So-net無料ブログ作成

となりの怪物くん 第9話 0と1 レビュー [アニメ]

kaibutsu1127_top.jpg

ゴルベーザあさこの[黒ハート]教えてア・ゲ・ル[黒ハート]
から始まった。この部分を入れるなら前回のCパートに
入れるべきでしょ、3巻の巻末なんだし。

ヤマケンのナイスなアドバイスのお陰で色々と
気付いたシズクは、ハルや自分自身と向き合おうと決意。
ハルの事を考えるから時間をくれとハルに告げた。

向き合おう 切り捨てられないのなら
逃げるのはやめだ


後は続きからどうぞ
 

休校日、シズクが起きるとなぜかハルが部屋の中に。
夏目ちゃん達が試験勉強をやろうと言ってるので
呼びに来たというハル。窓から入ってきたわけだが
最初はちゃんと玄関から来たという。ハルは玄関で
シズクの父から「自分が家にいたこと雫に言うな」
と言われ追い返されたとか… シズクは何かに気付き
飛び起きて1階へ…

そこで発覚したのは父の店が2週間くらい前に
潰れていた事だった。すぐに母親に連絡をするシズク。

父「えっ言う? 佳乃さんに言う!?」
雫「当たり前でしょう」

母との電話を終えたシズクは母からのメッセージを伝える
雫「死ね!この短小野郎 だそうです」
父「やめて!母親と同じ顔・声・表情でそんなこと言わないで!」
kaibutsu1127_1.jpg
Oh.....パパは短小!
こういう事はなんと6度目らしい…

ダメ父のせいもあり、ずっと母親が働いているので
家はなんとかなっているが、そのせいで、シズクと
シズク弟・隆也には寂しい思いをさせたのかもしれないと
シズク父は言う。確かに、シズクの性格がああいう感じに
なった理由の一端はありそうだねえ…。
この後、シズクは父と一緒に店の片付けに向った。


ハルの所で勉強中のササヤンと夏目ちゃん。
中学の時の話になるが、今更ササヤンと同じ中学だった事を
知るハル。 話の流れでシズクとどうなっているのか?
夏目ちゃんが訊くと、シズクがハルとの事を考えると
言ってからすでに1ヶ月が過ぎている事が判明。しかし、
当のハルはそれに関してなんとも思っておらず、夏目ちゃんは
二人の関係が進まない原因はハルだと気付く。
と、そこにシズクが来ており、ハル達の会話を小耳にはさみ
すっかり忘れてた…! と青ざめていた。
kaibutsu1127_2.jpg
ええええええ。 ハルに「考える」と言った事を
忘れていたのかw 二人の関係が進まない原因はハルにも
あるかもしれないが、シズクに原因の半分はあると思われ…w


シズクはとりあえずハルを連れ出す。ハルはシズク父が
「母も働いていたせいで淋しいをさせてたかもしれない」
言っていた事をシズクに「そうなのか?」と訊いてくる。
シズクは母のように働いて稼ぐ女になりたいと言った後
小さい頃、庭にあった大きな水瓶に金魚を飼おうとしたが
それがダメになった事を話す… 金魚自体はどうでも
よかったが、飼育本を読んだりエサを揃えたり、すっかり
そのつもりだったから、少し残念で、最初から期待しなければ
こんなにガッカリすることもなかったのに…と思ったという。

あれ…? あの時、私はもしかして淋しかったのか?

自分の気持ちに気付くシズク。ハルは「ちょっと来い!」と
シズクの手を取り走り出す。シズクの脳裏にはハルが他の人と
仲良くしている姿を見た時も同じような事を思った事や
ヤマケンの「バーカ、さみしいっつーのは相手がいるから
感じるもんなんだよ」という言葉が蘇る…

夕焼けの中、シズクの手を引いて走るハル、自分の
気持ちに気付くシズク、なんかいい感じじゃないか~と
思ったら、ハルはシズクを小川まで連れてきて、いきなり
ザリガニ釣りを開始。
kaibutsu1127_3.jpg
シズク「いらない!ザリガニはいらない!!」
ハル「えっでも、すげーでけーのいるぞ ここ」
シズク「私は水瓶でペットを飼いたかったわけじゃない!!」
ハル「きっと、アイツみたら欲しくなるって」

ハルは分かってるんだか、分かってないんだか…
いや、分かってないのか?w でも、分かっていても
今シズクにできる事っていったらコレしかないって
思ったのかもしれないな…。 



私立図書館で迷うヤマケン…
5度も受付に本の場所を聞いて、奇跡的に目的の本棚に到着。
すると、そこには偶然にもシズクが居た。

シズク「あなたに会いたいと思ってた」


「なんだこの女?オレに気があったのか?」←ヤマケン心の声
kaibutsu1127_4.jpg
フフン♪ 

シズク「この間の模試、英語は落としたけど総合トップは私だから」
kaibutsu1127_5.jpg
ズコーっ「知るかっ!!」←ヤマケン心の声

ヤマケンとシズクの会話で共通の話題といえば
勉強の事か、ハルの話しかない。気付けば自分が
シズクとの話題を探しているというヤマケン…w

シズク「この間、ヤマケンくんに言われて、私は人と向き合おうと思った」
ヤマケン「オレ、そんなこと言ったっけ?つーかなんでそんな話オレにすんの?」
シズク「何故って…文化祭の時のあなたの言葉に感動したから」

kaibutsu1127_6.jpg
ズキュゥウウン
ヤマケン、思わず本を下に落としちゃってたよw

シズクは照れもなく、素直に思った事を口に出すなあ…
こんな事を真っ直ぐに言われたら、そりゃ、ドキっとするし
嬉しいハズだよね~。

kaibutsu1127_m1.jpg

夏目ちゃんが…
ササヤンが夏目ちゃんと一緒にドーナツ屋に居ると
夏目ちゃんの中学時代の知り合いが店に入ってくる。
知り合いといっても、夏目ちゃんを嫌っていた女子達で
夏目ちゃんがササヤンと一緒にいる姿を見て、なんか
クスクスと悪口みたいな事を言っている…
夏目ちゃんは「わたしのせいでごめんなさい」とササヤンに
謝り、涙ぐみいたたまれない様子になるが、そこに
みっちゃんがやってきて、夏目ちゃんに話しかけ
悪口を言っている女子達の方をチラリ… みっちゃん
風体が若干怖いし大人だから、女子達はすごすごと
その場からすぐに居なくなり、夏目ちゃんは優しい
みっちゃんをポーっとした表情で…
kaibutsu1127_7.jpg
恋する乙女の目だよコレ!!


夜…図書館の帰り、シズクとバス停まで行き、
タクシーに乗るからと、バスには乗らなかったヤマケン。
シズクが去った後、思わずしゃがみこんで自分に対して
「オイオイオイオイ~~~」とツッコミを入れ、かなり
自分に動揺しまくりのヤマケン。

相手はアレだぞ アレ 何やってんだ?オレは

実はあの後、図書館でシズクの恋愛相談みたいなのに
乗っていたヤマケン…

ヤマケン「やめよーったってムリなんだったら両立すればいい話だろ」
シズク「あっ なるほど」
ヤマケン「なんで0か1しかねーんだよ。ロボットかよ」kaibutsu1127_8.jpg
つーか、なんでこいつの心情まで推測しなきゃ…←ヤマケン心の声

シズク「面白いことを言う」
kaibutsu1127_9.jpg
kaibutsu1127_10.jpg
このシズクの言葉や表情にまたまたズキュゥウンと
来てしまったヤマケン。

ヤマケン「い、言っとくが、これはただの親切で言ってる
     だけだからな!!それ以上でもそれ以下でもないからな!!」
kaibutsu1127_11.jpg
デレすぎだろう…w 
萌えキャラみたいになってるぞ!!


なんでよりによってハルを好きな女… だ

なんでよりによって、ハルを好きなシズクを好きに
なってしまったのだろうという…ドツボですなあ…。


シズクは思う…

人に触れるたび 自分のままならなさに気づく


シズクが子供の頃からダメな父の代わりに仕事に出ている母。
シズクは100点を取ると母に電話をして報告していた。
もしかしてシズクが勉強をしていい点を取りたいと
思うようになったきっかけって、母親に100点を取ったと
いう報告を口実に母親と話したかったからかな?と
ちょっと思ったり…。要するにシズクは淋しかったと。 
お祭りに行けずに金魚を諦めた後、父との買い物の途中で
見かけたアクアショップで父は金魚を買ってくれると
言ったが、「金魚はもういらない」とシズクは断った。

なんで0か1しかしかねーんだよ

ヤマケンの言葉が蘇る…。

あやふやなものに時間をかけるのは無駄だとシズクは思う。
世の中、あやふやなものだらけだって… ヤマケンが
言っていた通り、なんでシズクは0か1なのかねえw

バスを降りると、そこでササヤン、夏目ちゃん、そして
小川の所ではハルが待っていた。

ハル「ザリガニはいなかったけど、シズクには俺が
   もっといーもん見つけてやるから 心配すんな!」
kaibutsu1127_12.jpg
私が無価値だと思うものが どうして彼には
こんなに意味があるんだろう…
そして、結局、ハルの言葉に私は期待をいだいてしまうのだ

kaibutsu1127_m2.jpg

シズクのペンを持ったままだったヤマケンはタクシーで
通りかかった場所にシズクの姿を見かけたのでシズクに
ペンを返して、もう二度とシズクに関わるのよそうと
タクシーを降りる。しかし、シズクがハルの前で見せる
表情を見た時、ヤマケンは止まってしまった…
ハルに見せる表情っていうより、もう、シズクの姿を
見た時という感じかなあ…とにかくヤマケンはもうシズクの
事が好きなんだよ…

シズク達が先に行き、ハルが鞄を取りに小川の横に行くと
ヤマケンはハルにシズクのペンを投げて、シズクに返して
おいてくれと言ってくる。ハルは、なんでヤマケンが
シズクのペンを持ってるんだ?と訊いてくるが、ヤマケンは
ただ図書館で会っただけでなんでもないと答える。

ハル「ヤマケン シズクにホレてんのか?」

ヤマケン「……だったら文句あるか?」
kaibutsu1127_13.jpg
うぉおお、こ、これは宣戦布告…みたいな?


Cパート
もうすぐ冬休みだと浮かれる夏目ちゃん
シズク「そのまえに夏目さんは補習でしょ」
夏目「そうですね」
ササヤン「前から思ってたけど、夏目さんどうやって
     この学校入ったの?」
夏目「一発芸ですね!」

マジすかw 夏目ちゃんAO入試で高校に入ったの?
って、どんな一発芸を持っているのかw


今回はこんな感じでした
シズク、ハルの事をちゃんと考えると言って向き合おう
なんて言っていたのに、そのことをすっかり忘れていた
とか… ワロタw しかし、こういうシズクだからこそ
ハルと向き合っても、自分のポリシーは貫けるんだろうなあと
思ったり。だから、心配せずに、前に進めばいいのさ。
ヤマケンの言葉はまた的確にシズクの事をついていましたね~
「なんで0か1しかしかねーんだよ」は名言過ぎる!
ほんと、ヤマケン名言集とかあってもいいくらい、ヤマケンの
言葉はいいよね。シズクはヤマケンの言葉に素直に感動
しているわけだが、それを照れもせずに、ヤマケンに
言えちゃうのが凄いというか、逆を言えば、ヤマケンの
事をまったく意識していないから言えるという事か??
いや、でもシズクなら、たとえヤマケンの事が好きでも
言えるか…w とにかく、ヤマケンの中でシズクへの
恋がいよいよ本格的に始まった感! そして恋が始まった
のはもう1人… 夏目ちゃんのみっちゃんへの恋心も…。

次回もヤマケンの活躍?が楽しみ過ぎる!
ヤマケン推しなんでヤマケンを連呼します。あしからず

前回のレビューは以下からどうぞ
第7話 2人の距離
第8話 おいでませ!松楊祭


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(18) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 18

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ