ!

とダジャレを一発決めていったw 上手い!
アキラはダジャレが激しく苦手らしい。こ、これがアキラの弱点w


バイトの後の船釣りでさっそくマグロ釣りの方法を学ぶユキ達。
まずはギンバルベルトの装着。使うルアーはペンシルベイト
作中で使われているルアーはもちろんSHIMANOのOCEA PENCILから。
ペンシルベイトはその名の通り鉛筆のように形が単純な為に、
ただ巻きだけではアクションしない為に、ジャーキングの
誘い出しのような緻密なロッドワークが必要になる。

あれ、そういえば、仕事後の釣りなのに、アキラも乗っているw
マグロ釣りで一番大切なのは正確なキャスティングだ
と、マグロ釣りのポイントを語るアキラ。なんだかんだで、アキラって
釣りに凄く詳しいし、釣り大好きだよね…w
あと、船と釣る人とのコンビネーションもマグロ釣りでは大切だと
船長が言う。なんか色々あるのね… マグロ釣りは色々と難しいと
ユキが不安そうな表情をのぞかせると、夏樹は「大丈夫、絶対釣る。
大事なのは場所なんだ」とマグロが居る場所を見つけるのも大切だと
言ってくる。なるほど… マグロが居る場所に正確にキャスティングし
ロッドワークで食いつかせ、マグロが食いついたら船と協力して
釣り上げるとな!

tsuritama0518_m1.jpg

翌日…
バイト中、すごい鳥山ができている場所を目にしたお客さんが
あっち行かないの?と言うと、その場所は明海(あけみ)と呼ばれる
人工の漁礁である事が明かされる。船長は、決まりでその場所では
釣り禁止になっていると言うが、実際の所、そういう決まりはなく
ただ、その場所で漁船が消えたという話があったりして、地元では
みな寄りつかないのだという。 
もちろんアキラは明海に興味を示したようだ…
ここのシーンで、船の機器とか魚群探知機とかにノイズ走ったり
何かがあるような印が出たりと、明らかに明海が怪しい!

で、これが映ったけど…
tsuritama0518_1.jpg
これが明海の所に? なんか竜が数珠繋ぎになってる!?
この数珠繋ぎになったもののずーっと海底が光っていた…

1ヶ月のバイトが終了!
いやー、ほんと、このバイトでユキは成長したねえ。
「ありがとうございました!!」
と大きな声と大きな笑顔でお礼を言うユキ。
船長は「来い!」と手を広げる。どうやらこれは恒例らしい。
ユキは心の中で「そりゃ、気持ちは飛び込みたいけど…」と
思い、ちょっと照れて赤面。やんなきゃ終わらないと夏樹に
促され、夏樹と二人で船長の胸に飛び込むが、ハルに押され…
tsuritama0518_2.jpg
ハルは抱きつけたが、夏樹とユキは海に落下w

バイト後、ユキはマグロ釣りの練習。アキラはまた乗船してる。
きっと、1ヶ月の間、ずっとこんな感じだったんだろうな。
アキラは船長から船の運転を教わって、船を操縦していた。
船長は指示を出しながら操縦免許を持ってない同乗者に
操縦させる事も可能だがアキラが教わっているのは、釣り人と
連携する操縦方法なのでアキラ自身はすでに小型船舶操縦免許は
持っているのかな。

アキラは運転を教わりながら、船長に明海の事も聞くが
船長は明海の話になると、言葉を濁す。
日没までまだまだ時間はあるが、船長に用事がある為に今日は
早々に引き上げる事になった。船長は他で船を出してもらっても
いいが、明海には近付くなとユキ達に念を押す。

丘に上がった後、船を出してくれる所を探すユキ達だったが
どこもダメだった。船長、寄合に行くって言ってたから、ここらへんの
船長とかみんなダメっぽいのかな…? 途方に暮れていると、アキラが
現れ「よかったら、俺の船で行くか?」と誘ってくる。
なんとアキラ君、船持ってたw
見た感じ、ヤマハイグザルト45コンバーチブルあたりでしょう。
非常に高い船です。

アキラに船を出してもらい、釣りを開始するが、なかなかマグロは
かからない。ケイトの為にどうしても釣りたいというユキの為に
夏樹は明海に行くことを提案する。アキラも、明海の調査を
したかったので、一行はすぐに明海へ向かう。明海に近付くと
そこら中で魚が跳ねまくりの、すごい漁場! そして、夏樹は
マグロを発見。ユキは早速、ルアーを投げ入れ、すぐにマグロが
かかるが、バレてしまう… 船を止めたアキラは、ユキじゃ無理だ
自分に釣らせろと言ってくるが、夏樹はユキにもう一回チャンスをと訴える。

バカヤロウ!信じろよ!
ユキが釣らなきゃ意味ねーだろ!!
ユキ!ばあちゃん、待ってるぞ!!

もう一度、マグロに挑戦するユキ。マグロがかかり、船を操縦する
アキラと連携しながら釣り上げようと懸命に頑張るユキ。
そしてついに、マグロを釣り上げた! 江の島沖でもマグロとか
釣れるんだ… みんなで喜んでいると、何か突然異変が起きる。
記憶が突然飛んで、明海から離れた位置にいつの間にか船が移動
していたのだ… なんか、不可思議現象起きた…!
丘では、明海に向かった船が居たと平八が言っていて、船長は
すぐにそれがユキ達だと気付く。

船の周辺では更に怪奇現象が続く。船のすぐ近くで、巨大なナブラの
ようなものが現れ、それを見たハルは「あいつだ!ここで会ったが
100年目!」と頭の上に光の輪を浮かべ、ナブラのような渦巻きに
向かって何かをするが、効かなかった?? なんかよく分からないが
ハルが何かをした後に、海からは魚が飛び跳ねまくって、ユキ達に
向かってくる。ハルは、ユキと夏樹を水鉄砲で撃つ、アキラも
撃とうとしたが、アキラは水鉄砲を避ける。アキラはハルに向かって
リアル銃らしきものを構え、ハルの目的を問いただすが、ハルは
「人間って面白い!」と答える気なしw

tsuritama0518_m2.jpg

丘では、大騒ぎになり、夏樹の父も必死になって夏樹を捜していた。
船長は青春丸で出航し、ユキ達を探す。 ハルがアキラを水鉄砲で
撃とうとした時、船の下に何か巨大なものが現れ、船ごと持ち上げられ
気付くと、みんな船ごと岩場にうちあげられていた。
やってきた青春丸にアキラが非常灯を焚いて位置を報せ、皆、無事に
救出された。 船長は、夏樹、ユキ、ハルをビンタ。ユキは自分が
マグロを釣りたいといったから…と必死で謝り、船長は三人を
涙ながらに抱きしめる… 夏樹パパも安心して泣きまくりだが、夏樹は
夏樹パパを無視してすーっと行ってしまう。夏樹と夏樹パパの関係は
まだ改善の兆しが見られないね…

ハルは胸をおさえて「キューン」と呟く。
宇宙人のハルに胸が痛くなるようなキュンとした感情が目覚めたのかな?

そして、次の日… ケイトが帰ってきた!
ユキの家では、ケイトの退院祝いがお庭で、ユキが釣ったマグロを
みんなに振る舞って盛大に行われる。

あの時、夏が終わるのが寂しかった…
そんな風に感じたのは初めてだった。
そして… あの日から暫く、ハルの本当の笑顔を見る事はなかった
それが、なぜだか知るのは…もう少し先の事だったけど…


一方、江の島の海では確実に何か異変が起きているようで…
って、何だ… どういう現象なのw
船の上でみんなが江の島踊りを踊っちゃう現象!?


今回はこんな感じでした。
マグロって、江の島沖でも釣れるんですね、沖で、一般人が普通に
釣れるマグロっていうとキハダマグロしか思いつきませんが、
あのマグロは別に黄色い部分がなかった、何マグロだったんだろうか?
ついに、何か、海に出てきましたね… なんだったんだろうか、あれは。
平八が言っていたように、竜なのかな? 今回、アキラ達た
明海の所に行っちゃった事で、目覚めちゃったような感じなのかな?
そこらへんは、かなり謎だが、あの竜が数珠繋ぎになっているような
ものの下に確実に何かがありましたね… ハルはそれとどういう
関係なのか、ハルはいったい何をしたいのか、そこらへんはまだ
見えてこない。ただ、船の上で、水鉄砲を撃ちまくってたハルは
ちょっと怖い感じでもあった? 今回の件で、ハルは胸がキューンと
してしまったようだが、宇宙人にはそういう感情がなかったのねw
アキラの船がとてもいい船で、あれはアキラが個人で所有していると
いうより、DUCK所有の船なのかね? 
ケイトが退院できてよかった! あと、夏樹とユキが同じように
日に焼けてて、微笑ましかったなあ… ハルは宇宙人だから日焼けしないのか?


前回までのレビューは以下からどうぞ
#1 テンパってフィッシング
#2 悔しくてユニノット
#4 ムカついてランディング
#5 へこたれてジャーキング


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ