So-net無料ブログ作成

たまこまーけっと 第4話 小さな恋、咲いちゃった レビュー [アニメ]

tamako0131_top.jpg

目つむって頭の中で10数えて!

顔は見えなかったが、生前のたまこ達の母の姿。
お祭の為の装束の為のメイクを嫌がる、今よりちっちゃな
あんこに、優しく声をかけてメイクを施す。

超幼女あんこちゃん、か、カワエエエエエエ!!

しかし、あんこちゃんに限らず、こういう特別な装束を
ちっちゃな子が身につけてお化粧したりしてる姿って
可愛いよね。ママンの声、日笠陽子が兼役してた。

最初は嫌がっていたあんこだが、鏡に映った自分の
姿を見て、嬉しそう…!

 
 


ひなこ(母)「あんこ姫!」
tamako0131_1.jpg
可愛すぎる!
何歳ぐらいの時なのかな…
たまこが高校2年生で16歳くらいだとして、今、あんこちゃん
小学校5年生で推定11歳、ということは5才くらい年が離れている。
母はたまこが小五の時に亡くなったわけだがから、それ以前の話…
つまり、このあんこちゃんは、5歳以下くらい…3歳とか4歳とか…?

小学生のたまこも出た!
tamako0131_2.jpg
今とあんまり変わらない気がする…w


鳥が…一層肥えてる!!
tamako0131_3.jpg
たまこに言われるがままにモチを食べ続けた結果
立ってるのもままならない程に肥えていたw
外からは祭囃子が聞こえてきて、もうすぐお祭りだと
聞いた鳥は「カーニバル!」と丸い体を揺らして踊り出す。

カーニバルといえば、乙女の警戒心が緩み
恋の花が咲き乱れる行事!!

と、それならばお妃捜しにいかねばと飛ぼうとする鳥だが
満足に飛べず… って、もう初夏なのか。たまこわーるど内
時間が過ぎるの早いな! 前回は4月の話だもんねえ。

胃薬を飲んでスッキリして、飛ぼうとしたが、ウェイトが
変わったわけではないので、あんこの頭の不時着。
ボヨーンって音してたよ…
tamako0131_4.jpg
鳥「おかしい…ここに着地するつもりはなかったのに…」


うさぎ山商店街は、積立金も貯まったので、今年はハッピを
新調!白い生地のハッピで、後ろにピンクのウサギがプリント
してあるという、なかなか、可愛い感じ?

たまこの頭に止まる鳥…
もはや、本当に帽子のようになってるんだがw
tamako0131_5.jpg
たまこ「何か重いねえ?」

その後、鳥はトイレに行き、出すものを出したので少し
軽量化し、普段の肥満体に戻ったw

鳥「はやり人間たるもの快食快便が大事だな」
あんこ「鳥じゃん!」
鳥「黙れ、アン。私はそこらの鳥とは違い、高貴な魂を持っているのだ」

鳥だけがあんこをアンと呼んでくれてるじゃないの!


いつものように豆大と吾平が言い争いをしているのを
尻目に、あんこは学校へ。見渡せば、うさぎ山商店街は
祭で活気づいており、学校行く前のあんこに、色々と
お土産をもたせてくれる。学校行く前なのにw

途中、たまこも合流、みどりやかんなとも会うあんこ。
あんこが自分の名前が気に入らないのは、あんこという
名前が餅屋の娘として、安直すぎるからだとみどりは言う。

かんな「じゃあ、大工の娘でかんなも安直になるの?」
みどり「ま、大路はもち蔵だけど」

そっか、大工の娘だからかんなかw 言われてみれば
そういうことか! しかし、もち蔵は… 安直という
レベルを超えているような気がしてきた。


すると、そこへ、あんこの同級生と思われる男子が二人
歩いてきて、あんこは焦ってたまこの後ろに隠れる。
tamako0131_7.jpg
ヤヴァイ、超カワイイぃいいいいいい!

なるほど、この男子があんこちゃんの意中の人か
tamako0131_8.jpg
なかなか爽やかなイケメン君ではないか

こんな様子のあんこを見ても、たまこはピンとこない。
みどりとかんなはもちろん気付いていたのに。
あんこが去った後、キョトンとしているたまこに言った
みどりの一言が印象的…

みどり「ま、それだけ鈍いとちょっと安心するけど!」
tamako0131_9.jpg
大好きなたまこが、まだまだ恋愛とかには疎いというのが
安心という意味…ですよね。何気ない台詞だったがちょっと
ドキっとしたわ。


あんこが学校に行くと、クラスメイトの友達の女子が次ぎの
日曜日、調べものの為にみんなで博物館に行こうと言ってくる。
一緒に行くのは、その女子二人、そして、なんと、あんこの
意中の少年も! 嬉しいイベントだが、次ぎの日曜日は
お祭と重なっており、家に帰って、豆大に訊くと、その日は
忙しいので店の手伝いあんこはしなければならないので駄目だと
言われてしまう。 ええええ… あんこちゃんカワイソス…

豆大にべーっとやるあんこちゃん
tamako0131_10.jpg
何やっても天使すぎるだろ…

鳥にもハッピができたw
鳥「どうだ?粋でいなせなオレは」
tamako0131_11.jpg
割りとどうでもいいw


とにかく、あんこちゃんは折角の好きな人とのイベントを
祭のせいで潰されたようなものなので、ちょっと機嫌が悪い。
すると、そこにもち蔵が糸電話を投げ入れてきて、忙しい
たまこの代わりに、あんこがもち蔵と話す。もち蔵、たまこと
喋れないで、あからさまにガッカリ。 もち蔵はあんこに
たまこがお祭の日に御神輿見に来るかな?と訊いてくる。
もち蔵、自分が御神輿担いでいる姿をたまこに見てもらいたい
んだね…w ここで、あんこは何かを閃いた…!


あんこが閃いた事は…
あんこの代わりにもち蔵が家を手伝うという事だった。
もちろん豆大は味が盗まれると言ってNGを出す。

たまこ「それにもち蔵も家もお祭の日は忙しいだろうし」
あんこ「それなら平気だよ!お祭の日にお姉ちゃんと一緒に
    お餅作れるなら、家なんてどーだっていいって!」
たまこ「なんで?」
tamako0131_12.jpg
あんこ「!?」

あんこも気付いたか… 怖ろしいぐらいに鈍感なたまこにw
鈍感…というか、恋愛という事に対して無頓着というか…。
もち蔵カワイソス…w


ここで、お爺ちゃんが助け船を出す。あんこが朝早く起きて
午後の分の仕事も午前中に終わらせたなら、午後からの
博物館に行けるという事になった!お爺ちゃん優しい~
豆大が、配達とかなんとか、まだなんか言ってきたけど
お爺ちゃんが代わりにやってくれると言ってくれたし!

tamako0131_m1.jpg

そして祭当日…
早朝からあんことたまこは店のお手伝い。
あら、史織も手伝いに来てくれてるじゃん。
史織、たまこの事を「たまこ」って呼んでる!4月の
あの時から、二人はもっと仲良くなったんだろうなあ…と
思わせる一言。お手伝いに来てくれてるっていうのも、
史織があれからもけっこう遊びに来てるのかな?と思わせるわー。

たまこがいつも口ずさんでる歌が気になるあんこと史織。

史織「なんの歌?」
たまこ「さあ?」
あんこ「いつも唄っているよね?」

例のお母さんがいつも口ずさんでた歌か…


御神輿の鳳凰の飾りが取れてしまい、商店街の人々が
困っていると、ちょうど鳳凰の飾りがあった場所にデラが
止まり、デラを鳳凰の代わりに御神輿に止まらせておこうと
思いついてしまった商店街の人々。
「捕まえろ!」とデラを追いかけ回し


星とピエロでは…
八百比さんの今回の呟き

1年で一番賑やかな祭の日、店は1年で一番静かな日になる。
世界と僕のアンビバレンツ

静かな店内から外を見ると…
tamako0131_13.jpg
コレだからね…w


鳥捕獲。ペイント完了。
水溶性のすぐ水で流せるものでカラーリング。

結果…

tamako0131_14.jpg
おおっw


史織もかんなも手伝いに来てくれたので、思いの外
手伝いは早く終わり、午後はみんなでお祭を楽しもうという事に
なった。あんこちゃんは、予定通り博物館へ!! よかったねー

あんこにエールを送るかんな
かんな「がんばってねー」
tamako0131_15.jpg
ボーっとした感じのキャラだけど、実際は誰よりも
よく気付く娘だよねーかんなちゃん!

たまこ「何を?」
鈍感姉…ww


その頃…もち蔵は、一緒に餅屋を手伝える事はできなかったが
せめて自分が御神輿を担いでいる勇姿をたまこに見てもらおうと
懸命に御輿を担いでいた…

博物館に向かおうと、あんこが商店街を歩いていると、花屋の
かおるさんが、あんこにお稚児さんのお世話を手伝って
欲しいと声をかけてくる。あんこは嫌な顔一つせず、うさ湯で
行われているお稚児さんの準備の場所へ向かう。
そこで、さっそく、お手伝い! 化粧を嫌がる女の子にあんこは…

「目をつむって、頭の中で10数えて!」
tamako0131_16.jpg
母が言っていた言葉を言うあんこの姿!
温かいシーンだわぁ…。お母さんの言葉をちゃんと
あんこは覚えていたんだね。

お稚児さんの準備が終わり、博物館の時間が迫っていたので
あんこが行こうとすると、お稚児さんの女の子が
「行っちゃうの?」と不安そうな表情を見せる。えええええ…
結局、あんこは博物館には行かずに、女の子が商店街を練り歩く
姿を見守る事になった。嫌な顔ひとつせずに笑顔で女の子に
手をふるあんこちゃんに、私、感動しました。 イイ子すぎるだろ!!

たまこ達は御神輿を見に来ていた!
おおっ もち蔵、晴れ姿を見てもらえるぞーーー!!
と、思ったら、もち蔵の姿がないんだけど…

御神酒所では…
「はあ…たまこが来る前に倒れたら意味ないだろうが…俺」
tamako0131_17.jpg
うそーん… もち蔵カワイソス…
今回、何度もち蔵可哀相なんだよw


あんこは店先でおもちの売り子をし、帰ってきたたまこ、
みどり、かんなも一緒に加わっておもちの売り子。
目の前でもち蔵が寂しげな背中を見せて帰ってきたんだけど
その姿があまりにヨレヨレしていた為に、女子達は…
tamako0131_18.jpg
たまこ「ハッピ着てるね?」
みどり「御神輿担いだのかな?」
かんな「背中のウサギが泣いてるよ」
みどり「情けないねえ」

もち蔵カワイソス…
たまこ、もち蔵がハッピ着ていた事さえも知らなかったという…

tamako0131_m2.jpg

女子達が売り子をしていると、そこに今日、一緒に
博物館に行く予定だった、男子が現れる!
大声だして売り子をしている所を見られ、恥ずかしくて
家の中に逃走するあんこ。クローゼットの中に隠れて
しまったあんこは、たまこ達が呼びかけてもなかなか
出てこない。暫くすると、あんこの友達の男子の一人が
みんなでお土産を買ったから…と言って部屋に入ってきた。
もう1人の方は塾があるから帰ってしまったという事で
それを聞いた、みどりはちょっとガッカリしたような表情。


少年はクローゼットの前に座り、あんこに呼びかける…
あんこはちょっとクローゼットを開け、外を確認…
少年の姿を見たあんこはビックリ!
tamako0131_19.jpg
tamako0131_20.jpg

少年の呼びかけに、あんこはクローゼットの扉を開ける。
あんこの態度から、あんこの本命がこの少年である事に
気付いたみどりとかんな。

みどり「えっ、あんこ、こっちの子??」
かんな「みたい…」
たまこ「何が??」
tamako0131_21.jpg
たまこ鈍感すぎるだろww

お風呂に入って金色ペイントを落としながらデラは想う…

想い願いは叶わずも
思い通りに行かずとも
別の道は別の花
新たな花が咲いている


今回はこんな感じでした
あんこが可愛すぎるぅうううううう!!!!
あまりの可愛さに、それだけで悶絶してしまう回でした。
あんこのコロコロ変わる表情見ているだけで、ご飯3杯
くらいいけるというくらいの可愛さだった。
あんこちゃんが好きだった子が、あの黒い髪の男の子
じゃなくて、茶髪のメガネ君だったのは、ちょっとした
驚きでしたね、みどりやかんなも黒い髪の方だと思って
たもんね。あのメガネ君、すごく優しそうな子で、あんこが
彼の事が好きというのがすごくいい感じに思えた。
それにしても、たまこの鈍感っぷりが半端ない…あれでは
もち蔵は一生報われなさそうな気がするw もち蔵といえば
今回も色々と可哀相で、せめて、御神輿担いでいる姿を
たまこに見てもらいたかったよねえ… それなのに、
何アレ?的な感じの感想しかもらえなかったという…。
その他、みどりが、たまこが鈍感な事でちょっと安心したり
史織がたまこともっと仲良くなっているのが見て取れたり
細かい部分まで楽しめた話だった。
それにしても、あんこちゃん、可愛かったな~


前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 あの娘はかわいいもち屋の娘
第2話 恋の花咲くバレンタイン
第3話 クールなあの子にあっちっち



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(59) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 59

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ