So-net無料ブログ作成

絶園のテンペスト 第六幕 矛盾する、頭蓋 レビュー [アニメ]

zetsuen1110_top.jpg

僕は彼女の遺体を確認したんだ
彼女は孤島でとともに死んでいる…

1月ほど前、左門から呼ばれて、鎖部の本家で
確認をしたという潤一郎。はじまりの樹の加護を
受けている葉風を殺す事など不可能と思われたが
はじまりの樹がまだ完全に目覚めていない事に
左門は駆けたのだという。つまり、葉風を直接
殺すのではなく、孤島に置き去りにする事によって
自然の理が彼女を殺すかどうか駆けたのである。

時間が経ち、左門は孤島から樽と葉風の遺体を回収。
葉風は既に完全に白骨化していたという。

でも、白骨遺体をどうやって葉風だと判別できたのか?
潤一郎は直感で骨が葉風のものだと判ったという。

後は続きからどうぞ

 


左門に絶園の樹の復活を指示してくれと頼まれた潤一郎だが
先代からなるべく中立の立場にいてくれと遺言されている為に
それを断った。いくら直接殺さなかったとはいえ、やはり
後で何が起こるか読み切れない事を考えると、左門が葉風を
殺したのは疑問が残るので、そこらへんを潤一郎が突っ込むと
左門はちょっと含みのあるリアクションをした。

zetsuen1110_1.jpg
潤一郎、頭蓋骨ナデナデし過ぎw

確かに葉風の遺体を確認したとはいえ、潤一郎は葉風が
はじまりの樹の加護がある上に強運だという事を考えると
殺しても死なない的な事を示唆する。

別れぎわに、潤一郎は何かを言おうとしていたが
「君らに言うべきことでもないか…」と言って、結局
言わなかった。


潤一郎の家を後にし、バスに乗りながら葉風と話す。
葉風は潤一郎は信頼できる人物だという。そんな信頼できる
人物が葉風がすでに死んでいると言うわけだから、いったい
今、話している葉風は何なのかという感じになるが、答えが
出るわけもない。と、ここで、外に大量のが飛んでいる
事に気付く、果実の出現が目の前で起こり、バスは止まるが
バスの運転手は真広や吉野の近くに居たので、黒鉄病の影響を
受けなかった。真広は、バスの運転手に、そのまま走るように
促し、左門の所へ向かう。

潤一郎さん強い~!
潤一郎に戻ってきて欲しいと言って夏村が迎えに来た。
潤一郎が断ると、夏村は力ずくでもと攻撃してくるが
夏村は潤一郎に歯が立たない。潤一郎さん、魔法使えないけど
強いんだね~。


真広と吉野は途中でバスを降りて、山で野宿。
真広が吉野に愛花の彼氏の事を訊いて、バレるのではないかと
ちょとドキっとしたが、バレずに済んだ。
そんな事を話していると、二人はいつの間にか囲まれてしまい
真広は気絶させられ、吉野だけが拉致されてしまう。
何この展開w なんで吉野だけが拉致されたかというと、
エヴァンジェリンと密会する為という…
暫くして真広は目を覚ます。

zetsuen1110_m1.jpg

エヴァンジェリンと密会した吉野は、彼女に連れられて場所を
移動し、そこで黒鉄病対策本部長補佐早河巧を紹介される。
早河さんは魔法使いに戦争をしかけるつもりだとかなんとかで
既に準備を整えており、その事を吉野に伝える。吉野は
エヴァンジェリンから彼女に頼んでいた荷物と銃を受け取り
吉野はエヴァンジェリンに魔具を渡す。
早河から今後の戦いの予定を聞いていると、外に真広が駆けつけた。
あ~あ…真広、可哀相に… 吉野が拉致されたと思ってるから彼を
助けようと思って必死でかけつけたわけだよ…。
軍の人達、そんな真広にマジ攻撃、もちろん、魔具使ってるから
攻撃は受け付けないが。真広が吉野を乗せて逃げる車を追いかけて
きたので、吉野は自ら車から飛び降りる。
この茶番のせいで、真広は何個魔具を無駄にしたのか。

何で来たんだ?と吉野が言うと、真広は
「いるのか?理由が…」
と答える。真広…カワイソス。何で来たんだもクソも
それは真広が吉野の事を大切な友達だと思っているからに
決まっているじゃないか。吉野はそんな真広を騙していて
罪悪感はないのかい。

俺がお前を救ってやるよ…

そう言う真広の言葉に気負いはなかったとか吉野は
心の中で呟いていたけど、そんな感想?w
真広は素直な気持ちで、友人である吉野に何かあったら
救ってやろうと思っているんだよ。

zetsuen1110_m2.jpg

真広は愛花の事を思い出す…
真広と愛花は兄妹といっても血が繋がっておらず
愛花は真広の気持ちに気付いていたと思われるが、真広の方は
愛花に対する自分の気持ちが何なのかに気付いていなかった。
「あなたは私とどうなりたいんですか?真広…」
「じゃあ、俺はお前とどうにかなるのか?」
zetsuen1110_2.jpg
「それはこう尋ねているのですね…
 お前は俺の女になれるのか…と」
このシーンの愛花ちゃん、どう見ても、真広に迫っているように
しか見えないんだけど、もし、真広があのまま、愛花ちゃんの
言葉を真に受けてキスとかしてきたら、どうするつもりだったのよ。
まあ、真広にはそんな事はできないと判っていて訊いたんだろうけど。
ホレイショー、彼女は小悪魔だ!(。_゜☆バキッ


今回はこんな感じでした
真広が大切な魔具をほっぽり出してまで必死で吉野を
助けにやってきた姿が、可哀相だったよ。大切な魔具も
吉野とエヴァンジェリンの茶番のせいで消費しまくりだし。
この吉野が拉致されるというくだり、原作にはない、アニメ
オリジナルな部分なわけで、原作では、吉野は彼女に電話しに
行くという理由で席を外し、その間にエヴァンジェリンと
会っているだけだった。ただでさえ、隠し事をされてるのに
なんで、真広がますます可哀相な感じになっちゃうオリジナル
展開にしたのか。
といっても、別に吉野が嫌いなわけじゃない、彼が
真広と行動を共にしている事を考えれば、吉野にとっても
真広が大切な友達であるんだろうと思うし。

葉風が胸の間に木彫り人形挟んでいるのがいいよね。

予告見た感じ、次回も色々とオリジナルを入れてきそうですね~
楽しみじゃん! ファーストキスってサブタイだけど
キスシーンとか来ちゃうのかな? 

前回までのレビューは以下からどうぞ
第一幕 魔法使いは、樽の中
第二幕 彼女はとてもきれいだった、と少年は言った
第四幕 罰あたり、ふたり 
第五幕 全てのことには、わけがある 


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(16) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 16

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ