SSブログ

アクエリオンEVOL 第4話 壁〜conquer oneself〜 レビュー [アニメ]

AQ0123_top.jpg

ドナール教官の秘密・・・
なんでもドナール教官は元々はエレメントスクールの生徒で
9年前の最後の男女合体で事故ったとか…。

アクエリオンの惨劇

その惨劇で、ドナール教官は瀕死の重傷を負ってサイボーグ化
しちゃったのかあ… いったい何があったんだ9年前。

ミコノちゃんはやっぱりエレメント能力がない事が判明し
聖天使学園を去ろうとしていた。ゼシカはミコノちゃんに
声をかけ、彼女のネガティブさを指摘するが、ミコノは頑なに
「あなたには関係ありません」とプリプリ、ゼシカがお別れに
握手を求めても応じない。うーん、ミコノちゃん、お別れの
挨拶もできないのか…。 頑なだなあ…。


後は続きからどうぞ
ミコノさん…土下座の意味、ちゃんと伝わったかな?

とアマタが心配している横で、アンディはせっかく掘った穴が
埋まっている事に気付き、嘆き悲しむ。しかもただ埋められた
わけではなく、エレメント能力を使って埋められており1ミリの
隙間もないとか しかしめげないアンディ

穴を埋めた何者かは壁の向こう!女生徒の中にいる!!
感じる…なんて頑なな心の持ち主なんだ…
だけど俺にはわかるぜ… 
この穴を埋めた可愛い女生徒は…
誰かに貫通されるのを求めている!

貫通てww

アマタ「埋めたのが男っていう可能性は考えないんだ…」
確かに、この場合、男が埋めたと考える方が普通w

謎の不動男、清掃係として男子部にも潜入中…

と、ここで、シュレードが奏でるピアノの音が聞こえてきて
アマタとアンディはシュレードの元へ。


アマタとシュレードはお互いに自己紹介、シュレードはなんか
キザ男ですなあ… っていうか、地でいくキザ系、キザな振る舞いが
許される貫禄をもっているというか… 体は虚弱っぽいが能力は凄そう。
そこへ、カイエンがプリプリしながら入ってきて、この前の模擬戦の時の
アマタの土下座をガン怒りで責めてくる。

シュレードは、カイエンを抑える為に、ピアノを奏でる。すると、カイエンは
急に苦しみだし、ミコノの悪夢を見てしまう。シュレードのエレメント能力は
音を使って人の精神を奏でる事なので、要するにシュレードから精神攻撃を
喰らったという… カイエンはまたまたガン怒りでシュレードに掴みかかろうと
するが、シュレードは何かの気配を察知。

不協和音… 近いな…

次ぎの瞬間、アブタクター出現の警報が! けっこう近所に出てるらしく
出撃要請は、カイエン、アンディ、アマタの3人に出る。
アマタの出撃にカイエンは納得いかないが、アクエリオンの未知の可能性を
引き出すにはアマタの出撃が必要だという司令室。

さっそく合体、カイエンのベクターイクスがヘッドなので合体形態は…
AQ0123_1.jpg
アクエリオンゲバルト


学園から去る船の上でアクエリオンがアブタクターと戦っている姿を見て
嫌な感じを覚えるミコノ。いつものアブタクターかと思われた敵はいつもとは
違う組織だった動きをする為にカイエン達は苦戦を強いられる。
司令室ではエレメントチェンジで切り札のシュレードを送り込もうとするが
シュレードは体が弱いからとスオミが難色を示す。

AQ0123_2.jpg
シュレード「君の力を目覚めさせてあげるよ…親友」

戦況を見ていたシュレードはピアノを奏でて、カイエンの精神に干渉して
彼の能力を高め、彼が敵の親玉を見つけられるようにサポート。なるほどー
シュレードの能力はこんな感じでサポートもできるのか。出撃する必要ないなw

能力が高められたカイエンは、アブタクターを操っているジンを遙か上空の
宇宙にある運命の三つ星の上で発見、ミサイルを発射するが、攻撃が届かない。
ミコノが乗っている船は突然エレメントスクールへUターン。なんだと思ったら
船の操縦をしているのがあのオッサン!!

AQ0123_3.jpg
オッサン「運命を動かしてしまってごめんなさいよぉおお!!」

オッサンww

猛烈なスピードでエレメントスクールに戻っていく船…
その頃、司令室ではエレメントチェンジが迫られ司令が判断に困っていたが
そこに、オッサンの声が鳴り響く

エレメントチェンジ!
アンディ・W・ホール強制排出!
ミコノ・スズシロにチェンジ!!

ざわつく司令室、ドナール教官がオッサンにつかみかかると
オッサンはついにその正体を現し、司令は驚愕して跪く。

おおお! 貴方は不動ZEN!! 
お待ちしておりました不動総司令!! 

AQ0123_m1.jpg

不動ZEN!? 激しくワロタw やっぱり不動系w
不動総司令はミコノにアクエリオンに乗れといってくる。ミコノは
いつものネガティブモードで「できっこない」と出撃を拒否するが
戦っているアマタ達を見て、自分がずっと守られてた事に気付く。

私には何もできません。
でも、私、もう一度手を繋ぎたいんです!!

ミコノは決意し、ついにエレメントチェンジ
アマタに頭突きを許してあげるから、合体してくれと頼んでくる

叫べ!アマタ・ソラ!!
AQ0123_4.jpg
ビシッ  

AQ0123_5.jpg
雪解け合体! GO! アクエリオン!!


雪解け合体ww ワロタw

雪解け合体でアクエリオンEVOLになったアマタ達、カイエンは
ミコノに「お前だけは戦場に立たせたくなかった」と自分の気持ちを吐露する。
カイエンは幼い頃からの悪夢でミコノがアクエリオンに近付けば命を落とすと
思っていたのだった。

俺はお前を守りたかった…
例え憎まれても… お前を…


カイエン、ミコノに憎まれ口みたいの言ってても、ミコノ愛が節々に
現れてたもんねえ。すべては妹を守る為… カイエン、熱い男じゃ!
ミコノはそんなカイエンに、これからは自分も一緒に傷付きたいと声をかけ
アマタには「もうあんな事しちゃダメだよ?」と優しく声をかける。
男二人、ミコノに癒されまくりじゃん。 アマタはミコノが一緒にいる事で
力が超湧いてくる。

どうしてだろう…
ミコノさんが一緒だと、俺、なんだか…
なんでも出来そうな気がする!!

エレメント感応値、超上昇!
なんかアクエリオンEVOLがドッキンドッキンしてきたよ?

AQ0123_6.jpg

カイエン「これは…アクエリオンがときめいている!」


不動ZEN「アクエリオンの胸の高まり…それは青春の鼓動…」

AQ0123_m2.jpg

なんか盛り上がってきたなw

空まで届け俺達の想いは無限大!!

AQ0123_7.jpg
無限パンチキタ――(゚∀゚)――!!

アクエリオンといえば無限拳、来ましたよ~
無限パンチは宇宙までガンガン伸びて逃げるジンをどこまでも追いかける
無限パンチが出た所で、アルテア界ではついにミカゲが目覚めた模様。

その様子を地上から見ている謎の少女…
謎の少女・クレア「また一つ封印が解かれたのね…不動」
この子は何者かね?創聖の方でいったらリーナ系だが

無限拳はジンのマシンを撃破、ジンはマシンを切り離して離脱していく。
無限拳はどこまでも伸びネオ・ディーバにまでやってきたw
そしてベルリンを破壊!! 
女子部と男子部はお互いに対面し、色めき立つがここで不動総司令が動く。

以後、恋愛禁止!!
AQ0123_8.jpg
(゚Д゚)ハァ?


その頃…アルテア界では、ついにミカゲが目覚め…

おはよう…カグラ

今回はこんな感じでした
またまた、すごい勢いでしたなw 面白かったし、笑えた。
シュレード君がけっこういい人で、カイエンのお手伝いしたり
ほんとピアノひいているだけで役に立つとは~ 今後の彼の活躍にも
期待したいっ。 ミコノがネガティブモードからついに脱却したのかな?
彼女にはまだこれというエレメント能力はないのかもしれないが
彼女がいる事によって、他の人々が力が湧いてくる…という能力が
あるのかもしれない、特にアマタとカイエンには効果絶大だろう。
本当はカイエンが優しい妹想いの兄で胸熱っ いや、最初からそれは
わかっていたが、ああやって口にだして言われると、うん、やっぱり
カイエンはいい男だと改めて思った。
あのオッサン、不動関係だとは思っていたが、まさかの不動ZEN.
ZENってw しかも、ベルリンがなくなったのに、いきなりの
恋愛禁止とは… てっきり、不動総司令は恋愛推奨かと思ったけど…
無限拳がついに出ましたが、それと同時にゆーきゃんキャラの
ミカゲが目覚めてしまった。頭翅っぽいキャラだが、どんな感じ
なのだろうか… なんか大きな笑いを提供してくれそうで楽しみすぎる!

とにかく今回も盛り沢山で楽しかった。
次回が楽しみじゃ!

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話・第2話 終末を抱いた神話的禁じられた合体スペシャル
第3話 トキメキ指数☆急上昇


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(21) 

nice! 3

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 21

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。