SSブログ

レベルE #07 Game over...!? レビュー キャプ [アニメ]

levelE0222_top.jpg

百池Lv45 赤川Lv50 黛Lv71 清水Lv36 横田Lv35
という状態になり、城へ向かった5人。
城ではイイダチ王という王様がおり、王様はやってきた
小学生達にいきなり本題を切り出してくる。清水が、「見知らぬ
小学生にいきなり悩み事を打ち明けるか?」と突っ込んでてワロタw 

なんでも王の娘が魔王直属の配下、暗黒空軍竜騎士隊隊長の
ルチ将軍に見染められてしまい、そのルチ将軍というのは
一振りで山を真っ二つに切り裂くほどの槍の使い手で、もし
娘をルチ将軍から守ってくれたら、その者をムコにしてもいいと
さえ思っているという。 王様から出された願いは、娘の
護衛・・・5人は少し話しあったあと、とりあえず、引き受けないと
先に進めないということで護衛の任務を引き受ける事に。
そして、5人の前に王女が登場するのだが・・・

後は続きからどうぞ
 
登場した王女は女装したバカ王子だったw
ちょっと王子をどついた後、ゲーム設定を解除して地球に戻せと
王子に迫ると、それはできないと言い出す王子。
今、王子が王女役に設定されているということは、魔王は他に
設定されている。しかも魔王は学習能力が作動していて、創造主で
ある王子でさえ、もう行動の予測が不可能な状態だという。
さらに、ゲームを操作する機械と宇宙線は魔王の住む城にあり、
つまりは魔王を倒さない限り、王子も5人もこの星から出られないのだ。
どうすんのよ?? 
ルチ将軍のレベルを聞くと、なんとレベル1300ww
そうこうしているうちにルチ将軍がやってきてしまい、魔王に
よって敵キャラの人工知能が設定し直されている事が判明
このままゲームを続けるのは本当に危険すぎるので、王子はとりあえず
ルチ将軍の妻となり、5人は東の山中にある魔物が近づけない
聖者の祠へ向い、その間、王子が地球にもどれる方法を考える
事になった。 これほんとにマジなのか?という感じだったが
黛が王子が「面白くなってきた」と呟いたのを聞いて、本当の
ハプニングだという事が判明w

levelE0222_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

魔王は究極の人工知能によって意志を持ち、学習し、自らの
体をより機能的に改造する事ができる。その体長は骨格部分を
交換する事により1m~15mの幅で選択可能。様々なオプションが
あるので、外見上の姿はほぼ無限に選択できる。故に魔王の姿は
誰にもわからない・・・とかルチ将軍の所にいる王子が5人に
通信してくるんだが、その間に、ルチ将軍が、王子(王女)に
色々聞いてくるのが笑えるw まず、新婚初夜の所作について
学んでいるルチ将軍がすでに笑えるのだが、その所作の本を
読んだ後に、

ルチ将軍「そなた、ノーマルか?」
王女「いいえ、ややアブノーマルでございます」

という会話があって、ここで、さっきまで読んでいた所作の本の
インプットデータが無効化され、新しく、ちょっとアブノーマルな
所作が書いてある本を読んで再びルチ将軍が現れ、

ルチ将軍「姫、道具はどのようなものを?」
王女「いいえ、今夜は道具を一切使用いたしません」

インプットデータ無効ww
そして、ルチ将軍、後悔とかいう本を読んだあと、
王女のいかなる要求も完璧をもって答えると再び。王子にやりで
「それでは・・・・・」
それではって??w 王子貞操の危機か!?と思われたが
王子はルチ将軍に、「居残りを命じられた生徒(ルチ将軍)と
それを忘れた女教師(王子)」というイメクラシチュエーションを
要求し、無事スカイボードでルチ将軍の所から脱出。
ルチ将軍、哀れ なんかポツンと座ってたよ。

カラーレンジャーは聖者の祠になんとか到着、あたりは魔王の大軍に
すでに囲まれ、王子も祠に到着する。とはいっても、周囲が完全い
大軍に囲まれた今、八方塞がりで身動きが取れない状態・・・
どうなるのか?と思ったら、突然魔王が、祠に向かってくる。
魔王の姿はなんと、バカ王子の幼い頃みたいな感じで、超かわいいw
魔王は大軍に、動くなと命令をだす。

魔族が入れない祠に魔王がやってきた事から、魔王が魔族骨格ではなく
町民用の一般骨格を選んだことになる。つまり、今の魔王の強さは
ザコキャラ以下・・・な、なんだってー!?
魔王は礼儀正しく挨拶すると、ゲーム機の本体を差し出し、これから
話す自分の話が信じられなければ遠慮なくゲームを停止してくださいと
前置きし、自分の生い立ちを語り出す。

levelE0222_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

なんでも、魔王が生まれた時、記憶していたのは言葉以外では
自分が魔王である事だけ、自分が何をすべきか、何のために生まれたのかも
わからなかったという。そこで、魔王はまず、城中の書物を読み
目的を選ぶ為に知恵を身につけたのだが、そうしているうちに
魔王がなんたるかを知りショックを受けた。そして、魔王にとって
一番衝撃的だったのは、自分の生みの親である人物(王子)が
他人に迷惑をかけるのがとても好きなんだと知った時だそうなw
魔王・・・イイ子!!
魔王は王子のようにはなりたくないと言い、この星を魔物達の
楽園にしたいのだという・・そんなわけで、魔王の事を理解し、彼を
信用したカラーレンジャーはゲームはこのままにする事に。
すると、王子は不満気な顔を浮かべ、自分の真の目的、
5人が安全かつ真剣に苦しみもがく姿を王子が見て楽しむ
事が達成されてないと文句を言う。ドイヒーw

ついつい口が滑って、5人が力を合わせてできる必殺技の事を
言ってしまう王子。5人はさっそくその技を使って、王子に正義の
鉄拳を食らわせ、これで一件落着。 

地球へは王子の運転でワームホール航路を使って3時間。
無事地球への帰路についた5人・・・

めでたしめでたし・・

かと思ったら、ゲームを続ける限り、教室に5人揃うと惑星カルバリへ
逆戻りしてしまうオチw しかも、5人が再びカルバリへワープ
したときに、王子が大魔王となり星を支配しつつあったとさ・・ww


今回は以上です。
これで原色戦隊カラーレンジャー編は終了~最後まで面白かった。
ルチ将軍が、なんだか笑えたんですけど、インプット無効になるのが
笑えるw 最後ポツンと座ってる姿とか、もう可哀相でww
王子って、クラフトとかにもだけど、けっこうボコられるよね、
でも、全然平気そうっていうか、それすらも楽しんでいそうで恐いわー
今回、ラストに、王子が大魔王になって待っているとかいってたけど
ってことは、あのイイ子の魔王はどうなっちゃったのかしら??
あの子が心配よぉぉぉぉ。 あと、カラーレンジャー、このままじゃ
ずっと、行ったり来たりしなきゃだめじゃん、どうすんのかね?
こういう部分が特に解決しないで終わる所がまたいいなw

カラーレンジャーの話ってこれでもうアニメないかな?
人魚の話はやらなさそうだね・・

前回までのレビューは以下からどうぞ
#01 An alien on the planet
#02 Run after the man
#03 Risky Game!
#04 From the DARKNESS
#05 Here come Color ranger!!
#06 Dancing in the trap!!


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(33) 
共通テーマ:アニメ

nice! 3

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 33

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ