So-net無料ブログ作成

PSYCHO-PASS #07 紫蘭の花言葉   レビュー [アニメ]

PSYCHO1123_top.jpg

王陵瑠華子は入院中…っていうか、王陵の父
完全に廃人じゃないか。 ぬけがらのようになった
父と面会した王陵にナースは「お父さんもちゃんと
わかってて喜んでくださってますから…」と声をかける。
王陵は思う…

嘘だ…
ここにいる人々の全てがそうだ
何も気付かず、何も語らず、そして何も考えない
ただの抜け殻のように生きて、やがて雪が溶けるように
消えていく…。罪なき人々を死に至らしめる伝染病。
でもこの病原菌が根絶される事はない。
これは安らぎという名の病。
人々が望んだ死の形。


社会が生み出した病ってことか…?

後は続きからどうぞ 



今回の事件は標本事件と類似している為に狡噛さんは
初動捜査から外され、朱ちゃんは、狡噛さんが妙な事を
しでかさないように、つきっきりで見張る事になった。

噴水で見つかった死体は桜霜学園で1週間前から行方不明の
葛原沙月だった。あ、王陵とチャットしていた大久保葦歌
じゃなかったのか。桜霜学園は標本事件の容疑者・藤間幸三郎
勤務先だった学校… なるほど、そんな気はしていたが。
遺体のプラスティネーションに使われていた薬品は
標本事件で使われていたものと同じものだという事も判明。
同一犯の可能性が高いと宜野座監視官は言うが…

というか、裏で糸を引いている人物が同一だからねえ
そりゃ薬品も一緒だろう。でも、消えた容疑者の藤間幸三郎の
行方も気になりますね~。


狡噛さんはスパーリングして身体を鍛えて…おお、ロボット
相手にスパーリングだけど、ホログラムで人間を相手に
しているように見えるという! しかも、狡噛さん、最高レベルで
スパーリングしていたのに、ロボットが壊れていた。

狡噛さん、いい身体すぎる
PSYCHO1123_1.jpg
思わず朱ちゃんも凝視しちゃうよw

朱「ドミネーターほど強力な武器が支給されるのに
  ここまで過剰な戦闘訓練が必要なんですか?」
PSYCHO1123_2.jpg
狡噛「必要だ。強くて優れた武器を扱うからこそ
   その使い手はより強くタフでなければならない。
   相手を殺すのはドミネーターじゃなく、この俺だと
   それを肝に銘じておく為にもここにちゃんと傷みを
   感じておかないとな」

狡噛さん、ストイックだな~ まあ、男だしね…。



朱ちゃんが標本事件について、こっそり調べた事を謝ると
狡噛さんは、その事に関してはまったく怒ってなかった。
怒るとすれば、標本事件の後ろで糸を引いていた黒幕にかする
事すらできなかった自分へだと狡噛さんは言う…
同じ人物が今回の事件にも関与していると思うか?と狡噛さんに
訊くと、意外にも狡噛さんは冷静で、手のこんだ模倣犯の可能性も
あるから、まだ分からないと言う。
「だが調べる価値があるのは間違いない」と狡噛さんは言い、
捜査に戻る為に、何か考えがあるらしい。なんだろう?

殺された佐々山執行官はどんな人だったのかと訊いた時の
狡噛さんの答えを聞いていると、狡噛さんにとって、佐々山
執行官は女好きで凶暴で楽しい愛すべきクソ野郎だった事が
伝わってきた。なんというか、この社会の中で生き生きと
している人間らしい感じの人だったんだなあ…と思った。

狡噛「少なくとも…あんな死に方をするような男じゃなかった」


佐々山執行官の遺体はホログラフイルミネーションの後ろに
配置されており、イルミネーションの内容は薬品会社の広告
"安全なストレスケア、苦しみのない世界へ"
というもの。分析によって、佐々山は生きたまま解体された
事がわかり、それはまるで犯人からの"苦しいだけの人生"
いうメッセージのように感じてしまったという。
そして、狡噛さんは犯人を同じ目に合わせてやりたいと思い
その時に監視官としての自分は終わっていたという。
いや…大切な友人のような人が無残に殺されたら、誰だって
犯人を同じ目に合わせてやりたいと思うだろうにねえ…。

佐々山執行官の端末には、黒幕と思われる人物の写真が
残っていた… ファイル名はMAKISHIMA… そこには
ピンボケだが槙島聖護の姿が写っていた!
佐々山執行官、犯人に近付いていたって、前にいっていたけど
本当にかなり近付いていたんだな…。
で、MAKISHIMAという名前から、捜したりしたのかな?
もちろんやってるか… なんか、槙島聖護ってシビュラシステムを
逆手にとっているというか、なんでもスルーできていそうだよね…。

PSYCHO1123_m1.jpg

桜霜学園…
川原崎加賀美霜月美佳に、葛原沙月が殺された事や
大久保葦歌が学校を休んでいる事を話す。なんか、大久保葦歌
以外にも山口まさみという生徒も欠席しているらしい…。
葛原沙月は、この件に関して迂闊に動くと本当に危ない感じが
する…と言うが、大久保葦歌がいれあげていた王陵が何か
知っているのではないか?と川原崎に言う。 
えええ… これで川原崎ちゃんが王陵に訊きにいったらヤヴァイんじゃ…?


芸術家であった王陵の父の作品らしいが…
PSYCHO1123_3.jpg
あの噴水の死体みたいじゃん!!
あのディスプレイはこれをモチーフに創ったのか。

で…王陵さん、既に大久保葦歌の事を殺してしまっていた…
PSYCHO1123_4.jpg
ひぇえええ… 
レズ行為をした後にベッドで殺したという事か

入院中の王陵の父は昨日死亡、王陵は好きだった父の
芸術作品の後を継ぐ?ような感覚で、女生徒達の死体を
使って創造しているつもりらしい。



誰かの屋敷を訪れている槙島聖護ユーストレス欠乏性脳梗塞
ついて語る。これは公認の病名ではないが原因不明の心不全という形で
処理されている死因の大方は実はこの症例に該当するという。
かねてより適度なストレスは免疫活動を活性化させるなど好ましい
効果もあるとされてきた、それは人生の張り合い、つまり生き甲斐の
ようなもの。ところが、PSYCHO-PASS診断が恒常化してしまった結果
ストレスの感覚が麻痺しすぎて刺激そのものを認識できなくなる
患者が出てきた。こうなると、患者は生きる屍となり、やがては
自律神経そのものが自らの機能を見失い生命活動を維持できなくなる…

うわーっ まさに、王陵の父の症状!!
過保護すぎる社会システムが人間の退化を招き、医療は発達して
いるのに、統計上の平均寿命はむしろ短くなっているという。
そして、それは決して公にはならないデータだという。

王陵の父・王陵牢一
ある時期一世を風靡したイラストレーター
PSYCHO1123_5.jpg
少女の肉体をモチーフに残虐で生々しい悪夢を描き出す天才だった。
本人はいたって生真面目なモラリスト、作品のイメージと制作者の
実態が解離しているのは珍しくもない話だが、王陵父の場合は
そこに確たる理念があった。曰く…人間は心の暗部、内に秘めた
残虐性を正しく自覚する事で、それを律する良識と理性、善意を
培う事ができると…彼はその為の啓発として自らの創作活動を
定義づけていた。
しかし、PSYCHO-PASS判定の普及が彼の自認する役目を終わらせた。
人は自らを律するまでもなく機械による計測で心の健康を保てる
ようになった。王陵父はこのテクノロジーを歓迎、方法はどうあれ
自分が理想とした人の心の健やかなる形は実現した。
その結果として自らの使命が完了し、その人生は無価値なものになり
心の中の葛藤に対して、その解消の為に各種のストレスケアを活用、
依存するようになり、生きる屍と化したという…

王陵・父は2度殺されたと槙島聖護は言う。
一つは科学技術によって才能を殺され、そして社会によって
魂を殺された…。 

では、王陵瑠華子の犯行は父の復讐なのか?
槙島聖護は「願わくば、さらに向こう側の意義を
見いだしてほしいものですが…」と言う。何それ…
結局、槙島聖護っていうのは、その向こう側の意義と
やらを見せてくれる人を捜しているという感じなのかね。
御堂将剛の時も、そういうの求めてたけど、結局、御堂が
そこに辿り着けなかった為に、御堂を切り捨てた感じ
だったもんね…。

で、槙島聖護が話していた相手の人誰?w
エンディング見たら泉宮寺豊久って名前らしい事はわかったが…

PSYCHO1123_m2.jpg

王陵瑠華子チェ・グソンに連絡を入れた後、遺体を部屋から
運び出して、学園内にある誰も知らない閉鎖された部屋へ。
そこにはチェが待っており、瑠華子に頼まれた薬品のタンクを
運び入れていた。瑠華子はその薬品を用意されていた大きな
水槽に次々と注いでいく。うわー、この中に死体をつけて
プラスティネーションするわけだな… 
PSYCHO1123_6.jpg
ひぇええ…。
チェ・グソンは槙島聖護と一緒にいると童心にかえるというか
どんな悪戯をしかけて世間をあっと言わせてやるか、そればっかり
夢中になってしまうという。


王陵瑠華子はそろそろ、2体目が見つかると言っていたが…
PSYCHO1123_7.jpg
見つかってた… これは山口まさみかな?


川原崎加賀美王陵瑠華子に直接、大久保葦歌の事を
訊きに行ったが、川原崎は王陵が描いている絵を見て
驚いてしまう。王陵は川原崎を注射で気絶させ、
プラスティネーションを行っている部屋へ連れて行き、
目を覚ました川原崎は水槽の中で変わり果てた姿の大久保葦歌と
対面する。王陵瑠華子の狂気に触れ、悲鳴をあげる川原崎だが
その声は猿ぐつわされている為にどこにも届かない…


今回はこんな感じでした
完全に王陵瑠華子の犯行じゃないですか! 色々重かったり
して女子一人でやるのは大変だろうと思ってたけど、チェは
薬品とか運び入れているだけで、後は全部、王陵一人で
やっているっぽい。それにしても、王陵瑠華子の創ったものは
父親の作品がモチーフになっていて、かなり似ているわけだから
そこらへんの線から、突きとめられないのかな?
一世を風靡したイラストレーターって言ってたし、ちょっと
調べれば分かりそうな感じがするんだけど。
それと、王陵が怪しいって思っている生徒もいるんだし…
あ…川原崎ちゃんが捕まってしまいましたね、彼女も殺されて
しまうんだろうか、そうなってくると、霜月美佳ちゃんも
危ないんじゃ… 王陵瑠華子を捕まえるのに、霜月美佳ちゃんが
活躍する可能性はあるのか?
王陵瑠華子のPSYCHO-PASS判定とかってどうなってるのかな??
槙島聖護は裏で犯罪に手を貸しているわけだが、今回
槙島聖護と泉宮寺の話を聞いていて、槙島聖護が一概に悪である
とは思えないというか… 確かに悪ではあるが、それと同じくらい
PSYCHO-PASS判定、シビュラシステムの方もダメだよねえ…
PSYCHO-PASS判定による過保護な世界の結果が生き甲斐のない
世界、ユーストレス欠乏性脳梗塞によって生きる屍となる人が
続出するとか、既にシステムが破綻してるとしか思えない。

朱ちゃんと狡噛さんが、どうやって捜査に戻るのか、次回が
楽しみですね~ 

前回までのレビューは以下からどうぞ
#01 犯罪係数
#02 成しうる者
#03 飼育の作法
#04 誰も知らないあなたの仮面
#05 誰も知らないあなたの顔
#06 狂王子の帰還


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(20) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 20

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ