So-net無料ブログ作成

TARI TARI 第7話 空回ったり 見失ったり  レビュー [アニメ]

taritari0813_top.jpg

和奏の補習は終了、だがウィーンの補習はまだ終わらない…w
和奏は音楽をまたやる気になったんだから、転科しないで
また音楽科に戻ればいいと思うんだけど、そういうわけには
いかないのかな? というか、そういう気はないのか…。

和奏が合唱部の一員として活動を開始してくれたお陰で
合唱部はいい感じ。

ダマされるウィーン…
白浜坂高校文化祭、略して白祭(シロサイ)
呼ばれているのだが、シロサイが何だかわからないウィーンが
シロサイって何ですか?と訊くと… "白いサイだよ"と教える
女子達。シロサイとは、体育館の地下にいる白いサイを年に一回
外に出してやるお祭りだと説明すると、ウィーンは
「そうか、ずっと地下じゃ可哀相だもんね」と信じたようだ…w 

大智「女って怖えな…」

後は続きからどうぞ

 


白祭で合唱部が何をやるか…
体育館のステージで出し物をする予定の合唱部。
普通にやったら、人数が多い声楽部に負けるという事で
何か特別な事はできないかと考えるがなかなかいい案は出ない。
「教頭には負けたくない」と女子達は思っているが、大智が
「勝ち負けじゃなくて自分達の唄を唄えばいいんじゃないか」
と言うと、みんなその大智の意見に賛同。

そんな話をしていると、準備室に声楽部の人達が道具を取りに
入ってくる。声楽部の部長、広畑さん怖ヒ。 広畑さんは
「声楽部の邪魔をしないでもらえると嬉しいんだけど」
なんかキツイ事を言って去っていった。 そんな事、わざわざ
言わなくてもいいのにねえ…。
しかも、最後に出て行った大谷さんは
「Ciao strepitoso」
と、バイバイ~やかましい人達~みたいな感じの嫌味を
言っていった。また、そんな事言わなくてもいいのに。

それを聞いた来夏は「やっぱ負けたくない…」と呟く。
あんな嫌味を言われたら、負けたくないって思っちゃうよね。

部活後、来夏は生徒会室へ白祭のステージ申請書を出しに、
紗羽は流鏑馬の練習、大智は塾(スポーツ推薦にもれた時の
為に勉強もしている) ウィーンはまだ進路が決まってない様子。
和奏も進路が決まってないと思ったウィーンが
「僕達似たもの同士だね」と言うと、和奏は
「私は今、形にしたいものがあるから、まずはそれからかな」
と言う。和奏は、まひるが残した唄を完成させたいんだもんね。
和奏が去った後、ウィーンはちょっとションボリしているように見えた。

taritari0813_m1.jpg

来夏が生徒会室へ行くと、生徒会副書記である弟・誠が居た。
誠、久しぶり。最近、誠のお風呂シーンもないしねえ…w
メインステージの責任者、教頭先生だよ
ええええ…こりゃ、また一波乱ありそうな予感。
果たして合唱部はメインステージで唄う事ができるのだろうか。

流鏑馬の訓練を終えた紗羽が家に帰ると、父が待ちかまえていた。
父は紗羽宛てにきた競馬学校の案内を勝手に開けており、紗羽には
騎手なんて無理だと反対してくる。父はお金の事を引き合いに出して
服や学費だって仕事をして稼いでいるんだ、紗羽の馬乗りは遊びだと
批判してくる。

「だったら返すよ、こんなもん!」
taritari0813_1.jpg
怒った紗羽は制服を脱ぎ出す

と、ここで、ママが入ってきて、ちょっと仲裁。ママは父を
なだめたあと、紗羽に「勝った負けたの世界はあんたが考えてる
ほど甘くないよ」と言う。紗羽は父に「大ッ嫌い!禿げろ!」
言って部屋から出て行った。 禿げろって、父、すでに坊主なんだけどw

ウィーン君、やっぱり、自分だけ目標がなくて、ちょっと
落ち込んでいるんだね。その事をヤンへの手紙に書こうとするけど
やめて、シロサイの事を書いてた。って、ウィーンはまだシロサイの
事で、ダマされているままか…w


和奏のパパが作ってくれたお弁当…
taritari0813_2.jpg
来夏「愛父弁当か…」

愛父弁当ww

紗羽は…ダイエットか?
競馬学校を目指しているから、体重減らそうとしてるのかな。
見た目的に…紗羽はオッパイも大きいし体重は健康的な感じ
だもんねえ…。

学校に不穏な影!?
理事長がやってきて慌てる校長。
なんか、理事長が事業計画の話をしてるぞ…??
ロードマップを早める事にしたとか言って、校長にいい老後を
送りたかったらしっかり働けとか言ってる。
理事長は何をやろうとしているのかな?
あまりいい事のような感じはしないな…。

家でもほとんど食べない紗羽…
夕食を少し食べて、トイレで無理矢理吐いていた。
そして体重計の上に乗り… 
お腹鳴っちゃってるじゃん…

翌日、合唱の練習中、案の定倒れそうになってしまう紗羽。
紗羽がダイエットをしていると聞いた大智は、紗羽は太って
ないから、ダイエットなんてするひ必要はないと励ますが
来夏と和奏から…
和奏「田中は黙ってて」
来夏「バーカ」
和奏「無神経」
来夏「クズ!」
和奏「クズ!」
来夏「バーカ」
和奏「クズ!」
と総攻撃に遭う… 田中、カワイソスww

帰ってしまった紗羽を追いかけた来夏と和奏。来夏が紗羽を
見つけると、紗羽は誰かと電話をしていて
「好きなだけじゃダメなんですか!?そんな半端な気持ちじゃ
 ありません!!せめて直接会って… お願いします!」
と誰かに話していた。それを聞いてしまった来夏は…
taritari0813_3.jpg
来夏「フォーリン・ラブ」

なんか激しく勘違いした感が…w

taritari0813_m2.jpg

後日…
みんなで市民ミュージカルを見にいく日。
待ち合わせ場所で紗羽を待ってる間、来夏は紗羽が
恋煩いをしていると和奏に言い出す。
来夏「私の桃色の脳細胞に間違いはない!」

いや、その桃色の脳細胞、思いっきり間違えてるからw

ミュージカル中も紗羽はまったくミュージカルを見ていなかった。
ずっと思い詰めた様子の紗羽、ミュージカル後にお茶しないかと
言うと、紗羽は流鏑馬の練習があると言って帰ってしまった。
来夏と和奏はお茶の前に本屋へ行き、和奏は作曲の本を手に取る。
この時、和奏、芸大関係の赤本が置いてある所で足を止めてた。
和奏は最終的には芸大方面に進みたいと漠然と思っている所も
あるのかもしれない。

流鏑馬の練習中の紗羽は…
空腹のせいか、ちょっとボーっとしちゃっている感じ…
そして、事故が起こってしまった。
鐙(あぶみ)から足が離れてしまいバランスを崩して
走っている馬から落下する紗羽…


今回はこんな感じでした。
紗羽の騎手になりたいという夢、どうなるんでしょうね…
体重、そんなに問題あるのかな? 確かに、見た感じ、オッパイも
大きいし、健康的な体型だけど。 紗羽が電話で話していた相手も
気になりますね、誰なんだろう、将来の進路関係の人だとは
思うけど…。競馬学校の人?? とにかく、あんな、突然
激しいダイエットしちゃ、そりゃ体壊すし、立ちくらみもするよねえ。
落馬しちゃったが、紗羽は大丈夫なのかね? 予告見たら、たいした
事はなさそうだったので、とりあえず、ε-(´∀`*)ホッ
理事長が何をやろうとしているのかも気になりますねえ…
廃校とかそういうのはないとして、音楽科の廃止とか、そういうのかな?
ウィーンも気になる、彼は自分の目標がない事をけっこう気にしている
感じだもんね。
なんか、色々と問題が山積しているが、この後、どういう展開に
なるのか、楽しみですねー。

エンディングはついに和奏も加わってた!
taritari0813_4.jpg

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 飛び出したり誘ったり
第2話 集ったりあがいたり
第3話 振ったり出会ったり
第4話 怒ったり踊ったり
第5話 捨てたり 捨てられなかったり
第6話 笑ったり 想ったり


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(10) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ