So-net無料ブログ作成

TARI TARI 第8話 気にしたり 思いっきり駆け出したり  レビュー [アニメ]

taritari0820_top.jpg

鏑馬の練習中に落馬した紗羽はすぐに病院へ
運ばれ、ケガの治療とCTを撮る。
紗羽パパは血相を変えて病院へ駆けつけてきた。
検査の結果は問題なく、打撲と軽傷だけで済んだ。
不幸中の幸いだねえ。あんな落ち方したら、もっと
深刻なケガをしていてもおかしくなかった。
それと、お医者さんから栄養失調気味であることも
知らされ、驚く紗羽パパ…。
(;´Д`)娘が栄養失調気味なんて親からしたらショックだろうに。

紗羽の流鏑馬出場は主催者側から、未成年にケガをさせたら
責任が取れないからと断られてしまった。
「人様に迷惑をかけたんだ。頭を冷やしなさい」
父の言葉が重くのしかかる。

家に帰ると、紗羽の母が心配して部屋にやってくる。
紗羽は競馬学校に入る為の体重制限身長制限の話をし、
電話して問い合わせたが無理だろうと言われた事を明かす。

後は続きからどうぞ

 

えええ…体重制限以外に、身長制限があるんだ…
で、両親面接があって、まだ背が伸びそうだとダメなのか。
親の身長を見て判断するって事か。 厳しいのう…

紗羽パパは、現実の厳しさを指摘し、これからちゃんと
受験勉強して、乗馬は趣味でやりなさいと言ってくるが
紗羽は父に「出て行って!!」とパンフレットを投げつける。
翌日…紗羽は学校で一度出した進路届けの用紙を先生から
もらい、消しゴムで進路希望に書いた競馬学校の文字を消す…

音楽準備室が使えなくなった…
白祭のメインステージの為の選考会が近日中にあり、その
参加者達に音楽室を開放しているので、なんと声楽部が
音楽準備室を使用、声楽部は音楽準備室から閉め出されてしまった。
まー、声楽部の部長の言い方の嫌な感じったらない。あと
部長と一緒にいるヘアバントをしているギャルなんか、
来夏が「じゃあ、私達は?」と訊くと、「駐輪場とかで
いいんじゃないですかぁ?」と大変失礼な物言い。
意地悪ピープルだ… 声楽部の部長にお遊びだと言われた時
紗羽の脳裏に父に「お前の馬乗りは仕事じゃない、遊びだ」と
言われた時の事がよぎる。更にヘアバンドギャルが
「先輩達ってお気楽でいいですよね~」とまた嫌味ったらしい
口調で言ってきた時、紗羽はぶちキレ、今の自分の状況に
対する反論のような事を声楽部のギャル達に怒鳴る。
ここのシーン、見ていて、実はちょっとスッキリしたというか
紗羽ちゃん、もっと言ってやれ!とかちょっと思ってしまった。
だって、声楽部の人達、意地悪なんだもの…


とにかく、練習場を…とみんなで中庭で話していると
ウィーンの家にピアノがあり、部屋の広さにも余裕があると
いう事がわかり、みんなでウィーンの家に行くことになった。
視聴者的には、家が大きいような予感したよね…w
来夏は元気がない紗羽の様子を見て「ロスト…ラブ…」
呟き、まだ勘違いしている模様。

電車の中でのウィーンと大智の会話、ワロタw

「友達に忍者っている?」
「いねぇな」
「やっぱり忍んでいるんだね…」

ウィーン、忍者が本当に居ると思っているのかw


ウィーンの家に到着…
taritari0820_1.jpg
ww 

敷地の中に入ると家もけっこう豪邸!
元々はウィーンの祖父の屋敷で、今はそれを借りているとか。
ウィーンの部屋には暖炉まであって…

和奏「あ、暖炉がある~ 何か燃やしてみようよ!」

何か燃やしてみようよってww いきなり燃やしちゃダメだから!
しかも、今、夏だし。
大智は部屋の天井が高いかウィーンに訊いていたんだが
どうやら部屋の中でバドミントンをやるつもりだったらしい…
みんなフリーダムすぎるw


ウィーンの意外な一面…
部屋に飾ってある戦隊ヒーローもののフィギュアを来夏が
触ると、今まで出したことないような声で
「それはダメ!!!」と叫ぶウィーン。今までこんな
激しい部分を見せた事なかったので驚いた。飾ってある
フィギュアの中にはレッドが居ないので、それを指摘すると・・・

「レッドは今、遠いところで大事な任務を果たしているんだ…」
taritari0820_2.jpg
と遠い目で語るウィーン。
レッドは今、どこにいるんだろうね?
友人のヤンの所かな? そういえば、ウィーンはヤンに
暗い所を見せないようにしている節があるけど、ヤンに
何かあるのかな…?

taritari0820_m1.jpg

ウィーンの家にはグランドピアノがあったが、長年調律が
されておらず、使える状態じゃなかった。紗羽が帰ると
言い出すと、来夏は恋の悩みがあるなら言ってくれと、
勘違いしたまま言ってきたので、紗羽は自分のおかれている
状況を皆に説明する…

来夏やウィーンが「頑張ればもしかしたら…」「紗羽なら
大丈夫だよ」と励ましてくる中、和奏は「少し、離れて
みたら? 今の気持ちが少し落ち着いて見えるようになる」
とアドバイスを送る。紗羽は「何悟ったような事言ってんの」
と怒り出し、自分は今、離れたらもう終わりなんだと叫ぶ。

何悟ったような事言ってんのって、紗羽がイラっとする
気持ちもわからないでもないが、和奏は実際悟ってるんだよ。
いい加減な無責任な気持ちで言ってるわけじゃない、本当に
悟ってるから、紗羽に言えるんだと思う。

私音楽に戻れてよかった。
約束だから・・お母さんと一緒に唄を作るって。
唄で今でもお母さんと繋がってる…
でも、もし、もう一回お母さんに会えるなら
私、音楽をやめてもいい。
けど、それはもう叶わないから…
taritari0820_3.jpg



その夜…
猫でもわかる作曲教室本を読みながら、作曲の難しさの
壁に当たっている和奏の姿。「私、猫以下だ…」と呟く和奏。
紗羽はサブレに「私…空っぽだね…」と話しかけていた。

翌日…
紗羽が学校に来ていなかった。
来夏達は教頭に呼び出され、来夏と和奏が教頭に会いに行くと
教頭は合唱部のメインステージ使用の申請書を突っ返して
「辞退しなさい」と言ってくる。うわぁー 教頭、相変わらず
意地悪全開だな。来夏は「お断りします」と申請書を突き返す。
教頭は和奏に、こんな中途半端な事をさせる為に転科を許した
わけじゃないと言ってくる。和奏は…

私、合唱部に入るまで、音楽は独りで孤独に技術を磨く
ものだと思ってました。でも、それだけじゃダメだったんです。
色んな人がいて、気持ちがぶつかったり、すれ違ったり、
楽しかったり、苦しかったりして… うまく言えないけど
本当に綺麗なハーモニーを奏でるのは私独りじゃできないもん。
楽しいでしょ? 人がいるっていいね!

和奏が言った言葉の最後の部分、本当に綺麗なハーモニーを…の
所からは、かつて、まひるが教頭に言った事とオーバーラップして
教頭はその時の事を思い出し、「そう言って、全部一人でできて
しまうのが貴方じゃない…」と心の中で呟く。
来夏は、みんなの力を借りれば、ほんのちょっとだけ、人の
心を動かせるようになったと思うと訴え、舞台に立たせてくれと
教頭に懇願。教頭は、申請書を受け取り、メインステージ選考会に
出て、成長したのが口だけじゃないことを証明しろと、とりあえず
チャンスをくれた… が、選考会はなんと今日!!
えええ…w

紗羽が休みな為に、4人でやらなければならない!? 来夏が
ヤバイよ~と焦っていると、大智は4人でやるしかないと言ってくる。

バカ!もし、うちが100人の合唱部だったら
20人居ないって事だからね!!

と怒る来夏。例えワロタw 
来夏と和奏は、紗羽に電話をしたり、メールをしまくるが
紗羽は電話にもメールにも応えようとしない。留守電で
状況は伝わったが… 和奏は、紗羽はすごく落ち込んでいたから
「来て欲しい」ばっかりじゃダメだったかもしれない、落ち込んで
いる時はほっといて欲しいというのもあるが、気にしてくれる
人達がいるというのは嬉しかったと、当時の自分の気持ちを語る。

和奏が紗羽に送ったメールの文面…
taritari0820_4.jpg
「あきらめなくていいことまであきらめたくないから」
という部分がいいねえ… いいメールだー。
そして、無理強いをするわけじゃなく、紗羽が来てくれたら
とても心強いと伝える所も、なんかジーンとくる。

和奏のメールを見て、ちょっと紗羽が和んでいると
父の怒鳴り声が聞こえてくる…
様子を見にいくとなんと、紗羽パパは、競馬学校に電話
して、自分の娘が本気な事を必死で訴えている姿が!!

taritari0820_5.jpg
うちの娘は本気なんだ!
子供の頃から馬に乗って世話もできるし誰よりも
馬の心が解る。やさしい子だ!
何!?もう一回言ってみろ!
坊主舐めんな!! 地獄に落とすぞ!! 喝ー!!
うちの娘はなぁ…苦しい思いをしてるんだ…
無茶なダイエットをして、馬から落ちるまで悩んで…
わかるか?? ・・・・・・・・・

坊主舐めんな!地獄に落とすぞ、喝!とか、怒鳴るパパの姿
ちょっと笑えたが、同時に感動しました。やはり、父は
娘の事を本気で応援してくれているんだなと・・・。
。・゚・(ノД`)・゚ ちょっとウルウルしてしまった。
母もやってきて、紗羽に「お父さんは紗羽が大切で仕方ないのよ」
と言ってくる。 いやー、ほんと、パパが紗羽の事を
大切に思っているのが、ストレートに伝わってきたよ。
パパはいつも娘の味方さ!!

taritari0820_m2.jpg

紗羽が自室に戻ると携帯にはちょうど来夏達から電話が
入ってきた。来夏達は、それぞれ、紗羽に対するメッセージを
即興の唄にして、紗羽に送る。またまたいいシーンじゃ…和奏の
「変えられないものを変える勇気、貴方はまたいつか歩き出す♪」
というメッセージ、本当に良いー。みんな唄は紗羽に届き
紗羽は電話に出る。 

「今から行くから待ってなさいよ!!」
キタ――(゚∀゚)――!!

自転車が…ないっ そういえば、自転車は学校におきっぱなんだ。
紗羽はサブレにまたがり…って馬で学校に行くのかw
taritari0820_6.jpg
紗羽が馬で学校へ駆けるシーンもよかったわー。

学校では、紗羽の到着をみんなが待っていたが、なんと
選考会での合唱部の順番は一番最初… 和奏は時間を
かせぐ為に、学校に何度も、教頭を呼び出す電話を入れて
教頭に席を立たせ時間を稼ぐが、その策にも限界がきてしまい
いよいよステージへ立たねばならなくなった。
ウィーンが非常ベルのボタンを押そうとしたのワロタw
しかし、合唱部がステージに登った時、紗羽が到着!!
みんなとハイタッチを交わしながらステージに立ち…
いよいよ選考会が始まる!


今回はこんな感じでした
いやー、本当に良かった。何度も感動してしまった。
特に、紗羽パパが、一生懸命、娘の為に電話しているシーンは
感動なしでは見てられない、坊主舐めんな!地獄に落とすぞ、喝!は
笑えたけど、同時に、感動で、泣き笑い状態ですよ。
みんなが、紗羽に即興の唄を送るシーンもよかったね。
その上、いつものように、随所に笑えるシーンも多くて
ちょっとした台詞の一つがクスっとくるというw
Cパートで、サブレが駐輪場に繋がれているシーンもワロタw
次回は、ウィーンの話になるのかな? 
けっこう謎が多いウィーン君、今回、ちょっと意外な
一面を見せたりして、戦隊ヒーローに対する彼の想いは
単なる憧れだけじゃない、何かがありそう。友人・ヤンは
どんな人なんだろうか。
あ、あと、メインステージ、使えるといいですね~。

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 飛び出したり誘ったり
第2話 集ったりあがいたり
第3話 振ったり出会ったり
第4話 怒ったり踊ったり
第5話 捨てたり 捨てられなかったり
第6話 笑ったり 想ったり
第7話 空回ったり 見失ったり

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(10) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ