SSブログ

薄桜鬼 第12話 剣戟の彼方 最終話 レビュー [アニメ]

hakuouki0623_top.jpg

鳥羽・伏見の戦いが始まり、史実通り、薩長軍から大砲や銃などの最新兵器での
攻撃を受け、苦戦を強いられる新選組。結局、斉藤、原田、永倉、そして
土方も詰めていた伏見奉行所に命からがらもどってきた。
土方は撤退を決め、千鶴は井上と共に淀城に援軍を頼みに行くが
淀藩は新政府軍側に寝返っており、千鶴達に銃撃を浴びせる。
「どうするんですか~??」とその場から走り去るのも躊躇する千鶴に
井上は「いい加減にしなさい」と一喝、井上だって土方の為に
援軍を呼びたいのは山々だが、千鶴も守らないといけないのだ・・。
だいいち、もう叛旗をひるがえしている淀藩にいくら言ったところで・・と
いう事もあるしね・・。

千鶴と井上は森を抜け、合流場所へ向かうが、その途中で新政府軍に
寝返ろうとしている幕府軍の者達に狙撃を受ける。千鶴を庇って
銃弾を浴びた井上は・・・

後は続きからどうぞ

hakuouki0623_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

銃弾を2発浴びてしまった井上は千鶴に逃げろと言い、自分は反逆者達に
斬りかかっていく。井上が命をかけて千鶴を守ろうとして、千鶴に逃げろと
言ったのに、千鶴はその場で「井上さ~ん!!」と絶叫しながら
逃げようとせず、千鶴の目の前で井上は討死してしまう。
千鶴は反逆者達に刀を向けて戦う気満々だったが、そこに風間千景が
現れ、反逆者達は2秒でやられる。なんだかんだで、風間千景も千鶴を
守る男達の1人だなあ・・と実感。 

京にいる各藩に朝廷の密書が渡り、その密書には「薩長軍が錦の御旗を
立てる。味方せよ」と書かれていたと風間から聞かされる千鶴。
今や幕府が逆賊で薩長が官軍だと言う風間。さらに、戦は略奪の
大義名分であり、新選組そんな感じじゃないの?みたいな事を風間が
言うと、もちろん千鶴は新選組はそんな事ない!と怒り出す。
すると、そこに土方が現れ「俺達は守るものがあるから戦っている」
風間に告げる。

風間と土方はすぐに戦い出すが、土方は井上の事を「無駄死」と言った
風間の釣り発言に激怒し、、より激しく風間に斬りかかっていき
風間はついに鬼としての本当の姿を現す。といっても、激しく変貌・・って
わけじゃなく、イケメンのまま角が生えて髪の毛が白くなる・・みたいな。
鬼ルックの風間千景・・カッコイイ!!
鬼モードにチェンジした風間は本当に鬼のように強く、土方は追い込まれ
ていく。このままでは歯が立たなく討たれてしまう・・すると、土方は
変若水を取り出し、一気に飲み干してしまう。
羅刹化した土方は風間の顔に傷をつけ、風間は激怒、そしてついに二人の
戦いに決着が!?と思われた時、土方を庇って山崎が負傷、土方が風間に
振り下ろした刀は天霧九寿にブロックされた。鬼達は消え、永倉達が
かけつける。

hakuouki0623_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

大阪城に撤退した土方達は、近藤から衝撃の報告を受ける。それは総大将で
ある将軍がすでに大阪城を脱出して江戸に向かったという事だった。
新選組としては城内にとどまって戦おうとしたが、城内にはもう武器・弾薬、
兵糧がなく、それは無理な事だった。夜襲をかけた羅刹隊の大半も相手が
使用した銀弾によってやられてしまい、八方塞がりとなった新選組は
ひとまず江戸へ向かう事になった。

江戸に向かう船の中で、山崎の看護を懸命にする千鶴だったが、山崎は
間もなく死亡し、その亡骸は海に流される・・・

江戸に戻ったらケンカのやり直しだな・・

朝日が昇る海を見ながら土方は言った・・。

---------------------

最終回、山崎死亡!!! 山南さんも平助も生きているんだから、山崎だって
生かしてくれてもいいじゃん!と思いましたw あの段階で、山崎に
変若水を与えて羅刹化して生き続けてもらうっていう事をなんで
しなかったのかな?? なにも、山崎だけ(井上さんも)史実通り殺さなく
たって・・・。山崎なんか人気キャラだと思うんですけど。
井上さんも、無駄死じゃないとは言ってましたが、鬼の千鶴を助ける為に
死亡・・・ってちょっと無駄死な感じが・・千鶴はある程度斬りつけられても
死なないわけだし・・、なんといっても、井上さんがあれほど、逃げろと
命をかけて千鶴を逃がそうとしたのに、当の千鶴はその気持ちを
くみ取れずにその場にとどまる・・ってどういう・・w しかもとどまった所で
剣の腕が立つわけでもなく弱いだからねえ・・。で、風間が助けて
くれた的な感じになっちゃってるし。井上さん涙目・・。
しかし、千鶴も鬼なら、もう少し強くならないとダメですね。
南雲や千姫、風間達なんか鬼強なわけなんだから、こうもっと鬼としての
ポテンシャルを発揮してくれないと・・・・。

そんなわけで、色々と中途半端な感じで終わって、結局の所、千鶴の父親
探しという当初の目的はすっかり忘れ去られ、南雲や千姫も最終回には
姿を現さずという感じだった上に、まだまだ俺達の戦いは続く!系の
終わり方に、2期あるのか?と思ったら・・・
2期の告知キタ――(゚∀゚)――!
土方の断髪洋装がちょ~かっこよくて大興奮。若干空気だった土方が
2期ではすごい事になりそうです。

hakuouki0623_hijikata.jpg

秋からまた薄桜鬼です。

前回までのレビューは以下からどうぞ
第1話 雪華の都
第2話 動乱の火蓋
第3話 宵闇に咲く華
第4話 闇より来る者
第5話 相克せし刃
第6話 鬼の命脈
第7話 桎梏の運命
第8話 あさきゆめみし
第9話 修羅の轍
第10話 絆のゆくえ
第11話 零れ落ちるもの


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(30) 

nice! 1

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 30

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ