So-net無料ブログ作成

ソードアート・オンライン #03 赤鼻のトナカイ  レビュー [アニメ]

sword0722_top.jpg

2023年4月8日 第11層・タフト 
ギルド・月夜の黒猫団を助けた事で縁ができ、ギルドに
誘われたキリト。キリト、レベルが何か訊かれて、自分の
本当のレベル言わなかったな。ビーターだってバレるのが
嫌だから言わなかったのか… (;´Д`)
キリトの本当のレベルは40だが、レベル20そこそこと嘘を…

黒猫団はリアルでは、同じパソコン研究会のメンバーという
事で、みんな仲が良く、紅一点サチちゃんは可愛い。
ほんわかムードな黒猫団の雰囲気、メンバーみんなは
とってもいい人達… キリトはギルドに入る事にする。

じゃあ…仲間に入れてもらおうかな… よろしく

おお!? キリトがギルドに! やっぱり、こんな気のいい
人達に誘われたら断りづらいし…なんといっても、きっと
純粋に黒猫団の力になりたいって思ったんだろうな…。


後は続きからどうぞ

 


2023年5月9日 第20層・ひだまりの森
キリトが黒猫団に入って1ヶ月か…
モンスターと戦う時の様子が出てたけど、サチちゃんは
未だにかなりモンスターに脅えている様子。彼女に前衛は
無理なんじゃ… キリトはモンスターにトドメを刺すのを
他のメンバーに譲り、それによって、メンバーのレベルは
いい感じに上がっている。

黒猫団のリーダーであるケイタは、最前線で戦う攻略組に
今は攻略を任せてしまっている、彼らが強い理由は、全
プレイヤーを守ろうと思う意志力、もちろん自分達の仲間の
安全が第一だが、いつかは自分達も攻略組に加わりたい…
という大きな目標を持っていた。
それを聞いたキリトは、いつか黒猫団が本当に最前線で
戦う事になったら、攻略組の閉鎖的な雰囲気を変えるかも
しれない…と淡い希望を抱く。
あっ、キリトのレベル48になってるじゃん。普段の
モンスターとの戦いではみんなに経験値譲ってるような
戦い方してるし、自分のレベルに合わない階層で
戦っているのに、この前の40から8も上がってる。

夜、黒猫団のミーティングで、前衛としてがんばれと
プレッシャーをかけられるサチ。サチの表情暗いなあ…
前衛は無理なんじゃないのかねえ…

深夜…キリトは一人宿を抜け出す
2023年5月16日 第28層・狼ヶ原
そこで、キリトは意外な人物と再会!! 
クラインじゃんー!! クラインはキリトのステータスを
見て、キリトがギルドに所属している事を知る。
キリトは挨拶もそこそこに、すぐにその場から去っていく。
キリト、夜中に一人、上層階に移動してレベル上げしてたのか…
やっぱり、プレイヤーとして強くありたいという願望
だけは抗えないっ

sword0722_m1.jpg

深夜のレベル上げを終えて、元の層に戻ってくると
ケイタからメールが入っており、なんと、サチが行方不明だという。
ケイタ達は迷宮区へサチを探しにむかったとメールには
書いてあった。 キリトもサチを探しに向かうが、上位スキルで
ある"追跡"を獲得済みのキリトにとってサチを見つけるのは
容易かった。

水路のトンネルの中に座り込んでいるサチを見つけたキリト。
話しかけると…サチは言う…
「ねえ、キリト、一緒にどっか逃げよ」

「逃げるって…何から」
「この街から。モンスターから、黒猫団のみんなから…SAOから」

「そ、それは…心中!?」
sword0722_1.jpg
焦るキリトw 

サチは「死ぬのが怖い、怖くてあまり眠れない」と不安な気持ちを
打ち明ける。キリトは「君は死なないよ」と、現在の黒猫団は
マージンも必要以上に取ってるし、キリト達が前衛をやってるから
安全だと優しく諭す。あー、「君は死なない」とか言えば言うほど
死亡フラグに聞こえる… 

宿屋に帰った後、サチはやっぱり眠れないといってキリトの
部屋にやってきた。一緒のベッドで眠る二人。キリトはサチに
「大丈夫。君は絶対に生き延びる」
と声をかけ、それを聞いたサチは安心して眠る…
sword0722_2.jpg
キリトの言葉に安心した様子のサチ…カワエエな…
しかし、死亡フラグが立ちまくり…orz

眠るサチの顔を見て、キリトは
「君達は俺が絶対に守るから…」
と強く思う。これでキリトが黒猫団を守れなかったら
トラウマになりそうな悪寒。


ケイタは始まりの街にギルドハウスを買いに向かった。
残された黒猫団は、ケイタが家を買いに行ってる間に家具を
買うお金を稼ごうと、ちょっと上の階層に向かう。
キリトはちょっとだけ止めたけど、レベル的には安全な
場所っぽいので、結局そこへ向かう事に。
うわ…もう駄目だ…と視聴者全員が思ったよな…ここ。
27層・迷宮区で順調に狩りを進めた黒猫団。
隠し扉があり、キリトの制止も聞かずに、黒猫団のダッカー
宝箱に飛びつく。ダッカーが宝箱を開けると、アラームが
鳴り出しトラップ発動、部屋にはモンスターが押し寄せてきた。
緊急脱出用の転移クリスタルも効かず、パニックに陥る黒猫団。
最初にダッカーが死亡し、次ぎにテツオが死亡、直後にササマル
死亡、そして、ついに、サチがキリトの目の前で死亡した。

死ぬ直前、サチはキリトに何か言っていた…
sword0722_3.jpg
この光景、キリトのトラウマになりそう


2023年12月24日 第49層・ミュージェン
あれから7ヶ月くら経ったのか…
街はクリスマスで賑わっている。
キリトは一人ベンチに座り、情報屋のアルゴ
喋っていた。

sword0722_4.jpg
これがアルゴちゃんか…!

キリトが狙っているのは、クリスマスイブの夜、
あるモミの木の下に現れるというイベントボス
"背教者ニコラス"だった。
なぜキリトが"背教者ニコラス"を狙っているかというと
彼が落とすという噂の超レアアイテムをゲットする為だった。
その超レアアイテムは、プレイヤーの蘇生アイテムと言われていた。
うわぁ…キリト、死んだ黒猫団の為に蘇生アイテムを…。
その為に情報を集め、"背教者ニコラス"が何処に現れるかの
目星もつけ、無茶なレベル上げもしてきた。ソロで挑めば
死ぬ確立は高いらしいが、キリトは死んでもいいと思っている。

7ヶ月前、キリトがサチ達の死亡と、自分がビーターで
あることを戻ってきたケイタに告げると、ケイタは
ビーターのお前が、僕達に関わる資格なんてなかったんだ!!
と叫び、キリトの目の前で投身自殺をした。
うわああ… これもトラウマになるな…
キリトは自分の思い上がり…レベルを隠していた事等が
黒猫団を全滅させたと思っている。
サチが死の間際に何をキリトに言っていたのか
それを知りたいが為にキリトは蘇生アイテムを求めている…

どんな言葉で罵られようと…俺はそれを受け入れなくてはならない


第35層・迷いの森
"背教者ニコラス"が居る層に来たキリトだが、そこにクライン達の
ギルドが現れる。クラインは一人で"背教者ニコラス"に挑もうと
しているキリトに一緒に組んで闘おうと言ってくる。
キリトは、自分一人でやらなければ意味がないと、クラインの
申し出を断ってくるが、そこに聖竜連合が現れる。
聖竜連合はレアアイテムの為ならヤバイ事もやる連中らしい…
えええ…プレイヤー同士も戦う事あるのか… こんなデスゲームの
中なんだから、せめてプレイヤー同士が戦うのだけはやめて
もらいたいよ…。

クラインはここは自分達に任せろと言って、キリトを先に行かす。
クライン、いい人だよぉお(ノД`)

時間に間に合い、"背教者ニコラス"が現れる場所にたどり着いた
キリト。鐘の音と共に、"背教者ニコラス"は現れ、キリトは
叫びながら、"背教者ニコラス"に斬りかかっていく。

クライン達はなんとか聖竜連合を防いだ模様。
そこに、キリトが"背教者ニコラス"との戦いを終え戻ってきた。
キリトが生きて戻ってきたので、クラインは喜ぶが、キリトの
目は虚ろだった。キリトは"背教者ニコラス"が落とした蘇生
アイテムをクラインに渡す。クラインがそのアイテムの詳細を
見ると、確かにそれはプレイヤーの蘇生アイテムだったが、
プレイヤーが死亡した直後、10秒以内に使わないと意味が
ないものだった。つまり、サチを生き返らせる事はできない…
うわぁ… こりゃ、キリトの目もうつろになるわ… 

キリトはクラインに、蘇生アイテムを譲り、その場から
去っていく。クラインは泣きながらキリトに
「キリトよぉ、お前は、お前は生きろよ!
 最後まで生きろよ、生きてくれ!」
と言い、キリトは「じゃあな…」と去っていった。
クライン、ほんといい人だな…。

sword0722_m2.jpg

宿屋に戻ったキリトが机に突っ伏して項垂れていると
アイテムウインドウが点滅し、ギフトボックスにサチからの
アイテムが入っている事に気付く。ボックスに入っていたのは
タイマー起動のメッセージ録音クリスタルだった。
キリトがそれを取り出し、テーブルの上に置き、クリスタルを
クリックすると、サチの声が聞こえてくる。

メリークリスマス キリト
君がこれを聞いている時、私はもう死んでると思います。
何て説明したらいいのかな… えっとね、ホントのこと言うと
私、はじまりの街から出たくなかったの。でも、そんな気持ちで
戦ってたら、きっといつか死んでしまうよね。
それは誰のせいでもない、私本人の問題なんです。
キリトは、あの夜からずっと、毎晩、毎晩、私に絶対死なないって
言ってくれたよね。だから、もし私が死んだら、キリトはすごく
自分を責めるでしょう。だから、これを録音する事にしました。
それと、私、ほんとはキリトがどれだけ強いか知ってるんです。
前にね、偶然、のぞいちゃったの。
キリトが本当のレベルを隠して、私達と戦ってくれるわけは、
一生懸命考えたんだけど、よく判りませんでした。
でもね、私、君がすっごく強いんだって知った時、嬉しかった。
すごく安心できたの。だから、もし私が死んでも、キリトは
頑張って生きてね。生きてこの世界の最後を見届けて、この世界が
生まれた意味、私みたいな弱虫がここに来ちゃった意味、そして…
君と私が出会った意味を見つけて下さい。
それが私の願いです。
だいぶ時間余っちゃったね、じゃあ、せっかくクリスマスだし
歌を歌うね。 

サチが歌ったのは赤鼻のトナカイだった。
歌い終わったサチは最後に言った。

じゃあね、キリト、君と会えて、一緒に居られてほんとに良かった。
ありがとう、さよなら

録音クリスタルは役目を終え、机の上に落ち、キリトの
涙が机の上にポタポタと落ちる…
サチが、死ぬ直前にキリトに向かって言っていた言葉は
まさに、この最後の言葉「ありがとう、さよなら」だった…。


今回はこんな感じでした。
黒猫団…悲しすぎる… サチの死はもちろん、ショックだが
それより、ケイタが目の前で焼身自殺した方がショッキング
じゃないか? 黒猫団の声優陣がいい声優を使っていたんで
こんなに一瞬で退場とは思わなかったよ…
ケイタ(CV:豊永利行)、ササマル(CV:代永翼)
ダッカー (CV:江口拓也)、テツオ(CV:赤羽根健治)
そして、サチ(CV:早見沙織)
さよなら…黒猫団! 
もう、黒猫団との出会いと永遠の別れは、キリトにトラウマ
しか残さなかったな。キリトが自分のせいで黒猫団が死んだと
思っているが、確かに、それはちょっとあるかもしれない。
キリトと出会わなかったら、黒猫団はレベルもそんなに
上がらないので、安全な場所に留まっていたかもしれない…
でも、ケイタ君、みんなが死んじゃったからって、いきなり
投身自殺はないよなぁ… あのシーンはほんと、ショッキング
シーンであった。
宝箱開けて、トラップとか、ミミックみたいな単体な
モンスターだったらよかったのに、まさか、あんなに
わんさか出てくるとは…。

クラインが相変わらずいい人だった。クラインは絶対に
死んで欲しくないよね。彼のギルドも全員生き残ってもらいたい。
キリトは立ち直れるのだろうか… 時間が経てば傷は癒える
だろうけど、今回の事で、キリトはますます孤独になった。
もう二度とギルドに属する事もなさそうな…

前回までのレビューは以下からどうぞ
#01 剣の世界
#02 ビーター


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(12) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 12

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ