SSブログ

新作アニメ 青の祓魔師 第1話 悪魔は人の心に棲む レビュー キャプ [アニメ]

aoex0417_top.jpg

冒頭…悪魔払いの儀式みたいのをやっている光景。
物質界(アッシャー)を守る為に沢山の神父達が詠唱をして
悪魔を払おうとしているが、神父達は悪魔の青い炎に次々と
包まれ倒れていく。 そして、青い炎に包まれるヴァチカン。
まあ、悪魔との戦いはこれくらい壮絶だって事なんですな。
カトリックの総本山であるヴァチカンでさえも苦戦するみたいな…。
ん?じゃあ、さっき、悪魔にやられたのはもしやローマ教皇的な?

なにやっってんだ…俺

修道院で暮らす奥村燐(15)は喧嘩をして朝帰り…
朝から礼拝堂で養父藤本獅郎相手に懺悔をさせられていた。

後は続きからどうぞ
 

前日までやっていたバイトはクビになり、中卒で働こうと
している燐は前途多難状態…。いつかは修道院を出てひとりだちを
しなければならない、後見人としてそれを見届ける義務があると
獅郎は燐に言い聞かせる。と、そこに、燐の双子の弟、雪男
やってきて自分の引っ越しの準備が終わったと獅郎に報告する。
雪男は名門高校・正十字学園高等科への進学が決まっていて、
そんな出来の良い弟と何かと比べられる
周りに「弟の爪のあかでも煎じて飲んだ方がいい」と言われた
燐が、「うるせぇって言ってんだろ!」と怒鳴ると、近くに
あったストーブが青い炎を吹き出しちょっとした爆発みたいのが
起こる。あくまでもストーブが老朽化したからそういう事が起きた
というような感じでその場を取り繕う獅郎。

お前に手当てしてもらえるのもこれが最後か…
雪男に傷の手当てをしてもらいながらそんな事を呟く燐。
雪男は15年暮らした修道院を出て、明日からは正十字学園
寮に入るのだ。寂しいねえ…二人きりの兄弟なのに。
雪男は将来、医者になりたいと願っていて、燐もそんな雪男の
夢を応援しているし、そんな出来の良い弟の事を嬉しく
思っている。雪男は、燐がこの先どうするのかが心配…バイトも
長続きしないし、進学する予定もない
燐、本人も「早くまともになんなきゃ」と焦りの色を見せる。

aoex0417_m1.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

さっきの喧嘩だって、本当に燐は悪くない。ボウガンで公園の
ハトを撃って遊んでいた白鳥達を止めた結果、喧嘩になってしまったのだ。
そんな燐に雪男は「きっと兄さんは神様に試されているんだよ」
言う。ここで、修道院の神父達が、近所のスーパーでバイトを募集
しているというチラシを持ってきたので、さっそく面接へ向かう事に
する燐。なんか、神父達が、優しいねえ、色々、燐の面倒見てくれてる
感じ。履歴書とか、着ていくスーツや靴なんかも用意してくれた。
みんな燐の事が心配なんだね。

面接に行こうと準備をしていると、修道院の入口で修道院に用が
あって来ていた母子が、獅郎に挨拶をしていた。獅郎は、子供に
両親に頼ってもダメな時は俺たち祓魔師(エクソシスト)の出番だと
告げ、母子を送り出す。 

燐が面接に行こうと、外に出てくると、ネクタイの結び方が
わからない燐にネクタイを結んであげる獅郎…
aoex0417_1.jpg
昔話なんかをしながらネクタイを結んであげる獅郎…
なんか獅郎を見ていると、屍姫田神景世を思い出すよ。
声が藤原啓治だからなおさらなんだけど。藤原さんが、こういう役を
やると、暖かみと格好良さがにじみ出てくる感じ。悪役も上手いが
こういう役もほんと上手い。あと、このシーンの音楽が若干
悲壮感を感じる壮大な感じの音楽だったのが、またよかった。
音楽は澤野弘之なんだよね~そこも楽しみですねえ。

スーパーでの面接…なんか凄そうな店長なんだがw とりあえず
試用という感じでさっそく働き始める燐。とりあえず、人並み外れた
力持ちだったり、料理がうまかったりしたのが功を奏し、失敗も
あったが、店長から採用をお達しをもらった。燐は嬉しくて、すぐに
修道院に電話を入れ、採用されたと報告。雪男も、獅郎も嬉しそう。
電話が終わり、公衆電話を出ると、さっき、修道院で見かけた
幼女が飛んでいくマフラーを追いかけていた。そのマフラーを
燐がキャッチしてあげて、幼女にマフラーを返そうとすると
なんか変な小さな悪魔みたいなのが、マフラーを持って逃げていって
しまう。その小さな悪魔が見えた燐は、マフラーを追いかける。
悪魔はマフラーを持ってスーパーの中へ逃げ、そのせいで、幼女が
陳列された商品の下敷きになりそうになり、燐が庇ったのだが
幼女はケガをしてしまう。 ああ…まさか、これで燐が…

修道院ではすき焼きの用意をして燐の帰りを待っていたが、帰りが
遅いので、雪男が近所に探しに出る、すると、燐は公園のブランコに
1人座っていた。やっぱり、あの騒ぎで燐は不採用になり、1人
落ち込んでいたのだ。何があったのか、燐に聞いてくる雪男。
しかし、あんな事を説明しても、わかってくれるわけがないと
思う上に、自分でもよくわからない燐は説明ができない。
とにかく、帰ろうと、雪男に連れられて修道院に戻るとさっきの
幼女が今度は父親に連れられて、燐にお礼を言いに来ていた。
父親が、娘の事を昔から生傷が絶えないそそっかしい子で…と言うと
それを否定する燐。

違うよ、その子はそそっかしいんじゃない。
からかわれているんだ!

その言葉を聞いた獅郎は「見たのか!?」と焦った表情を見せる。
父親が娘がいじめにあっているのかと思い学校に問い合わせると
言出すと、幼女はそれを否定し、自分は悪い妖精にからかわれていると
父親に必死に訴える。もちろん父親はそんな幼女の言葉を空想と
現実がごっちゃになっている…と取り合わないが、燐は「空想
なんかじゃない!」と父親に訴える。獅郎は燐を止め、幼女に
魔除けの四つ葉のクローバーのお守りを渡し、父親には娘が
頼りにしてるのは両親だと諭す。

獅郎は1人地下に降り、鍵で箪笥の引き出しを開ける。
するとそこには封印が解かれかかった剣が…
その剣の状態を見た獅郎は驚きと焦りの表情を浮かべる。

aoex0417_m2.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

翌朝…
燐が起きると、一枚のメモを残し、雪男はすでに正十字学園に
旅立った後だった。追伸に書かれた「父さんにこれ以上心配
かけないで下さい」がなんか痛い。窓の外を見ると、なんか様子が
おかしい。黒い小さな虫のようなものが大量に外に漂っている。
そして、外を歩く人々はその存在にまったく気付いていない。
燐がビックリして佇んでいると、白鳥達が再び現れ、燐を修道院から
誘い出す。獅郎が罰として修道院から出るなと燐に釘さしてた
けど、あれって燐を守る為でもあったのかな…?

白鳥は燐を人気のない場所に誘い出すと、燐を挑発するような
失礼な事を言ってくる。燐がとりあわないでいると、今度は
雪男の事までバカにしてくる始末…自分はかまわないが、弟の
雪男の事をバカにされるのは許せない燐は白鳥を殴りつける。
すると、白鳥は仲間達に燐を押さえつけさせて、なんと焼かれて
真っ赤になっている鉄の棒を燐に押しつけようとしてくる。
絶体絶命状態になり、燐が「やめろー!!」と絶叫すると
燐から青い炎が吹き出し、びっくりした手下共は逃げ出す。
1人逃げ出さなかった白鳥は、燐に近付き手を差し伸べ言う。

その青き炎こそ、魔神(サタン)の末裔の証
参りましょう若君、サタン様がお待ちかねです

燐が驚いていると、そこに獅郎が詠唱をしながら現れ、
襲いかかってくる悪魔を祓い、白鳥は元に戻った。
獅郎、かっこいい~!

aoex0417_m3.jpg
クリックで別ウインドウ原寸大表示

獅郎はこの出来事に関して燐に説明する。

この世界は二つの次元が合わせ鏡のように存在している。
一つは人間がすむ"物質界(アッシャー)"
もう一つは悪魔のすむ"虚無界(ゲヘナ)"
本来この2つの世界は互いに行き来はおろか干渉すらできない
だが悪魔はこちらのあらゆる物質に憑依し干渉してくる

まだ何がなんだかよくわかっていない様子の燐だが、獅郎は続ける。
そーいや、ゲヘナってどっかで聞いたな~と思ってたら、クェイサーで
トリニティ・ゲヘナって言ってたの思いだしたww

今のでお前の覚醒は知れ渡った。
あらゆる者があらゆる目的でお前を狙うだろう
その前に隠れなければ

獅郎の言葉に、何がなんだかわからない燐は、自分はいったい
何なのかと獅郎に聞く。すると獅郎は答える。

お前は人間ではない 悪魔が人に生ませた子供…
それも、ただの悪魔じゃない
悪魔の中の悪魔、魔神、サタンの落胤(こ)だ。


青の祓魔師、初回はこんな感じでした。
原作とまったく同じようにやるのかな?と思っていたんですが
けっこう、付け足した部分なんかもあり、完全に原作通りとお
いう感じではなく、原作を知っていても、十分楽しめる内容に
なっていたんじゃないかと思いました。燐の声、ほんと岡本信彦
はまってるわー、あと、福山潤の雪男もいい。あの生真面目さと
冷静さみたいのがいい感じに出てたし。絵も綺麗だったし、ほんと
これから、楽しめそうな作品になりそうですね。
岡村天斎が監督なのに、BONESじゃなくて、A-1 Picturesなのよね。
監督が岡村天斎って所も期待せざるを得ない感じですよね~。
これから登場するキャラの声優陣が楽しみでありますが、とりあえずは
次回のメフィスト・フェレスの登場がヒジョーに楽しみ
神谷浩史、今期は人間の役なし? かと思ったけど、
世界一初恋で唯一の人間役があったw
aoex0417_2.jpg

あーあと、今回OPなかったから、次回にUVERworldのOPも
楽しみだわー!

スタッフ
原作:加藤和恵(集英社「ジャンプスクエア」連載)
監督:岡村天斎
シリーズ構成:山口亮太
キャラクターデザイン・総作画監督:佐々木啓悟
デザインワークス:柴山智隆
美術設定:末武康光
美術監督:甲斐政俊
色彩設計:安部なぎさ
撮影監督:岡 正春
CG監督:雲藤隆太
編集:後藤正浩
音楽:澤野弘之
音響監督:若林和弘
制作:A-1 Pictures
製作:「青の祓魔師」製作委員会、毎日放送

オープニングテーマ
「CORE PRIDE」歌:UVERworld
エンディングテーマ
「Take off」歌:2PM

キャスト
奥村燐(CV:岡本信彦)
奥村雪男(CV:福山潤)
杜山しえみ(CV:花澤香菜)
勝呂竜士(CV:中井和哉)
志摩廉造(CV:遊佐浩二)
三輪子猫丸(CV:梶裕貴)
神木出雲(CV:喜多村英梨)
霧隠シュラ(CV:佐藤利奈)
イゴール・ネイガウス(CV:置鮎龍太郎)
アマイモン(CV:柿原徹也)
メフィスト・フェレス(CV:神谷浩史)
藤本獅郎(CV:藤原啓治)
白鳥零二(CV:伊藤健太郎)


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(45) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

So-netブログからトラックバック機能が消失してしまったので、いつもトラックバックでお世話になっていたサイト様を相互RSSに登録しております。

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 45

トラックバックの受付は締め切りました

漫画・アニメアンテナ