SSブログ

To LOVEる ダークネス 第7話 Sisters ~幸せの発明品~ レビュー [アニメ]

toloveD1117_top.jpg

ララがナナの為に発明品を…
ぱいぱいアップくん
ちっぱいに悩むナナの為のオッパイが
大きくなるという発明品。まだ試作品という所が
心配だが… おおっ 使用するとナナのオッパイが
大きくなった!! 成功に大喜びするナナの横で
顔色を変えるモモ、なんとモモのオッパイの方は
ぺたんこになってしまった。 どういう事よ。

これではリトを誘惑しても相手にされない…とショックを
受けるモモ、ナナは大笑いだが、ここで、ナナの夢の時間は
終了、オッパイは元のチッパイに戻ってしまう。
短い夢だったな…w モモのオッパイは元の大きさに戻り
少しだけナナの気持ちがわかったと言うw

後は続きからどうぞ

 


ララの発明は、モモとナナが物心ついた頃には
とっくに始まっていた…

デビルーク王宮 7年前
toloveD1117_1.jpg
ザスティン、お久しぶり~
ダークネスになって初の出番じゃないのw

ナナとモモがケンカをしてる時も、ララの発明品の
メカが暴走して、ケンカどころじゃなくなるという事が
日常茶飯事に起きていたとか… そして、その発明品の
お陰で、ナナとモモのケンカもいつの間にかおさまったと
いう感じ。

ティアーユさえ見つかればね…
御門先生もメアについては色々調べているようだが
ヤミの居た組織が何年も前に壊滅している為に
調べようにもとっかかりがないという。そんな
御門先生が呟いた言葉。
toloveD1117_2.jpg
ティアーユといえばティアーユ・ルナティーク!!
BLACK CATナツカシス… 


休日にみんなでメアのマンションへ遊びに行く!
リト、モモ、ナナ、ヤミの4人でメアのマンションへ。
ヤミ「これ差し入れです。黒咲芽亜」
toloveD1117_3.jpg
ヤミちゃんからペロペロキャンディの差し入れ!
ペロペロ好きのメアにはぴったりの差し入れだな…

メアが1人暮らしだと知ったナナは、お姉ちゃんが
いるハズのメアが一人で暮らしているなんて
寂しくないのかな?とちょっと心配する。

toloveD1117_m1.jpg

後日、学校で、メアの家に行った事を御門先生に
報告するモモ。その場にはリトやヤミ、お静ちゃんも
居たわけだが、モモはメアと親しくしてその心に
近付いていく程、不安を感じる事を明かす。すると、
ヤミは、メアに心の闇を感じるなら、同じ兵器である
私も同じだと呟く。 リトはそんなヤミに、自分が
美柑の事を兄妹以上に特別な存在だと思っている事を
明かし、ヤミがメアを気に掛けているのは、そういう
気持ちと同じ所から来ているんじゃないかな?と諭す。

だって初めて見つかった"妹"なんだろ?
それを特別に想うヤミの心はオレ達と何も変わらないはず
"兵器"なんかじゃないよ

リトの言葉に赤くなるヤミちゃん、カワエエ!
っていうか、リト、こういう言葉で、どんどん自ら
ハーレム計画を進めているよな…無意識でw
横で話を聞いていたお静ちゃんもポーっとしちゃってるし。

と、ここで、前触れもなくTo LOVEる発生
突然現れた犬のせいでお静ちゃんの念力暴走…
toloveD1117_4.jpg
ノーパンのヤミちゃんがリトの顔に…
画面は白かったが、楽しかった。お静ちゃんの念力暴走で
なんで、ヤミちゃんのオッパイが露出してパンツが
ピンポイントで脱げてしまうのか!! それはTo LOVEる
だからである…。


発明品の失敗を分析したいと言ってララが先に帰り、リトが
帰ろうとすると、レンが話しかけてきた。そういえば、ルンと
レンは完全分離したのよね。レンはルンちゃんから預かった
CDのサンプルをリトに渡して、ララの事をどう思っているんだ?
と訊いてくる。レンはリトがララの優しさに甘えているんじゃ
ないか?と苦言を呈して、女の子を泣かせる真似はするなよと
言って去っていった。レン君、男らしいぜ…。

レンの言葉に、リトは色々と考える所あり…
ケジメをつける為に春菜のことを好きだと伝えたのに
それでも傷付かずに今も自分と一緒に居てくれるララに
ホッとしているリト。その上、先日のルンちゃんの告白で
ルンちゃんの気持ちも分かっており、もうあんな風にルンちゃんを
泣かしたくないと思う気持ちもあり… だからって、どうしたら
いいんだ?と悩むリトだが、そんなリトの脳裏にはモモの
言葉が蘇る

創りましょう…リトさんの楽園を
全てを丸く収める奇跡の方法ですもの[黒ハート]

うん、もう、ハーレム計画を遂行するしかないよ。
みんなで幸せになればいいじゃないか。リトなら
みんなを平等に愛する事ができるでしょw

toloveD1117_m2.jpg

夕食時、美柑に頼まれて、ララ達を呼びに行くと
ララは発明品の検証中…  リトはふと、なんで
発明を始めたのか?とララに訊いてみる。
そもそも最初は、王宮の暮らしがつまらないから自分で
楽しくしようと思っただけだと明かすララ。
と、ここで、ララの部屋にリトがいるのを知ったモモが
妄想を発動!! 

こんな展開あるわけないしw
toloveD1117_5.jpg
モモの妄想はいつも楽しませてくれる

リトとララの話をモモとナナが二人してこっそり
聞いていると、幼少時のララの発明品の暴走はララの
ミスではなかったと、ペケが明かしてくる。

あれは妹君お二人への愛なのですぞ!

モモとナナがケンカしているのを見たララはわざと
自分の発明品を暴走させて、二人を仲直りさせたという。
ザスティンには自分が代わりに怒られれば済む事だと
ララは笑って言う。イイ子じゃ…!! 
なんて、いいお姉ちゃんなんだよぉお!!
リトはララの優しさを改めて実感し、ララにドキドキ
してしまう。焦ったリトはララの発明品のくるくる
ロープくんを踏んづけてしまい、To LOVEる発動。
画面が白いが、その規制の下ではかなり「らめぇ」な
状態になり、最終的にはお約束でリトも絡んでお約束の
最終形態へ。

なんでララのアイテムはいつもこーなるんだ~!←リト心の声
toloveD1117_7.jpg
なんでリトは最終的にこのポジションにおさまるんだ~!


その頃…
ララの真意を初めて知ったモモとナナは屋根の上で
二人で話していた。自分は今まで、ララの事を子供っぽい
人だと思っていたが、お子様だったのは自分の方だったと
モモは言う。今思えば、自分達が家出して地球に来たのは
ララがいなくなって寂しかったからだというのもある…と
ナナはしみじみ言う。

ナナ「あたし、姉上の妹でよかったよ!」
モモ「そうね…」

( ;∀;) イイハナシダナー

一方、結城家の一階では誰も降りてこない…と美柑が…w


今回はこんな感じでした
何年もたってから、初めてララの真意を知ったモモとナナ。
きっと、思い返せば返すほど、ララの優しさを実感するでしょう!
リトも、ララの優しさにグッときてましたねえ…まあ、
こんな事がなくても、リトはララの事を十分好きだと
思うんだけど、ほんと、みんなに幸せになってもらいたい、
リトはモモの言うとおりにハーレムを創るべきだよな~
別に一人に絞らなくてもいいじゃないの、みんなを幸せに
してあげてよ! 
ララの発明品は、モモとナナを仲良くさせる道具なだけでなく
To LOVEるを呼ぶ貴重なもの、今後もララにはもっともっと
素晴らしい発明をしてもらいたいと感じた話でした。

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 Continue~コンティニュー~
第2話 Doubt and Dish 〜疑惑と料理〜
第3話 Each speculation 〜それぞれの思惑〜
第4話 True smile ~過去と友達と笑顔と~
第5話 A man? Woman? ~変わり行くもの達~
第6話 Metamorphose ~変わり行く時…~

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:アニメ

nice! 6

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ